記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:29:56.48 ID:8sGvOaRBO
伊織「何をよ?」

律子「765プロの福利厚生についてよ」

伊織「福利厚生?」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:31:09.71 ID:8sGvOaRBO
律子「ええ、芸能活動もお金をもらう以上仕事なわけだからね。当然あなたたちにはそれを受ける権利があるわ」

伊織「いや、そこじゃなくて…私、福利厚生については765プロに入った時にちゃんと説明されて…」

律子「その時に説明していなかったものが、実はまだあるのよ…」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:31:52.12 ID:8sGvOaRBO
伊織「はぁ?あれ以外に何かあるわけ?一般的な企業にあるものは全部あったじゃない」

律子「ええ、あくまで『一般的な企業』にある分はね…でもね、伊織。私たちはアイドルなのよ」

伊織「だからどうしたのよ?」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:32:39.13 ID:8sGvOaRBO
律子「周りの目を気にしなければいけない以上、一般人と比べて制限されること…それをカバーするためのサービス…とでも言えばいいのかもね」

伊織「確かにそういうことも多いけれど…私は別に不自由してないし…それに結局範囲が広すぎて意味がわからないわよ?」

律子「まあ、百聞は一見にしかずよ。今はちょうど…あずささんね」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:33:38.75 ID:8sGvOaRBO
伊織「あずさがその福利厚生を受けているの?」

律子「えぇ、こっちにいらっしゃい。仮眠室を覗いて見るのよ」

伊織「仮眠室?そんなところで何を…」ガチャッ

あずさ「あぁぁぁぁぁぁぁ!?」

伊織「!?」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:34:06.47 ID:8sGvOaRBO
あずさ「ふっ!くっ!?あぁぁぁぁぁぁ!?」ビクンビクン

伊織「な、何よ…これ…」

小鳥「あずささん、今日はお疲れみたいですしここまでにしておきましょうか?」クチュクチュ

伊織「小鳥!?」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:34:50.14 ID:8sGvOaRBO
あずさ「そ、そんな…そんなの生殺しです…」ゾクンゾクン

小鳥「そうですよね、せっかく競泳水着まで着てきたんですもんね?」

あずさ「だ、だって…これ着たほうが…」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:35:54.38 ID:8sGvOaRBO
小鳥「着たほうが?」

あずさ「き、気持ちいいから…」

伊織「あずさ…一体どうして…」

律子「何も不思議なことじゃないわ。人間の三大欲求の一つ『性欲』よ」

伊織「性欲…」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:36:47.16 ID:8sGvOaRBO
小鳥「ふふふ…気持ちいいからエッチの時に水着を着ちゃうんですか?」ツツ-

あずさ「はぅっ!?」ビクンッ

小鳥「ならもっと恥ずかしいポーズを取りなさい…もっと気持ちよくしてあげる…」

あずさ「は、はいぃぃ…」バッ

伊織「あずさ…」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:37:29.34 ID:8sGvOaRBO
律子「私たちはアイドル。男性との関係はもちろんご法度」

小鳥「はい、よくできました」ズプププ...

あずさ「つぅぅぅ!?」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:39:06.29 ID:8sGvOaRBO
小鳥「はい、スイッチオン!」ピッ

ウィィィィィン

あずさ「ふぁぁぁぁあ!?だ、ダメェ!えっちな声でちゃ…あぁぁ!?」

律子「だからこうして同性同士で解消する…そうする機会を無料で提供している…それが765プロの最後の福利厚生よ…」

伊織「そんな…」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:39:37.29 ID:8sGvOaRBO
小鳥「はーい、乳輪こちょこちょ~」サワサワサワ

あずさ「ち、乳首しゅご…おほぉ!?」

小鳥「本当にいやらしいですね~。やだ乳輪こちょこちょしてるだけなのに乳首ビンビンじゃないですか」サワサワサワ
13:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:40:30.66 ID:8sGvOaRBO
あずさ「くぅぅぅん…さ、触ってくださ…」

小鳥「ふふふ…わかってるわよ、ほら!ほら!ほら!ここがいいんでしょ?ここが!」クリクリクリクリ

あずさ「ひぃぃぃぃん!?しょことろけ…ふぁぁぁぁあん!?」ビクビクビク

伊織「…小鳥の趣味じゃないの?」

律子「ま、まぁ反映される部分も多少は…」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:41:56.76 ID:8sGvOaRBO
翌日

