記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:13:40.05 ID:hnSm5lyh0
男友「なあ,今度の週末って陸上部休みなんだろ?映画でも見に行こうぜ」

男「映画ねえ…別にかまわないけど,そんなに暇だったら陸上部に復帰しない?
  男友がいないと張り合いがなくてつまらない」

男友「そういってくれるのはうれしいが,俺はもう陸上への情熱が失せてしまったからさ」

男「ふーん。まぁなんでもいいけど」

男友「ならいつもの昼に駅前集合な。男2人は少しムサい気がするけど気にすんな」

男「男友が誘ってきたんじゃないか。そういえば男友ってよく一緒に遊びにいく彼女ができたんだよね。たしか女さんだったっけ?その子と2人で行ったらどう?」

男友「おお,よく知ってるな,でも女と付き合ってはいない」

男「そうなの?」

男友「俺たちは付き合うわけにはいかないからな」

男「照れ隠しはいいよ…なら駅前にいくね」

男友「サンクス!なら当日な」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:14:28.17 ID:hnSm5lyh0
映画終了後

男友「おもしろかったな!」

男「うん。なんというかいろいろ驚いた」

男友「まさか入れ替わっているだけでなく,時間がズレてたとはな!こんな斬新な設定見たいことない」

男「うん…まあ…そうだね」

男友「どうせお前のことだから別に斬新でもなんでもないとか思ってんだろ」

男「あれ…バレた?」

男友「何年お前の親友やってんだよ。とっとと思っていること白状しろ」

男「なんというかさ。今回観た映画って叙述ものに分類されるよね。入れ替わりを利用して登場人物を信用できない語り手にすることで時系列の入れ替えに読者(というか視聴者)に気付かせないようにしている。時系列の入れ替えのなんて叙述ものではありがちだよ」

男友「でた推理ものマニア」

男「うるさいな」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:15:01.17 ID:hnSm5lyh0
男友「で,じょじゅつもの?って何」

男「叙述もの,叙述トリックっていうのは,文字通り文章で読者を騙す手法。例えば推理
ものといえばどんなトリックが思いつく?」

男友「凶器が氷でしたとか密室ですよとか」

男「いいね。そういう本格ものではなく,犯人の性別を紛らわしくしたり,実はニックネー
ムで呼び合っていたのですがコイツとコイツは同一人物でしたって文章で騙せば叙述
トリックになる。文章で騙すわけだから基本,映像化は難しいね。今回含め何本かはあ
るけど」

男友「なんとなく分かったような。つまりものすごいトリック考えなくても文章さえ捻れば簡単に書けるってことだろ?」

男「トリックつまり本格ものは出尽くした感あるしね。ちょっと前から再燃したけど。でも
叙述が簡単に書けるとは限らないと思う」

男友「じゃあ俺書いてみるわ」

男「?」

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:15:38.59 ID:hnSm5lyh0
男友「だから俺様が叙述トリックを書いてみるんだよ!」

男「ほう」

男友「ルールはこうだ。俺が1日1つss形式で叙述を使って短編を書いてくる。その話の犯人が分かれば男の勝ち,分からなかったら俺の勝ち」

男「おもしろそう」

男友「推理ものマニア気取っているお前の鼻を明かしてやるぜ!」

男「いや別になんだっていいけどさ。でも男友って叙述どころか有名な推理ものだって読ん
だことないよね?大丈夫なの?」

男友「最近,読書が趣味の女に付き添って本屋や図書館巡りしているからな。本に触れる時間なんてたくさんある」

男「へぇ」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:16:24.51 ID:hnSm5lyh0
男友「それに推理ものなんて最初の文字さえ読めばだいたい解けるって」

男「それは言いすぎだよ」

男「なら僕がヒントあげるね。ノックスの十戒って知ってる?」

男友「モーセの十戒なら知ってる」

男「キリスト教は関係なくて,推理小説におけるルールの一つだよ。陸上だって走るだけで
はなくて,この範囲内でバトンを渡せとかあるでしょ?ルールがないと勝負はできな
い」

男友「たしかに」

男「内容はこんな感じ」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:17:48.83 ID:hnSm5lyh0
1. 犯人は物語の当初に登場していなければならない

2. 探偵方法に超自然能力を用いてはならない

3. 犯行現場に秘密の抜け穴・通路が二つ以上あってはならない

4. 未発見の毒薬、難解な科学的説明を要する機械を犯行に用いてはならない

5. 中国人を登場させてはならない[

6. 探偵は、偶然や第六感によって事件を解決してはならない

7. 変装して登場人物を騙す場合を除き、探偵自身が犯人であってはならない

8. 探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない

9. ワトスン役は自分の判断を全て読者に知らせねばならない

10. 双子・一人二役は予め読者に知らされなければならない

7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:18:26.73 ID:hnSm5lyh0
男友「ようするに超能力とかはだめってことだろ?だいたいは守るわ。」

男「そうだね。まぁノックス自身も冗談半分って作ったみたいだし,参考程度でいいよ」

男友「というか5って何?中国人かわいそう」

男「これはよくツッコまれるけど,あまりにも文化が違う人とか魔法使いはだしちゃだめだよ〜てことかな」

男友「なるほどな」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:18:58.85 ID:hnSm5lyh0
男「トリック考えるのも大変そうだけど,登場人物の設定とか作れるの?」

男友「安心してくれ。登場人物は俺と男と,俺たちの共通の知り合いの幼馴染,陸上の後輩,お前の妹,先輩,女あたりでいく。全5話な」

男「でも推理ものって被害者と加害者が出ることが多いよね?実在の人物ではちょっと不謹慎じゃないかな?」

男友「普段,被害者と加害者が出る話を読みまくってる男には言われたくないが」

男「その…日常の謎なんてジャンルもあるし,有名なシリーズものでも人の死なない回もあるしさ」

男友「声震えてるし…まぁいいけど。じゃあどの話も男が被害者でいくわ」

男「僕のこと嫌いなの!?」

男友「ならそれもかわいそうだし,被害者は俺と男で交互にいくわ」

男「若干,不服だけど百歩譲って許すよ」

9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:19:41.40 ID:hnSm5lyh0
男友「OK!じゃあ明日学校の教室で会うときに渡すわ。もちろん学校っていうのはいつも通っている高校のこと。ちなみに俺たちは高校生2年生で16か17歳だ。そしてここはもちろん地球!」

男「わかってるよ!叙述に気を遣わなくても良いよ!」

男(さて作中作も推理メタも世にはありふれているけれど男友には黙っておいてやるか)
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:20:20.21 ID:hnSm5lyh0
翌日

男友「よう!男が来るのを待ってたぞ。初めてにしては出来もなかなかいいはず」

男「自分で言うってスゴいね。でも。けっこう楽しみにしていたよ。さて家に帰ってじっくり読むか」

男友「別にここで読んでもいいぞ。他の人に見られてもかまわないし」

男「それってけっこうスゴくない?僕が書いてきた立場なら恥ずかしくて無理だよ」

男友「まぁお前がやたら言いふらしたりネタにすることはしないって分かってるしな」

男「なにそれ」

男「そうだ,一つだけヒントもらってもいい?」

男友「いいぞ」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:20:54.75 ID:hnSm5lyh0
男「この話は何を推理すればいいの?フーダニットとかホワイダニットとかハウダニットとかさ」

男友「ニット帽?」

男「そんなの誰も被ってないでしょ。要するにさ犯人を当てたらいいのか,動機を当てたらいいのか,どうやって犯行は行われたか当てたりとかね」

男友「なるほど,というかいちいち推理小説用語使うのやめて最初からそう言った方がいいと思うが」

男「たまにカッコつけるのくらい許してよ」

男友「まぁいいか,今回はだな…うーんと,お前の言うハウダニットにこだわればいいと思う」

男「どうやって殺されたか,か」

男友「くわしくは小説らしきものを読んでからだな。明日にでも返事くれ」

男「自分で書いた文を小説っていうには恥ずかしいよね。わかるよ」

男友「うっせ」


12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:21:28.59 ID:hnSm5lyh0
友小説1話

