記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:25:58.09 ID:F0FXJRvf0
モバマスSSになるよ

相葉夕美

フラワーガール
2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:28:00.18 ID:F0FXJRvf0
夕美「ん゛っ!?」

凛「あれ、大丈夫?」

夕美「ごほっ、ごふっ、ん゛ん゛っ」

凛「気管に入った?」

夕美「ん、だ、大丈夫……ありがとう」
3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:28:27.38 ID:F0FXJRvf0
凛「で、どこまで?」

夕美「り、凛ちゃん?その、ええっと」

凛「……?」

夕美「きゅ、急にどうしたの?」

凛「?単純にどこまでやったのか知っておきたいなと思って」

夕美「その……どこまでって言われても、なんというか」
5:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:29:53.30 ID:F0FXJRvf0
凛「あれ?あんまり進まなかったとか?」

夕美「えっと、そうでもないんだけど」

凛「プロデューサーも忙しいからね」

夕美「う、うん……」

凛「やっぱプロデューサーじゃ辛いんじゃないかな」

夕美「えっ?そんなことは……」
6:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:31:41.20 ID:F0FXJRvf0
凛「そう?でもさ、プロデューサーじゃなくてもいいんじゃない?」

夕美「……そんなことないもん」

凛「そうかな?プロデューサー、かわいそうじゃない?」

夕美「なんで?」

凛「だって忙しいじゃん」

夕美「そうだけど……でも私は……」


凛「補足とはいってもレッスンの一部なんだし。トレーナーさんがやるのが普通じゃない?」

夕美「…………えっ」
7:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:32:15.90 ID:F0FXJRvf0
凛「夕美の気持ちもわかるけど。プロデューサー、確かにすっごく的確なコメントとかくれるし」

凛「でも最近は特に負担が大分勝っちゃってると思う」

夕美「え、あ、うん」

凛「こういうのって誰に相談すればいいんだろうね。ちひろさんかな?」

夕美「そ、そうだね!ちひろさんに相談した方がいいかもねっ、うん、うん」

凛「だよね。……どうしたの?顔赤いよ?」

夕美「なんでもない、なんでもないよ。ちょっと勘違いしちゃっただけ、あはは……」
8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:33:04.21 ID:F0FXJRvf0
凛「……?何を……」

夕美「あ、ううん、なんでもない、ほんっとになんでもないからっ」

凛「…………」

凛「あ」

夕美「」ビクッ

凛「え」
9:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:33:52.89 ID:F0FXJRvf0
凛「……夕美?」

夕美「あっ、レッスンはね、姿勢のおさらいだけだったよ」

凛「そうなんだ」

夕美「でもPさんも忙しいし、やっぱりトレーナーさんに…」

凛「夕美、今日はこの後ヒマ?」

夕美「…え、あ、今日は……そうそう、プランター見に行こうと思ってて、」

凛「じゃあちょうどいいね。うちに来なよ。聞きたいこともあるし」

夕美「あっ……えっと、あ、それとブーツとかも買いたいから、今日は地元で…」
11:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:34:52.87 ID:F0FXJRvf0
凛「そんなにいっぱい持ちきれないでしょ?」

夕美「じゃ、じゃあプランターは今度でいいかな」

凛「いいけど、うちのポイントカード今日までだから」

夕美「えっ!?そうなの!?」

凛「夕美のだけ」

夕美「えっ」

凛「今日うちに来て更新しないと、ハナコがポイント消しちゃう」

夕美「え!?な、なんでっ!?」
12:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:39:07.71 ID:F0FXJRvf0
凛「結構ポイント溜まってるでしょ?来たほうがいいと思うよ?」

夕美「凛ちゃぁん…」

凛「あ、さっきの夕美の反応ちょっと面白かったし、プロデューサーにも同じこと聞いてみようかな」

夕美「ええっ!?ダメっ、それは絶対ダメ!!」

凛「なんならちひろさんとかでもいいかも」

夕美「うぅ…」

凛「でも夕美がうちに来るならそんなことしてる時間ないし。どうしよう?」
13:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:44:32.34 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・

[凛の家]

