記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:04:20.34 ID:fah196zG0
キャラ崩壊注意
百合レズ注意
勢い重視注意



あゆみ「ウサギさんチームのみんなに5股してるなんて言えないよ……」
2:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:06:45.72 ID:fah196zG0
あゆみの部屋――



あゆみ「別に最初から狙っていたわけじゃなくて、本当に偶然で……」

あゆみ「最初は普通の友達としての付き合いだったのに、いつの間にか深い仲になって……」

あゆみ「だってみんな可愛いし、何だか放っておけなくて……」

あゆみ「だから体と体を重ねたのは必然で、しょうがないことなんだよ……!」
3:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:07:47.05 ID:fah196zG0
~梓の場合~

図書室――



梓「……うん、この戦術ならバッチリかな」

あゆみ「ふぃ~! おつかれ~!」

梓「あゆみ、ゴメンね? 本当なら私が全部することなのに……」

あゆみ「いやいや、今度の練習試合用の作戦でしょ? しかも隊長として西住隊長と紅白戦なんて……」

あゆみ「梓だけに任せてたら、過労死しちゃうから」

梓「フフ……ありがとう」
4:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:09:10.44 ID:fah196zG0
梓「私、あゆみにはいつもお世話になってるね」

あゆみ「そうかな?」

梓「そうだよ、だってウサギさんチームのサブリーダーなんだもん」

あゆみ「え、そうだっけ?」

梓「私が勝手に思ってるの」

梓「でも、私の次にみんなを支えてくれてるから」

あゆみ「ん~……」

あゆみ「それは、ホラ、みんなにそんな役は難しいから……」

梓「アハハ……うん、ちょっとそうだね」
5:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:31:28.34 ID:fah196zG0
梓「……私、よく次期隊長候補って言われてるでしょ?」

あゆみ「うん」

梓「すごく嬉しいのは事実なんだけど、やっぱりプレッシャーが……」

あゆみ「辛いの?」

梓「時々」

梓「私みたいな素人が、西住隊長みたいになれるのかなって思うと……」

あゆみ「梓……」
6:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:32:11.66 ID:fah196zG0
あゆみ「大丈夫」ギュッ

梓「ぁっ///」トゥンク...

あゆみ「良いんだよ、そのままの梓で」

あゆみ「憧れを持って努力するのは良いけど、その人に成り代わろうと思っちゃダメだよ」

あゆみ「私たちは、梓だから任せられるって考えたんだから」

あゆみ「それでも辛かったら、私たちに相談してよ」

あゆみ「私たち……梓のこと、友達以上だと思ってるから」

梓「あゆみぃ……///」トロン...
7:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:33:17.55 ID:fah196zG0
あゆみ「……あ、もうこんな時間なんだ」パッ

梓「あ……」

梓「うん、そうだね」シュン

あゆみ「もう帰らないとなー」

梓「おなか減ったね」

あゆみ「じゃあさ、一緒にご飯食べない?」

梓「あ、食べたい!」

あゆみ「それじゃ私の部屋で良い?」

梓「うん!」
8:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:34:29.40 ID:fah196zG0
あゆみの部屋――



梓「んぁっ……ゃ、あゆ、みぃ……///」ゾクゾク

あゆみ「ホラ、もっとしっかり指示してよ、澤隊長……!」パンパン

梓「く……な、なかに砲撃……用意ぃ……///」ゾクゾク

あゆみ「んっ……いつでも言ってね……!」パンパン

梓「はいっ……はひっ……目標……わらひのなか……///」

梓「砲撃……たっぷり、開始ぃぃぃ~……///」ゾクゾク



ドプッ!! ドビュルルッ!! ビュルビュルー!!



梓「あぁぁ~……ちゃくだん、かんりょお……///」アヘェ
9:◆ag9TZfREZs:2016/12/02(金) 22:35:07.52 ID:fah196zG0
あゆみ「……」シュボッ

あゆみ「……」スパー

あゆみ「……」フー...