男(ペース落とすなー!ファイオーファイオーなど陸上部の掛け声を聞いていると,引退した身としては懐かしいような,苦いような不思議な気持ちになる)

男(そう,僕は高校卒業と同時に陸上を辞めたんだ。たいした理由なんてない。ただなんとなくだ)

幼「あのーもしかして男さんですか?」

男「そうだよ。幼。ひさしぶり」

幼「高校卒業以来会っていなかったからね。全然分からなかったよ久しぶり。じゃあ行こ」

男(そう…幼が久しぶりに実家に帰ってくることを聞いてそれならお茶でもしにいこうかということになったのだ。集合場所は俺たちが通っていた高校だった)
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:21:56.00 ID:hnSm5lyh0
喫茶店

男(喫茶店では幼との昔話に花が咲いた。話すことなんて思いつかないと思っていたけどいざ会ってみるとすらすらと話題が出てくる。そうなってくると自然と僕たちのもう一人の幼馴染である男友の話題が出てきた)

幼「そういえば男友…先日亡くなったみたいだね」

男「そうなの!?初耳だ。男友は俺たちと違って大学に進学しているんだっけ」

幼「そう大学生やってるはずだった」

男「どうして亡くなったのか聞いてる?」

幼「えっとね,急に大学に来なくなったことを不審に思った男友の友人が自宅に行ってみるとすでに…」

男「何か事件に巻き込まれたとか」

幼「部屋は密室だったみたい。もちろん窓を破った形跡とかもなし。」

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:23:10.29 ID:hnSm5lyh0

男「ありきたりだけどマスターキーがあったとか?」

幼「ううん,男友ってけっこう防犯意識が高いみたいで鍵は自分以外持っていなかった。親でさえもね」

男「事件の線がうすいとなれば…自殺?」

幼「ううん,自殺した形跡もなし」

男「なら,環境にやられたとか?飢え,脱水,気温などなど」

幼「うーん,そういう系でもないみたい」

男「というか幼やたら事件にくわしくない?ここまでくると幼が犯人じゃない?犯人しか知りえないことを知っている的な」

幼「だから部屋は密室だったって!私が事件に詳しいのは,私の家が…そう!警察一家だからいろいろ聞けたのよ」

男「幼ん家ってすごいね」

幼「うーん,私自身がスゴいわけじゃないから。家柄でいっちゃえば,女さんもすごいよ彼女っていわゆる社長令嬢みたいだから」

男「ふーん」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/20(火) 23:23:41.78 ID:hnSm5lyh0
幼「話がそれちゃったね。さてそろそろ真相は分かった?」

男「まぁだいたいは」

中国人店員「ノミモノノ,オカワリハ,イカガデスカ?」

男「いえ大丈夫です」

男(中国人店員とのやりとりが終わったのを合図に僕は自分の考えを語り始めた)

おわり
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 22:58:04.18 ID:PRih59fT0
翌日

男「十戒を破るためだけに中国人出したよねえ!」

男友「バレたか」

男「いやいや,守る気がないなら最初から言ってよ」

男友「すまん,次から気を付ける」

男「ほんとかなぁ」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 22:58:36.98 ID:PRih59fT0
男友「で,真相は分かったか」

男「うん…まぁ」

男友「ではお聞かせ願おうか」

25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 23:00:18.34 ID:PRih59fT0
男(さて,これが僕の初推理だ。こういうシーンって憧れてたんだよなぁ)ゴホンッ

男友「ニマニマしながら咳払いしてカッコつけなくていいから」

男「うるさいなぁ」

男「さて,今回の話で聞かれている点は密室で死んでいた男友の死因ということになる」

男友「そうだな」

男「最初の話に密室ものを持ってくるとは友もなかなか分かっているね」

男友「はいはいそれで?」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 23:01:13.34 ID:PRih59fT0
男「だが死因が分からない。こういうときは要素と要素の関係を見つけ,結び付けるんだ。そうすることで新たな真相が見えてくる」

男「ヒントになったのは冒頭の陸上部の練習を眺めるシーンと幼と再会するシーンだ」

男「やたらとノスタルジーに浸っていたり,幼が一瞬僕を認識できないでいる。これはどういうことか」

男「長い時間がたっていると考えると自然だね。しかも何十年単位で」

男「となると友が大学生っていうのはブラフだ。大学生って聞けば20前後の若者を想像するが大学は試験さえパスすれば何歳でも入学できる。そう,この話に出てくる僕たちは老人だった」

男「となると男友の死因は老衰…だね」
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 23:01:57.78 ID:PRih59fT0
男友「ちょっと早口で何言っているか分からない」

男「おいこら」

男友「冗談だ。でもやるなぁ!大正解!さすが男だな」

男「ありがと」

男友「要素と要素の関係を見つけ,結び付けるんだ。そうすることで新たな真相が見えてくる」キリッ!

男「やめて,ちょっと興奮してしまっただけ」

男友「ごめんごめん,こんな男を見るのは新鮮だったからさ」

28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 23:02:39.31 ID:PRih59fT0
男友「では,そんな男君に新しい話を進呈しよう」

男「早っ!意外と速筆だね」

男友「たった数百文字だしな。…時間があるとは言い難いし」

男「…まぁいいや。答えは明日でいい?」

男友「おう。今回はフーダニットにこだわってくれ」

29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 23:03:28.97 ID:PRih59fT0
友小説2話

男友「すごいことになっちまたな」

男友(俺しかいない部屋なのに思わず独り言がこぼれた。どうしたかって?男が殺されたんだよ)

男友(部屋といっても自分の部屋じゃねえ。ここは陸上部の合宿の一環として泊まった旅館の一室だ。)

男友(俺は陸上を辞めたが,いてくれるだけでいいからと周りに説得されマネージャーとして参加することとなった)

男友(あまりにも勧誘がうざかったからな。大方,陸上の練習を見せつけることで俺がやる気になることでも狙ったんだろ。そんなんでやる気になるか。俺だって…)
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 23:04:04.58 ID:PRih59fT0
後輩「男友さん,ちょっといいですか?」ガラッ

男友「!なんだ後輩かビックリした…」

後輩「ごめんなさい。男さんを殺した犯人が旅館にいると思うと寝られなくて。少しだけでもいいですから一緒にいてもらえませんか?」

男友「むしろ歓迎するぜ。実は俺も心細かったんだ」

男友(こいつは後輩。この陸上部のマネージャーをやっている。やたら可愛い顔立ちをしているからか陸上部のアイドル的存在だ。普段やる気のない連中も後輩の前ではやたら張り切ったりするから笑える)
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 23:04:56.67 ID:PRih59fT0
後輩「…男さんが殺されたって聞いたんですが。くわしい状況を知らなくて…よかったら教えていただけません?」

男友「早速その話題かい。でも互いに気を遣い合うのも変か。いいぜ,教えてやる」

男友「男は温泉に入浴中に殺されたようだ。死因は溺死。むりやり沈められたらしい」

後輩「ということはそれなりに腕っぷしに自信がないと…」

男友「そうだな。返り討ちに遭いかねない」

後輩「でもどうして男さんは一人で温泉に入っていたのですか?普通,温泉って部内の友達と一緒にいきません?」

男友「ああ,実は男はさっきの時間まで一人で練習してたみたいなんだ」

後輩「こんな時間までですか!?」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 23:05:41.66 ID:PRih59fT0
男友「この陸上の記録用紙をみてくれ」

