記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:40:55.71 ID:8lO924WJo


天龍型から夕張型まで。

軽巡洋艦実装分。工作艦もいます。

2:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:42:30.65 ID:8lO924WJo


【 天龍型 】


グミ、チョコ、キャンディ、ビスケット。
煎餅、キャラメル、かりんとう。

個包装の菓子を小分けして、ハロウィン仕様の袋に詰める。
カラフルなリボンで綺麗に結んで出来上がり。



龍田「天龍ちゃん何やってるの~」

天龍「おお龍田、いいところに!」

龍田「お菓子の詰め合わせ?」

天龍「明日はチビ達がわんさか来るだろうからなー」

龍田「こんなにたくさん」

天龍「足りなくなると大変だからな」

龍田「駆逐艦の子達、全員分作るの~」

天龍「いつも怖い思いをさせてるからな、たまには優しくしてやらなきゃな」

龍田「……」(天龍ちゃんはいつも優しいわよ)
3:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:43:27.99 ID:8lO924WJo

龍田「わざわざ小分けしないで、袋から直接渡せばいいんじゃない?」

天龍「ばっきゃろー!そんなの味気ないだろ?」

龍田「でも、こんなに作るの大変よ~」

天龍「そうなんだよ、このリボンを結ぶのが意外と難しくてな」

龍田「あらあら」

天龍「頼む龍田!ちょっと手伝ってくれ」

龍田「え~、どうしようかな~」

天龍「頼む!オレだけじゃ全然間に合わない」

龍田「仕方ないな~」キュッキュッ

天龍「うお?メチャクチャ上手いな!」

龍田「これくらい普通よ~、天龍ちゃんが不器用過ぎなの」

天龍「うっ、くっ」

龍田「ほらほら、手が止まっているわよ」

天龍「お、おう!よーし、一気に作るぜ!」
4:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:44:31.27 ID:8lO924WJo





雷「天龍ー!遊びに来たわよー」ドアガチャバターン!

電「はわわっ!お菓子がたくさんなのです」

天龍「うおおっ!?お前ら、何でいきなり」

天龍「ヤバイ!龍田、隠せ隠せ!」

龍田「こんなにあるんだから無理よ~」

暁「べ、別にお菓子なんか興味ないんだからねっ」

響「キスチョコ、嫌いじゃない」

天龍「あー、ダメダメ。これは明日の分だ、我慢しろ」

電「はわっ、はわわわ」チラッチラッ

暁「だ、だから別に欲しがってなんかないんだから」チラチラ

雷「そうよそうよ、子供じゃないんだから」チラチラチラッ

響「チョコビス、嫌いじゃない」ジーッ

天龍「はあ……お前ら」

龍田「うふふ」
5:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:45:45.10 ID:8lO924WJo

天龍「ほら、ちょっとだけな。みんなには内緒だぞ」

電「い、いいのですか?」

暁「そ、そこまで言うなら仕方ないわね」

雷「私チョコビスー!」

天龍「こらこら、ちゃんとお礼を言わなきゃダメだかんな!」

電「天龍ちゃんありがとうなのです」

響「天龍スパスィーバ」

雷「天龍ありがとう!」

暁「あ、あの、えっと……」モジモジ

響「暁」

雷「暁」

電「暁ちゃん……」

暁「……あの、ありがとう」ゴニョゴニョ

電「暁ちゃん!」パアアッ!

