記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:50:13.69 ID:a30F+wdJ0
翠さんと美由紀ちゃんがなかよしです。


翠の部屋


翠「...よし、そろそろよさそうですね」カパッ

千秋「あら、いい匂い...」

翠「翠特製、翠鍋です♪」

千秋「み、翠鍋...そのまますぎないかしら?」

翠「? 私は翠ですから、合ってるのでは?」

千秋「ま、まあいいわ...じゃあ、ちょっといただこうかしら」

翠「では、私がよそいますね...はい、どうぞ」

千秋「ええ、ありがとう...じゃあ、いただきます」

翠「はい、いただきます♪」

千秋「はふっ、はふ...」

翠「いかがですか?」

千秋「ええ、美味しいわ...正直、想像以上ね」

翠「ふふっ、そういってもらえると嬉しいです。頑張った甲斐があったというものですね♪」

千秋「これも柳瀬さんから教わった結果かしら?」

翠「...ええ、はい」

千秋「? どうかしたの?そんな暗い顔をするなんて」

翠「...最近、美由紀ちゃんと一緒のお仕事が少ないのです...」

千秋「ああ、成程...」

翠「...確かに、私たちはアイドルですから。Pさんが持ってきたお仕事は全力でこなします。ですが...」
2:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:51:16.56 ID:a30F+wdJ0

千秋「やっぱり、寂しい?」

翠「はい...」

千秋「でも、毎日事務所で会ってるんじゃない?」

翠「それは、そうなのですが...最近美由紀ちゃんもお仕事が多くなって忙しく、あまり二人の時間が取れないのです」

千秋「それは...」

翠「...忙しくなるのはうれしいこと、なんですが...その分会えなくなるのはつらいですね」

千秋「そうね...こればっかりは、もう仕方のないことよ」

翠「はい...」

千秋「今はとりあえず、次に柳瀬さんに会ったときに恥ずかしくならないよう、頑張るしかないと思うわ」

翠「...そうですね、私も精進していきましょう」

千秋「とりあえず、今はこの...翠鍋を食べましょう?」フフ

翠「ええ、そうですね♪」

千秋「...ところで、しょうゆはないかしら?」

翠「申し訳ありませんが、うちにはポン酢しかなくて」

千秋「...なんとなくそうだと思ってたけど、やっぱりね...」
3:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:52:27.40 ID:a30F+wdJ0

翌日


事務所


翠(昨日はああ言ってもらえましたが、やはり寂しいという気持ちを抑えることは出来ませんね...)

翠(はあ...なんとかならないものでしょうか)

ガチャ

翠「おはようございます」

モバP「おお、おはようさん」

美由紀「あ、翠ちゃんおはよー!」

翠「Pさん、美由紀ちゃん。おはようございます」

モバP「じゃあ、美由紀。そういうわけで次もよろしくな」

美由紀「うん!みゆき、いーっぱいがんばるからね!」

翠「美由紀ちゃん、新しいお仕事ですか?」

美由紀「えへへ、そうなんだ!」
4:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:53:15.35 ID:a30F+wdJ0

モバP「今回のは美由紀にとって初めてのイベントだからな。ほら、こんなにやる気になって」

美由紀「ほら見て見て、翠ちゃん!」

翠「これは...風船、ですか?」

美由紀「うん!肺活量を鍛えようって思ったの!」

モバP「ふふ、美由紀は熱心だなあ。えらいぞ」

美由紀「ありがとうPさん!」

翠「しかし、風船とは久しぶりにみましたね...」

美由紀「ねえ翠ちゃん、膨らましてみる?」

翠「わ、私がですか?」
5:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:54:17.02 ID:a30F+wdJ0

モバP「おう、意外と絵になるかもしれないぞ」ハハハ

翠「も、もうPさん...」

美由紀「はい、翠ちゃん!」

翠「で、では...参ります」スゥー

プクー

美由紀「わあ、翠ちゃん大きい!」

翠「...ぷはっ、なるほど。これはこれでなかなか...」

美由紀「どう、翠ちゃん?」

翠「ええ、童心に帰ったようでなかなか...楽しいですね」

美由紀「えへへ、じゃあ次はもっと大きく...」

モバP「あー、ごめんな美由紀。そろそろ時間だ」

美由紀「あ、そうだったね!ごめんね翠ちゃん、続きはまた今度ね!」

翠「...はい、また今度ですね♪」

モバP「じゃあ、下で篠原さんが待ってるからいっしょに行ってきてくれ」

美由紀「はーい♪」タタタタ バタン

モバP「ふふ、美由紀もあんなに熱心になって」

翠「......」シュン

モバP「今回は特に...どうした、翠?」

翠「......はっ、はい!ええと、どうかしましたか?」

モバP「いや、表情暗かったから...なんかあったのか?よかったら相談にのるぞ?」

翠「...その、実は...」
6:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:55:14.42 ID:a30F+wdJ0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


