記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 20:28:44.07 ID:qvX5nDnL0
デレマスなんですよ
またまたまたまたぐらいでゆるっとお話するお話でございます
2:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 20:31:55.13 ID:qvX5nDnL0


ガチャッ


亜季「有香殿、おはようございます」

有香「あ、おはようございます!」

亜季「時子殿もおはようございます」

時子「……」

亜季「それにお疲れ様、でありましょうか」

時子「……」

亜季「それにしても時子殿をトレーニングルームで見るのは珍しい気がしますな……ダイエットですかな?」

時子「アァン?」ビュン

亜季「回し受けであります!」ガッ

有香「! 恐ろしく速い鞭さばき、私でなければ見逃してしまいます……!」

時子「この私が豚のように醜く肥えたようにでも見えると……?」

亜季「時子殿は変わらずお綺麗ですが、返事が無いのでつい冗談を」

時子「……減らず口は鞭を捌いた事に免じて見逃してあげるわ」

亜季「有香殿直伝の回し受けですからな!」

時子「チッ」ギロッ

有香「えっ? いや、えっ?!」

時子「余計なことを……あの子といい類は共を呼ぶのかしら」

有香「?」

時子「忘れなさい」
3:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 20:40:07.86 ID:qvX5nDnL0


♪エンゼルフレンチ ハニーケーキ エンゼルクリーム ハニーディップ


時子 チラッ

有香「あの、電話来てるみたいですけど……」

時子「誰かも用事も大体わかってる。必要はないわ」


♪ミスタードーナツガスキ ミスタードーナツガスキ


有香「でも、中々切れないようですし……大事な用が有るんじゃ」

時子「毎回下らない用なのよ」

亜季「その方にとっては大切な用なんでしょうなぁ」

時子「……チッ」シッシッ

亜季「聞き耳なんぞ立てないであります」
4:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 20:46:56.50 ID:qvX5nDnL0


<何の用よ……そう、そろそろ他人の都合を考えたらどう?


有香「というか何なんですかさっきのは!」

亜季「回し受けでありますか?」


<……チッ、私の寛大な心に感謝しなさい。今回は付き合ってあげるわ。


有香「私がいつ直伝したんですか!」

亜季「いやぁ、厳しい修行でありました……有香殿の記憶が飛ぶほどの」


<ええ、ええ……待ってなさい。


有香「人を勝手に記憶喪失にしないでください……」

亜季「大丈夫、私も最近一昨日の晩御飯が思い出せないであります」

有香「ボケるには流石に早すぎるような」
5:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 20:56:05.18 ID:qvX5nDnL0

時子「亜季」ポイ

亜季「っ……と、缶コーヒーですか。飲まないので?」

時子「それよりは幾分かマシな物が飲めるかもしれない予定ができたのよ。恵んであげるわ」

亜季「それではありがたく」

時子「それじゃあ、せいぜい励みなさい」ヒラヒラ

有香「お、お疲れ様です」

亜季「お疲れ様であります」


バタン


亜季「……おや、意外や意外ですな。ミルク入りの無糖とは」グイ

有香「なんというか、強烈ですね……法子ちゃんは意外と可愛いところがあるって言ってましたけど……」

亜季「意外と言えば有香殿、先程の漫画の解説キャラみたいな発言は一体……」

有香「い、一度言ってみたかったんですよ!」

亜季「私じゃなきゃ見逃すとかなんとか」

有香「良いじゃないですかたまには!」
6:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:02:10.95 ID:qvX5nDnL0


ガチャッ


夏樹「よっ」

涼「何だ何だ、元気だな」

亜季「おや、おはようございます」

有香「おはようございます!」

涼「ああ、おはよう。何騒いでたんだ?」

亜季「有香殿の小さな夢が一つ叶ったのであります」

有香「またそういう……!」

夏樹「なんだそりゃ」

涼「まぁ、良かったじゃないか。叶ったんなら」

有香「お二人もトレーニングですか?」

夏樹「ああ、この前のライブで体力不足を実感したからな」

涼「アタシも夏樹もそれなりに鍛えてたつもりだったんだけどな」

夏樹「ま、それでなくても拓海や亜季には負けてられないさ」

有香「でもお二人とも、力強い歌声で圧巻のステージでしたっ!」

涼「そうか? ありがとな」

夏樹「有香だって有香にしかできないパワフルでデカいステージだったと思うよ、な?」

亜季「ええ、力強く、可愛らしく。でしたな」

有香「そう思うならイジらないでほしいですけど……」

夏樹「ま、こうしてても鍛えられるのは口の回りだけだ。走りながらでも話そうぜ」

亜季「それもそうでありますな」
7:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:07:31.90 ID:qvX5nDnL0


タッタッタッタッ...


