記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:46:14.21 ID:y1LA0+kC0
2:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:47:21.02 ID:y1LA0+kC0
イヴ「遂にやりましたぁ~!」

ライラ「ライラさんもSRでございますよー」

菜々「二人ともおめでとうございます!」

イヴ「これで三人並べてMVが見られますねぇ~♪」

ライラ「はいですよー……菜々さんは少し待っていて欲しいのですよー……」

イヴ「あっ…私もですぅ~…」

菜々「あれ!? もしかしてナナハブられてますか!?」

イヴ「いえ…私のモデルが出来てなかったからデレステやってなくてぇ~……」

ライラ「ライラさんは課金してSSRは買えませんでしたですよ」

菜々「む、無理にSSRを持っていて欲しいとは言いませんけどね! Rくらい取っておいてくださいよっ!」
3:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:48:22.65 ID:y1LA0+kC0
イヴ「引けたら取っておきますねぇ~…あ、ライブ報酬ででましたぁ~!」

菜々「ありがとうございますっ! ライラちゃんもお願いしますねっ!」

ライラ「SSR引き当てるのでございますですねー」

菜々「スカウトチケットでも良いですし…あの…Rで十分ですから…ね?」

ライラ「Rは特技レベルを上げるらしいのでございますよ?」

菜々「誰から聞いたんですか! せめて被ったらにしてくださいよっ!!!」

ライラ「サナさんですよー」

菜々「紗南ちゃんは上級者ですから!」
4:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:51:06.41 ID:y1LA0+kC0
ライラ「それにしてもライブはやっぱり難しいでございますよー」

菜々「あー…菜々も苦手ですね…ずっと画面見てると目がチカチカしてきちゃって…」

イヴ「サンタクロースはゲームとか得意なんですよぉ~♪」

ライラ「羨ましいですねー。ドラムは出来たのに…残念でございますねー…」

菜々「し、仕方ないですよ! ナナだってドンキーコンガとか上手かったんですけどデレステは苦手ですっ!」

ライラ「多分それとデレステは違うのでございます」
5:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:52:22.35 ID:y1LA0+kC0
イヴ「コツとか教えましょうかぁ?」

菜々「本当ですか? お願いします! 菜々もランキングとか載ってみたいんです!」

ライラ「ライラさんもマスターをクリアしてMV撮りたいのでございますよー」

イヴ「それならまずはですねぇ……とりあえず速度上げましょうね♪」

ライラ「速くなったら追いつけないのでございますよー…」

イヴ「早い方が判定が楽になりますのでぇ~。一度試してみてください♪」

菜々「そうなんですかっ!? なんか意外ですねー」
6:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:52:51.85 ID:y1LA0+kC0
ライラ「それではやってみるのですよー」

菜々「頑張ってくださいっ!」

ライラ「そりゃー…とうー…」BAD! BAD! MISS!

ライラ「あっ……失敗してしまったのでございますよ…」

イヴ「え、え~っとぉ……あ! ライフガードの特技を入れてみるとかどうですかぁ?」

ライラ「持っていないのでございますよー…」

菜々「か、回復とか探してみましょうか! ねっ! アイドル一覧見てみましょうっ!」
7:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:53:45.95 ID:y1LA0+kC0
大量の限定アイドル「やぁ」

菜々「はぁ!?」

イヴ「課金は…して無いんですよねぇ~…?」

ライラ「してないでございますよ?」

菜々「……物欲センサー……でしたっけ?」

イヴ「そうかもしれないですねぇ…」

ライラ「どうかしたのでございますか?」

菜々「なんでもないんです…」

イヴ「私がSSRになったら引いてもらいましょうかぁ…」
8:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:54:45.19 ID:y1LA0+kC0
菜々「菜々も速度上げてみますねっ」

イヴ「頑張ってください~♪」

ライラ「フレー、フレーですよー」

菜々「ふんっ…くぬっ…んっ…」perfect! perfect! fullcombo!

菜々「やりましたぁ! ……うぅ……目にくる……」

イヴ「おめでとうございますぅ~! アドバイスがあっててよかったですぅ~♪」

ライラ「ライラさんはなんで出来ないのでございましょうかねー?」

菜々「ライラさんは…ちょっとマイペースですよね」

ライラ「そのようなつもりはないのでございますけどねー?」
9:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:55:26.32 ID:y1LA0+kC0
イヴ「それじゃあさっき手に入れたの菜々さんも合わせてエイリアンズみんなで踊りましょうねぇ~♪」

菜々「やった! ありがとうございますっ!」

ライラ「早速踊るのでございますよー」

イヴ「せっかくなら…ラブレター踊りましょう♪」

菜々「3人ですし良いですねっ!」

ライラ「ライラさんは赤色の衣装が良いのでございますよ」

イヴ「私もこれにしますねぇ~。それでは早速…」

菜々「ちょっとちょっと! 二人ともアクロスにするならナナもそうしますよ! 仲間はずれはやめてくださいよっ!」
10:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:56:13.53 ID:y1LA0+kC0
イヴ「うわぁ…すごいですねぇ…デレステに出られてよかったぁ…」

ライラ「嬉しいでございますねー」

菜々「ううっ…ぐすっ…良かったですねぇ…なんか最近涙もろく…」

イヴ「菜々さんはこういう場面でも自爆するんですねぇ…」

ライラ「ラブレター…良いでございますねー」

イヴ「あれ? ライラちゃんも渡したい相手がいるんですかぁ?」

ライラ「いえー。でも言葉を手紙に込めることは素敵なことでございますよー」

イヴ「でも最近はラブレターを貰ったなんて話は聞きませんよねぇ…」
11:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:56:48.44 ID:y1LA0+kC0
菜々「えっ? ラブレターってよくありませんか?」

イヴ「事務所の若い子達はラブレターは貰ったことないらしいですよ~?」

ライラ「残念でございますねー……」

菜々「ええっ!? そんな…あんなに憧れたことはなかったのに…」

イヴ「菜々ちゃん…過去形で話しちゃダメですよ♪」

菜々「はっ!? いっけなーい! ナナは花も恥じらう女子高生でした!」

ライラ「花も恥じらう…聞いたことがないのでございますね」

イヴ「普通女子高生はそんなこと言わないと思いますよ~?」

菜々「ナナ…もう女子高生がわからないっ!!!」

12:◆eF6RWyN1IM:2016/11/09(水) 23:58:15.41 ID:y1LA0+kC0
終わりです
急にイヴが来たのでお知らせ見てからデレステ出来るまで胸の痛みと息苦しさが止まりませんでした
みんなエイリアンズを踊らせてみてね

html依頼出してきます
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/11/10(木) 01:39:48.68 ID:spT5vm6uo
菜々さんのSSRは手に入らんのじゃ
お奨め記事
11月10日 22時01分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告