後輩「わたしはマネージャーだからよくみますよ。これがどうしたんですか?」

男友「男の記録が未提出だ」

後輩「言われてみたらそうですね」

男友「男って意外と頑固なところあるだろう?」

後輩「たしかに」

男友「多分,自分の記録に納得がいかなくて,納得いく記録がでるまで一人で残ってやってたんだろうな」

後輩「疲労で効率は落ちるはずなのに」

男友「まぁ言ってやるなって。俺も男の根性があるところは嫌いじゃないぞ」
33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/21(水) 23:06:10.57 ID:PRih59fT0
後輩「…もういいです。なんだか今日はいろいろあって疲れました。寝ましょう」

男友「そうだなあ…寝るか。電気消すぞ」

後輩「はーい」

おわり
44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:21:43.60 ID:TXrkt62m0
翌日

男「今回は簡単だね。結論から言おうか,犯人は後輩だ」

男友「根拠はあるか?」

男「たしかに後輩は可愛い顔立ちをしててアイドル的存在かもしれない。だが…」

男「男性だ」
45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:22:36.89 ID:TXrkt62m0
男「男性であるならば,僕を無理やり沈められてもおかしくないよね。そもそも男湯に入
れるのは男性だけだし」

男「それだけでは犯人は後輩だとは言い切れないけど,決め手となったのは記録用紙のく
だり。作中では友はマネージャーをやっているから,記録用紙を見て僕の記録が未
提出だと気づいたよね」

男友「おう」

男「ところが後輩もマネージャー。しかも本職だね。友より早く気がついてもおかしくな
い。僕が1人であるところを狙ったんだろう」
46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:23:35.89 ID:TXrkt62m0
男「後輩が男友の元に来たのは,殺しの話がどこまで伝わっているか確かめるため」

男「それを知らずに男友は記録用紙のくだりを後輩に話してしまった」

男「後輩は思っただろうね。僕が1人であることを知れたのは記録用紙を見た人のみ。
つまりマネージャーの可能性が高まる」

男「そのことを知られた後輩は男友が寝たところで手をかけるだろう…そういうホラーチックなオチになっている」
47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:24:22.70 ID:TXrkt62m0
男友「パーフェクトアンサーだな」

男「ありがと」

男友「ではこれが次の話の原稿な」

男「相変わらず早い」

男友「1日1話目指しているからな」
48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:25:21.37 ID:TXrkt62m0
男「次はどんな話?」

男友「皆がご待望のピクニック回だ」

男「誰がそんな話期待したのかな,しかもなぜピクニック?」

男友「この前,女と出かけたときに思いついた」

男「デートのときに推理小説のネタ考えている男の人なんて嫌すぎる。で,どこ行ったの?」
50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:26:03.62 ID:TXrkt62m0
男友「鉄塔」

男「鉄塔?」

男友「子どものころ近くの鉄塔が東京タワーだと思っていただろ?」

男「あるかもしれないね」

男友「だから近くまで行こって誘われて」

男「2人はお似合いな気がしてきたよ」

男友「そんなわけで次の話はピクニック回な。フーダニットにこだわってくれ」
51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:27:29.83 ID:TXrkt62m0
友小説第3話

明るかったはずの山道もだんだんと日が傾いてきていて暗くなっていきます。

それにもかかわらず,兄さんたちはまだまだ山中をぐるぐるとさまよっていました。

男「さっきこの道通らなかった?」

男友「いわれてみればそうかもしれないな」

男「だよね。実はさっきから木にナイフで傷をつけてもらいながら歩いていたんだ。そしてさっき再び傷つけた木のそばを通った。これはもしかしなくても遭難だね」

男友「そんなことやっていたのか」

52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:28:22.45 ID:TXrkt62m0
男友「でどうするんだ?名探偵さんよ。ケータイも通じないし」

男「こういうときは逆に山頂を目指した方がいいらしい。小説かなんかで読んだことある」

男友「え,降りるんじゃなくて?」

男「山頂を目指す方が崖から落ちることも減るし,なにより発見されやすい…ヘリから」

男友「ヘリで探してもらうルートは決定かよ」

男「背に腹は代えられないよね」
53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:29:37.96 ID:TXrkt62m0
そういうことで,山頂を目指していた兄さんたちでしたが道はなかなかに険しく,
あたりもどんどん暗くなっていきます。ましてや電灯なんてあるはずもありません。

男友「男,俺もうそろそろ…」

男「黙って歩いて。体力の無駄」

男友「…」

兄さんたちは限界に近付いていました。声を出す体力ももったいなく感じるほど消耗し,
それにともなって空気もどんどん重たくなるばかり。
54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:30:34.11 ID:TXrkt62m0
が,その空気は男友さんの声によって打ち破られました。

男友「あれをみろ!大きな屋敷があるぞ」

男「なんでこんなところに…交通の便がないっていうレベルではないよね」

男友「そんなことなんてどうでもいいんだよ」

男「男友?もしかして変なこと考えてないよな」

そんな兄さんの心配する声も届かず,男友さんは玄関に近付きインターホンを連打しました。
55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:31:13.26 ID:TXrkt62m0
友「すみませーん!泊めてもらえませんかー!」

男「男友―!」

男「何やっているのさ!知っている推理小説でも昔話でも想像してみてよ。こんなシチュで悪いことが起きないはずがないだろう」

友「背に腹は代えられない,だろ?」

男「館ものは好物だけど,リアルで起きるのは絶対嫌だ!というか暮らしてる人なんて」
56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:31:41.41 ID:TXrkt62m0
老紳士「おやおや,珍しい客ですな」

男「おるんかーい!」

友「彼は…セバスチャン!?」

男「うん。老紳士みんながセバスチャンなわけないからね」

そんなこんなで兄さんたちは館に入れてもらいました。
57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:32:18.86 ID:TXrkt62m0
男友「外からみたら豪邸だと思ったが,中身は案外なにもないな」

男「失礼だよ」

老紳士「いえいえ,お気になさらず。この館はあえて何も置いておいていないのです」

男「へぇそうなんですか」

老紳士「やはり館といえば殺人事件ですからね。ありとあらゆる凶器,または凶器になりえるものは排除しておかないと」

男友「なら生活すらしずらいんじゃ?」

老紳士「いえいえ,普段はこの家に住んでいませんよ。先祖への弔いもかねて今日たまたま泊まっているだけです。あなた方は運がよかった」
58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:32:53.00 ID:TXrkt62m0
老紳士「さて,部屋につきましたよ。あなた方はこの二部屋をお使いください」

男「ありがとうございます」

老紳士「では私はこれで,もし何かあれば寝室にいますのでお声かけください」

男「最後の一つ。今日この館に泊まっているのはあなただけですか?」

老紳士「いえ,妻と娘夫婦がおりますが何か?彼女らはすでに休んでいますが」

男「すいません。変なことを聞いて,なにもないです」

老紳士「いえ,お気になさらず。おやすみなさい。」
59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:33:37.98 ID:TXrkt62m0
翌朝,目覚めたとき,兄さんは大変取り乱していました。

男友さんが殺されていたからです。死因は鋭利なもので胸を刺されたときのショック死または失血死


兄さんは男友さんの仇を討とうと,知っている知識をフル活用して捜査に取り組みました。

その捜査がたとえ,小説の真似ごとであったとしてもです。

しかしその捜査は実を結ぶことがありませんでした。

老紳士と彼の妻,娘夫婦とも完全なアリバイがあったからです。
60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/22(木) 23:34:19.16 ID:TXrkt62m0
兄さんはふとつぶやきました。

聞き間違いでなければこんな感じのことです。

ありえないものを排除していけば…なんてどこぞの名探偵がいってたっけ。

信じられないけど,仕方ない…

犯人は…犯人はあなたです!