あゆみ(やっちゃったああああああ!!!!!!!!)

あゆみ(親友に、しかも女の子相手に!!)

あゆみ(私のバカああああああ!!!!!!)ゴロンゴロン
10:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:35:43.52 ID:fah196zG0
あゆみ(……)

あゆみ(でもこれは梓を応援するためだし、お互い気持ちよくなれたならWin-Winだし、梓が可愛すぎるのが悪いわけだし……)

梓(おかげで梓の未来を救った感じになったわけだし……)

あゆみ(ま……いっか!!)グッ
11:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 22:48:31.28 ID:fah196zG0
~あやの場合~

視聴覚室――



あや「うーん、撃つならこの瞬間じゃない?」ピッ

あゆみ「私は1秒後かな」

あや「それじゃ遅いって」

あゆみ「だけど主砲はまだ的の外を向いてるから」

あや「あっ……そっか」

あゆみ「ここは2発の連携で威力を増したい場面だから、少し遅れるのはもう覚悟して、同時発射を狙うべきかな」

12:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:02:24.13 ID:fah196zG0
あや「……こうやって試合結果を見ると、車体の向きがまだまだ甘いもんだね」

あゆみ「そこらへんは桂利奈と打ち合わせしてるから」

あや「そうなんだ」

あゆみ「主砲は、操縦手と呼吸を合わせるのが大事だからね」

あや「それでどうなの?」

あゆみ「どんどん上手になってきてるよ、あれなら大丈夫」

あや「桂利奈ちゃんも大変だなぁ」

あゆみ「本当だね」
13:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:03:51.10 ID:fah196zG0
あや「あゆみちゃんはどんどん上手になってるね」

あゆみ「あやだって、私よりもずっと上手に当ててるよ?」

あや「私はただ、主砲よりも自由度がきくだけだから」

あや「副砲って威力低いから、なかなか大変で……」

あや「……正直、自分の限界を感じるんだよねぇ……」

あや「私って……役に立ってるのかなぁ……?」ハァ

あゆみ「あや……」
14:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:05:07.35 ID:fah196zG0
あゆみ「私は、助かってるよ」ギュッ

あや「ぁっ///」トゥンク...

あゆみ「あやには、あやにしか出来ないことがたくさんあるからね」

あゆみ「私が撃ち漏らした時のフォローなんて、あやにしか出来ないんだよ?」

あゆみ「たとえみんなが否定しても、私だけは支えてあげる」

あゆみ「ありがとう、あや」

あや「あゆみちゃん……///」トロン...
15:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:06:06.29 ID:fah196zG0
あゆみ「……おっと、もうこんな時間だ」パッ

あや「あ……そっか」

あや「もう帰らなきゃ」シュン

あゆみ「今日は確認しか出来なかったね」

あや「それじゃ、部屋で続きしない?」

あゆみ「良いねーそれ!」

あゆみ「近いから私の部屋でも良い?」

あや「良いよー」
16:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:20:10.71 ID:qTn5Sr9x0
あゆみの部屋――



あや「がっ……やぁっ……あゆみ、おっきすぎぃぃ……///」ガクガク

あゆみ「ほらほら、今度こそタイミングを合わせるよ……!」パンパン

あや「わ、分かった……からっ……あんっ……お゛っ……///」ガクガク

あゆみ「あやに合わせるから、ちゃんと言ってね……!」パンパン

あや「あ゛っ……お゛ぉっ……グる……イぐっ、イぐイぐっ……///」ガクガク

あや「イっ……ぐぅうぅぅうぅ~……!!」ビクビクビクッ///



ドビュッ!! ビュルルルッ!! ビュービューッ!!



あや「あ゛、ぅ……同時に、イけたぁぁ……///」アヘェ
17:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:20:43.86 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「……」シュボッ

あゆみ「……」スパー

あゆみ「……」フー...







あゆみ(やっちゃったああああああ!!!!!!!!)