凛「で」

夕美「……」

凛「どこまで?」

夕美「今日の凛ちゃんすっごいいじわる……」

凛「人には言わないから。絶対」

夕美「うぅ……」
14:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:45:35.79 ID:F0FXJRvf0
凛「なんか進展あったんでしょ?」

夕美「……うん」

凛「あ、ついに花絡みで何かあったとか?」

夕美「……ありました」

凛「へぇ。じゃ、それから教えて?」

夕美「それから、と言うか」

凛「?」

夕美「それしか、ないんだけど……」
15:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:49:14.46 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・

[数日前 車の中]

夕美「あ、凛ちゃんからメール」

『渋滞、大丈夫?今日中に東京戻れそう?』

夕美「Pさん、凛ちゃんが今日中に東京戻れそう?って」

P「わからんなあ……普通に動いてればあと2時間くらいの距離なんだけど」

夕美「全然動かないね……」

P「だな……はぁ、どうしたもんか」
16:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 00:51:53.63 ID:F0FXJRvf0
『とりあえず、水はあげといたよ。3つだよね?あとプロデューサーに伝言、ちひろさんが電話しろって』

夕美「ちひろさんが連絡欲しがってるみたい」

P「げ、マジ?」

夕美「うん。ほら、伝言」

P「うわぁ……とりあえずかけるか……イヤーピース、イヤーピース…」

P「もしもし、お疲れ様です……はい、全然動かなくて…………」

P「ですね。こんな時間に渋滞するとは流石に…………え?あ、はい」

P「まだだいぶ遠いですね。何時になるかはちょっと……」
17:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:02:28.36 ID:F0FXJRvf0
P「あー…………泊まった場合は経費で落ちますよね?」

P「……は?え!?自腹!?」

P「いやなんで落ちな…………いや、普通落ちるでしょ!!」

P「………………え、えぇ……」

P「はぁ……ならなんとかして帰ります。毛布とかはありますし、夕美はしっかり休ませますから」

P「はい…………はい、お疲れ様です、はい、はい」ピッ
18:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:14:38.51 ID:F0FXJRvf0
夕美「えーっと……なんて?」

P「頑張って帰ってこいってさ」

夕美「泊まる~、とかって話してたのは?」

P「『明日の午前中に戻れるなら、どこかに泊まってもいいと思いますよ。まあお金はPさんのお財布からですけど』だとさ」

夕美「わ、わぁ」

P「血も涙もなかった」

夕美「流石だね、ちひろさん……」
19:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:15:37.07 ID:F0FXJRvf0
P「というわけで、夕美さえよければなんとか帰ろうと思う」

夕美「ん、いいよっ。Pさんは大丈夫?運転、大変じゃない?」

P「これだけ動かないと眠気は危ないな…」

夕美「それじゃ眠くならないように、いろいろ話そ?ふふ♪」

P「夕美もギブアップしたくなったら言ってくれよ?仕事あがりだし疲れてるだろ」

P「このペースだと間違いなく日は跨ぐし。自腹とは言ってもビジネスホテル二部屋くらいならどうとでも…」

夕美「疲れてるのはPさんも同じでしょ?それにその時は自分の分くらい出すよ」

夕美「あと……ほら、このあたりって変なホテルしか無いし」

P「……あー」
20:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:17:49.16 ID:F0FXJRvf0
夕美「それにこうやってPさんと二人で車って久しぶりだもん。私は楽しいよ♪」

P「確かに久しぶりだなあ」

夕美「昔は毎日みたいに二人であちこち回ってたのにね」

P「あの頃は人手なかったからなー。それが今や大所帯の事務所だ」

P「夕美には何かと苦労させちゃったよな。いい仕事がなかなか捕まえられなくて」

夕美「よくホームセンターの園芸コーナーでお仕事してたよね!」

夕美「ガーデニング講座シリーズとか……ふふ、懐かしいね」

P「あったあった。お客さんも近所のお年寄りばっかりだったなあ」
21:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:24:10.39 ID:F0FXJRvf0
夕美「あ、でもあの時のお客さんで今もファンレター送ってくれてるおばあちゃんいるんだよ」