おわり
64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:23:57.55 ID:doV0yuvs0
翌日

男「友,昨日の小説解いてきたぞ」

男友「ちょっと待て,今クラスメイトと麻雀中」

男「見りゃわかるけどさ。というか男友,麻雀なんてできるの」

男友「おう。女さんに教えてもらった。そういや女の家の麻雀卓,全自動なんだぜ。すげえよな」

男「そうなんだ。まあ終わったら声をかけてよ」
65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:24:49.02 ID:doV0yuvs0
男友「ほい,終わり。待たせて悪いな」

男「いや全然待ってないよ」

男友「で,今回の話の出来はどうだった?」

男「話の出来はともかく,なんで僕は,男友が僕の妹に扮した一人称小説を読まされたのかなあ!」

男友「妹プレイってやつ?」

男「違う!絶対違う!しかもそうだとしてもマニアックすぎる」

男友「まぁ大丈夫だ,心配すんな。お前の妹にも監修してもらったから」

男「…初耳なんだけど」

男友「お前の妹曰く,出来がいいとは言えないんじゃない?だってさ」

男「毒舌だからねぇ。妹」
66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:25:24.56 ID:doV0yuvs0
男友「出来はともかく犯人は分かったか?」

男「分かったけどさ」

男友「そんな怒るなって。許可はとっているしさ」

男「ったく」
67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:26:18.16 ID:doV0yuvs0
男友「なんで分かった?」

男「まず登場人物は僕,男友,あとは館の住人の老紳士,妻,娘夫婦だったっけ」

男「で男友は殺されているからとりあえず犯人から除外してもよいかな」

男「男友が自殺で犯人は男友自身でしたのパターンもあるけど,『死因が胸を刺されたことによる』って書いてあったから違うはず。自分で刺したなら『胸を   刺したことによる』ってなるかな」

男「そもそも胸を刺して自殺ってあんまりなさそうだし」
68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:26:53.15 ID:doV0yuvs0
男「で,小説の描写を信じると住人たちはアリバイがあり,犯人ではない」

男「じゃあ残った僕か?と思ったけど,犯人が捜査なんかするかな?しかもそのせいで住人達は犯人じゃないってことになって犯人候補が減ったし」

男「そもそも僕は凶器を持ってないし。館にも凶器はない」

男「だからこそ凶器はどこからきたんだという視点に変えた」
69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:28:13.02 ID:doV0yuvs0
男「館に凶器はないから,持ち込まれたと考えるのが自然だね。しかも僕らによって」

男「凶器になりえるものを探したらあった。木をナイフで傷つけて目印にする描写」

〜〜
男『実はさっきから木にナイフで傷をつけてもらいながら歩いていていたんだ』

男友『そんなことやっていたのか』
〜〜

男「傷をつけて『もらいながら』ってことは僕自身はやっていない。友も知らなかったから違う」

男「なら,誰が木に傷をつけることが可能だったのか」

男「妹だよ」
70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:28:55.73 ID:doV0yuvs0
男「そう,妹は語り手としてではなく,僕らと同行してたんだ。終始無言でね」

男「ss形式の場合,無言であるとその場にいないように描写される。そこを逆手にとった」

男「老紳士が僕らに二部屋も貸してくれているのもヒントだったのかな。理由は年頃の女の子がいるから。どういうパターンで別れたのかは分からないけど」

男「しかも最後の方の地の分で『聞き間違いでなければ』なんて書いている。これも妹がその場にいた証拠かな」

男「以上のことから犯人はナイフを持っていた妹だ」
71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:29:44.84 ID:doV0yuvs0
男友「せーかい。というかそろそろ慣れたわ饒舌な男」

男「やっぱり推理パートっていいよね」

男友「…では次の話渡し解く」

男「毎日が楽しみになってきたよ」

男友「そりゃ光栄」

男友「次の話もフーダニットを考えてくれ」
72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:30:30.67 ID:doV0yuvs0
友小説4話

かていか室で待っています。先輩より。なんて手紙を男友君の机の中に入れておいた。

そう,私は今から告白するんだ。

待っていると,予想外のことに2人の声が聞こえてきた。
73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:31:26.46 ID:doV0yuvs0
「やっぱこんなのシチュエーション,告白しかないあり得ん。というか先輩ってどんな人なんだ?」

「先輩って不思議と年上って気がしないんだよね。むしろ友達って感じ?友達から告白なんて…」

「いやいや友達と思っていたのに,実はなんてよくあるぞ」

「そうかなー。さて家庭科室についたか。ごめん付いてきてもらって。なんか不安で」

「それは構わんがどうやら俺はお邪魔虫みたいだな」
74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:32:21.91 ID:doV0yuvs0
男友君たちが部屋のドアを開けたのを合図に私は話だした。

私「ごめんね。急に来てもらって。早速で悪いんだけど…男君には席を外してほしいな」

男「やっぱりそういうことでしたか。では帰りますね」

男君は察してくれたみたい。すぐにその場から立ち去ってくれた。

男友「で,どういうことですか」

私「察しが悪いなあ」

私「単刀直入にいうね。好きです。付き合ってください」
75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:33:05.14 ID:doV0yuvs0
次の日

私「友達から始めてみない?」

男友「なんですか。急に」

私「あなたのこといいなって思ってて」

男友「それはありがたいんですが,ちょっと今立て込んでいて」

私「なにか用事でも」

男友「昨日,あれから男が家に帰ってないみたいで,もちろん今日学校にも来てないし」

私「…ふうん。クラスでも話題になっていた感じ?」

男友「そりゃあクラスメイト1人の行方が分からなくなってますからね。当たり前ですよ。」

私「そっかぁ」
76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:33:37.59 ID:doV0yuvs0
その次の日

私「彼は見つかった?」

男友「それが続けて別の生徒も行方不明になったみたいで」

私「名前分かる?」

男友「ええ,別のクラスですが榎田って奴です」

私「えのきださんね…もしかして駆け落ちでもしたんじゃないの?」

男友「こんなときに何言ってるんですか。それに男と榎田に接点はなかったはずです」

私「そうなんだ」

男友「では立て込んでるので,失礼します」
77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:34:14.75 ID:doV0yuvs0
その次の日

私「彼と榎田さんだったっけ?どう?」

男友「見つからなくて。しかも,今日も行方不明者が出たみたいなんです。」

私「なんて人?」

男友「宇田さん。ご存知ですか?」

私「うださん?知らない人ね」

私「何か彼らに共通点はない?」

男友「うーん。部活も住んでる場所も出身中学も違いますからね。」

私「そういうのじゃなくてさ」

男友「?」

私「いや何でもない」

男友「はぁ,そうですか。では俺,行きますね」

私「さようなら」
78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/23(金) 23:34:58.95 ID:doV0yuvs0
その次の日

私「男友君,探したわよ」

男友「先輩,俺も聞きました。3年の井上さんが行方不明だって」

私「うん…」

男友「で,ちょっと俺,気が付いたことがあるんですけど」

私「何に気付いたの?」

男友「最初にいなくなったのが男でしょ」

私「うんうん」

男友「次が榎田,その次が宇田さん,そして今日が井上さん」

男友「つまり,おえうい…から始まる人がいなくなっています」

私「言われてみれば!」

男友「ということは次に狙われるのは『あ』から始める人になります。阿部さんとか」

私「そういうことになるね」

男友「はい」

私「なら男友君,今すぐ職員室に行って先生に知らせてきて,全校生の『あ』から始まる人が危ないって」

男友「分かりました」

おわり
88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/24(土) 23:21:11.61 ID:IUAi8qyt0
翌日

男「あれ?男友ってそんな装飾品つけてたっけ?」

男友「装飾品って…。ネックレスな。なんか肩こりがよくなるって女にもらった」

男「仲良いのはいいとして,ちゃんとシャツとかで隠して,見えないようにしなよ。生徒指導の先生にとやかく言われそう」

男友「おう,気を付けるわ」
89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/24(土) 23:22:10.72 ID:IUAi8qyt0
男友「で,解けた?昨日の」