あゆみ(梓としたっていうのに、しかも女の子相手に!!)

あゆみ(私のバカああああああ!!!!!!)ゴロンゴロン
18:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:21:30.61 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ(……)

あゆみ(でもこれはあやを応援するためだし、お互い気持ちよくなれたならWin-Winだし、あやが可愛すぎるのが悪いわけだし……)

あゆみ(これで砲手同士の絆もより深まったわけだし……)

あゆみ(ま……いっか!!)グッ
19:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:24:43.51 ID:qTn5Sr9x0
~桂利奈の場合~

M3Lee車内――



桂利奈「……どう?!」ギャルギャル!!

あゆみ「ダメ、また左にずれてるよ!」

桂利奈「くっ……次は!?」ギャルギャルッ!!

あゆみ「今度は右! でも近付いてる!」

桂利奈「分かった、つまり……こうでしょ!?」ギャルギャルッ!!

あゆみ「……うん! ピッタリ!」

あゆみ「桂利奈、お疲れ様!」

桂利奈「ふぃ~……」グッタリ
20:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:26:31.50 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「ゴメンね桂利奈、特訓に付き合ってもらっちゃって……」

桂利奈「別に良いよ。私の運転で、みんなが戦いやすくなるなら、その方が良いもん」

あゆみ「主砲はほとんど動かせないからね。どうしても桂利奈の運転頼みになるなぁ」

あゆみ「あーあ……主砲も副砲みたいに、もっと動かせたら良いのに……」

桂利奈「無いものねだりしても仕方ないよ」

あゆみ「まぁねー」
21:◆ag9TZfREZs:2016/12/02(金) 23:27:46.02 ID:qTn5Sr9x0
桂利奈「……ゴメンね」

あゆみ「え、何が?」

桂利奈「だって、あゆみちゃんの命中率が高くないのって、私が原因みたいなものだから」

桂利奈「確かに、私もまだまだ下手っぴだけど……」

桂利奈「あゆみちゃんの足を引っ張ってる、足手まといなんだって思うと……」

桂利奈「ちょっと……罪悪感が……」

あゆみ「桂利奈……」

22:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:28:36.16 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「そんな悲しいこと言わないでよ」ギュッ

桂利奈「ぁっ///」トゥンク...

あゆみ「桂利奈は十分に、みんなのために頑張ってるよ」

あゆみ「この子を戦場に連れて行かないと、あやの副砲だって撃てないんだから」

あゆみ「それに、こうして私のために頑張ってくれてる子を『足手まとい』だなんて、絶対に言いたくない」

あゆみ「桂利奈は私にとって――ううん、私たちにとって、大事な存在だから」

桂利奈「あゆみちゃん……///」トロン...
23:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:30:00.98 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「……あっちゃー、結構時間が経ってるねぇ」パッ

桂利奈「あ、そうか……」

桂利奈「早く戦車を返さないと」ショボン

あゆみ「なんだか、さっきの練習を試したいね」

桂利奈「じゃあ、あとで戦車ゲームしない?」

あゆみ「あ、あの新作買ったの?!」

桂利奈「そう! どっちでする?」

あゆみ「この間借りたゲーム返したいし、うちに来てよ」

桂利奈「あいー!」
24:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:31:46.34 ID:qTn5Sr9x0
あゆみの部屋――



桂利奈「んっ……この、騎乗位って……きつ……ぁっ……///」グイグイ

あや「ほらっ、私の主砲を導くんでしょ……!」パンパン

桂利奈「うん、ゃっ……やったる……んっ、ぞぉぉ……///」グイグイ

あや「あ、キテる……イくよ桂利奈……!」パンパン

桂利奈「うんっ……がんばって、腰振るから……んあっ……///」グイグイ

桂利奈「私の……なかれ……イってぇえぇぇ……!」キュンキュン///



ドップン!! ドクッドクッ!! ドビュルルルー!!