夕美「ライブには来れないけど、あの時の押し花と一緒に応援してます、って!」

P「いい話だ……孫娘みたいな感覚なのかもな」 

夕美「あはっ、かもね。でも、そういう風に愛情注いでくれる人がいるから、私は頑張れるんだ♪」

夕美「もちろんPさんもその一人だからねっ!」

P「はいはい、まーたそういうこと言…」

夕美「ふふ♪」

P「……」ポリポリ
22:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:26:21.98 ID:F0FXJRvf0
夕美「あ、眠気覚ましにお茶飲む?温かいよ」

P「いや、コーヒーあるし大丈……あれ、空だ」

夕美「飲む?」

P「頂きます」

夕美「ん、ちょっと待ってね……じゃーん」

P「お、魔法瓶?なんか懐かしいなあ」

夕美「でしょっ♪雑貨屋さんで見つけてつい買っちゃったの」

P「やっぱり花柄なんだな」
24:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:27:47.38 ID:F0FXJRvf0
夕美「うん、そこもポイント!あ、この花はわかる?」

P「流石にチューリップくらいは」

夕美「じゃあ花言葉は?」

P「わからないです……」

夕美「ふふ、じゃあ今度調べてみて?あ、色も重要だからね?」

コポコポ
25:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:29:08.78 ID:F0FXJRvf0
夕美「はいっ、どうぞ♪」

P「ありがとう……変わった香りだな」

夕美「ハーブティーだよ。レモングラス」

P「へぇ……お、いけるなあ。ん、ごちそうさま」

夕美「スッとするでしょ?気分転換できるし、最近お気に入りなの」

P「忙しいとそういうのも大切だからな」

夕美「だよねっ♪ん、私も飲もっと」

コポコポ
26:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:29:40.24 ID:F0FXJRvf0
夕美「んっ……………ふぅ」

P「……夕美ってそういうの気にしないよなあ」

夕美「?」

P「いや、そのコップ、口つけちゃったんだけど」

夕美「あ……ふふ、気にするよ?」

夕美「でもPさんなら別にいいかなって」

P「あ、そ、そうか……はは」

夕美「~♪」
27:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:30:37.72 ID:F0FXJRvf0
夕美「あ、花言葉と言えば……Pさん、フリージアはわかった?」

P「…………えーっと」

夕美「バレンタインの」

P「いや、うん、それはわかるんだけど」

P「…………やー、忙しくてな?」

夕美「もー……」
28:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:31:42.40 ID:F0FXJRvf0
夕美(いつもこう。……ちょっと慣れちゃったかも)

夕美(ゴデチア、イキシア、コスモス、紅葉葵)

夕美(事あるたびに花に気持ちを添えて贈っても、受け取ってくれるのは花だけ)

夕美(その花もいつもデスクに飾ってくれるけど、気がついたらなくなっちゃってて)

夕美(結局、伝えたいことは伝わってない)

夕美(ちょっと調べたら、すぐにわかるのに)

夕美(……回りくどすぎて、ダメなのかなぁ)
29:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:32:19.39 ID:F0FXJRvf0
夕美(今回もやっぱりこうなっちゃったし)

夕美(……でも)

夕美(気持ちが届いたら)

夕美(花に込めた想いが届いたら)

夕美(もし、届いちゃったら)

夕美(…………どうしよう?)
30:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:33:34.60 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・

凛「考えてないの?」

夕美「うーん……半分半分?」

凛「半分?どういうこと?」

夕美「……だって相手、Pさんなんだもん」

夕美「いつも花言葉とか、調べてくれた試しもないし」

夕美「そもそも立場があるから、ながーい片想いになるかな、って……」

凛「あ、なるほど」
31:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:34:56.11 ID:F0FXJRvf0
夕美「わかるでしょ?だって、ね?」

凛「プロデューサーも気付かないフリとかするし」

夕美「そうっ!いつもスキンシップとか取っても、なんかはぐらかされちゃうし」

夕美「だからほら、あんまり想像つかないっていうか……」

凛「夕美は乙女だね」

夕美「えっ!?な、なんでそうなるのっ!?」
32:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:35:38.03 ID:F0FXJRvf0
凛「だって好きで好きでたまらなくて、アピールもアプローチも頑張ってて」