男「たぶんね」

男友「では聞こうか」

男「今回のパターンはあれだね。五十音順だとか,村にまつわる歌になぞらえて,とか特定の順番で人が殺されていくタイプ」

男友「だな」

男「男友が殺人を企てたとしてそんな面倒なことする?」

男友「やらない」
90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/24(土) 23:22:50.06 ID:IUAi8qyt0
男「そう。理由がないと普通はやらない。特定の順番に手をかける理由は大きく分けて3パターンあると思っている」

男「まず,1つ目。事件の順番を誤認識させるパターン」

男「例えば,Aさん,Bさん,Cさんが殺されたとする。でも本当は殺させた順番がA→C→Bだったとすれば?」

男「順番を誤認識させることで,その時間にアリバイが持てるよね」

男「もう1つは連続殺人系でたまにあるんだけど,最初方の被害者が実は亡くなっていなくて,しかも犯人でしたのパターン」

男「殺された時点で容疑者から外れるからね。そこを逆手にとる手段」
91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/24(土) 23:23:27.13 ID:IUAi8qyt0
男「3つ目は今回の話に当てはまる」

男「そう。殺人を殺人で隠すパターン」

男「例えば,Aさんが殺されたとすれば,Aさんに因縁深い人が疑われるのは当然だ」

男「だからこそ特定の順番で殺人を犯し,Aさん殺害事件から直接目を逸らさせるんだ」

男「特定の順番で事件が起きれば,なぜ順番にこだわるのか?とか次に狙われるのは誰か?という視点に集中しがちだから」
92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/24(土) 23:24:03.55 ID:IUAi8qyt0
男「今回の話では『おえいう』という順番で行方不明になる」

男「なぜ,五十音順の『あいうえお』ではなく逆の『おえいう…』なのか」

男「簡単だ。連続殺人は後付けにすぎないから。ただのこじつけ。」

男「ということは,最初の事件,つまり男が行方不明になった事件を考えればいいはず」
93:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/24(土) 23:26:53.35 ID:IUAi8qyt0
男「描写によると,男が最後に確認できるのは,家庭科室で先輩に促されて帰るところまで」

男「と考えちゃうとこちらの負けだ」

男「今回の話は,先輩視点で語られる。『私』とはすべて先輩のこと」

男「重要なのは,男と男友が家庭科室に入る前の会話の内容」

〜〜
「やっぱこんなのシチュエーション,告白しかないあり得ん。というか先輩ってどんな人なんだ?あんまり関わりないわ」

「先輩って不思議と年上って気がしないんだよね。むしろ友達って感じ?友達から告白なんて…」
〜〜

男「上のセリフは口調から男友,もうひとつは男,つまり僕」

94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/24(土) 23:27:52.01 ID:IUAi8qyt0
男「人間関係は相互の関係のことが多い。つまり男友が先輩を知らなかったら,先輩も男友のことをあまり知らない」

男「僕は先輩を友達と称してる。なら先輩も僕を友達に近い存在だと思っているのでは?」

男「そうなると,先輩からみて僕は男友で,男友は男なんだ」

男「僕らは口調の違いが多少あるけど,相手が先輩なら敬語になって,口調の違いはごまかせるね」

男「となると先輩に告白されたのは僕ということになる」

男「行方不明になったということは多分,僕はそれを断って逆上されたのかな」

男「家庭科室なら凶器もたくさんあるし」
95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/24(土) 23:28:44.02 ID:IUAi8qyt0
男「行方不明になった僕が最後に会っていたのは誰か?ということになると先輩が当然疑われる」

男「そこから目を逸らすため,先輩は『おえうい』殺人事件を起こした」

男「家庭科室以降の男友は男友で間違いない。友達になろうって先輩が言ってるから先輩からみた男は男友に上書きされたんだろう」

男「しかも先輩は男友に順番通りに殺されているよーって気付かせてもいるんだね。誰かが気付かないと計画はおじゃんだから」

男「以上」
96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/24(土) 23:29:30.47 ID:IUAi8qyt0
男友「ほんとありがとうな」

男「何が?」

男友「俺の突拍子もない企画に付き合ってくれて」

男「いや僕自身も楽しんでいるし,どうしたの改まって」

男友「なんでもないさ。…小説ごっこはとりあえず昨日のやつで終わりだ」

男「急に終わったね」

男友「飽きたからな。ネタも思いつかんし」

男「相変わらず飽きっぽい」

男友「よく言われる」

男「でもこの数日間楽しかったよ。また何か面白い企画を思いついたら言ってよ。付き合うから」

男友「おうとも」

おわり
108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:51:03.86 ID:+JFJbmCO0
そう。男友が生きていたときの話はおわりだ。

この数日後,男友は亡くなった。

死因は心臓の病気か何かだったらしい

病気についてくわしくないからよく分からないけど

案外,つらいとか悲しいとかいう気持ちにはならなかった。

ひょっこりと帰ってきて,いつもみたいに男友の思いつきに付き合わされる

そんな気しかしなかった。
109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:51:38.19 ID:+JFJbmCO0
多分,僕は現実を受け入れていないだけなんだろう

そのうち時間がゆっくりと,あるいは急激に教えてくれるはずだ。

教えてほしくもなんともないけど。
110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:52:08.00 ID:+JFJbmCO0
男友がいなくなってからクラスの雰囲気も変わったように感じた。

男友は良くも悪くも中心人物だったようだと実感させられる。

女さんは男友の死をきっかけに転校していった。

男友との思い出が残る場所で生活していくには耐えられないと。

女さんを引き留める者はいなかった。
111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:53:09.40 ID:+JFJbmCO0
自室に帰りなんとなく机の上をみると,男友の短編集が目に入る

これがある意味,遺作になってしまったなと思いつつ読み返す。

どの話もトリック自体はよくあるものだが,それイコール簡単に執筆できるということにはならない

ましてや,推理小説を普段読まない男友ならなおさらだ。
112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:53:40.11 ID:+JFJbmCO0
ふと考えを思いつく。

手間をかけるほどに,友が間接的に何か伝えたかったとしたら?

これは遺作ではなく,僕にメッセージを伝えるための遺書だったとしたら?

僕はもう一度読み返した。

各話を丁寧に読み返してみたが,特にメッセージは浮かんでこない。
113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:54:28.34 ID:+JFJbmCO0
…ならどうするか?

僕以外の人間に頼るしかない。

といっても推理小説を僕の周りで読む人はほぼいない。

かろうじて妹がたまに読むぐらいかなとは思ったが

妹も男友の死にかなりのショックを受けていたみたいだし

掘り返すのもいかがなものか

そういうことで僕は,僕たちを知らない第三者の力を借りることにした。

そう,僕らの日常と男友の作品を匿名でss化して,誰かに見てもらうんだ。

心の中で男友に謝っておく。
114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:55:59.60 ID:+JFJbmCO0
ss化すると何人かの人が集まってきてくれた。

そんな中で『かていか室が平仮名なのは何故だ』というレスがついた。

はっと気付かされた。

どの話も語り手の独白から始まるけれど,どこか印象的だ。

この最初の1文に意味があるんじゃないか?

そこを出発点に話全体を少し俯瞰しながら僕は考え始めた。
115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:56:33.94 ID:+JFJbmCO0
………………………………
………………
………………
………………
………………

考えて,考えてある1つの仮説が立った。
116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:57:14.60 ID:+JFJbmCO0
でもこれが真実だったとして周囲の人は幸せになるのか?