桂利奈「はぁ……はぁ……私、ひとりでできたよぉ……///」アヘェ
25:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:32:42.02 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「……」シュボッ

あゆみ「……」スパー

あゆみ「……」フー...







あゆみ(やっちゃったああああああ!!!!!!!!)

あゆみ(二度ならず三度も、しかも女の子相手に!!)

あゆみ(私のバカああああああ!!!!!!)ゴロンゴロン
26:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:33:14.63 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ(……)

あゆみ(でもこれは桂利奈を応援するためだし、お互い気持ちよくなれたならWin-Winだし、桂利奈が可愛すぎるのが悪いわけだし……)

あゆみ(それに桂利奈もだいぶ自信をつけたみたいだし……)

あゆみ(ま……いっか!!)グッ
27:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:44:33.83 ID:qTn5Sr9x0
~優季の場合~

教室――



優季「……やっぱり、戦車の話ばっかりしてたから……だよね?」

あゆみ「どっちかっていうと、彼氏の話を聞かなかったからじゃない?」

優季「……あ」

あゆみ「優季も頑張ってたもんね、たくさん喋りたかったんだよね」

あゆみ「こう言うと失礼かもだけど……その程度で愛想つかす男じゃ、優季の相手はつとまらないよ」

あゆみ「今度はそこを確認すればいいんじゃない?」

優季「うん……そうだね、そうする」
28:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:45:25.96 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「それにしても、優季が私に恋愛相談なんて、珍しいね」

あゆみ「いつも武部先輩にしてるのに」

優季「今日のは、相談というより、愚痴だったから」

優季「それに、男の子の気持ちが分かりそうな子に、聞いて欲しかったの」

優季「友達で一番ボーイッシュなのは、あゆみだから……」

優季「……あ、ゴメンね? 失礼だったかな?」

あゆみ「ううん、優季のためになるなら、また相談してよ」

優季「……うん、ありがとう」
29:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:46:06.09 ID:qTn5Sr9x0
優季「はぁ……私、ダメなのかなぁ……」

優季「彼氏が出来ても、すぐに別れちゃうし……」

優季「私もね? 自分でダメなところは治して、頑張ってるんだよ?」

優季「でも、いつも向こうからいなくなっちゃって……」

優季「きっと……私が悪いんだよね……?」

あゆみ「優季……」
30:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:47:33.18 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「そんなことないよ」ギュッ

優季「ぁっ///」トゥンク...

あゆみ「優季は頑張り屋だから、ちょっと不安になったんだよね?」

あゆみ「やっぱり私は、その頑張りに気付かないような人に、優季を任せられないな」

あゆみ「そんな人のために、優季が気を病む必要はないよ。またいい人を見つけよ?」

あゆみ「でも、安心して。優季は絶対に良い子だから」

あゆみ「優季の素敵なところはちゃんと、私が知ってるもん」

あゆみ「だから自信を持って……ね?」

優季「あゆみぃ……///」トロン...
31:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:49:23.87 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「……あ、もうこんなに暗いね」バッ

優季「あぅ……」

優季「そう……だよね、うん……」シュン

あゆみ「今日はもう帰ろう?」

優季「うん……」

あゆみ「……そういえば、今の優季の部屋って、彼氏入ったことあるの?」

優季「やだなぁ、女子高の寮に入れるワケないじゃーん」

あゆみ「あ、そっか」

優季「……あゆみちゃん、うちに来る?」

あゆみ「良いね! それじゃ今日の私は、優季の恋人ってことで」アハハ

優季「うん……それ良いね」ペロリ...
32:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:50:33.89 ID:qTn5Sr9x0
優季の部屋――



優季「んっ、あ……私のなか……っ……どうかな……///」ギュー

あゆみ「し、しめつけが……すご……くっ……!」パンパン

優季「ありがと、ぉっ……それじゃ、指示通り……んんっ……イこ……///」グイグイ

あゆみ「ん、ちゃんと実況してよ……!」パンパン

優季「はっ……ふっ……も、もうすぐ……撃破できる、ゃっ……よぉ……///」キュンキュン

優季「らめ、あ、ムリっ……もうキちゃ……あっ、お、ねがっ……はやくイってぇぇえぇ~……///」ゾクゾク



ドピュッ!! ドプドプッ!! ビュグビュグッ!!