亜季「この前このルームランナーが逆回転になっていて危うく死にかけたであります」

涼「ああ、動く歩道みたいになってたのか」

亜季「尻もちついたそのまま前に押し出されて目の前の壁との間にハマってしまって」

夏樹「随分器用に窮地に陥ったな」

有香「それよく抜け出せましたね」

亜季「実際あやめ殿と裕子殿が来てくれなかったら詰んでたであります」

夏樹「それで乗る前にやけに丁寧な点検してたのか、なるほどな」

亜季「ルームランナーは最悪の場合死に至るので油断大敵でありますゆえ」

涼「その二人、あんまりトレーニングしてるってイメージ無いような気がするな。ちょっと意外だ」

有香「あやめちゃんと裕子ちゃん、最近割りとトレーニングしてるの見ますよね」

亜季「あやめ殿は忍ぶにしろ忍ばないにしろ体力は必要と」

涼「まぁ一理あるな」

亜季「裕子殿は健全なサイキックは健全な肉体に宿るとか」

夏樹「確かに最近スプーンの曲げ方がエグくなってる。腕力のお陰で」

有香「ハンドパワーを超えたアームパワーらしいですよ」

涼「サイキックアームパワーか」

亜季「有香殿のサイキック瓦割りの親戚ですかな」

有香「私のはサイキックでは無いですからね?」

亜季「そのうちにサイキック足緘やサイキック河津掛なども」

有香「両方柔道の上に禁じ手ですけど……」

夏樹「まぁ体が資本ってのは間違いないよな。忍者もサイキッカーも」

有香「サイキッカーはどうなんでしょう」

涼「アイドルが抜けてないか?」

夏樹「当たり前すぎて入れ忘れてたぜ。不思議なもんだな、アイドルなのが当たり前ってのも」
8:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:13:23.49 ID:qvX5nDnL0

亜季「そういえば夏樹殿、李衣菜殿の件は」

夏樹「ああ、特に何もなかったよ」

有香「? 李衣菜ちゃんの件というのは」

夏樹「だりーがみくを監禁してるとかしてないとかいう話だ」

有香「えっ?!」

涼「落ち着きなって、話の流れで出てきた冗談だよ」

夏樹「だりーは天地がひっくり返ってもそんなことするようなヤツじゃないさ」

亜季「どちらかと言うと尻に敷かれるタイプでありますし」

夏樹「それはそうとして面白いから本人にちょっと聞いてみたってだけだよ」

有香「李衣菜ちゃん……ほろり」

亜季「まぁ誰よりも真剣に受け止めていたのは拓海殿でしたが」

涼「結局誤解解いたのか? 目泳ぐぐらい狼狽えてたんだろ?」

夏樹「ん? ああ……」

有香「解いてない顔ですよね」

涼「案外いたずら好きなんだよ夏樹は」

夏樹「トリックアンドトリックってことでどうだ? この前終わったばかりだけど」

亜季「それやりたい放題でありますな」

有香「そういえばハロウィンでしたね」

夏樹「小梅や輝子が気合入れて準備してたな、鈴帆は別の方向に気合を入れてたが」
9:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:18:17.62 ID:qvX5nDnL0