凛「片想い上等、諦める気全く無しなのに、ゴールのことはわからないし」

凛「しかも気持ちを伝える手段はあくまで花贈り」

凛「……うん、恋する乙女以外に言いようがなくない?」

夕美「……ダメかな」

凛「夕美らしくていいと思うよ?」

夕美「気持ちばっかり先走っちゃってるって、私もわかってるんだけど」

凛「ふふっ」

夕美「な、何?」

凛「ううん、応援しがいがあるな、って」

夕美「……あ、ありがと」

夕美(……凛ちゃんってこういう優しいとこあるからずるい)
33:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:39:35.71 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・

ピロン
『ちひろさんから話聞いたよ。頑張ってね。プロデューサーにもよろしく』

夕美「凛ちゃんが頑張ってね、だって」

P「頑張るのは渋滞の方だけどなぁ……」

P「夕美ってやっぱ凛と仲いいのか?」

夕美「うんっ!家に遊びに行ったりもしてるよ」

夕美「凛ちゃんがお店の番してて暇なときとかは、お仕事終わった後に会いに行ったり」

P「結構お店の方も常連さんだったりるすのか」

夕美「そうそう、いつもついつい目移りしちゃって…」

夕美「あ、最近はハナコちゃんも私のこと覚えてくれたから、店先まできたら走ってきたりするんだよ。ふふっ」

P「あー、わかる。ハナコかわいいよなぁ」
34:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:40:57.61 ID:F0FXJRvf0
夕美「でも、いつもお店の中走り回ってるから…」

P「足汚いんだよな」

夕美「うん。あれ?よく知ってるね」

P「前にシャツに肉球マークつけられたことがあってさ」

夕美「Pさんも凛ちゃんとこ、行ったりするの?」

P「凛のこと送るついでとかに、だけど。たまに寄ってるよ」

夕美「……ふーん」

P「最近は誰かさんのおかげで花も結構覚えてきたし」

夕美「へぇー……」
35:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:42:17.57 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・

凛「気になる?」

夕美「え?」

凛「プロデューサーがお店に来た時、何してるか」

夕美「……気になる」

凛「全部話してくれたら教えてあげる」

夕美「意地悪……」

凛「絶対にちゃんと教えるから。で、続きは?」
36:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:43:14.60 ID:F0FXJRvf0
夕美「えっと……そのあとは、ステージの話とか、他の昔の話とか…」

凛「うん、それはもういいよ。イチャイチャはお腹いっぱい。肝心なとこ」

夕美「か、肝心なところって」

凛「進展があったんでしょ?」

夕美「……凛ちゃん、本当はわかってるでしょ?」

凛「え?何が?」

夕美「だ、だって助手席の物入れのこと教えてくれたの凛ちゃんじゃん!」

凛「?ああ、うん、アレね」
37:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:43:58.57 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・

ピロン
『そういえば助手席の膝のとこ、面白いもの入ってるよ。休憩した隙とか、こっそり見るといいかも。Pさんにバレないようにね』

夕美(……?面白いモノ?)

夕美(何だろ?気になるけど、Pさんにバレないように、って)

夕美(休憩した隙に、かぁ)

夕美(……そういえば、もう結構休憩してないよね)

P「どした?なんか難しい顔してるけど」

夕美「え?あ、ううん、なんでもない」
38:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:45:13.61 ID:F0FXJRvf0
夕美(……長くなるかもしれないんだし。うん)

夕美「ね、Pさん」

P「んー?」

夕美「この辺で休憩しない?」

P「え……あ、おう」

夕美「?」

P「そうだな、トランクの毛布も出したいし。次のPAでちょっと休むか」
39:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:46:05.32 ID:F0FXJRvf0
P「ちなみに、夕美、来年から大学生だよな」