暁「お、お礼くらいちゃんと言えるし!」

天龍「よーし偉いぞ暁!ほら、特別にでっかいのやる」

暁「も、もうっ!頭クシャクシャしないでよ」

6:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:48:07.05 ID:8lO924WJo


【 球磨型 】


球磨「座敷わらしクマ」

多摩「猫娘にゃ」

北上「お菊さんだよー」イチマイ タリナーイ

大井「お岩さんです」ウラメシヤー

木曾「俺もやるのか?」

大井「当たり前でしょ?ハイこれ、衣装」つ ドレス

木曾「何で俺だけ洋風なんだよ!?」

北上「あ、ちなみにシンデレラね」

木曾「お化けですらねぇ!」

球磨「末っ子の特権クマ」

多摩「黙って着るにゃ」

北上「ほらほら、早く着ちゃいなよー」

木曾「ふざけんなよ!何だよこのフリフリは?」

大井「何よ、もっとセクシーなのが良かったの?」

球磨「それじゃ、写真を撮るクマ」

木曾「よせ馬鹿、写真は止めろ!」

多摩「もっと笑うにゃ」

木曾「だからよせ!ああもう、引っ付くなって!」キソー

7:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:49:10.60 ID:8lO924WJo


【 工作艦 】


提督「お疲れさん」

明石「あっ、提督!お疲れ様です」

提督「お菓子の手配はどうなっているかな」

明石「もう倉庫に搬入されています。執務室に運びましょうか?」

提督「いや、明日にしてもらえるかな」

提督「まだ駆逐艦も起きている時間だし、なるべく内緒にしたい」

明石「それでは明朝にお持ちしますね」

提督「済まない。助かるよ」
8:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:51:54.43 ID:8lO924WJo

提督「明石は明日どうするんだ」

明石「明日は酒保(売店)に張り付きですね」

明石「去年もですけど、意外に当日購入する方が多いんです」

明石「お菓子の他にも衣装や小道具とか……まあ、予定通りにはいかないものです」

提督「せっかくの祭事なのに裏方とは気の毒だな」

明石「いえいえ」

提督「ふむ……明石、これから何か予定はあるか?」

明石「えっ?えーっと、作業も終わったんで、後はご飯を食べて寝るだけです」

提督「そうか。よし、飯に行くぞ。ご馳走してやる」

明石「えっ」

提督「頑張っている娘には何かしてやらんとな。何か食べたいものはあるか」

明石「え、ええー?」

提督「そうだな、せっかくだし少し気の利いた店にしてみるか」

明石「そ、そんな急に言われても、あの」

提督「遠慮するな。接待に使ういい店があるんだ、旨いぞ」

明石「わっ、私、今仕事終わったばかりでこんな恰好だし」

提督「ああ、そうだな。それじゃあ支度が済んだら呼んでくれ」

提督「俺は店の予約をしておこう」

明石「は、はううっ……」

提督「それじゃあ、また後でな」
9:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:52:58.32 ID:8lO924WJo

明石「二人っきりでお出掛け……お洒落なお店でディナー……」

明石「こ、これって、デート?」

明石「え、ええええーっ? ///」

明石「もう、提督の馬鹿馬鹿っ!どうして急に言うのよ」

明石「あああ、どうしようどうしよう」

明石「こっちの可愛い服の方が……いや、やっぱりこのシックな方が」

明石「靴!どうしよう、こないだ履いてからそのまま」

明石「し、下着は一応新しいのを下して…… ///」

明石「いやいや馬鹿馬鹿、そんな事なんてある訳ないない ///」

明石「髪もネイルも今からじゃ全然間に合わない」

明石「あーっ、もうっ!提督の馬鹿馬鹿ー!」

10:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:55:03.44 ID:8lO924WJo


【 大淀型 】


提督「さあ、いよいよハロウィンだな」

大淀「駆逐艦の子達も、朝からみんなソワソワしています」

提督「お菓子も沢山用意したし、準備万端だよ」

大淀「それにしてもすごい数ですね。種類も色々ですし」

提督「駆逐艦全員分だからな。運ぶのも大変だったよ」

大淀「これだけあれば、悪戯されませんね」クスクス

提督「おっ、そろそろ誰か来そうかな」

大淀「可愛いお化け、楽しみですね」ウフフ
11:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:56:09.65 ID:8lO924WJo

