記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:48:26.42 ID:O/vhsSdE0


のあ「どうかしら」


周子「んー何がー?聞いてなかったー」


輝子「フヒ……?」


乃々「たかみね、いっか……?」


のあ「えぇ」


乃々「はぁ……」


のあ「どうかしら」


乃々「えぇ……」

2:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:49:18.81 ID:O/vhsSdE0


周子「んでんで、どゆこと?」


のあ「そうね……事の経緯を話すと長くなるのだけれど、発端は周子…あなたよ」


周子「えっ」


輝子「しゅ、周子……何かやらかしたのか…?」


周子「えーっ何もしてへんよ」


のあ「数日前、貴女、紗枝と雪美と幸せな時間を過ごしていたらしいわね」


周子「ん?……あー、アレかー」

3:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:50:38.57 ID:O/vhsSdE0


のあ「そう。それを見た卯月が、未央としぶりんとこれまた幸せな時間を過ごした様よ」


周子「(えっ今しぶりんて)」


輝子「(…しぶりん……?)」


乃々「(しぶりん……)」


のあ「どうかしたかしら」


乃々「え、い、いえ…大丈夫です……」

4:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:51:43.24 ID:O/vhsSdE0


のあ「それで、私もみくとアーニャの二人と…その……ふふっ………ね?」


周子「幸せな時間を過ごしましたと」


のあ「そう……二人といちゃつ……幸せな時間を過ごす夢は叶わなかったわ」


周子「出来んかったんかい」


のあ「えぇ……酷いわ…気が付いたらダ〇ョウ〇楽部よろしく伝統芸を繰り広げていたの」


周子「なにやってんの」


のあ「ちなみに、みくが上島〇兵担当よ」


乃々「(あっ……)」


周子「(知ってた)」


輝子「(わかる)」

5:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:53:06.04 ID:O/vhsSdE0


のあ「それで、私なりに思考した結果がこれよ」


周子「ほーん」


輝子「わ、私達で…」


乃々「…家族……ですか…?」


のあ「えぇ……正確には、姉妹ね」

7:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:54:32.72 ID:O/vhsSdE0


のあ「どうかしら」


周子「私は別に構わないけどー」


輝子「わ、私も……フヒ」


乃々「あ、えっと……あぅ…しょ、輝子さんがいいなら…」


のあ「ふふ……決定ね」


周子「んで、具体的にどうするん?のあ姉―――」ガバッ


のあ「待ちなさい……それはまだ早いわ」


周子「もごもご」

8:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:55:24.19 ID:O/vhsSdE0


のあ「まずは、そうね……どうしようかしら」


周子「ぷはぁ」


輝子「…考えて、なかったのか……」


のあ「……貴女達、明日の休日はオフかしら」


周子「んー、あー、そーやね」


乃々「私も…オフですけど……」


輝子「わ、私も」


のあ「ふふ、素晴らしい偶然ね」

9:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:56:54.41 ID:O/vhsSdE0



のあ「今日と明日、私の家で過ごしましょう」


周子「まじ?のあ姉……のあさんの家かーいいねーっ」


輝子「い、いいぞ……準備しなきゃな…フヒ」


乃々「あぅ……輝子さんが行くなら…」


のあ「決まりね」


乃々「準備しないと…」


のあ「そうね。一旦解散して―――」

10:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:58:13.34 ID:O/vhsSdE0


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


@高峯家


周子「ここがのあさんのハウスね!……って女子寮じゃん」


のあ「言ってなかったかしら」


輝子「し、知らなかった……」


乃々「私達も寮なのに…」


のあ「ともかく入りましょう。貴女達も知っている通り、千川財閥のおかげで寮とは思えない広さよ」


周子「わーいっさんきゅーちっひー」

11:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:59:07.44 ID:O/vhsSdE0


ガチャッ


周子「お邪魔しまーす」


乃々「お邪魔します……」


輝子「お邪魔します……フヒ」


のあ「いらっしゃい。今日から貴女達は高峯家の一員よ」

12:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 17:59:36.97 ID:O/vhsSdE0