優季「んぁ……やぁん……あゆみの主砲に……やられちゃったぁ……///」アヘェ
33:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:51:09.96 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「……」シュボッ

あゆみ「……」スパー

あゆみ「……」フー...







あゆみ(やっちゃったああああああ!!!!!!!!)

あゆみ(なんかムラムラしたって理由だけで、しかも女の子相手に!!)

あゆみ(私のバカああああああ!!!!!!)ゴロンゴロン
34:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:51:39.41 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ(……)

あゆみ(でもこれは優季を応援するためだし、お互い気持ちよくなれたならWin-Winだし、優季が可愛すぎるのが悪いわけだし……)

あゆみ(そもそも今回は優季から誘ってきたようなものだし……)

あゆみ(ま……いっか!!)グッ
35:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:52:26.22 ID:qTn5Sr9x0
~紗希の場合~

屋上――



あゆみ「……あ」ガチャリ

あゆみ「やっぱりここにいた」

紗希「……」

あゆみ「隣、良い?」

紗希「……」コクリ

あゆみ「失礼しまーす」スッ

紗希「……」

あゆみ「……」

紗希「……」
36:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:53:26.04 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「別に誰も怒って無いよ?」

紗希「……」

あゆみ「そうだね。自分が許せないって気持ち、分かるよ」

紗希「……」

あゆみ「私は砲手だから、タイミングを外した時はいつも『やっちゃった!』って思うんだ」

あゆみ「でも、それを反省はしても、後悔しちゃいけないよ」

紗希「……」

あゆみ「そっか、もう少しで立ち直れるんだね?」

紗希「……」

あゆみ「それまで、隣にいても良い?」

紗希「……」

あゆみ「ありがとう」

37:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:54:29.75 ID:qTn5Sr9x0
紗希「……」

あゆみ「どうしたの?」

紗希「……」

あゆみ「……それ、本気で言ってる?」

紗希「……」

あゆみ「紗希……」
38:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:55:37.26 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「笑えない冗談は言わないで」ギュッ

紗希「っ///」トゥンク...

あゆみ「紗希のいない戦車道なんて、もう考えられないんだから」

あゆみ「私だけじゃなくて、ウサギさんチームの皆だって、絶対そう言うよ」

あゆみ「私たちはもう、友達なんてものじゃない……一蓮托生の仲間なんだから」

あゆみ「だから、自分をいらない子だなんて、嘘でも言わないで……」

紗希「……///」トロン...
39:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:56:28.15 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「……あ、もう下校の時間だ」バッ

紗希「……」

紗希「……」シュン

あゆみ「もう! 元気だしなって!」

あゆみ「……そうだ、帰りにうちに寄ってかない?」

あゆみ「実家からお茶が届いたんだけど……」

あゆみ「好きだったよね、昆布茶?」

紗希「!」コクコク

あゆみ「あったかいお茶でも飲んで、一息つこうよ。ね?」

紗希「……」コクリ
40:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:57:29.25 ID:qTn5Sr9x0
あゆみの部屋――



あゆみ「や、この体勢……んっ……なんか、恥ずかし……ぁっ……///」グチュグチュ

紗希「……種付けプレス……」パンパン

あゆみ「はっ、ぁ……紗希、力……強……あぅ……///」ゾクゾク

紗希「……」パンパン

あゆみ「やら、搾られちゃ……イく……イかされりゅ……///」ブルブル

あゆみ「らめ……なか……イクイク、イ――!!」ビクビクッ///



ドポッ!! ゴプッ!! ドビュドビュッ!!



あゆみ「……ぇ、また動いちゃ……らめ……や、もぉでないよぉぉ……///」ゾクゾクアヘェ
41:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:58:18.21 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ「……」シュボッ

あゆみ「……」スパー

あゆみ「……」フー...