夕美「うん?そうだけど」

P「うん、くれぐれも男と二人きりのときに休憩取りたいと思ったら、言葉選ばないと、ほら、アレだからな」

夕美「……え?」

P「特に今とか…なんだ、周りにいっぱいあるだろ?連れ込まれたりするから…」

夕美「え?……え、あ、や、違う、違うよっ!?」

P「いや、うん、わかってるけど、アドバイスアドバイス」

夕美「もうっ!Pさんのバカっ!」

P「…や、ホントに悪気一切無しのアドバイスというかだな」

夕美「わかるけど、セクハラだよっ」

P「ご、ごめん……そ、そしたらとりあえず次で一旦止まるぞー」
40:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:46:32.72 ID:F0FXJRvf0

P「それじゃ、俺はちょっと売店行ってくるけど…どうする?」

夕美「私は……うーん、行きたいけどやめとく!ささっと車戻って待ってるよ」

P「それじゃなんか食べるモノ買ってくるよ。あと鍵預けとくな」

夕美「うん。ありがとう」

夕美「あ、ついでにトランクから毛布も出しちゃってくれると助かる。なんだったら後の席で寝ててもいいからな」

夕美「はーい」

夕美(……よしっ、ぱぱっと戻って見てみよっと)
41:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:47:40.67 ID:F0FXJRvf0
ガサゴソ

夕美(えっと、物入れの中……面白いものって……)

夕美(紙の束と……スケッチブック?)

夕美(急がないとPさん戻ってきちゃうし……見るなら……)

夕美(うん……スケッチブックにしよ!ふふ、花柄だし♪)

夕美(何かな~♪)
42:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:48:06.70 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・

凛「……スケッチブック?」

夕美「?」

凛「私が見た時はそんなのなかったよ」

夕美「え?」

凛「紙の束の方だけポンって置いてあったんだけど」

夕美「……ち、ちなみにその紙の束って?」

凛「菜々さんと川島さんのサイン練習帳」

夕美「…………」

凛「勢いだけな感じがあって、面白かったんだけど」
43:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:48:33.15 ID:F0FXJRvf0
夕美「……」

凛「で?」

夕美「え、あ、あぅ……」

凛「スケッチブックの中身はなんだったの?」

夕美「えっと、やっぱり無しに…」

凛「ダメ」

夕美「…………」
44:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:49:22.50 ID:F0FXJRvf0
夕美「……その、ね?」

凛「うん」

夕美「衣装のデザイン案だったの」

夕美「……花をモチーフにした、すっごく素敵な衣装ばっかり」

凛「花ってことは……夕美用の衣装案?」

夕美「かも。……それでね、モチーフになってる花……」

夕美「……全部、私がPさんに贈ったことのある花で」

凛「……へぇ」
45:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:51:11.54 ID:F0FXJRvf0
夕美「見た瞬間は、『あ、私が贈った花ってこういう風に受け取られてるのかな』って思ったんだけど」

凛「デザインのネタに、ってこと?」

夕美「うん。でも……一緒に押し花が挟んであって」

凛「押し花……栞とか?」

夕美「ううん。すごく丁寧に、綺麗に押してある花が、衣装のページの前に1つずつ」

夕美「……それもね、全部贈ったことのある花」
46:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 01:54:30.57 ID:F0FXJRvf0
夕美「贈った花そのものはわからないけど……」

夕美「こっそり見ちゃった以上、Pさんには聞けないし」

凛「ただの花なら押さないと思うけど」

夕美「でも……わからなくて」

夕美「……どうなんだろ?」

凛「色合いとかは?」

夕美「……同じ、だけど」
48:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:01:45.43 ID:F0FXJRvf0
凛「正直に言うと」

夕美「うん」

凛「……言っちゃっていいのかな」

夕美「い、いいってば!」

夕美「あ、やっぱり待って、待って…………うん、大丈夫」

凛「うん。よく考えてみよ?」

凛「夕美の衣装案。モチーフは全部夕美の贈った花」

凛「で、その花の押し花が挟んである」

凛「間違いなく夕美の贈った花、そのまま押してるでしょ」
49:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:05:56.30 ID:F0FXJRvf0
夕美「で、でも、似たような色合いの花なんて」