モバP「ふむ、なーるほどなあ」

翠「申し訳ありません、お恥ずかしい話で...」

モバP「ははは、翠と美由紀はほーんとに仲いいな」

翠「ふふ...ちょっと、照れますね」

モバP「...美由紀はな、今まさに成長の時、って感じなんだ」

翠「成長...ですか」

モバP「ああ、新しい活躍の場も増えて色んなつながりも増えた。それでな、美由紀自身がその色んなものに触れていってどんどん成長していってるのよ」

翠「...」

モバP「俺は美由紀の成長をもっともっと手助けしてやりたくてな...あの子のために、その活躍の場を広げてみよう!って思ってね。色んな仕事をもってきてるってわけなのよ」

翠「なるほど...」

モバP「...でもまあ、その結果翠に...いや、もしかしたら菜帆やのあさんにも寂しい思いをさせてしまったのかもしれないな。...ごめんよ」

翠「...いえ、大丈夫ですよ。美由紀ちゃんのためなら、私だって我慢できますから」ニコッ
7:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:55:57.61 ID:a30F+wdJ0

モバP「翠...ありがとうな」

翠「ふふっ、美由紀ちゃんが頑張っているなら、私も頑張らないといけませんね♪」

モバP「ああ、これからもよろしく頼むな」

翠「はい!」

モバP「...さて、と。そんな頑張ってくれる翠に新しいお仕事だぞ」

翠「お仕事、ですか。次はどのような?」

モバP「翠にとっては久しぶりかな?ロワイヤルのお仕事なんだ」

翠「ロワイヤル...大胆な私を表現した、あのイベントですね」

モバP「しかもなんとな...今回は翠が主役だぞ!」

翠「わ、私が主役...ですか?」

モバP「ふふ、驚いたか?」

翠「は、はい...私が、主役だなんて思っていませんでした...」

モバP「前のを経験してるからわかるとは思うけど、長丁場となるイベントだからな。頑張ってくれ」

翠「誠心誠意、務めさせていただきます!」
8:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:56:47.73 ID:a30F+wdJ0

モバP「あー...それでな、今回のイメージなんだが...」

翠「はい。今回はどんなイメージなんでしょうか?」

モバP「...女王様」

翠「? 今、なんと...?」

モバP「その...うん、女王様、なんだ」

翠「女王様、ですか...それはその、心優しいような...」

モバP「いや、高圧的な感じの女王様」

翠「な、なんと...!それは、新しいですね」

モバP「ああ、前の美食の時とはまた少し違う感じになるからな。...どうだ?翠」

翠「...はい、私も新しい自分を見つけると思って、頑張ってみます!」

モバP「ふふ、頼んだぞ。...今回は特に、な」

翠「? はい、頑張りますね」

翠(しかし、女王様、ですか...ふむ...)
9:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:58:21.11 ID:a30F+wdJ0

時子「......それで、私に教えを請いに来たの?」

翠「はい。イメージとしてはやはり、時子さんが適格であると思いまして...」

時子「殊勝な心がけね...いいわ、教えてあげる。退屈しのぎにね...」

翠「ありがとうございます!」

時子「そうね...翠、どんな心構えで臨むつもりかしら?」

翠「はい。以前の公演での演技を参考に、女王のようなイメージを...ですが今回は現実のライブであるので、少しソフトにしたような」

時子「フン。その程度でいいと思ってるの?」

翠「と、言いますと...」

時子「いいこと?貴女は女王として君臨するの...他の者は全て下僕よ」

翠「成程...」

時子「そしてそれは当然であるという意識が必要。そのことをよく理解しておくことね...」
10:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 15:59:23.88 ID:a30F+wdJ0

翠「はい。難しいですが...やってみます」

トキコサーン!

時子「...チッ、貴女から聞きたいことは何かないのかしら?」

翠「はい、そうですね...では何か、気をつけておかないといけないことはありませんか?」

トキコサーン! ドコー?

時子「...貴女の場合なら、隙を見せないことでも考えておけば?」

翠「ふむ...確かに、そうですね」

時子「後は、そ 法子「いたー!時子さーん!」

時子「チッ...法子、騒がしいわよ」
11:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 16:00:04.11 ID:a30F+wdJ0

法子「翠さん、おはよう!みてみて、これ新発売のドーナツなの!」

時子「...ハァ、それは良かったわね」

法子「ねえねえ、いーっぱい買ってきたから時子さんも翠さんも食べよ!」

翠「ふふっ、ではいただきますね」

時子「...」

法子「時子さん、食べよ?」

時子「...フン、一つだけよ」

法子「やったー!じゃあ時子さん、あーん!」

時子「やめなさい、自分で食べるから...」

法子「あーん?」

時子「...チッ」パクッ

法子「えへへ、どう?おいしい?」

時子「...悪くないわ」モグモグ

法子「うんうん、時子さんも満足しててよかった!」

翠「お二人とも、ほんとに仲が良いのですね」ニコニコ

時子「...翠、その顔をやめなさい」

翠「ふふっ、とても羨ましいです...」

法子「? 翠さん、どうしたの?」

翠「...いえ、なんでもありませんよ。ふふ...」

12:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 16:00:48.74 ID:a30F+wdJ0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


