記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 01:01:39.73 ID:4TvUcASc0

やよい「うっうー」


P「そういう訳で、貴音。それに音無さん。ちょっとこっちに来て貰えますか?」


貴音「分りました」

小鳥「えっ?あっはい」


やよい「うっうー」


 
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 01:10:09.73 ID:4TvUcASc0

――――


貴音「それで…どうなされたのですか?あなた様」

小鳥「それで…一体何の用なんですか?」


P「まぁちょっとした、やよいのお勉強みたいなもんです。ちょっと手伝ってほしいのですが……」

貴音「やよい…にですか?別に構いませんが」

小鳥「私もいいですよ」

P「二人ともありがとう」


やよい「うっうー」


 
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 01:19:18.98 ID:4TvUcASc0

P「では…これから始めます」

やよい「うっうー」

P「まずは……貴音。そう言えば今度、舞台をやるんだってな。タイトルは何だったかな?」

貴音「はい……竹取物語です」

P「そうか。それで何の役を演じるんだ?」

貴音「僭越ながら、主役のかぐや姫を演じさせていただきます」

P「かぐや姫か……お前のイメージにピッタリだな」


貴音「ありがとうございます」にこ


やよい「うっうー」


 
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 01:26:31.23 ID:4TvUcASc0

P「次に音無さん。先日、二人で飲みに行きましたよね?」

小鳥「ええ…そ……それが何か?」

P「その時、俺は帰ろうとしたんですが、アナタはどうしても俺を離さなくて、結局…朝までつき合わされたのですが……」

小鳥「そっそれは…その…………こんなチャン―――――い…いえちょっと、プロデューサーさんと二人で飲む機会なんてあまり
ありませんから、あの時はその…気分が高……楽しくなっちゃって……つい…………/////////」かぁぁ

P「そうですか……」


貴音「…………」


やよい「うっうー」


 
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 01:34:20.54 ID:4TvUcASc0

小鳥「うう……/////////」もじもじ…

貴音「…………」


P「では問題です。貴音は今度、舞台でかぐや姫を演じ。音無さんは俺と飲んだ時に。まるで喰い付いた様に離れませんでした」

P「さて…これは何と言う諺の例えでしょうか?」


やよい「うっうー」


 
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 01:40:20.54 ID:4TvUcASc0
P「―――――さて…そろそろいいかな?」



P「正解は―――――――【月とスッポン】です」



貴音「………………」

小鳥「!?」


P「分ったかな?やよい君」


やよい「うっうー」


 
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 01:45:47.97 ID:4TvUcASc0

P「そうか。いい勉強になってよかったな」

小鳥「ちょっ…ちょっとプロデューサーさん!それより確かに貴音ちゃんのイメージが月だって云うのは分りますけど。私がスッポンって云うのは!?」

P「だってあの時……アナタの部屋で俺に言ったじゃないですか?ここまで来たら、もう絶対に離しませんよーって。俺を決して離さなかったじゃないですか?」

小鳥「!?そ…それは―――――」

貴音「…………」

P「それに……そんなアナタにスッポンの様に喰い付かれて、もう俺を離さない。なんて言われた以上。もう俺はアナタと離れる訳にはいかないじゃないですか?」

小鳥「えっ!!?」はっ

貴音「………………」


やよい「うっうー」


 
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 01:51:16.82 ID:4TvUcASc0

小鳥「そっそれって――――――」

P「ま…まぁ……そういう事です」にこ

小鳥「プ…プロデューサーさん―――――――」


P「ですから…アナタも俺にあんな事を言った以上。勝手に離したりしないで下さいよ?」

小鳥「はい……はい―――――」ぽろぽろ…


やよい「うっうー」


 
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 01:57:42.40 ID:4TvUcASc0

P「そういう訳で、貴音。こんな茶番に付き合わせてしまって、悪かったな」

貴音「いえ…………」

P「舞台。応援してるからな」

貴音「ありがとうございます。あなた様」

小鳥「うう……」ぽろぽろ…

P「小鳥さん。もう泣かないで下さい。これじゃ俺がアナタをいじめてしまったみたいじゃないですか?まぁ実際に俺が泣かせてしまったのは事実なんですが……」


やよい「うっうー」


 
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 02:09:02.25 ID:4TvUcASc0

小鳥「ご…ごめんなさい。でも…嬉しくって…嬉しすぎて……どうしても涙が止まらないんです――――」ぐすぐす…

P「まったく…アナタって人は。でも俺もそこまで言われたら、男冥利に尽きるってもんです」


小鳥「プロデューサーさん…………」

P「小鳥さん―――――――」


貴音「………………」


やよい「うっうー」


 
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 02:15:32.37 ID:4TvUcASc0

P「あはははは――――」

小鳥「うふふふふ――――」


――――

小鳥「…………………」じ…


貴音(こうなってしまった以上――――――)じ…

貴音(殺す……まずは四条家に伝わる秘伝の薬を使って、あなた様とわたくしの既成事実と子を作り……それを世間に公表して社会的に殺し。それから―――――――)

貴音(₋――――――ふふ…そういう訳ですから、覚悟してくださいましね?あなた様)にこぉ…


P「!?」ゾクッ!!

P(い…今。貴音の方から強烈な寒気が…………)


やよい「うっうー」


おしまい。

 

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/14(水) 03:08:05.99 ID:8QT7jq7fo
このやよい、春になったら頭にタケノコ生えてるんじゃね
お奨め記事
12月16日 04時01分|アイドルマスター0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告