凛「うん。じゃ、プロデューサーが花言葉、全部知ってたとしたら?」

夕美「え?」

凛「『変わらぬ熱愛』とか、『乙女の真心』とか。贈られた後に全部調べてたら」

凛「……なんというか、ラブレターを取っておくのと同じで。手元に置いておきたくなるでしょ」

夕美「あ……」

凛「なんでもない花を押したりしないと思うよ。夕美が贈った花だから、押してるんだと思う」

凛「夕美はその押し花見た時、どう思ったの?」
50:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:09:45.68 ID:F0FXJRvf0
夕美「……すごく満たされた気持ちになったよ」

凛「うん」

夕美「確証なんてなかったけど。なんとなく、私が贈った花なのかなって思って」

凛「気持ち込めて贈った花、ずっと手元に置いててくれたんだって思ったでしょ?」

夕美「……うん。なんて言うか、その……Pさんに、すごく……」

凛「ふふっ」

夕美「……何?」

凛「愛されてるな、って?」

夕美「あ、愛され……えっと」

凛「違う?」

夕美「……ううん。それ、かも」
51:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:12:21.80 ID:F0FXJRvf0
夕美「……変だよね、何か言われたわけでもないのに」

凛「そんなことないと思うけど」

夕美「……?」

凛「だって、プロデューサーは応えられないじゃん」

夕美「……あ」

凛「でも、夕美の想いは大切にしてくれてる」

凛「その事自体が、どんな言葉よりもいい返事だったんじゃないの?」」
52:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:13:02.62 ID:F0FXJRvf0
凛「ふふ、ホント乙女だよね、夕美って」

凛「行動力すごいのに、直接伝えようとしないし、直接伝えられないと不安って」

夕美「だって…」

凛「でも、今回のことに自信持っていいと思うよ。私が保証してあげる」

夕美「……うん。ありがとう、凛ちゃん」

夕美「ふふ、やっぱり凛ちゃんに話してよかったよ♪」

凛「うん。で?」

夕美「え?」
54:連投ンゴゴゴゴ:2014/03/10(月) 02:15:35.58 ID:F0FXJRvf0
凛「話の続き。今の話の感じだと、見た後相当あたふただったんでしょ?」

夕美「え、あ、う、うん」

凛「昼間聞いたとき、プロデューサーに聞くのはダメって言ったよね?」

凛「つまり、何かあったんでしょ?」

夕美「え、えっと……」

凛「で、どこまで?」
55:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:17:39.22 ID:F0FXJRvf0
夕美「その、スケッチブックのこと、どう受け取っていいかわからなかったから…」

凛「嬉しかったんでしょ?夕美なら何かするでしょ」

夕美「え、あ、あう……」

夕美「…………その、ね?」

凛「うん。ふふ、キスくらいしちゃってたり?」

56:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:18:14.89 ID:F0FXJRvf0
夕美「えっと……」


夕美「ひ、一通りは……」


凛「え?」

夕美「……」

凛「え、ちょ、一通りって……え!?」

凛「それって、その、最後までってこと!?」

夕美「……うん」コクン
57:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:19:36.68 ID:F0FXJRvf0
凛「え、ごめん、全然ついていけない」

凛「なんで?飛びすぎじゃない?」

夕美「だ、だって!!こんなことになるなんて考えてなかったんだもん!」

凛「うん、それはわかったけど……考えてないとそうなるものなの?」

凛「というか、確信なかったんでしょ?」

夕美「うん……でも…」
58:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:21:10.35 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・
ブロロロロ

夕美(ど、どうしよ、どうしよう、あれって、やっぱり)

夕美(ううん、きっと私の思い過ごし、うん、うん、だって…)

夕美(だって、そんな都合のいい話…)

夕美(そうだったら、すごく嬉しいけど……でも、でもでもでも)

P「あ、そうそう、次の衣装のことなんだけど」

夕美「は、はいっ!?」

P「うおっ!?……大丈夫か?なんか赤いぞ?」

夕美「え、あ、大丈夫だよ、うん、大丈夫大丈夫っ」
59:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:22:41.33 ID:F0FXJRvf0
P「えっと、衣装の話な。また花をモチーフにして次の衣装デザインさせてもらおうと思ってるんだけど」