翌日

事務所


モバP「...それでだ、今度の衣装はこれになる」スッ

翠「はい。...これは、なかなか...」

モバP「今回のイメージに合わせた衣装になっててな、ちょっと露出が多くなってるが...」

翠「着こなすには、努力が必要になりますね...この衣装が似合うように、頑張ります」

モバP「おう、まかせたぞ」

翠「はい!...そういえば、今日はまだ美由紀ちゃんが来ていないのですね」

モバP「ああ...次のイベントで忙しくてなあ。今日も朝からな」

翠「なるほど...」

モバP「...なあ翠、やっぱり寂しいか?」

翠「...正直、少しだけ...ですが、ここでへこたれるわけにはいきません」

モバP「そうか...んー、じゃあ紛らわせるってわけじゃあないけど、共演するアイドルと顔合わせておくか?」

翠「そういえば...まだ他の人は誰がいるか知りませんでしたね」

モバP「よし、じゃあ行くか。今は二人ともレッスンに行ってるはずだから」
13:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 16:01:57.54 ID:a30F+wdJ0

レッスン場


ガチャ

モバP「お疲れ様です」

トレーナー「あっ、プロデューサーさん!お疲れ様です」

真尋「おっ、プロデューサーさん!お疲れ様!」

モバP「おう、お疲れ様」

翠「皆さん、お疲れ様です」

真尋「あっ、翠さんも!お疲れ様!」

モバP「今休憩中だったか、ちょうどよかったかな?」

トレーナー「ええ、今ちょうど休憩に入ったところでしたから...」

モバP「うん、ならよかった」

翠「真尋ちゃん、次のイベントでご一緒させていただくと知りました。よろしくお願いしますね」

真尋「翠さん、よろしく!今回の役、すごい役もらっちゃったね!」

翠「はい。今までにない私を演じることになりますが...誠心誠意、頑張ってみようと思います」

真尋「さすが翠さん、すごい意気込み!」

翠「今回のものは特に、全力で挑みたいと思いまして...今回は二人になりますが、頑張って行きましょうね」
14:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 16:02:49.25 ID:a30F+wdJ0

真尋「いや、私だけじゃないよ?」

翠「...なるほど、まだ他に誰かいるのですか?」

真尋「うん、今飲み物飲みに行ってると思うんだけど...」

ガチャ

真尋「あ、帰ってきたね!」

翠「?」クルッ

美由紀「あー!翠ちゃんだ!おはよー!」

翠「み、美由紀ちゃん!?」

美由紀「えへへ、翠ちゃん久しぶりに一緒のお仕事だね!」

翠「み、美由紀ちゃん...」

美由紀「? どうしたの?翠ちゃ...わわっ」ガバッ

翠「美由紀ちゃん...ほんとに、ほんとうにうれしいです...」ギュー

美由紀「...うん!みゆきも、とーってもうれしいよ!」ギュー

真尋「うんうん、仲良きことはよきこと、だね!」

モバP「ははは、まったくだ」ハハハ

美由紀「Pさん、もう少しひみつにするんじゃなかったの?」ギュー

モバP「うーん、そのつもりだったんだけどな、どうせ合わせて練習するんだから意味ないかなーって気づいて」

美由紀「そっか、それもそうだね!」

翠「Pさん...このご恩、忘れません」

モバP「まあ、偶然だよ偶然。ともかく、元気になったみたいで良かったよ」

翠「はい!...あの。Pさん」

モバP「レッスン用ジャージなら持ってきてるぞ、ほれ」スッ

翠「ありがとうございます!」

美由紀「ねえ翠ちゃん、また一緒にお仕事できてうれしいね!」

翠「...ええ、はい!」

真尋「ちょっとちょっと二人ともー!私もわすれないでよね!」

美由紀「えへへ、もちろんだよ真尋ちゃん!」

翠「うふふ、三人で精いっぱい頑張りましょうね♪」

真尋、美由紀「「はーい!」」

トレーナー「ふふっ、水野さんとっても嬉しそう...」

モバP「うんうん、三人ともとっても嬉しそうでよかったよかった。...これで俺も頑張れるなあ」ハハハ

トレーナー「皆の笑顔が動力源、ですものね」

モバP「あの笑顔がずっと続くよう...これからも頑張って行きたい、ですね」



15:◆Xz1yv1fzOo:2016/11/23(水) 16:03:50.12 ID:a30F+wdJ0

終わりです。依頼出してきます。
ありがとうシンデレラガールズ。ありがとう翠美由紀。
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/11/23(水) 18:18:00.25 ID:dA/04XxVo
おつ
お奨め記事
11月25日 02時01分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告