あゆみ(やっちゃったああああああ!!!!!!!!)

あゆみ(一番罪悪感の凄い紗希に、しかも女の子相手に!!)

あゆみ(私のバカああああああ!!!!!!)ゴロンゴロン
42:◆1EQMASWfsI:2016/12/02(金) 23:58:57.73 ID:qTn5Sr9x0
あゆみ(……)

あゆみ(でもこれは紗希を応援するためだし、お互い気持ちよくなれたならWin-Winだし、紗希が可愛すぎるのが悪いわけだし……)

あゆみ(あと紗希が楽しそうでなによりだし……)

あゆみ(ま……いっか!!)グッ
43:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:00:14.19 ID:fV77t8670
~ウサギさんチームの場合~

あゆみの部屋――



あゆみ「――ということがあったわけでして……」

あゆみ「でもまぁ、そんな関係が長く続くことは無いわけで……」

あゆみ「その後を説明すると長くなってしまうけれど……」









あゆみ「特殊なカーボンで簀巻きにされてる私を見れば、どんな状況かすぐ分かると思います」キリッ

あや「あゆみちゃんは黙ってて!」クワッ

梓「あゆみ……」ギロッ

優季「ここがあゆみの(ヤリ)部屋かぁ……」ワクワク

桂利奈「お~」ツンツク

紗希「……」ジー
44:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:01:05.55 ID:fV77t8670
あや「私たちのこと、どうでも良かったんだ!」

あゆみ「ち、違うよ! それは絶対違うから!!」

あや「じゃあ、どうして5股したの!?」

あゆみ「それは……みんなが大事だったから……」

梓「へぇ……あゆみって、大事な人とエッチするんだ」

あゆみ「いや、そういうことじゃなくて……!」

梓「じゃあどういうことなの!?」

あゆみ「それは……」

あゆみ「み……皆だから……エッチしたいって思って……///」

梓「へ、へぇ……///」ドキドキ

あや「そ、そうなんだぁ……///」ドキドキ

桂利奈「自爆しとるやないか(ツッコミ)」
45:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:01:54.09 ID:fV77t8670
梓「そ……そういう桂利奈だって、腹立たないの!?」

あや「そうだよ! 浮気だよ浮気!」

桂利奈「そりゃ、黙っていたのは悲しいけど……」

桂利奈「みんなのことが大好きなんだな~って思うと……なんだか責められなくて……」

優季「私も同感~」ノ

優季「私たちのことが大事すぎて選べないなんて、可愛いよね~」

あや「えぇ~……」
46:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:03:34.85 ID:fV77t8670
梓「か、桂利奈や優季は、そういう立場だとしても……」

梓「私は……このまま許すわけには……!」グッ

紗希「……」チョンチョン

あや「?」

梓「どうしたの紗希?」

紗希「……共有……」

あや「分かった! あゆみちゃんを、私たち皆のものにすれば良いんだ!」

桂利奈「知ってるー! これってハーレムだ!」

優季「あゆみハーレム、参上~♪」

梓「えっ……えっ」アワワ
47:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:04:51.51 ID:fV77t8670
桂利奈「梓ちゃん……私、みんなといがみ合くないよ……」

桂利奈「確かにこれは、あゆみちゃんの自業自得だと思うけど……」

桂利奈「……でも! このメンバーには、あゆみちゃんが必要だから!」

優季「だから私たち皆で、あゆみを管理するの」

優季「他の子にちょっかいを出せないくらい、じっくり、ねっとりと……」ウフフ

紗希「……」コクリ

梓「そ、それは……!」
48:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:05:29.74 ID:fV77t8670
梓「……あ、あやはどうなの!? これで本当に良いと思う?!」