夕美「う、うん」

P「季節感出すためにも、何の花がいいかちょっと相談を…」

P「って本当に顔赤いけど大丈夫か?」

夕美「……うん」

P「体調悪いなら言ってくれよ?」

夕美「大丈夫だってば、ただちょっと……その」

P「……うーん」

P「…今日は諦めるか。次で止まって、二部屋取れるホテル探そう」

夕美「えっ!?ほ、本当に大丈夫だってば!」
60:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:38:37.84 ID:F0FXJRvf0
P「いや、よく考えたら俺も相当疲れたし、運転続けるのも辛いからさ」

夕美(うう……私がしゃんとしないから……)

P「とりあえずちひろさん、ちひろさん……あ、お疲れ様です。」

夕美(……でもちょっとパニック気味だし、丁度いいのかも)

P「はい。動かないですし、運転続けるのもつらいのでビジネスホテルに泊まろうかと」

夕美(…ううん、パニックだけじゃなくて……変に浮かれちゃってる)
62:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:42:50.04 ID:F0FXJRvf0
夕美(ちょっと夢心地かも。……本当はどうかもわからないけど)

夕美(……折角こんな気持ちで、Pさんと二人っきりなのに)

夕美(………凛ちゃんならこんなとき、ズバっと気持ち伝えられたりするのかなぁ)

P「……は?いや、別の部屋に決まってるでしょ」

夕美()ビクッ

P「あー、はいはい。自分の分は自腹ね、はいはい」

夕美(あ……え、ううん、違う、ダメ、違うよね、そんなの)

P「もー、わかってますってば。本当に大丈夫ですから」

夕美(でも、今日なら……ううん、今日じゃなきゃ、今じゃなきゃ……!)
63:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:44:29.14 ID:F0FXJRvf0
P「……よし。近くにあるみたいだから、早速電話して二部屋…」

夕美「……ね……Pさん?」

P「うん?」

夕美「あの、えっと……わ、私……」

夕美「その、私は、一部屋でも……じゃなくて、えっと」

夕美「一部屋が…」
64:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:46:33.73 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・

凛「え!?夕美から誘ったの!?」

夕美「私もよく覚えてない……頭真っ白だったんだもん」

凛「いや、真っ白じゃなくてお花畑でしょそれ…」

夕美「だ、だって二人っきりだし、泊まってもいいとか言われてたし!」

凛「そういう泊まっていいじゃないと思うんだけど」

夕美「気持ち伝えるためにも何かしなきゃいけない気がして…」

夕美「だから、その……ちょっと思い切っちゃった」

凛「行動力ありすぎ…」
65:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:47:09.06 ID:F0FXJRvf0
凛「で?どうだったの?」

夕美「……あんまり思い出したくない」

凛「?」

夕美「最初はいい雰囲気だったはずなんだけど……」

凛「けど?」

夕美「いざとなったら、すっごく痛くて……いっぱい泣いちゃって、Pさん困らせちゃった」
66:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:48:20.83 ID:F0FXJRvf0
凛「……はじめてだったんだよね?」

夕美「…うん」

凛「なら仕方ないんじゃないの?」

夕美「……はじめてなりに気持ち、伝えられてればよかったんだけど…」

夕美「本当に泣いてばっかりで、何も伝えられなくて」

凛「……まぁ、伝えられてたらスケッチブックの件も悩まないよね」


67:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:49:01.76 ID:F0FXJRvf0
凛「で、夕美はこれからどうしたいの?」

夕美「……ちゃんと確認したい。だって、結局何も伝えられなかったんだもん」

凛(はじめてあげたらある程度伝わってると思うけど)

夕美「それにPさんもどう思ってるのか、知りたいし……」

夕美「……でもあれ以来ちょっと気まずくて、上手く話できなくて」

凛「……はぁ。いいよ、手伝ってあげる」

夕美「ホント!?」

凛「ここまで聞いたんだから、流石に、ね」
68:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:50:38.18 ID:F0FXJRvf0
凛「じゃ、次は何の花にする?」