のあ「では……周子から」


周子「はーいっのあ姉ー♪」


のあ「……次、輝子」


輝子「お、おう……の、のあ姉……周子姉……?」


周子「おー……!」


のあ「………最後、乃々」


乃々「う…はい……の、のあお姉さん…周子お姉さん…輝子お姉さん……//」


周子「うはーっ!!」


輝子「お、おう……//」


のあ「……アイドル、やっていて良かったわ」

13:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:00:28.76 ID:O/vhsSdE0


のあ「高峯家の儀式が終わったところで、今日は遅いから寝るわよ」


周子「そだねぇ」


のあ「さぁ、布団は引いてあるわ。好きなところに寝なさい」


輝子「か、川の字……」


のあ「憧れだったの」


乃々「……私は、輝子お姉さんの隣で…」


周子「じゃ私乃々ちゃんの隣ー」


のあ「それなら、私は輝子の隣ね」


輝子「(……恥ずかしいのは、私だけか…?)」

14:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:01:33.46 ID:O/vhsSdE0


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


チュンチュン


太陽「朝だぞ」ピカー




周子「……ん、ん…んー……!朝かぁ…」クシクシ


輝子「スー……スー……」


乃々「…あむ……あむ」


周子「……二人とも可愛いなぁ………てか乃々ちゃん、輝子ちゃんの寝間着咥えてるし」ナデナデ


乃々「…ん……んへへ…」ニコニコ


周子「ぅゎヵゎぃぃ」

15:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:02:09.97 ID:O/vhsSdE0


周子「お姉ちゃんどこだろ」スタスタ


ガチャッ


周子「いたっ」


のあ「あら、おはよう」


周子「おはよーっなにしてるん?」


のあ「朝食よ」


周子「朝食!やったー」


のあ「長女だもの、これ位はするわよ」


周子「わーいお姉ちゃん大好き!では次女のシューコちゃんはちっちゃい二人を起こしてきます!」タッタッ


のあ「ふふ…いってらっしゃい……周子、二人きりの時は『お姉ちゃん』って呼ぶのね」

16:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:03:11.89 ID:O/vhsSdE0


周子「起きろ―朝だぞー」


輝子「………ぅ…」モゾモゾ


乃々「……あ、あさ…?」モゾモゾ


周子「のあ姉が朝ご飯作ってくれてるからー」


乃々「……あさ、ごはん……ぅへへ…わぁい……zzz」


周子「あっもう!」

17:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:03:51.81 ID:O/vhsSdE0


周子「二人とも朝弱いなー……まぁ私もたまたま起きれたんだけど…」


輝子「んぅ……」グイッ


周子「わっ」グラッ


輝子「えへ……」ギュー


周子「お…おお?」


乃々「……zzz」ギュー


周子「あぁー……これアレね、寝るしかないヤツ」


周子「ごめんねお姉ちゃん」


周子「おやすみー」スヤア

18:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:04:38.09 ID:O/vhsSdE0


バタン


のあ「ブタ野郎三分クッキングの時間が終わったわ」


周子「……zzz」


輝子「スゥ……スゥ…」


乃々「……あむ…あむ」


のあ「…」




のあ「起きなさい」グイッ


周子「ぬわー」


輝子「わっ」


乃々「ひゃっ」

19:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:05:19.96 ID:O/vhsSdE0


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


周子「ふー美味しかったーごちそうさまっ」


輝子「ごちそうさま……フヒ」


乃々「ご、ごちそうさま、です…」


のあ「お粗末様……今日は何をしようかしら」


周子「んー?何でもええよーだらだらしててもええしーだらだらー」


乃々「周子お姉さん……だらだらしたいだけですよね…」


周子「ばれたかー!」


輝子「うん、私も……何でもいいぞ…フヒ」


のあ「そうね。なら、ボードゲームでもしましょう」


周子「おっいいねーどんなんあるん?」


のあ「何でもあるわよ。私のおすすめはボールを相手のゴールにしゅーっするヤツね」


周子「なっつかしー」

20:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:06:20.07 ID:O/vhsSdE0


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


輝子「ん……も、もう夜か…」


のあ「夕食の準備をするわ」


周子「あっ、のあ姉!私も手伝う―」


のあ「あら、そう……助かるわ」


ガチャッ




アーニャ「アー……お邪魔します、です」


みく「お邪魔します!!にゃ!!!」




乃々「わっ」


のあ「あら」


周子「あっ、そういえばさっき呼んだんやった」


輝子「い、いらっしゃい……フヒ」


乃々「……みくさん…?」

21:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:07:19.73 ID:O/vhsSdE0


周子「あれ、でもみくにゃん呼んだっけ?」


みく「呼ばれてないにゃ!!」


周子「だよねー私アーニャに連絡したもん」


みく「みくもアーニャちゃんの側にいたの!!にゃ!!」


周子「どうどう」


みく「ふしゃーーーー!!」


周子「わっ」


輝子「ど、どうした……みく」


みく「みくだけ仲間外れにされそうだったから、怒ってるの!!もう!!にゃ!!」


乃々「(語尾が雑に……)」

22:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:08:32.53 ID:O/vhsSdE0


のあ「でも、これで全員揃ったじゃない」


みく「そういうことじゃないのー!!もぅ…………ふええぇ……」


輝子「な、泣くな……」ヨシヨシ


周子「あらー」


のあ「アーニャはロシアの血が混じった親戚ね」


アーニャ「ダー……のあお姉さん、って呼んでも…いい、ですか?」


のあ「えぇ」


周子「アーニャちゃん私もーっ」


アーニャ「ダー。周子お姉さん……です?」


周子「べりぐ」


みく「ふにゃああああああん」


輝子「よしよし、よしよし……」


乃々「てぃ、てぃっしゅ……」オロオロ

23:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:09:14.31 ID:O/vhsSdE0


のあ「心配しないで、みく」


みく「ふぇ……」


のあ「貴女も家族よ」


周子「そうそう」


輝子「し、心配するな……」


乃々「仲間はずれじゃ、ないですよ……?」




のあ「えぇ……これで、ウチにもペットが出来たわね」




みく「うわあああああああん!!」


周子「おぉ可哀想に」ナデナデ

24:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:09:58.42 ID:O/vhsSdE0


みく「グス……ヒグ……あ、でも…ねこ……悪くないかも…」


輝子「えっ」


乃々「いいんですか……?」


周子「生粋の猫やね」


みく「ん……えへへ…にゃんにゃん!みくにゃんだにゃあ!」スリスリ


のあ「ふふ……いい子ね…」ナデナデ


アーニャ「アー……みく、ずるいです……私も…」スリスリ




周子「なんやかんやいって仲いいねー」


輝子「よ、良かった……」


乃々「みくさんは、あれでいいのでしょうか……」




みく「にゃーにゃー♪」


アーニャ「あー……にゃー…♪」


のあ「ふふっ……♪」





おしり
25:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:10:48.69 ID:O/vhsSdE0
本日はアニメ五話ですよ。
前作です
【モバマス】麗奈「…」つかさ「…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421995416/
26:◆5/VbB6KnKE:2015/01/30(金) 18:11:35.96 ID:O/vhsSdE0
四話ですね、許して下さいみくにゃんが何でもします。
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/30(金) 18:46:37.38 ID:VPe+uKX30
乙にゃんにゃんにゃん♪

高峯一家の一員になって心をにゃんにゃんさせたい。
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/30(金) 19:11:52.32 ID:yM+5XwKt0
特に理由のないにゃんにゃんがしゅがはさんを襲う
お奨め記事
2月1日 18時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告