記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:54:08.23 ID:Us0qzsOG0
春香「あっ、わかります?ちょっとだけですけど」

オネェP「いいわね〜アタシなんてガチガチよガチガチ! もっと揉ませなさいよ〜」モミモミ

春香「ん……あっ…せ、セクハラですよセクハラ」

オネェP「アタシは別に胸触ったくらいでどうも……あら、アンタ意外にいいカタチしてるじゃないの!!」

春香「でしょう? まだまだ成長しますよ!」

雪歩「プロデューサー私も確認してくださいっ」

オネェP「いいわよ〜。アタシが教えたバストアップ体操続けてる?」モミモミ

雪歩「んっ……は、はい。食べ物にも気をつけてますぅ」

オネェP「まっ、雪歩チャンの方が美乳じゃない! んも〜やだぁ〜〜!」クネクネ

春香「むむむ」

雪歩「やりましたぁ♪」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:54:41.59 ID:Us0qzsOG0
伊織「あら二人でネットショッピング?」

美希「うん。ハニー、このブラどうかな?」

オネェP「そうねェ〜 美希チャンならこっちの方がいいんじゃない?」

伊織「ちょっと大人っぽいんじゃないの?」

美希「そうだね。でこちゃんにはまだ早いかも」

伊織「なんですってー!? 私だってちゃんとしたブラつけてるわよ!」ヌギッ

美希「ふふーん。ミキの方がオトナだもんねー。ほらっ!」ヌギッ

オネェP「んふふ、残念だけどアタシのブラが一番……オ・ト・ナよん」ムキムキッ

律子「あんたたち外でそれやっちゃダメよ」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:55:06.74 ID:Us0qzsOG0
やよい「……」

オネェP「あら、元気ないわねやよいチャン」

やよい「……私、最近からだがおかしくなったかもしれません」

オネェP「どこが悪いの? オンナ同士、隠し事は無しにしましょう?」

やよい「血が…出てくるんです…」

オネェP「ヤダ!どこケガしたのよ! お肌は大丈夫!?痕にならない!?」

やよい「えっと……」

やよい「ここ……です…」

オネェP「……ちょっとこっち来なさい」


ζ*'ヮ')ζ ζ*'ヮ')ζ ζ*'ヮ')ζ


オネェP「……わかったかしら?」

やよい「あ、赤ちゃんですか…//」

オネェP「そ、ちゃんとママに相談するのよ?」

やよい「はいっ! 今度はプロデューサーにも相談しますね!」

オネェP「ん〜〜 アタシは赤ちゃん産めないのよ〜!」オホホ

オネェP「まだ」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:55:52.41 ID:Us0qzsOG0
真「千早、どうすれば大きくなるのかな…」

千早「私はどれを試しても…くっ」

バンッ

オネェP「暗くなっちゃダメよ!大きさが全てじゃないわ!」

真「一応着替え中ですよ」

千早「プロデューサーだから構いませんけど」

オネェP「アンタたち、とーっても綺麗な乳首してるじゃないの。つんつん」

千早「ん…あっ……はぁっ、く、くすぐったいです…」ビクッ

真「やめ…んっ、やめてくださいよぉ…」ビクッ

オネェP「自分のチャーミングポイントをサゲちゃダメっ! オンナは大胆に!図太く!!美しく!!!」

オネェP「それにしてもピンクで羨ましいわ〜。アタシなんて剃っても剃っても毛が生えてくるのよ? 茶色だし」

オネェP「ヤダー!茶色で図太いなんて! お通じ悪いのバレちゃうじゃないのよっ!!」オホホホ

千早「底抜けの明るさも大切ですね」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:56:21.27 ID:Us0qzsOG0
真美「兄ちゃん見て見て! 真美たちのグラビア写真!」