赤城「ハッピー・ハロウィン!」ドアガチャバタン

加賀「お菓子を貰えると聞いて」ドアガチャバタン

提督「」

大淀「」

赤城「トリック・オア・トリート!」

加賀「さすがに気分が高揚します」

提督「えーっと……」

大淀「ハロウィンなんだから、仮装をしてない人は駄目です」

提督「というか、大人は駄目」

赤城「……」

加賀「……」

赤城「ぷっぷくぷぅ~」プクー

大淀「顔芸しても駄目です」

加賀「ビッグセブン!ビッグセブン!」

提督「モノマネしても駄目。しかも似てねぇ!」


12:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:58:01.76 ID:8lO924WJo


【 阿賀野型 】


阿賀野「きらり~ん☆ハッピーハロウィーン!」

能代「そういえば酒匂は今年が初めてだったわね」

酒匂「思ったより本格的なんだね」

阿賀野「ウチのハロウィンは凄いわよぉ。毎回大賑わいなんだから」

酒匂「あんまりはしゃいで怒られないかな」

能代「大丈夫よ。むしろ提督が率先して動いているわ」

矢矧「お祭り好きが揃っているからな」

能代「仕事は仕事、遊びは遊び!要するにメリハリよ」

阿賀野「衣装も用意したわ。結構高かったんだからぁ」サッ

矢矧「これは……水着じゃないか」

能代「ハロウィン関係ないじゃない」

阿賀野「サキュバスっていう外国のお化けだよ。関係ないどころかドンピシャよ!」

矢矧「こんなのでお化けとは、外国人は馬鹿ばかりだな」
13:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 00:59:07.91 ID:8lO924WJo

能代「ちょっと!?これ、透けてるわよ」

矢矧「おい、こっちなんて紐だぞ?」

酒匂「こ、こんなの島風ちゃんだよ~」

阿賀野「大丈夫よこれくらい。堂々としてたらいいから」

阿賀野「こういうのはねぇ、中途半端が一番駄目なの」

阿賀野「変に恥ずかしがってると逆にみっともないんだから」

矢矧「い、いや、しかしだな」

酒匂「ひゃ~!あたし矢矧ちゃんみたいにスタイルよくないし」

阿賀野「酒匂は可愛いから大丈夫☆」

阿賀野「むしろそれくらい慎ましい方が一部の層からは人気なのよ」

酒匂「ぴゃ!そ、そうなの?」

阿賀野「人気者になれるわよ~」

酒匂「ぴゃーあ!酒匂頑張る~!」
14:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:00:54.87 ID:8lO924WJo

矢矧「わ、私は嫌だぞ、こんなのは破廉恥だ」

阿賀野「酒匂の為、酒匂の為」ヒソヒソ

矢矧「む」

阿賀野「あの子、この鎮守府に全然馴染めてないわ」

阿賀野「個性的な面々に埋もれて、気付いてさえもらえてない」

阿賀野「着任以来、酒匂が私達以外の艦娘と話してるのを見た事ある?」

矢矧「そ、それは……」

阿賀野「先の大戦の時だってそう。あの子は結局、ずっとひとりぼっちのままだった」

阿賀野「どこかで何かを変えないと、いつまで経ってもこのままよ」

能代「……」

阿賀野「いい?私達がきっかけを作ってあげるの」

阿賀野「馬鹿やって派手に騒げば、話のタネにはなる筈よ」

阿賀野「笑われてもいい、馬鹿にされてもいい」

阿賀野「あの子がみんなと笑い合えるようになるなら、私は全裸でだって歩くわよ」

矢矧「阿賀野姉……」

能代「やれやれ、仕方ないかな」

阿賀野「よーし、行くわよ!最新鋭軽巡阿賀野型、全艦ド派手に出撃よ!」



那珂「あ、あわわ……」

15:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:03:24.48 ID:8lO924WJo


【 川内型 】


那珂「うわああーん!」

川内「那珂?どうしたの」

那珂「大変だよ!大変なんだよ!」

那珂「阿賀野ちゃん達が大変なんだよ!」

那珂「すごい衣装で目立とうとしているよ」

那珂「このままじゃ那珂ちゃん負けちゃうよ!目立てないよ!」

川内「別にいいじゃん」

神通「二番じゃ駄目なんですか」

那珂「遊びじゃないんだよっ!」バンッ!

