記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:03:35.17 ID:VTn7jCkN0
けいおんSS
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:04:03.92 ID:VTn7jCkN0

律「……なんで部室に山盛りのゴーヤがあるんだ?」

唯「ゴーヤじゃないよ、ゴーヤーだよ」

澪「わたしたちもわからないんだ。入ってきたら、大量のゴーヤがあって」

唯「ゴーヤじゃないよ、ゴーヤーだよ~?」

律「ムギも梓も知らないんだよな?」

紬「えぇ、わたしたちは澪ちゃんたちの後に来たから」

律「となると、一体誰がこのゴーヤを……?」

唯「ゴーヤじゃないよ、ゴーヤーだよぉーーー!!」

梓「ツルレイシ」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:04:42.11 ID:VTn7jCkN0


 *


梓「で、どうすんですか、この大量のツルレイシ。捨てるにしても勿体ないですよ」

律「だよなあ、腐ってるわけでもなさそうだし」

澪「五人でそれぞれ持って帰っても余る量だぞ」

律「うーん、とりあえず袋にまとめておくか」

梓「うわぁ……ゴミ袋が一杯いっぱいになりましたよ」

紬「改めて見ると凄い量ね。仕掛け人の本気を感じるわ」

律「仕掛け人はツルレイシに恨みでもあったのか?」

梓「むしろ愛していたのでは?」

唯「でもこうして愛の込められたゴーヤーがゴミ袋に詰められている姿を見てると……
 まったく食べる気が起きてこないね!」

澪「もう生ごみにしか見えないな」

律「おいなんでゴミ袋に入れちゃったんだ」

梓「それは三十秒前の自分に言ってるんですか?」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:06:28.59 ID:VTn7jCkN0


 *


紬「レジ袋に分けてみたわ」

澪「かなりマシになったな」

律「マシとかいうな、マシとか。
 このうち五袋をわたしたちで分けるとして、残り十袋か……」

梓「配れない量ではありませんけど、なんでツルレイシって思われそうで辛いですね」

紬「間違いなく不審者ね」

律「憂ちゃんなら使い切れない?」

唯「できるかもわからないけど、
 食卓がゴーヤーまみれになるのはお断りだよ」

紬「朝昼晩、おはようからおやすみまでツルレイシ」

梓「良かったじゃないですか唯先輩、まるで沖縄旅行ですよ」

唯「あずにゃんの中の沖縄にはゴーヤー畑しかないのかな」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:07:10.20 ID:VTn7jCkN0


 *


律「よし、誰がこのツルレイシを配るかを決めるか。
 誰かやりたいひとー?」


 「…………」


梓「さっき不審者扱いを免れないと言った手前、誰もやりたがりませんね」

律「そりゃそうだよなあ」

澪「律、部長だろ。部室で起きたトラブルは部長が片づけるべきだと思うんだ」

律「おっ、さっそく部長を切り捨ててくるゥ!」

梓「信頼の裏返しですよ」

律「裏返してくれなくていいんだけどな?」

紬「りっちゃんならやってくれるって信じてる!」

律「まっすぐな信頼も辛かった」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:07:55.36 ID:VTn7jCkN0


 *


唯「もう諦めるしかないと思うよ、りっちゃん」

律「いいやまだだ。わたしにはとっておきのワイルドカードがある」

梓「この期に及んでまだあがきますか」

律「唯、お前に言っておきたいことがある……」

唯「うん?」

律「……誕生日、おめでとう」

唯「えっ」

律「このツルレイシが誕生日プレゼントだ。本当におめでとう、唯」

唯「……あの、りっちゃん……
 わたしの誕生日は二週間ぐらい前なんだけど……」

律「あぁわかってる。遅くなってごめんな」

唯「遅くなったにしても微妙な時期だよ!」

澪「そうか、誕生日プレゼントって内容はどうあれ断りにくいもんな。
 律にしてはいい作戦を考えたもんだ」

唯「なに澪ちゃんは納得してるの!?」

梓「唯先輩、おめでとうございます」

唯「心がカケラもこもってないよ!!」

紬「……唯ちゃん、遅れちゃったけど本当に誕生日おめでとう!」

唯「……まっすぐな言葉も辛かった」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:08:49.68 ID:VTn7jCkN0


 *


 その日、

 「おいゴーヤー食わねぇか?」

 と言って回る不審者が確認されたが、

 この一件とは無関係であると

 平沢唯は強く心に刻んだという。
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:09:35.24 ID:VTn7jCkN0


 *


唯「ただいま~……」

憂「おかえり、お姉ちゃん。
 あれ、どうしたの? すごい疲れてるみたいだけど?」

唯「うん、詳しくは言えないんだけど、色々あったんだよ。色々とね……」

憂「そ、そうなんだ……。あ、そういえば今日学校でゴーヤを」

唯「ゴーヤじゃなくてゴーヤー……、いやもう今日はいいかな……」

憂「? あのね、ゴーヤをたくさんもらって」

唯「……えっ? 憂にはあげてないはずなんだけど……?」

憂「それってどういうこと? わたしが貰ったのは和ちゃんからだよ?」

唯「えぇ?」

憂「お姉ちゃんたちにも~って部室に置いておいた、って言ってたけど」

唯「……ちょっと憂。憂のもらったゴーヤーを見せてもらってもいい?」

憂「うん。これ全部だよ」

唯「うわぁ」

憂「すごくたくさん貰っちゃって」

唯「和ちゃん……一人ぶんが多すぎるんだよぉ……!」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:10:26.12 ID:VTn7jCkN0


 *


 それから一週間ほど、

 平沢家の食卓にゴーヤーが並ばない日はなかった。

 平沢唯は後日「これが沖縄の気持ちだよ」と語り、

 ある曲を書き上げた。

 そうして生まれた曲が『ごーやーはしゅしょく』であり、

 そこから派生した曲が『ごはんはおかず』なのである。



 ちなみに派生前の曲はツルレイシ派の梓によって握りつぶされた。 ‐おしまい‐
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:11:08.86 ID:VTn7jCkN0
以上です、ありがとうございました
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/12(月) 01:11:34.77 ID:C5eT4nHzO
なんか唯のツッコミに笑った。おつ

お奨め記事
タグ:
12月13日 02時01分|けいおん!0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告