律子『まああくまでも受けるも受けないも自由だから。これまでと変わらず生活してね』

伊織(なんて言ってたけど…)
15:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:43:27.12 ID:8sGvOaRBO
あずさ『ひぃぃぃぃん!?しょことろけ…ふぁぁぁぁあん!?』ビクビクビク

伊織「いや、無理でしょ!?これからどんな顔してあずさと会えばいいのよ!?」

ガチャッ

伊織「!?」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:44:17.48 ID:8sGvOaRBO
小鳥「あら?どうしたの?伊織ちゃん」

伊織「あぁ…なに小鳥じゃな…」

小鳥『ふふふ…わかってるわよ、ほら!ほら!ほら!ここがいいんでしょ?ここが!』

伊織(いやいやいやいや!?違う違う違う!なんならこいつの方がヤバいわよ!」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:45:22.67 ID:8sGvOaRBO
小鳥「ヤバい?」

伊織「なななな何でもないわよ!?」

伊織(あぶな!?声に出てたわ…)

伊織「そそそ、そんなことより、外に出て何をしてたの?」

小鳥「いや、それがね…」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:46:51.22 ID:8sGvOaRBO
30分後
あずささんの家の前

小鳥『あずささん、風邪ひいちゃったみたいなの。それで薬を買ってきたんだけど私は私でどうしても外せない用事があって…だから伊織ちゃん…』

伊織「薬を届けて…って言われてもねぇ…」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:47:46.79 ID:8sGvOaRBO
伊織「ほんと、どんな顔して会えばいいのよ…」

伊織「はぁ…」

伊織「…大丈夫、薬を届けるだけ…昨日のことは関係ない…関係ない…」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:49:14.75 ID:8sGvOaRBO
ピンポ-ン

伊織「あずさー?あんた大丈夫?このスーパーアイドル伊織ちゃんが薬持ってきてあげたわよー?」キラキラ

伊織(よし、大丈夫、いつも通り…いつも通り…)
21:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:50:08.14 ID:8sGvOaRBO
ガチャッ

あずさ「はぁ…はぁ…伊織…ちゃん?」

伊織 ドキッ

伊織(いや、何よ!?この色気は!?いや、そもそも『ドキッ』って何よ!?)

22:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:54:24.11 ID:8sGvOaRBO
あずさ「ご主人さ…小鳥さんから…ん…聞いてるわ…薬を…はぁ…届けにきて…くれたのよね?」

伊織(誤魔化せるかぁぁあ!もうほとんどご主人様って言ってるじゃない!?)

あずさ「ふぅん!?はぁ…ま、まぁあがっ、て…はぁ…はぁ」

伊織(勘違いよね!?ピ-(自主規制)とかピ-(自主規制)な声に聞こえるけど勘違いよね!?)
23:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:55:28.68 ID:8sGvOaRBO
あずさ「はぁ…はぁ…」

伊織「…辛そうね」

あずさ「はぁ…はぁ…だい…じょうぶよ…それよ、り…んっ…薬を…」

伊織「ああ、そうだったわね。はいこれ」スッ
24:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:56:41.95 ID:8sGvOaRBO
あずさ「ありがとう…」

伊織「ほら、さっさと飲んじゃいなさい」

あずさ「…」

伊織「どうしたのよ?」
25:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:57:43.25 ID:8sGvOaRBO
あずさ「ごめんなさい…伊織ちゃん…私、この薬は飲めないみたい…」

伊織「はぁ?何を言って…」

あずさ スッ

座薬

伊織「…」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:58:36.68 ID:8sGvOaRBO
伊織(小鳥ぃぃぃぃい!?なんで座薬なのよぉぉぉお!?)

あずさ「あ、あのぉ…」

伊織「で、出とくから!!外にいるからさっさと挿れちゃいなさいよ!」

あずさ「え、えぇ…」

伊織「じゃあね!」

バタン
27:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 13:59:15.21 ID:8sGvOaRBO
伊織「全く、何を考えてんのよあの鳥は…」

アンッ

伊織「!?」

クッ...フッ...フワァ

伊織(あずさぁぁぁぁあ!?声出てるのよぉぉぉお!?)
28:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:00:00.65 ID:8sGvOaRBO
クゥゥゥウン...アッ...アッ...アッ

伊織(感じてるじゃない!完全に座薬挿れる過程で気持ちよくなってるじゃない!)