涼「小梅といえば、昨日の夜電話がかかってきてな」

夏樹「ああ」

涼「出てみたら小梅が泣いてるんだよ」

有香「大丈夫だったんですか?」

涼「ああ、スプラッタな夢みてワクワクしてたんだけど、爆死したヤツの顔見たらアタシで飛び起きたんだってさ」

亜季「それはなんというか……職業病みたいな物ですな」

涼「それでいなくなっちゃたらどうしようと思ってって泣きながら電話かけて来るんだから可愛いとこあるよな」

夏樹「普段は?」

涼「普段も可愛い」

有香「というか、なぜ爆死を」

夏樹「松永だからか?」

涼「? ああ、なるほど」

夏樹「なんて、冗談だけどな」

亜季「ジョーダンというか、ダンジョーというか」

涼「まぁ、丁度そんな感じの映画を小梅と観に行ったばっかりだったからな、割りとあるだろそういうの」

亜季「確かに私もセガールとキッチンで戦う夢を見たことがありますな」

涼「だろ?」

夏樹「そういう訳で今日は小梅が泊まりにくる、と」

涼「そんなとこさ」
10:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:23:36.16 ID:qvX5nDnL0

亜季「ノロケでありますな?」

涼「そんなんじゃないって」

夏樹「どっちかって言うと孫が可愛くて仕方ないばあちゃんみたいな感じだよな」

亜季「ああ孫自慢でありましたか」

涼「それはそれで何か嫌だな……」

夏樹「合う度にお小遣いとかあげてるんだぜ、多分」

亜季「甘々でありますな」

有香「真っ直ぐ育ちませんよ」

涼「してないって、後会う度お小遣い握らせてる絵面が最悪すぎる」

亜季「犯罪であります」

有香「?」

夏樹「わからなくて別に良しだ」

涼「皆だって泊まりに来たりするような友達居るだろ?」

亜季「友達の居ない人の事も考えてほしいであります!!」クワッ

有香「いきなり何を怒り出したんですか!?」

亜季「ジョークであります!!」クワッ

有香「勢いで笑いを取ろうとしないでください!」

夏樹「楓さんとお茶とかしといてよく言うぜ」

亜季「ああ、飲みに行ったこともありましたな」

夏樹「ははっ、そういえば歳上だったな」

有香「すっかり忘れてました」

亜季「おお、ボコボコに言われてるであります」

涼「まぁ、普通に友達さ。仲が良いように見えてるなら嬉しいけどな」
11:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:28:05.24 ID:qvX5nDnL0


ガチャッ


小梅「お、お邪魔します……」

涼「ん、小梅?」

小梅「えへへ……き、来ちゃった……」フリフリ

有香「小梅ちゃん、おはようございますっ!」

小梅「おはようございます……夏樹さんも、亜季さんも……おはようございます……」

亜季「おはようございますっ!」ケイレイッ

夏樹「おう、おはよう。随分楽しそうじゃないか」

小梅「え、えっと……涼さんのおうちで、一緒に映画見るの……」

亜季「ほう、小梅殿と涼殿ということはホラーですかな?」

小梅「う、うん……涼さんと、おうちデート……えへへ……」

夏樹「……涼? おい、目をそらすな」

亜季「犯罪であります」

涼「だからそういうのやめろって」

夏樹「ははっ……ま、今日はこれで上がっとくか。な?」

涼「ああ、バツが悪いがキリは良い」

亜季「あまり走っていても今度は膝を壊しますからな」

夏樹「そういや小梅、よく涼がトレーニングしてるってわかったな」

小梅「う、うん……教えてもらった、から……」

夏樹「へぇ、そりゃ運がいいな」

12:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:28:38.94 ID:qvX5nDnL0


有香(……)



有香(誰に?)

13:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:30:20.67 ID:qvX5nDnL0


―――――――――――――――――――――――――――――――……………

14:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:34:16.06 ID:qvX5nDnL0


ラストォ! ッシャ! オスッ!


ガチャッ


拓海「しゃぁ!三百ぅ!」ギッ

有香「押忍っ!」ギッ

アヤ「はーっ、やり遂げた」ギッ

亜季「おお賑やかでありますな」

拓海「よう、亜季」

有香「おはようございますっ!」

亜季「おはようございます! 中々盛り上がっていたようですな」

アヤ「地獄の三百連腹筋だ……いや、キツかったけどかなり燃えたよ」

有香「ふー……それにしても拓海さん、流石ですね。あたしもそれなりに鍛えてるつもりでしたけど」

拓海「体力がなきゃ話にならねーからな。こんなもんでヘバってらんねぇぜ!」

亜季「ほう、私も腹筋には自信がありますよ」

拓海「おお? 言うじゃねえか」

亜季「さぁ! 突いてみろであります!」

有香「いや腹筋するんじゃないんですか?」

拓海「ケガしたって知らねぇかんな!」

アヤ「アイツらは放っといてアタシ達は休憩するか」

有香「あ、はい」
15:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:39:44.56 ID:qvX5nDnL0