夕美「え、また花でいいの……?」

凛「いいの。あとは私がどうにかするから」

夕美「ホント?」

凛「本当。任せて」

夕美「えっと、それじゃ……この時期だと……」

夕美「あ、ゼラニウムとか?」

凛「ゼラニウム……花言葉なんだっけ」

夕美「『愛情』っ!」
70:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:51:38.27 ID:F0FXJRvf0
夕美「ありがとう!……でも、どうするの?」

凛「そこも任せてくれていいから。大丈夫、絶対上手くいかせるから」

凛「夕美はプロデューサーとどうなりたいか、よく考えておいて」

夕美「……うん。ありがとう、凛ちゃん」

凛「とりあえずプランター買って行ってね」

夕美「えっ!?」

凛「だって買う予定なんでしょ?」
71:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:52:05.16 ID:F0FXJRvf0
凛「はい、毎度。ポイントおまけしといたから」

夕美「ありがと……うう、でもプランター持って電車は辛いよ……」

凛「……プロデューサーはね」

夕美「うん?」

凛「うちの店に来たら、まずメモ帳とデジカメ取り出すんだ」

凛「それで花の写真撮ったりしながら、なんかメモ帳に絵書いたりしてるよ」

凛「うちのお母さんに話聞いたりもするかな。どんな花なのかとか、育て方とか」

凛「……よく考えてみたら、押し花について聞いてたこともあったかも」

凛「全くいい年した男の人が、何のためにそんなことしてるんだろうね?」

夕美「……ありがとう」

凛「明日、頑張ってね。ゼラニウムなさそうだったら、連絡するから」

夕美「……うんっ!」
72:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:52:48.50 ID:F0FXJRvf0
・ ・ ・

[次の日]

P「お、凛、おはよう」

凛「おはよう」

P「お?珍しいな、凛が花持ってくるなんて。いつもは夕美が…」

凛「今日も夕美からだよ。うちのお店から持ってきただけ」

P「あ、そうなのか。これは……あ、ゼラニウムだな」

凛「正解。机の上、置いてもいい?」
73:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:53:44.05 ID:F0FXJRvf0
P「あー、鉢ならできれば応接室の方とか……」

凛「小さいし大丈夫でしょ。置くよ」

P「お、おう……何かあったのか?」

凛「ゼラニウムの花言葉、わかる?」

P「……えっと」

凛「『愛情』」

P「あ、うん」

凛「それに『決意』と『君ありて幸』。夕美からだからね」
75:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 02:55:03.34 ID:F0FXJRvf0
P「え、あ、おう」

凛「あとオマケ。これも夕美から」

P「あ、うん」

凛「ピンクのチューリップは『真実の愛』」

P「……」

凛「プロデューサー、夕美とは仲良くやってる?」

P「え、ええっと……」

凛「仲良くしないとちひろさんに相談するから」

P「えっ、ちひろさんは関係ない…」

凛「相談するから」

P「あ、はい……」
76:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 03:02:13.39 ID:F0FXJRvf0
凛「さて、それじゃ……」

ガチャッ
夕美「お、おはよう、ございます…」

凛「あ、来たね」

夕美「……あれ?凛ちゃん?」

凛「おはよう。ごめん、先着いちゃったしとりあえず渡してあるよ」

夕美「えっ?あ、うん」

凛「で、プロデューサー、11時まで暇なんだっけ?」

P「えっと、ちひろさんいないから電話対応とか…」

凛「じゃ、私がやっとくね。急ぎじゃなければ午後に折り返すって伝えておくから」

凛「夕美とプロデューサーは『衣装の話』でもしとけばいいんじゃない?」
79:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 03:07:07.20 ID:F0FXJRvf0
凛「夕美もプロデューサーも、大丈夫だよね?」

夕美「あ……う、うん」

凛「100%大丈夫だから」

夕美「えっ?」

凛「絶対」

夕美「……うんっ!」

夕美「あ、あのね、Pさん、私……!」
80:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 03:08:16.66 ID:F0FXJRvf0



85:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/10(月) 03:15:23.68 ID:+Tp4pNRT0
おつ
いいじゃない
お奨め記事
1月30日 12時39分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告