フッ...フワァッ....アァァ....  

伊織(イッたぁぁぁぁあ!?完全にイッたわよ!?一試合すんじゃったわよ!)
29:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:02:01.01 ID:8sGvOaRBO
ガチャッ

あずさ「はぁ…はぁ…い、伊織ちゃん…」

伊織「ど、どうしたのよ…?」

あずさ「その…あの…」モジモジ

伊織「だからどうしたのよ?はっきり言いなさいよ」

伊織(長めのワイシャツだけ着てモジモジするなぁぁぁぁあ!変な色気出てるからぁ!そもそもそんなワイシャツ着てなかったでしょうがぁぁぁあ!)
30:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:03:04.31 ID:8sGvOaRBO
あずさ「座薬を…挿れてほしくて…」

伊織「は?」

あずさ「だ、だから…私…1人じゃうまく挿れれないから…誰かに挿れてもらわないと…」

伊織「無理無理無理無理!!あんた何考えてんのよ!」
31:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:04:01.82 ID:8sGvOaRBO
あずさ「お願いだから…伊織ちゃん…挿れて…」

伊織 ドキッ

伊織(いや、何がドキッよ!?あずさは友達よ!友達にそんな…)

あずさ「お願い…私の…私のお尻に…挿れて…」

伊織「…」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:05:16.26 ID:8sGvOaRBO
数分後

あずさ「ごめんね、伊織ちゃん…」

伊織「…本当よ…」

伊織(どうしてこうなった…)
33:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:06:14.02 ID:8sGvOaRBO
あずさ「それじゃあ…」スッ

伊織(四つん這いになって…)

あずさ「お願いします…」ペロンッ

伊織(お尻を突き出した…)
34:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:07:12.65 ID:8sGvOaRBO
あずさ「はぁ…はぁ…」

伊織(風邪で苦しいのか、このシチュエーションに興奮してるのかわからないのよ!)

あずさ「早く…挿れてぇ…」

伊織「え、えぇそうね…」

伊織(涙目で顔を赤らめて言うなあぁぁぁぁあ!)
35:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:08:03.36 ID:8sGvOaRBO
伊織(大丈夫、風邪をひいた友達に薬を投与するだけ…これは医療行為…医療行為…医療行為…医療行為…)

伊織「えぇっと…座薬がはいらない場合…まずは付属のオイルを塗って…」ファサ

あずさ「はひっ!?」

伊織「ちょっとぉ!?変な声出さないでよ!」
36:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:08:51.24 ID:8sGvOaRBO
あずさ「で、でも伊織ちゃん…それ…」

伊織「しょうがないでしょ!筆も一緒に入ってたんだから!そしたら普通筆で塗るでしょ!?」

あずさ「で、でも…」

伊織「つべこべ言わない!」

伊織(私だって必死なのよ!)

37:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:09:41.04 ID:8sGvOaRBO
伊織 ファサッファサッ

あずさ「くぅぅぅぅぅう!?」ゾクゾクゾクゾク

伊織「ちょっと!動かないでよ!それにその声…もしかして感じてる?」

伊織(あれ?私何を言って…)
38:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:10:34.69 ID:8sGvOaRBO
あずさ「か、感じてなんか…」

伊織「ほら、中央の窄みにも塗るわよ」クリクリクリクリ

あずさ「~~~~~~~~~~~~~!?」ゾクゾクゾクゾク

伊織「そうよねぇ、歳下の、それも同性の女の子にお尻の穴を筆で撫でられて感じるなんてただの変態だもんねぇ」

伊織(いやいやいや!?私一体何を言ってるの!?)
39:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:11:38.04 ID:8sGvOaRBO
あずさ「ふっ…あっ…あぁぁ…」ビクンビクン

伊織「こんなもんかしらね…それじゃあ次は…」

ズプッ

あずさ「ひぃうん!?」

伊織「…入ったみたいね」
40:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:12:29.03 ID:8sGvOaRBO
あずさ「い、伊織ちゃん…座薬が入ったんなら…はぁ…早く抜い…」ガクガク

伊織(ええ、そうね。これだけ入れば十分…)

伊織「ダメよ。しばらく押さえていないとまた出てくるわ」

伊織(さっきから私は何を言って…)
41:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:14:19.92 ID:8sGvOaRBO
あずさ「伊織ちゃ…んっ!?も、もうこれ以上は…」ビクンビクン

伊織「これ以上は?」

伊織(ダメ!ダメよ!止まるのよ私!)