拓海「っしゃ、ダラァ!!」ブォンッ

亜季「 呼 ッ 」パァン

アヤ「おお、本当にビクともしないな」

亜季「有香殿直伝の三戦でありますからな!」

拓海「有香……やるじゃねぇか」ジッ

有香「えっ? いや、えっ?!」

亜季「有香殿は更に動かざる事山の如しという感じであります」

有香「私を試すのはやめてくださいね!?」

拓海「お、おう……流石に有香にブチ込むのは気がひけるぜ……」

亜季「私なら良いんでありますか」

拓海「なんかよ、亜季なら最悪死にゃしねぇだろみたいな感じしねえか?」

有香「わかります」

亜季「不敗のダイ・ハード大和亜季であります!」

拓海「何だそりゃ」

アヤ「ほんとに伝授したのか?」

有香「してないです……一つも……」

アヤ「それはそれですごいな」
16:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:45:16.63 ID:qvX5nDnL0

拓海「アタシも亜季に負けてらんねぇな。もう一セット行くか」

有香「拓海さん、本当にタフですね」

アヤ「というか、なんだ、疲れを感じる部分が頭にないんじゃないか」

拓海「そこまでアホじゃねえよ。この位ならまだまだいけんだろ」

亜季「それでは次は私も付き合いましょうかな」

拓海「うーっし燃えてきた!」

アヤ「ま、アタシはもうちょいゆっくり休んどくさ」

有香「アヤさんも何か飲みますか?」

アヤ「ああ、ありがとな。水もらっていいか? ……にしても何だその冷蔵庫。妙に中身充実してるな」

亜季「私の非常食まで完備されてるでありますからな」ギッギッ

拓海「おい、後で食おうぜ」ギッギッ

亜季「やめてほしいであります!」ギッギッ

有香「腹筋しながらお話とはかなり余裕ありますね」

亜季「このぐらいであれば朝飯前であります! その朝飯が今食べられそうでしたが」ギッギッ

拓海「よっしゃブッちぎるぞ! 着いてこい!」ガッガッ

亜季「ガンホー! ガンホー!」ガッガッ

拓海「っしゃぁぁぁぁああああ!!!!」ガッガッガッガッ

亜季「うおおおおおおぉぉぉぉ!!!!」ガッガッガッガッ

アヤ「うるせぇ、バーベルぶつけんぞ!!」

拓海 ('x' ;)ガッガッガッガッ

亜季 ('x' ;)ガッガッガッガッ

有香「本当に余裕ありますね?!」
17:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:51:08.56 ID:qvX5nDnL0


ガチャッ


里奈「おー、たくみんはっけーん」

こずえ「あやー……いたー……」

有香「あ、おはようございますっ!」

こずえ「おはよー……」

里奈「有香ちゃんちょりーっす☆ 暇だったから遊びに来ちゃったぽよー」

アヤ「お、そうか。また面倒みてもらってたみたいで悪いな」

里奈「ぜーんぜん? 女子トーク楽しいもんねー」

こずえ「ねー……」ニコー

アヤ「ん、それなら良かった」

里奈「ところでアレ何系?」

拓海 ('x' )ガッガッガッガッ

亜季 ('x' )ガッガッガッガッ

アヤ「流行りの無声腹筋だ、腹筋と忍耐が同時に鍛えられるらしい」

有香「さらっと適当言いましたね」

里奈「キャハハっちょーウケる!」ケラケラ

拓海「っし!」ガッ

亜季「三百!」ガッ

アヤ「お、ちょうど終わったみたいだな。おつかれ」

里奈「おつかれちゃーはーん☆」スッ

拓海「おう、お疲れ!」パン

こずえ「あきもー……おつかれのはいたっちー……」スッ

亜季「お疲れ様であります!」ペチ
18:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 21:56:03.23 ID:qvX5nDnL0


