記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/11(日) 00:28:12.60 ID:LZ/VhJFmo

コウモリの血、オオカミの毛、干からびたイモリ・・・

男が何やら薄気味の悪いものを袋から取り出し、怪しげな儀式の準備をしている。

やがて、男は地面に魔方陣を描き悪魔を呼び出す呪文を唱え始めた。

そして、しばらくすると・・・
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/11(日) 00:29:02.84 ID:LZ/VhJFmo

ボォォン・・・

「グワッハッハッハ、貴様か我を呼び出したのは!」

複雑な模様のえががれた魔方陣の中央から、煙とともに恐ろしげな格好をした

何かが現れた。それはまさに魔王と呼ぶにふさわしかった。


魔王の名はバアル。

6万のデーモン軍団を率いるとも言われる、地獄の大公爵。強大な力を持った悪魔だ。
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/11(日) 00:30:20.93 ID:LZ/VhJFmo

魔王「契約にしたがい、汝の願いを一つ聞きいれよう。何なりと申すがよい」

そう。男が魔王を呼び出したのは、ある願いがあったのだった。


男「はい。魔王バアル様。それでは、お願いします―――」

魔王「・・・何だ。そんな事か。たやすいわ!グワッハッハッハ!」















4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/11(日) 00:31:27.72 ID:LZ/VhJFmo

鑑識「これは、ものすごい力で金庫がこじ開けられてますねぇ」

刑事「全くだ。これは大きなカギ爪のあとか?」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/11(日) 00:32:33.29 ID:LZ/VhJFmo

鑑識「ええ、そうですね・・・まるで」

鑑識「6万のデーモン軍団を率いるとも言われる、地獄の大公爵」


鑑識「バアルのようなものが、こじ開けたみたいですね」

刑事「んなアホな」


おしまい
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/11(日) 00:33:04.77 ID:LZ/VhJFmo
何番煎じのネタかわかりませんね
ビールのようなもの飲んで寝ます
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/11(日) 02:08:12.67 ID:URXsiF97O
やるじゃん
お奨め記事
タグ:
12月11日 23時01分|オリジナル:その他0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告