あや「……」

あや「そりゃ……あゆみには、私1人だけを見て欲しいよ……?」

あや「でも、皆のことも好きなのは本当だし……」

あや「それで誰とも険悪にならないなら、たとえ不純でも、私はこの道を選びたい……!」

梓「道……!」

梓「……」
49:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:06:12.14 ID:fV77t8670
梓「そっか……」

梓「皆、自分の信じる道を見つけたんだね?」

桂利奈「うん!」

あや「そう……!」

紗希「……」コクリ

優季「私もとうとうハーレム入りかぁ~」ポワポワ

梓「……あの、さ……」

梓「その~……」

梓「……」モジモジ

梓「私も……仲間に入っても……」

梓「……良い……かな……?」チラッ
50:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:07:04.58 ID:fV77t8670
桂利案「うん、良いよ!」

あや「むしろ歓迎するね!」

優季「ようこそ~」

紗希「……」ニコリ

梓「はぁ……まさか私がみんなと、こんな爛れた関係になるなんて……」

優季「大丈夫」

優季「女の子同士は何でもノーカンだから♪」ニッコリ
51:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:07:48.92 ID:fV77t8670
あや「さ……てと」クルリ

あや「あゆみちゃんだけど……どうする?」

桂利奈「お仕置き! お仕置きが良いと思う!」ノ

梓「あ、それ良いね!」

優季「せっかくだから、エッチなお仕置きでどぉ?」

あや「本当!? 私、それ初めてなんだけどー!」

紗希「……」ワキワキ





5人「「フフフ……」」ニヤリ

あゆみ「あの……皆さん……?」サー...

52:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:09:30.75 ID:fV77t8670
ベッドの上――



あゆみ「あぐ……がっ……も゛、ム゛リぃぃ……!!」ガクガクゾクゾク///

梓「だーめ! もう1回だしてもらうんだから!」シコシコシコシコ

桂利奈「もっとスピード出すよー!」シコシコシコシコ

あや「まっふぁく……まらわたひにぶっかけるひ……?」ペロペロハムハム

あゆみ「でにゃい! もうでにゃいかりゃあぁぁ……!!」ガクガクゾクゾク///

優季「ほ~ら、ぴゅっぴゅ、ぴゅっぴゅ♪」ナデナデ

あゆみ「あぁ^~……脳トロボイスで、また作っちゃうぅぅ……///」ゾワゾワ

紗希「……ぴゅっぴゅ、しよ?」ボソッ

あゆみ「あ、しゃき、そんなこと言っちゃ……んぁあ……!!」ビクビクビクッ!!



ビュッ ピュルッ ピュルル...



梓「わぁ……///」

桂利奈「ちょっとだけど、ちゃんと出たよ!」ドキドキ///

あや「けほっ……ん゛っ……また汚されたぁ……///」ネチョネチョドロォ...
53:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:10:22.09 ID:fV77t8670
梓「あゆみ、今日はいつもの5倍してあげるからね」

あゆみ「ご、5倍……!」

あや「それが5人分だから」

あゆみ「5倍が、5人も……!」

桂利奈「いつもの25倍だね、アハハ」

あゆみ「そんな……私、もたない……!」サー...

優季「大丈夫。精のつく料理、たっくさん作ってあげるから……ね♪」

あゆみ「あ……あぁ……!」ガクガク

紗希「……(野兎の眼光)」

あゆみ「……う……」







あゆみ「浮気なんてもうこりごりだぁー!!」



終わり
54:◆1EQMASWfsI:2016/12/03(土) 00:11:38.91 ID:fV77t8670
プレイの内容と様子は

各自脳内で補完してください



以上です、ありがとうございました
55:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/03(土) 03:27:03.31 ID:tDWeSnQ2o
お、おう
乙?
56:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/03(土) 13:16:06.30 ID:PMqpLp9jo

次はアヒルさんで頼む
お奨め記事

“【ガルパン】あゆみ「困ったなぁ……」” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    どう考えてもあゆみが悪い

  2. 匿名 より:

    桂利奈ちゃんとHしてるのあゆみじゃなくてあやになってんだがwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告