ガチャッ


法子「おはようございまーす!」

ゆかり「お邪魔します」ペコ

里奈「ちょりーっすー☆」

亜季「おお、おはようございます」

有香「法子ちゃん、ゆかりちゃん?」

法子「あ、有香ちゃーん」フリフリ

ゆかり「訪ねてきてしまいました……ふふ」

法子「ドーナツもあるよー皆で食べよー」

拓海「お、マジかよ。ありがてぇ」

こずえ「のりこー……ありがとー……」

アヤ「なんか悪いな、アタシたちまで」

法子「んーん、皆で食べたほうが美味しいから!」

里奈「あれ? これチョーレアなやつぢゃん?」

拓海「あ? そうなのか?」

里奈「チョー人気あって並んでるってテレビでやってたぽよー」

法子「うん、時子さんと一緒に買ってきたんだよ!」

有香「おや?」

亜季「おや?」
19:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 22:02:00.36 ID:qvX5nDnL0

有香「法子ちゃん、昨日時子さんと一緒に出かけてたんですか」

法子「? うん、一緒に並んでくれてね、これも時子さんが買ってくれたの」

亜季「ほう」

法子「自分で払うつもりだったんだけど、私の立場も考えろって時子さんが」

有香「ほう」

ゆかり「それは……何かお返しをしなくてはいけませんね」

拓海「つーか時子さんと食わなくて良かったのかよ。アタシは嬉しいけどよ」

法子「勿論時子さんとも……あ、そうだ、コーヒー淹れたげる!」

亜季「お湯とカップならそこに」

アヤ「マジで充実してるのな」

法子「ふふふ、時子さんお気に入りのコーヒーだよ!」

有香「法子ちゃん、淹れるの慣れてますね」

法子「うん、一緒に食べるときはあたしが淹れてるんだ。ドーナツもね、それの報酬みたいな物だって」

有香「……なんだか、法子ちゃんが言ってた時子さんの可愛いところ、わかった気がします」

亜季「奇遇ですな、私もであります」

こずえ「のりこはー……ときことなかよしー……?」

法子「うん、仲良し!」
20:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 22:08:02.31 ID:qvX5nDnL0

有香「それにしても、法子ちゃんドーナツ食べ通しですね……」

里奈「それでその細さとかヤバくなーい?」

法子「有香ちゃんこそちょっと食べ過ぎぐらいで丁度いいんだよ」

ゆかり「そうですね、トレーナーさんにも前に……」

有香「うっ」

亜季「何かあったのでありますか?」

有香「実は前に気合を入れて鍛えすぎて、『中野は腹筋がキレすぎだ』と怒られまして……」

拓海「何だそりゃ」

アヤ「なかなか聞いたこと無い怒られ方だな」

里奈「てゆーかそんなにお腹すごい系?」ツン

有香「あう」

法子「えい」ツン

有香「ひう」

ゆかり「それでは私も……」ツツー

有香「ひゃあああ」

亜季「拓海殿、ちょっとそれ取っていただけますかな……」ボソボソ

拓海「あ? おう」ボソ

亜季「それ」ピトッ

有香「ひいっ! なんですかこれ?!」ブルルッ

亜季「氷でありますな」

有香「なんでそんなものを人のお腹にくっつけるんですか!」

亜季「出来心であります!!」クワッ

有香「開き直りましたね?!」
21:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 22:13:12.92 ID:qvX5nDnL0

ゆかり「? 法子ちゃん?」

こずえ「どーなつのぞいてるー……なにしてるのー……?」

法子「ドーナツは美味しいがいっぱい詰まってるけど、真ん中には楽しいがいっぱい詰まってるなーって!」



亜季「拓海殿も共犯であります!」

拓海「はぁ?! アタシもかよ?」

有香「歯食いしばってください!」

亜季「 呼 ッ 」ゴッ

拓海「 呼 ッ 」ゴッ

有香「だからなんで皆できるんですか?!」



ゆかり「……ふふ、そうかもしれませんね」

22:◆ganja..OLI:2016/11/05(土) 22:16:40.05 ID:qvX5nDnL0
おしまい
わちゃわちゃする話でございました
ハロウィンのやつ→ありす「いたずらとおかしのゆめ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477921911/
読んでくれた人ありがとう また次があればよろしくお願いしますね
お奨め記事
11月7日 14時01分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告