記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 10:55:40.41 ID:t2TQStpaO


ラディッツ「ふん!こんなゴミ相手にするだけ時間の無駄だな、カカロットの奴はとこだ?」ピピッ

球磨川『へぇまるで本物みたいだねこれ』クイクイ

ラディッツ「触るな!」ドギヤッ

球磨川『!』ドゴーン

ラディッツ「おっとうっかりしちまった、まぁいいか本来なら死んでいた人間だしな、さてカカロットは」

球磨川『いきなり殴るなんて酷いなぁ』

ラディッツ「なっ!?」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:03:29.60 ID:t2TQStpaO


ラディッツ「貴様!何故生きている!?」

球磨川『いや確かに一度死んだよ?』

ラディッツ「ふざけるな!くそっ」

ラディッツ(何だ!一体どうなってる?そうか!こいつ今の一撃を受け流したのか!確かにただ腕を振るっただけだからな、戦闘力1でも生き残る可能性はある)

ラディッツ「ふん!ビビらせやがって、そうと分かればどうという事はない!死ね!サンデークラッシュ!」カッ

球磨川『うわっ』ズズォーン

ラディッツ「さすがにやりすぎたか?まぁいい……カカロットは……ふむ戦闘力3『酷いなぁまた死んじゃったよ』なっ?」

球磨川『まぁいきなり殺されるくらい慣れてるけどね』

ラディッツ「バカな!今のは直撃だったはず!」

球磨川『うん確かに直撃したよ』

ラディッツ「なっ……くっクソッタレ……」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:12:04.24 ID:t2TQStpaO


ラディッツ「ありえん!ありえんぞ!ぐあぁ!」ダンッ

球磨川『!』ドザッ

ラディッツ「さっきのをどうやって避けたか知らんが、この距離で押さえつけられては避けられまい!」

球磨川『だから直撃したって言ってるだろ?』

ラディッツ「うるさい!死ねぇ!!」ドドドドドドドドド

球磨川『うわぁ』ズズズズズズズズズ

ラディッツ「死ね!死ね!死ねぇぇぇ!」ドドドドドドドドド

球磨川『……』ズズズズズズズズズォーン

ラディッツ「はぁ……はぁ……ふっふんっ跡形もなく消し飛んだか……俺をビビらせた報いだ」クルッスタスタ

ラディッツ「さて……カカロットは、お?戦闘力の高い奴が二人、こっちに向かっているな、片方はカカロットだろうが……!?」ゾワッ

スタスタ

ラディッツ(背後から足音?誰だ?いや……有り得ない、有り得ないぞ!奴は死んだ!跡形もなく消し飛んだ!)

スタスタ

ラディッツ(……振り向くな!このままここを離れれば!そうだ……死んだ奴の事なんか気にする必要は……)

スタスタ

ラディッツ(ダメだ!振り向くな!振り向いたら!……)チラッ
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:13:05.22 ID:t2TQStpaO



球磨川『大嘘憑き……僕の死を無かった事にした』
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:20:07.37 ID:t2TQStpaO


ラディッツ「あ……あああ……何で」

球磨川『言っただろ死んだって』スタスタ

ラディッツ「ひっ」ズサッ

ラディッツ(にっ逃げろ!コイツは!コイツは戦闘力がどうとかのレベルじゃない!もっと違う次元だ!)

ラディッツ「くっ逃げなっ」ガクン

球磨川『おいおい、いきなり人を殺しておいて、どこに行く気だい?』スタスタ

ラディッツ「なっ俺のしっぽがネジで、いつの間に?貴様こんな物をどこに隠して、いやそれ以前に何故しっぽを」

球磨川『僕には全ての弱点が見える、僕にしっぽはないけどそれでも例外はないさ』ニヤァ

ラディッツ「ひいったっ頼む!許してくれ!」

球磨川『うーんそうだなぁ、まぁ僕がいくら殴ってもダメージなんて無さそうだしね……一発だけでいいよ』

ラディッツ「はっははっそうか!」トスッ

ラディッツ「え?」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:22:17.34 ID:t2TQStpaO


球磨川『却本作り』

9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:32:10.56 ID:t2TQStpaO


ラディッツ(何だ!?力が、しっぽのせいじゃない!何だこれは!)

球磨川『うん、これでもういいよ』ズボッ

ラディッツ「はっくっ」ダッ

ラディッツ「あ?うわっ」ズシャア

球磨川『おいおいそんな角度で跳んだら、転ぶのは当たり前だろ?』

ラディッツ「バカな!何だ!何故飛べない!?」ピョンピョン

球磨川『却本作りは強さを弱さにする過負荷……今君の能力は僕と同じになってるのさ』

ラディッツ「何!?……俺の戦闘力が……1に?」ピピッ

球磨川『まぁ今ではかなり弱まってるからね、封印に対して何の知識も無い君も、百年もあれば抜け出せるんじゃないかな?』

ラディッツ「百年?」

球磨川『じゃあね』スタスタ

ラディッツ「まっ待ってくれ!頼む!助けてくれ!これを解いてくれ!」

球磨川『おいおい、いきなり襲ってきたのはそっちだろ?』

ラディッツ「悪かった!謝るから!俺が悪かったから!頼む!」

球磨川『僕は悪くない』

ラディッツ「なっ……」

球磨川『いったろ?一発でいいって、これは一発の結果なんだぜ?』スタスタ

ラディッツ「あっああぁ」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:35:33.31 ID:t2TQStpaO


球磨川『おっと忘れてた』パッ

ラディッツ「なっ!俺のポッドが消えた?」

球磨川『あんな大きなゴミがあったら邪魔だからね、無かった事にしたよ』

ラディッツ「なっ……」

球磨川『それじゃあねおじさん、百年頑張ってね』スタスタ

ラディッツ「うわぁぁぁぁぁ!」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:43:24.41 ID:t2TQStpaO