川内「!」ビクッ

那珂「アイドルなんだよ?一番キラキラして、一番目立たなきゃ駄目なんだよ!」
16:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:04:47.43 ID:8lO924WJo

那珂「那珂ちゃんアイドルだけど、お仕事もちゃんとやってるよ!」

那珂「遠征も哨戒も一所懸命やってるよ!手を抜いた事なんて一度もない!」

那珂「みんなが遊んでいる時も、みんなが休んでいる時も、ずっとレッスン頑張ってる!」

那珂「バックダンサー(駆逐艦)の子達だって、厳しい練習を耐えてきてるんだから!」

那珂「那珂ちゃんアイドルだよ!それなのに普通の娘に負けてちゃ、みんなに顔向け出来ないよ!」ポロポロ

神通「那珂ちゃん……」

川内「神通」チラ

神通「……仕方ありません。でも今回だけですよ」

那珂「神通ちゃん!」パアアァッ!
17:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:05:56.54 ID:8lO924WJo

川内「それで、私達は何をすればいいの」

那珂「うん、この衣装を着て一緒にステージに出て欲しいの」

神通「え?それだけですか」

那珂「歌やダンスは那珂ちゃん達の方が上手いから、衣装さえ同じなら絶対勝てるよ!」

川内「えっと、でも私達は歌ったりは出来ないよ」

那珂「二人は那珂ちゃん達の近くで手を振ってくれてたらいいよ、笑顔でね」

神通「それくらいなら……まあ」

那珂「ありがとー!それじゃあ、はい、これ衣装」サッ

神通「急なのによく準備出来ましたね」

那珂「うん、買ってきた」

神通「お金はどうしたんですか」

那珂「那珂ちゃんの定期を解約したよ」

神通「なっ……!?」
18:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:07:21.18 ID:8lO924WJo

那珂「怒らないでね。お金はまた貯めればいいんだよ」

那珂「でもね、今日のステージは今日しかないんだよ」

那珂「この日を楽しみにしてくれてる人が、いっぱいいるんだ」

那珂「もしかしたら、今日初めて観に来た人もいるかもしれない」

那珂「もしかしたら、今日が最後に観たステージになる人もいるかもしれない」

那珂「たくさんの人が、いろんな思いで集まって来てくれてるんだよ」

那珂「だからね、いつだってアイドルは輝いてなきゃいけないんだ」

那珂「たった一度の今日が特別な一日になるように、いつだって頑張らなきゃ駄目なんだよ」

那珂「ワガママ言ってゴメンね。でも協力してくれて良かった。本当にありがとう」

川内「那珂……」

那珂「じゃあ、那珂ちゃんもう行くね!二人とも着替えたらすぐに来て。みんな待ってるからね」
19:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:08:12.51 ID:8lO924WJo


川内「……ふざけてるように見えてたけど」

神通「はい」

川内「いつの間にか立派になっていたね」

神通「私達の妹ですから」

川内「うん」

神通「自慢の……妹です」

川内「……うん」
20:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:09:02.89 ID:8lO924WJo

川内「よっし、それじゃあ早速着替えようか。みんな待ってるみたいだし」

神通「サイズが合えばいいんですが……」

川内「そういや何の衣装だっけ?サキューバとかスキューバとか言ってたけど」ガサゴソ



つ [ マ イ ク ロ ビ キ ニ ] 

つ [ 透 け 透 け ワ ン ピ ー ス ]


川内「」

神通「」

21:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:12:04.88 ID:8lO924WJo


【 長良型 】


長良型の仮装は定番のジャック・オー・ランタン。
大きく立派なカボチャの仮面で揃い踏み。



五十鈴「普通ね」

長良「普通だね」

五十鈴「ホント普通」

長良「こんなのでいいのかな」

名取「いや、でも定番だし」

五十鈴「これじゃ全然目立てないわよ」

名取「別に無理に目立たなくても」

五十鈴「でもせっかくのお祭りなのにね」

長良「それじゃあみんなでバク転でもする?」

五十鈴「出来ないわよ」

長良「なら衣装を変えるとか?阿賀野さんが着てたのとか」

五十鈴「絶対無理!あんなの通報されるわよ」

名取「ま、まあ普通でいいよ」

22:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:13:09.80 ID:8lO924WJo

名取「……あ、あれ?」

五十鈴「何よ」

名取「どうしよ、名取のカボチャがない」

長良「えーっ?もうパレード始まるよ」

五十鈴「バカね、何やってんのよ」

長良「あんな大きなものが無くなる筈ないんだけど」

五十鈴「誰かが間違えて持って行ったとか」

名取「う、ううん、もう一回探してくるね」
23:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:14:46.22 ID:8lO924WJo