あずさ「これ以上は…」

伊織(これ以上は…)
42:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:15:40.94 ID:8sGvOaRBO
あずさ「我慢…できない…」

伊織「だから?」

あずさ「お願い…伊織ちゃん…シて…」

伊織 ブチン
43:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:16:23.36 ID:8sGvOaRBO
クチュッ

あずさ「!?」

クチュクチュ

あずさ「あっ…あっ…」

クチュクチュクチュクチュ

あずさ「あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!?」ビクビクビクビク
44:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:17:23.12 ID:8sGvOaRBO
伊織「はははは、やっぱり変態なんじゃない!女の子にお尻の穴弄られるのが気持ちいい変態なんじゃない!」クチュクチュクチュ

あずさ「い、言わない…れ…あん!?」ビクビク

伊織「そんなこと言って!お尻は悦んでるわよ?あんたも正直になりなさい。ほら、こう言うのよ…」ヒソヒソ

あずさ「そ、そんなの…」
45:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:25:48.77 ID:8sGvOaRBO
伊織「言えないんならいいわ…」コリッ

あずさ「あぁ…」

伊織「こうやって、少しずつ…少しずつ…決してイケないように責めてあげる…」

あずさ「そ、そんな…」
46:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:26:47.99 ID:8sGvOaRBO
伊織「あんたみたいな変態にはたまらないわよねぇ?オイルでトロトロになったケツマンコを私みたいな小さな指でほじくられるのは」コチョコチョ

あずさ「くぅっ!?」

伊織「あんたがいい子になるまでずっとこうしてあげる」コチョコチョ

あずさ「こちょこちょいやぁぁぁぁぁぁあ!お尻こちょこちょしないでぇ!気持ちいい…気持ちいいのにイケないぃぃい!」
47:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:28:02.12 ID:8sGvOaRBO
伊織「なら言うのよ。大丈夫、あなたがどれだけえっちな変態でも私は見捨てない…」

あずさ「わ、私は…」

伊織「私は?」

あずさ「歳下の女の子に…筆で…アナルを…こちょこちょされて…ケツマンコをほじほじされて悦ぶ変態です…」
48:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:29:00.86 ID:8sGvOaRBO
伊織「だから?」

あずさ「だから…私の…このいやらしい…いやらしいメスの…び、敏感ケツ…ケツマンコを…トロトロに…溶かしてください…」

ズボッ

あずさ「u@8#/&jm9_!5tj'$○☆〒!?」ビクビクビクビク

伊織「はい、よくできました?」
49:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:32:38.84 ID:8sGvOaRBO
あずさ「お尻!お尻気持ちいい!」

伊織「あら?ここや…」コチョコチョ

あずさ「乳首ぃぃい!?」

伊織「ここはいいの?」ペロペロ

あずさ「脇ぃぃい!?りゃめぇぇえ!?」
50:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:33:23.71 ID:8sGvOaRBO
伊織「やめないわよ、変態ドMのあずさちゃん?」

あずさ「ふぉぉぉお!?」

伊織「歳下の女の子に全てを曝け出して…イケ!」

あずさ「おぉぉぉぉん!?」
51:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:33:57.07 ID:8sGvOaRBO
さらに翌日

伊織の部屋

伊織「…」

伊織(私はどうしてあんなことを…)

52:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:35:07.92 ID:8sGvOaRBO
伊織「ますますどんな顔して765プロに行けばいいのよ…」

コンコン

伊織「どうしたの?」

新堂「お嬢様、事務所の方が…」

伊織「は?事務所には風邪をひいたってことで言っておいてと…」
53:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:35:58.35 ID:8sGvOaRBO
新堂「ええ、ですからお見舞いにこられたそうです」

伊織「へ?」

ガチャ

小鳥「いーおーりーちゃーん、風邪には座薬が効くわよぉ?」スッ

あずさ「オイルに筆もあるからね?」スッ  

伊織「い…」

伊織「いやぁぁぁぁぁぁあ!?」

終わり
54:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 14:37:22.53 ID:8sGvOaRBO
ドMな受けのあずささんが見たかっただけなんだ
あずささんのアナルが敏感ならいいなって思っただけなんだ
許してください
55:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/11(日) 17:19:48.53 ID:gpAb1Ceeo
でかした
お奨め記事
12月12日 20時01分|アイドルマスター0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告