真実が美しいとは限らない

こんなのは推理小説(特に社会派もの)でとっくに議論されてきた。

ある主人公は真実を求め,ある主人公は真実を曲げた。

どちらかが間違っているとは思わない。

2人には芯というか核になるものがあったからだ。
117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:57:44.60 ID:+JFJbmCO0
ただ,僕にはなにもない。どうすることもできない。

僕はこの仮説を胸の奥に押し込んだまま,日々を過ごしていった。
118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:58:17.39 ID:+JFJbmCO0
ある朝,友の携帯から電話が掛かってきた。

びっくりして,その電話に出た。

男「はい,男ですが」
119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 22:59:19.25 ID:+JFJbmCO0
男友母「久しぶり。男友母ですけど。覚えてる?」

男「あー。分かりますよ。どうしたんですか?」

そりゃ亡くなった人から電話が掛かってくるはずはないよね。男友母は続ける。

男友母「息子についてやっと踏ん切りがついて身辺整理を始めたの。そしたらね。息子の机の引き出しから手紙が見つかって」

男「手紙ですか?」

男友母「ええ。あなた宛てへの手紙みたい。」

男「すぐに取りに行きますね」
120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:00:04.94 ID:+JFJbmCO0
放課後,自転車をぶっとばした。

男友の家は最近は行ってなかったけど,道は覚えている。

小学生の頃はよくお邪魔したからね。

家の電話番号だって空でいうことができる。当時は携帯なんて持ってなかったし。

空でいえる電話番号なんて自分を除けば,男友の家の番号だけだ。

男友の家が見えてきた。

当時より小さいと感じるアパート。なつかしい。

僕が大きくなったのかなと思いつつ,インターホンを押した。
121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:00:34.40 ID:+JFJbmCO0
男友母「あら,男君。大きくなったわね。ささ上がって上がって」

男「はは,どうも」

男友母の印象は当時とさして変わらない。そういえば男友は母と2人暮らしだったっけなんて思い出したりもした。
122:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:01:16.48 ID:+JFJbmCO0
世間話を一通り済ませたのち,男友母は話を切り出してきた。

男友母「電話で言った手紙の件なんだけど,彼の部屋においてあるから読んできなよ」

男「はぁ分かりました。手紙の内容はご存知で?」

男友母「自分以外を宛てた手紙を読む趣味はないさねえ」
123:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:01:52.48 ID:+JFJbmCO0
男友の部屋に入ると,いろいろな思いがこみ上げてくる。

いかん,いかん感傷に浸っている場合ではないと,机の上においてあった封筒から手紙を取り出す。

中身はこうだ。
124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:02:23.19 ID:+JFJbmCO0
男へ

人生で一番大事なのは何か?

信念だ。

俺は信念を通した。

次はお前の番だ。

健闘を祈る。

男友より
125:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:02:50.34 ID:+JFJbmCO0
…何だ。信念って。

でも次は僕の番って書いてある。

ならやるしかないよね。

男友の企画には乗るってこの前,言っちゃったもの。
126:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:03:22.74 ID:+JFJbmCO0
男「男友のお母さん,では帰りますね」

男友母「あら,もういいの?ゆっくりしていってもいいのに」

男「ちょっとやらなければならないことができたので」

男友母「あら,そう」

男「最後に聞いておきたいのですが」
127:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:04:07.73 ID:+JFJbmCO0
後日,僕はある人物を呼び出した。

待ち合わせ場所は男友の小説1話に出てきた喫茶店

こちらが出向くことも考えたがこっちに出向いてくれるとのことだ。

多分,これがラスボス戦

どうも落ち着かないと携帯の時間表示とにらめっこしていると
128:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:05:01.25 ID:+JFJbmCO0
約束の時間に1時間以上遅れて,女さんが現れた。

男「遅いよ。待ちつかれた」

僕がチクリと釘を刺す。

そんなことを全く気にしない様子で

女「ちょっと用事があったから」

少しは悪びれてほしい。

そう。僕は女さんを呼び出したのだ。
129:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:06:59.91 ID:+JFJbmCO0
連絡先は分からなかったが,男友の携帯を借りて,その中の電話帳から探した。

男友の部屋から僕宛ての手紙が見つかった。確認したいことがあるから直接話したいという名目でとりつけた。

そうでもしないと会ってくれない気がしたから。
130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:07:31.05 ID:+JFJbmCO0
女「で,本題から入るわよ。手紙なんだけど…」

男「ちょっと待って。せっかく女の子とのお茶だ。少し遠回りしてもいいかな」

女「…?いいけど」
                                                      
女さんの了承を得る。手紙うんぬんは少し後にとっておきたい。
131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:09:24.07 ID:+JFJbmCO0
僕は男友の小説の原稿を取り出す。

女「これ何?」

男「男友が生きてたころ,あるゲームをしていたんだ。男友が推理小説を書いてきて,その真相を僕が当てるというゲームなんだけど」

女「へぇ,そんなことやっていたの」

男「この短編集って全4話だったんだけど,男友は全5話にするって言ってたんだ。これはどういうことか分かる?」

女「途中でネタ切れとか,飽きちゃったりとか?」

男「実は何か理由があったとしたら?」

女「何が言いたいわけ?」
132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:10:24.36 ID:+JFJbmCO0
男「つまり5話は存在していると僕は考えてる」

女「へぇ〜どこに?男友のノート?それともパソコンの中とかぁ?」

女さんがニマニマと自信たっぷりな様子で尋ねてくる。

もしかして5話が今までと同じ形では存在してないことを知っている?

まぁなんでもいいや。
133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:11:06.81 ID:+JFJbmCO0
男「文字を媒介としては存在していない」

女「ほら」

男「だけどね。僕が言いたいのは」

男「男友が亡くなった事件…あれそのものが5話だったんだよ」

女「…何を言っているの」

僕は手ごろにあった紙とペンを取り出す。
134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:12:12.88 ID:+JFJbmCO0
男「友小説の1〜4話をまとめてみるよ」

   加害者 → 被害者

1話 (幼馴染)  男友

2話 後輩    男

3話 妹     男友

4話 先輩    男

男「こんな感じかな。何か気付くことある?」

ちなみに1話の加害者はいないから,登場した幼馴染に()をつけさせてもらった。
135:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:13:17.46 ID:+JFJbmCO0
女「被害者が男友,男で交互になっているわね」

男「すばらしいね。他には?」

女「加害者は…男友の周囲の人?」

男「そう。つまり僕と男友の共通の知り合いだ。これは構想段階で男友も言っていた」

男「そして…」

〜〜
安心してくれ。登場人物は俺と男と,俺たちの共通の知り合いの幼馴染,陸上の後輩,お前の妹,先輩,女あたりでいく。全5話な
〜〜

男「女さんもこの物語に登場する予定だった」
136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:14:19.41 ID:+JFJbmCO0
男「ではもし5話があったとするならば」

リストに付け加える。


   加害者 → 被害者

1話 (幼馴染)  男友

2話 後輩    男

3話 妹     男友

4話 先輩    男

5話 女     男友
137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:15:26.22 ID:+JFJbmCO0




男「そう。男友が亡くなった事件を5話とするならば,犯人はあなたなんだ。女さん」








138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:16:48.30 ID:+JFJbmCO0
女「いやいやこれはないでしょう」

男「そうかな」

女「男君の推理の出来が良いなら,あなたは推理作家になるべきよ,とかいうべきなんだろうけど…あまりにもお粗末すぎる」

女「あなたが探偵に憧れているのは知っているわ。でも推理ごっこに付き合わされるのは勘弁してよ。そもそも男友は心臓の病で亡くなったのよ。殺すもなにもないでしょ」
139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:18:01.69 ID:+JFJbmCO0
男「…プロバビリティの殺人って知ってる?」