◇◇◇


利根「大きなカボチャを手に入れたのじゃ」

利根「これを被ってお化けに変身するのじゃ」カポ

利根「うむ、これなら吾輩と気付くまい」

利根「これで筑摩をびっくりさせるのじゃー」クシシ





利根「筑摩」

利根「トリック・オア・トリートなのじゃ!」ババーン!

利根「フフ怖なのじゃ、フフ怖なのじゃ」

利根「悪戯されたくなかったら、お菓子を渡すのじゃ」

利根「む、これは吾輩大好物のチョコパイではないか」ペカー

利根「やった、やった、チョコパイなのじゃ」ピョンピョン

利根「ん?二つもいらないのだ。ひとつは筑摩が食べるとよいぞ」

利根「それでは吾輩は帰るのじゃ、お菓子ありがとうなのじゃ」





利根「くふふ…やったのじゃ。チョコパイが手に入ったぞ」

利根「筑摩の奴、全然吾輩だと気付いておらぬ」カポ

利根「愉快、愉快。まさかお化けの正体が吾輩だとは思うまい」

利根「よし、カボチャはここに仕舞って、筑摩の所に戻るのじゃ」タタター
24:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:16:37.61 ID:8lO924WJo





利根「筑摩よ、どうしたのじゃ」シレッ

利根「何と、カボチャのお化けが現れたとな?」

利根「むむ、吾輩の居ない隙を狙うとは、お化けの奴め」

利根「筑摩は大丈夫だったか?悪戯なぞされてはおらぬか」

利根「ふむ?お菓子を渡したら帰っていったとな」

利根「今度来たらすぐに吾輩を呼ぶといいぞ、お化けなんかやっつけてやるからな」





利根「ん、チョコパイ?こ、これは、その、さっき拾ったのじゃ」

利根「何、没収?拾った物は食べちゃ駄目?」

利根「ま、間違えた!これは貰ったんじゃった、さっき知らない人がくれたのだ!」

利根「何、没収?知らない人から物を貰っては駄目?」

利根「う、あの、その、違うのじゃ、このチョコパイは大丈夫なのだ」

利根「お、思い出した!ホントはお化けが落していったのだ!」

利根「悪そうなお化けだったのだ、きっと悪戯して手に入れたお菓子なのじゃ」

利根「そう!そうなのじゃ!だから食べても大丈夫なのじゃ」





利根「よし、それじゃあチョコパイを食べるかの」

利根「半分あげるから、筑摩も一緒に食べるのじゃ」

利根「知っておるか?これはとっても甘くて美味しいのじゃぞ」

利根「楽しくて美味しくて、今日はとってもいい日じゃの」

利根「まさしくハッピーハロウィンじゃ」ニコーッ

25:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:18:46.92 ID:8lO924WJo


◇◇◇


阿武隈「クッキー焼いてきたよ」

由良「いい匂い」

鬼怒「どうしたのそれ」

阿武隈「駆逐艦の子達が欲しがるから」

鬼怒「それでわざわざ?ホント世話焼きだね」

由良「あー、でもパレード始まるから待ってる時間ないよ」

阿武隈「うん、ちょっと行って渡してくるね」

鬼怒「全員分じゃないよね」

阿武隈「そんなには流石にちょっと……」

鬼怒「それなら間に合いそうだね」

阿武隈「うん、急いで行ってくる」
26:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:19:27.13 ID:8lO924WJo





由良「……帰ってこないね」

鬼怒「あ、愛宕さん」

鬼怒「阿武隈を見ませんでした?」

愛宕「阿武隈ちゃんなら、あそこで揉みくちゃになってたわよ」

鬼怒「えーっ?」
27:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:20:43.42 ID:8lO924WJo