亜美「おうちで撮ってみたよ!」

オネェP「姉ちゃんだって言ってるでしょっ! アンタ達もそんな年頃なのね〜」

オネェP「…ヤダ! アンダーがハミ出てるじゃない!」

真美「あ、ホントだー」

亜美「でもどうやって剃るの〜?」

オネェP「困ったちゃんね〜〜 ならアタシが教えてあげるわこっちきなさい」

オネェP「いい? デリケートな部分は優しく傷つけないように」ショリショリ

真美「く、くすぐったいよぉ……//」

亜美(ま、真美の見えちゃってる…//)
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:57:08.65 ID:Us0qzsOG0
響「うう、汗疹ができちゃった…」

オネェP「あらっ谷間にできるなんて! アタシへの当てつけかしら?」プンプン

響「そんなこと言わないでよぉ…」

貴音「実は私も、響と同じく悩んでいるのです…」

オネェP「見せなさい。…あらホントね」

オネェP「アンタは肌白いわね〜。オシリも安産型だし羨ましいわ〜!」ナデナデ

貴音「あなた様、どうしたらいいのでしょう?」

響「何とかしてよぉ〜!」

オネェP「そうね、汗を小まめに拭くとか吸水性の良いブラにするとか」

オネェP「薄手のキャミもいいわね。そうだわ、アタシのあげるからそれ試してみなさい」ゴソゴソ

響「ありがとうプロデューサー!」

貴音「感謝いたします」

オネェP「オンナは助け合って高め合わなくちゃね♪」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:57:36.02 ID:Us0qzsOG0
オネェP「ちょっと律子チャン、この仕事どうなってるの?」

律子「企画は通ったんですけど先方と話がついてないんですよ」

オネェP「んも〜…あらやだ、この人ウチの常連さんじゃないの! ちょっと待ってなさい」プルルル

オネェP「もしもし? アタシよ。アンタのトコの企画だけど、そうウチの」

オネェP「………わかったわ、じゃあね」ピッ

オネェP「アポ取ったわよ〜。アタシちょっと行ってくるから後ヨロピクぅ〜♪」

バタン

律子「ああ見えて人脈広いんですよね」

社長「彼は本当に優秀だね」

ガチャッ

オネェP「カ・ノ・ジ・ョ!!!!」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:58:05.54 ID:Us0qzsOG0
小鳥「最近アイドルも増えましたよね。おせんべいどうぞ」

オネェP「そうよね〜 ところであずさチャンはこのオトコどう思う?」ポリポリ

TV『チャオ☆』

あずさ「そうですね、私はもっとしっかりしてる方が好きです」ポリポリ

オネェP「アタシもそう思うわ。でも聞いて!! 実はあれくらいの方が意外にしっかりしてるかもしれないの!!」

あずさ「プロデューサーさん、恋愛経験あるんですか?」

オネェP「……悪いけど今は話す気になれないわ」

オネェP「オンナにはイロイロあるのよ……ね、小鳥チャン」スパー

小鳥「え、いや、その」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:58:34.22 ID:Us0qzsOG0
オネェP「アンタたち…別に空港まで来なくてもよかったのに」

響「プロデューサー…本当にアメリカに行っちゃうのか……?」

オネェP「泣かないの! 美人が台無しじゃないのよ」ゴシゴシ

真美「兄ちゃん…」ウルウル

亜美「兄ちゃん……!」

オネェP「姉ちゃん!!!!!!」

伊織「どうしてもアメリカに行くの?」

オネェP「そ。アタシもレベルアップしないとね。アンタたちに負けてられないわ!」

オネェP「アンタたちも自分磨きを忘れちゃダメよ! 困ったら助け合うこと! 仕事の前日に毛の処理は忘れないこと! 以上!!」


\ 行ってらっしゃい! プロデューサー! /


オネェP(待ってなさいアンタたち…!! 次に会う時は……)











オネェP(正真正銘のオンナよ!!!!!)


10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/31(土) 00:00:28.02 ID:GmVP228vo
おつおつ
お奨め記事
タグ:
1月2日 14時01分|アイドルマスター0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告