女「ぷろば…?何それ」

男「殺したい相手を直接殺すのではなく,なんらかの仕掛けで死ぬ可能性を高める殺人方法のこと」

女「さっきから何を言っているの?」

男「具体的に言うとさ,心臓が悪かった男友に付け込んで,女さんは心臓に負担がかかるようなことをさせ続けたんだ。」

僕も実をいうと1〜4話が叙述トリックだったから,5話もそうではないかと思わされたんだ。

今思うと,それ自体が叙述トリックだったのかもしれない。
140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:19:01.27 ID:+JFJbmCO0
女「私たちが男友の心臓が悪かったことを知ったのは,男友が亡くなってからでしょ」

男「それについては,この短編集の中を読んだら分かるんだ」

女「?」

男「生前,僕たちはこのような会話を交わしたんだ」

〜〜
男友「推理ものなんて最初の文字さえ読めばだいたい解けるって」

男「それは言いすぎだよ」
〜〜

男「男友は決して,自分のよく知らないジャンルを悪く言ったりしない」

男「なら男友の言葉が,男友の書いた小説のみ適用されるのならば?」
141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:19:44.44 ID:+JFJbmCO0
男「ということで,男友の書いた短編の最初の1文をとってきたよ」

男(ペース落とすなー!ファイオーファイオーなど陸上部の掛け声を聞いていると,引退した身としては懐かしいような,苦いような不思議な気持ちになる)

男友「すごいことになっちまたな」

明るかったはずの山道もだんだんと日が傾いてきていて暗くなっていきます。

かていか室で待っています。先輩より。なんて手紙を男友君の机の中に入れておいた。

男「これらの最初の文字をとっていく。すると…?」

ぺー ス 明 か

ペースメーカー
142:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:20:58.81 ID:+JFJbmCO0
男「男友はペースメーカーを入れていたんだ。これは男友のお母さんに確認済み」

男「それで女さんはペースメーカーを入れている人にとって負担のかかることを繰り返させた」

男「例えば,本屋や図書館に行かせて盗難防止ゲートをくぐらせたり,ピクニックと称して,強い電波を発する場所に近づけたり,電動の麻雀卓に座らせたり,磁気がでるネックレスをプレゼントしたり…」

男「あなたは男友をじわりじわりと,いたぶり続けたんだ」

男「ほんと良い性格してるよね」

駄目だ。腹が立ってきた。探偵役は常に冷静でなくては

次の女さんの行動はおそらく…
143:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:21:37.38 ID:+JFJbmCO0
次の女さんの行動はおそらく…

女「私が知らなかったのよ!男友がペースメーカーを入れているなんて…!私の行動が男友に負担をかけてたなんて…ごめん…ごめんなさい」

そう,こうくるだろうと思っていた。

そんなこと知らなかった,で逃れることができるからね。
144:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:22:33.44 ID:+JFJbmCO0
だからこそ僕は切り札をだす。僕が偽造した手紙だ。

男「これは男友が僕に宛てた手紙。この手紙に決定的なことが書いてあったんだ。それは…」

女「…ふふっ」

女さんの泣き声が笑い声に変わる。どうしたのか。
145:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:23:07.34 ID:+JFJbmCO0
女「あははははははははははははははは!」

男「何がおかしいの?」

女「なんで私が遅刻してきたか分かる?」

男「さぁ」

女「その手紙を手に入れるために決まっているじゃない。」

男「えっ…」

背筋が凍った。
146:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:24:05.40 ID:+JFJbmCO0
女「あなたの妹に頼んで,あなたの部屋に入れてもらったのよ。そしたら机の引き出しからこんなものが出てきた」

女さんが出したそれは,間違いなく男友が書いた手紙だった。

持ち歩くのは危険と思って,家に置いてきたのが裏目に出た!

男「それは…」

女「信念がどうとか書いてあるけど,どこが決定的なことか教えてほしいなぁ。私わかんなぁい」

男「…」
147:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:24:59.37 ID:+JFJbmCO0
絶望的だ。

そもそもなぜ女さんがプロバビリティの殺人方法を選んだか,僕には分かる。

いつ殺せるか分からない代わりに,殺人の証拠が出てこないんだ。

今回の場合でも女さんがしている通り,男友の心臓が悪いことを知りませんでした。と主張されたら何も言い返すことができない。

だからこそ僕は偽造した男友の手紙をpcで作り,ハッタリをきかせ,女さんが罪を認めてくれる展開を狙ったのだ。

だけど,その狙いはハズされたのだ。

他の手を考えないと,他の手を!頭回せ!
148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:25:54.43 ID:+JFJbmCO0
一旦手紙をバッグにしまう。

男「女さん」

女「なに?」

男「男友がここまでお膳立てしていたってことは当然,男友は女さんの狙いに気付いていたと考えればいいよね」

女「あなたがいうのが真実ならばね」

男「よく聞いてほしい。男友は女さんの狙いに気付いていたのにも関わらず,女さんの近くに居続けた。これがどういう意味が分かる?あなたは自分を想ってくれる人を殺してしまったんだ」

女「いやいや何それ?情で押す作戦?そもそもそういうのは犯人が罪を認めてから告げるもので証拠として押すものではないわよ」

………

他に手は……ない……のか?
149:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:26:34.66 ID:+JFJbmCO0
男「…」

女「もう言うことはないかしら?私も暇じゃないからね。帰らせてもらうわ」

男「待ってくれ!」

女「推理ごっこに付き合っている暇はないの」

女「もういくわ」

男「だから待ってっ!」

女さんは近くにいる店員に耳打ちし,その場を去っていく。
150:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:27:23.76 ID:+JFJbmCO0
急いで追いかけようとすると,店員に引き留められた。

中国人店員「オキャクサマ,オカイケイガマダデスガ」

お前は友小説1話に出てきた中国人店員!?

実在したのか…

そんなことはどうでもいい。早く女さんを引き留めないと

僕は乱暴にサイフから1万円を取り出すと,意気揚々と告げた

男「おつりはいりません」

言ってみたかったセリフの1つを言うことができ,少しだけ満足。
151:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:28:04.74 ID:+JFJbmCO0
だが

中国人店員「ソウイウワケニハ,イカナイ」

男「なぜですか」

中国人店員「サッキノ,オンナノヒトニタノマレタ」

男「なにを?」

中国人店員「ストーカーニ,ツキマトワレテイルト」

さっきの耳打ちはそういうことだったのか!?

店員は僕を羽交い絞めにした。
152:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:29:14.53 ID:+JFJbmCO0
男「というか離してください」

中国人店員「オンナノヒトガ,ミエナクナルマデ,ハナシマセン」

ここで女さんを逃がしてしまうと,女さんの足取りがつかなくなる!

下手すると一生会えないかもしれない!

連絡先だって変えられるに違いない!逃がすものか!

男「だから離せって」

中国人店員「ハナセバワカル」

男「話しても離してくれなきゃ分からないんだよ!」

中国人店員「?」

中国人店員は僕よりはるかの背丈が大きく,しかも羽交い絞めにされているためどうすることもできない。

どこかの名探偵みたいに怪しい柔術でも使えたらなと思ったが,仮に使えたとして,女さんに追いついても状況は何も変わっていない。
153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:29:48.01 ID:+JFJbmCO0
余計なことを考えている時間はない。考えろ…考えるんだ。

考え抜いて,女さんに真実をたたきつける!

要素と要素の関係を見つけ,結びつけるんだ!
154:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:30:23.17 ID:+JFJbmCO0
まずフーダニットだとかハウダニット,つまり犯人は誰かだとか,どうやったのかは分かっている。

ならホワイダニットを考える。なぜ女さんは男友を殺したのか。

うーんと………分からない

視点を変えよう。

女さんは男友を殺してメリットがあったのか

客観的に見れば,女さんは恋人を亡くし,転校までした悲劇のヒロイン

メリットがあったとはいえない。

『女さん自身にメリットがあったのではなく,女さんの周囲の人にとってメリットがあった』のかな
155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:31:04.91 ID:+JFJbmCO0
男友の視点からも考えてみる

なぜ男友は殺されなければならなかったのか

よくあるパターンが知ってはいけないことを知ってしまった,みたいな感じか?