悟空「かしーなー、さっきとんでもねぇ気を感じたと思ったけど」スタッ

ピッコロ「ふん!孫悟空か」

悟空「おうピッコロ!おめぇもさっきの気を感じて来たのか?」

ピッコロ「ふんまぁな、だがそれらしい奴はいないようだな」

悟空「ああ」

ラディッツ「おい!お前!もしかしてカカロットか!?」

悟空「ん?誰だおめぇ?」

ピッコロ「……全くと言っていいほど気を感じんな、さっきのは気のせいだったか……ふん、孫悟空……次に会った時は貴様を倒すからな」ドヒュン

悟空「ピッコロの奴……で?おめぇは何だ?」

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:48:50.46 ID:t2TQStpaO


 ーーーーー

ナッパ「おいベジータ」

ベジータ「どうした?ラディッツの野郎から、連絡でもあったか?」

ナッパ「いやそれなんだが、どうも要領を得なくてよ」

ベジータ「どういう事だ?」

ナッパ「何か戦闘力を1にされただの、殺しても死なない奴がいるだの、まぁ弱虫ラディッツの言うことだからなぁ」

ベジータ「ふん!くだらん!」

ナッパ「だよな?」

ベジータ「だがもし本当に、その地球とやらにそんな奴がいるなら見てみたいものだな」

ナッパ「おいベジータ?」

ベジータ「いくぞナッパ、サイヤ人の面汚しを消すついでだ」ニヤリ

ナッパ「へいへい、分かりましたよ」

15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:55:51.29 ID:t2TQStpaO


 ーーーーー

ベジータ「ここが地球か?」

ナッパ「いい星じゃねーか、しかしロクな戦闘力の奴がいねーな、千どころか五百程度かよ」ピピッ

ベジータ「ほぅ……ラディッツの奴が、戦闘力1にされたのは本当かもしれんな」

ナッパ「まぁまずは軽く挨拶でもしてやるか」キョロキョロ

ナッパ「おうおう丁度いいな、あの町にするか」タンッ

ナッパ「くんっ」

ドグォーン

ナッパ「ふん!こんなもんか」

ベジータ「おいナッパ!遊んでないでいくぞ!」

ナッパ「へいへい……戦闘力の高い奴は……あ?」ピピッ

ベジータ「どうした?」

ナッパ「あの町の所から反応が」

ベジータ「ほう……あれを生き残るとは、地球人にしてはやるようだな、そいつの戦闘力は?」

ナッパ「戦闘力……1だ」

ベジータ「何?」

『酷いなぁ、また死んじゃったよ』

ナッパ「!」

ベジータ「……」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:56:43.20 ID:t2TQStpaO


球磨川『あれ?君たちの格好、ドラゴンボールのコスプレかい?初めて見たよ』

17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:57:48.00 ID:t2TQStpaO
終わりです。
なんとなく思いついて建てた、後悔はしていない。

でもちょっぴりだけおまけ書きます。
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 12:02:40.85 ID:t2TQStpaO


おまけ


フリーザ「私の戦闘力は……1です」



セル「畜生!畜生!完全体にぃ!完全体になりさえすれば!こんな封印ごとき!」



バビディ「地球の人間のエネルギーを全部集めても、魔神ブウは復活出来そうにないなぁ、仕方ない他の星に行こうか」

21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 12:13:40.91 ID:t2TQStpaO


チチ「悟空さー!ラディッツさん!仕事の時間だべ!」

悟空「おう分かったチチ!そんじゃ行くかラディッツ」

ラディッツ「そうだな」

チチ「二人とも頑張ってくるだよー」

悟空「おう!しかし畑仕事ってのはいいなぁ、オララディッツに言われるまで考えた事もなかったぞ」

ラディッツ「お前は力はあるが頭が弱すぎるぞ、まぁその辺りは兄である俺が補ってやる」

悟空「あんがとなラディッツ、しっかしまだそれ抜けねぇのか?」

ラディッツ「ああ、お前に紹介された占いババにも言われたが、普通の封印じゃないらしくてな、本当に百年かかりそうだ」

悟空「しっかし何者なんだろうなそいつ、オラも会ってみてえなぁ」

ラディッツ「止めておけ、万が一お前までこうなったら誰がこの畑を耕すんだ?」

悟空「おっとそうだったそうだった」

ラディッツ「まぁ悪い事ばかりじゃないさ、こうして畑仕事をしていると、闘い続けていた時とは全く違う充実感を得られるからな」

悟空「へへっそれならいいんだけどな」

ラディッツ「ベジータもなんだかんだでブルマといい感じみたいだし、フリーザやセルも大人しいからな」

悟空「いやー平和ってのは、やっぱいいなぁ」

ラディッツ「ふっ……おっと話してばかりだと、またチチに叱られるぞ?」

悟空「おっといけねぇ」ザクッザクッ

ラディッツ(……いいものだな、こういうのも)
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 12:16:42.04 ID:t2TQStpaO
以上です。
まぁ穴だらけな気もしますが、とりあえずこんな感じで。
後でHTML依頼してきます。
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 12:28:00.82 ID:ypfZc7KV0
何だかんだ優しい世界
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 13:10:48.50 ID:t2TQStpaO
言い忘れる所だった、HTML依頼してきました。
ちなみにフリーザもセルも普通に生活してます。
それでは。
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 13:19:52.89 ID:DFCAEDMMo
乙でした。
面白かった。
お奨め記事
2月2日 16時00分|ドラゴンボール0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告