でも男友が何かしらの秘密を知ったなら,それを小説になんらかの形で残すんじゃないか?

暗号がこれ以上入っていることは多分…もうないと思う。

あれから数え切れないほど,読み返したし。

今更読み返す時間もないから,この考えは捨てて。もう1段階,大げさにしてみる。

『男友は秘密を知っているわけではなく,男友自体が存在してはいけない存在だった』とみてみるのはどうだろう
156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:31:50.30 ID:+JFJbmCO0
そういえば,女さんは男友がペースメーカーを入れていることを知っていた。

親友の僕さえ知らない,しかも暗号にするほどの事実を知っているのか?

『女さんは親友の僕より深い関係だった』?

男友と女さんの関係を客観的にみると恋人同士

でも男友は言っていたっけ,俺たちは付き合うわけにはいかないと

あれが照れ隠しではなく,本当に理由があったとすれば?

『男友と女さんは付き合うわけにはいかない理由があった』
157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:32:25.21 ID:+JFJbmCO0
周囲の人に目を向けよう。

友小説1話で幼馴染が言ってた

『女さんは社長令嬢』

それに対して

『男友は母子家庭』

これらの要素を組み合わせる!
158:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:32:52.73 ID:+JFJbmCO0
………………………………
………………
………………
………………
………………

これらを結びつけると,僕なりの結論が出た!

もう盛大に外したってもいい!ただのこじつけだっていい!

今,この時間も背中を向けて去っていく女さんの足を止めてやるんだ!

僕は大きく息を吸った。そして
159:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:33:47.66 ID:+JFJbmCO0



「男友と女さんは血のつながっていない兄弟だー!」






160:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:34:46.02 ID:+JFJbmCO0
思いっきり叫んでやった。

あまりの大声に,喫茶店にいる客と店員が一斉にこちらをみる。

時が止まった気がした。

そして僕の視線の先にいる女さんが足を止めた。

足を止めた女さんは踵を返し,先ほどとは違う乱暴な歩調でこちらに向かってくる。

しかもすごく,僕をニラんでいる。
161:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:35:32.18 ID:+JFJbmCO0
女さんは戻ってきたとたん,僕の胸倉をつかんだ。

中国人店員に羽交い絞めされ,さらに女さんに胸倉をつかまれるなんて

ボコボコにされるのもいいとこだ。こういうシーンってもっとカッコつくものだと思っていたよ。

女「どうして…!?どうして…!?」

女さんが真っ赤な顔でにらむ。しかも涙目で。

この反応はビンコかな
163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:36:55.18 ID:+JFJbmCO0
ひとまず,息をつく。

男「どうしてと言われても…。女さんの親御さんってどこかの社長だよね。男友が隠し子であり,男友が存在することが経営上,邪魔であった。と考えればなにもかも説明がつくと思っただけ」

男「会社のトップに隠し子がいたなんてイメージダウンどころじゃないからね」

男「となると,男友と女さんは兄弟だ。血は半分しかつながってないけど」

男「というかどっちが兄,姉?になるんだろ」

女「うるさい!」

女「急にわけわからないこと言っちゃって,証拠があるの?」

わりと聞きたかったなぁ。そのセリフ。

どうせDNA鑑定なんて受けてくれないしさ。だから僕は探偵役としてあるまじき発言をする。
164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:38:43.31 ID:+JFJbmCO0
男「今回に限っては証拠は必要ない」

女「どういうこと?」

男「僕の狙いは女さんを刑事裁判にかけることではなく,会社のイメージを下げることにあるからだよ」

男「ここまでうまくやられたら,多分,罪に問うことは難しい。だから会社の経営を悪化させてやるしか反撃はできないんだ。僕はこれから会社のトップに隠し子がいたことをいろんな出版社に行って,話してくるよ」

女「そんなことしたって」

男「大きな力でつぶされるかもしれないね」

男「でもSNSが発達したこの時代に噂話を断ち切ることは不可能だよ」

男「もしかしてもう,このやりとりを見たお客さんがSNSに投稿しているかもしれないね」

女「もういい…」

女さんは僕から手を放すと,そのままふらふらと外に行ってしまった。

終わり…かな
165:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:39:22.14 ID:+JFJbmCO0
全身の力を抜いた僕に例の店員が声を掛けてくる

中国人店員「イマノヤリトリハ,ニホンゴデナントイウノデスカ?」

なんていうんだろう。あえていうとするならば…

男「探偵気取りの出来損ないの推理かな」
166:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:39:52.97 ID:+JFJbmCO0
後日,会社のトップに隠し子がいたという噂が世間を少しにぎわせた。

経営は悪化しただろうが倒産したというわけではなく,その会社は経営を続けている。

会社名を変えたりして,うまくやっているみたいだ。
167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:40:37.61 ID:+JFJbmCO0
すべてを終えた僕は自室のベッドに寝転がった。

天井を見つめ,少し考えを浮かべる。

ここまできても解けきれてない謎がいくつかある。

それを考えてみようか。

推理というよりはむしろ憶測になるけれど
168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:41:12.42 ID:+JFJbmCO0
まず1つ。男友は命を狙われているのに気づきつつも,なぜ女さんと一緒に居続けたのか。

これは予想がつく。

女さんといっしょにいたかったからだ。

途中で俺のこと殺そうとしているだろ,なんて指摘しちゃえばそこで関係は終わってしまうからね

女さんといっしょにいたいという気持ちが家族愛によるものなのか

それとも異性を想う気持ちだったのかは,知るよしもない。
169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:42:51.71 ID:+JFJbmCO0
もう1つ。どうして僕にあんな回りくどい方法で女さんの罪をあばかせたのか。

これは男友自身も最後までどうすべきか迷っていたんじゃないかな。

でも女さんの罪をあばくことで,女さんは男友の気持ちを知れた。

また,女さんが失敗したことを知らしめることもできた。

事実,女さんが失敗したことで家からは勘当されたらしい。

もし女さんの罪があばかれないままだったとしたら,もしかしてずっと親や会社の言いなりだったのかもしれない。

そこから解放するために,あえて僕に罪をあばかせたのだ。

なんて全部僕の想像だけど
170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:43:23.85 ID:+JFJbmCO0
さて,自分のやりたいことをやりきって死んだ友だけど

ちょっとは僕の気持ちも考えてほしいものだ。

そこで僕は男友宛ての手紙を書くことにした。

最後に僕の背中を押したのも男友からの手紙だったし,そのお返しだ。

手紙には,お前がいなくなって寂しいぞ。だとか,探偵役としてお前の策が完遂される前に止めたかったなど素直な気持ちを書いておいた。

あと一応,女さんがどうなったのかも書いておいた。一番気になるだろうし

他にもたくさん書いたが,ここに書くのは恥ずかしいのでやめておく。
171:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:44:18.33 ID:+JFJbmCO0
あとはこの手紙を男友の家の仏壇へもっていくだけだ。

この手紙を男友が読んでくれるとしたら,きっと彼は驚くだろうな。

なんてったって

僕特製の叙述トリックがいくつも仕込まれているからね。

172:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/25(日) 23:46:17.95 ID:+JFJbmCO0
これにて完結です

ここまで読んでくださった皆様
特に一緒に推理してくれた皆様,とてもうれしかったです

それではまた,どこかでお会いしましょう。
177:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/26(月) 00:41:25.35 ID:gx472vKeO
面白かった
またこんな感じの書いてくれ乙
お奨め記事
タグ:
12月29日 20時01分|オリジナル:男女0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告