阿武隈「……」チーン



由良「うわー……」

鬼怒「ボロ雑巾みたいだね」

由良「ほら、大丈夫?立てる?」

阿武隈「う、うん……」ヨロヨロ

鬼怒「お菓子持って駆逐艦の所なんて行くからだよ」

阿武隈「全員分はないから早い者勝ちだよ、って言ったら殺到しちゃって……」

由良「そりゃこうなるよね」

鬼怒「芋を持って猿山にダイブするようなもんだよ」

阿武隈「順番に並んでねって言ったのに、言ったのに……」グスグス

鬼怒「でもまあ、喜んでくれたんでしょ?」

阿武隈「うん、多分」

鬼怒「多分て」

阿武隈「しっちゃかめっちゃかで、よく分かんないや……」

鬼怒「どれだけ人気者なのさ……」

28:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:22:09.83 ID:8lO924WJo


【 夕張型 】


陰になり日向になりして姉妹を守る、秋月型のマスコット。
可愛い姿とは裏腹に、大和も認めた強力兵器。
長10cm砲ちゃんと人は呼ぶ。



夕張「改造してくれ?」

夕張「あなた達もハロウィンに行きたいの?」

夕張「よーし、それなら本格的にやるわよー!」


  カーン! カーン! カーン! カンカンカーン!


夕張「完成ー!長10cm砲改二ハロウィン仕様よ!」

夕張「小道具もミニチュアで用意したわ。お祭り楽しんできてねー」
29:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:23:28.37 ID:8lO924WJo





提督「やあ、キミ達もか。今日は本当に賑やかだね。はい、お菓子だよ」

長門「む、何だ?お菓子が欲しいのか。よし、少し待っていろ」

陸奥「あらあら可愛いお化けさん達ね。はい、お菓子をどうぞ」

大和「きゃーっ、可愛い!お菓子?はいはい、たくさんありますよ~」

日向「ほう、なにやら愉快な恰好だな。どれ、餅をやろう」

榛名「お菓子ですね、はいどうぞ。イタズラは駄目ですよ~」
30:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:25:27.76 ID:8lO924WJo


◇◇◇


照月「お祭り楽しそうだね」

長月「みんな華やかな衣装だよ」

秋月「ゴメンね。着任したばかりでお金がないの」

長月「秋月姉さんのせいじゃないよ、贅沢は敵だよ」

照月「貯蓄は大切だもんね、我慢するわ」

長月「でも……お菓子食べたいなぁ……」

照月「衣装がないからパレードは無理でも、お菓子だけ貰えないかな」

秋月「駄目よ。それは駄目」

秋月「みんな楽しんでいるんだから、普段着なんかで行っちゃ駄目」

秋月「お祭りの雰囲気に水を差すわ」

長月「仮装してない人はお菓子を貰えないんだって。赤城さん泣いてた」

照月「いや、赤城さんは大人だからなんじゃ……」

秋月「普段着でお菓子をねだるなんて、それはお祭りじゃなくて物乞いよ」

長月「う、うん……そうだね」


   ドアガチャバターン!!


秋月「長10cm砲ちゃん?どうしたの、その恰好」

長月「うわ、すごいよ!お菓子がこんなに」

照月「こっちも!こっちの袋も全部お菓子よ!」

秋月「あ、あなた達、まさか悪い事を……」ヘナヘナ
31:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:27:13.56 ID:8lO924WJo


照月「トリック・オア・トリート!?」

秋月「夕張さんにお願いした?」

照月「すごーい!キャラメルにチョコレートも!マシュマロまである」

長月「僕知ってる!これポッキーっていうんだよ、TVで観た事あるもん」

秋月「こ、これは……全部あなた達がしてくれたの……?」

秋月「うん……うん、そうね。……ありがとう」

秋月「それじゃあ、みんなで食べましょう」

長月「僕、お茶淹れてくるね」

照月「すごいわ、本当にお祭りね」
32:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 01:28:18.46 ID:8lO924WJo

長月「美味しい、美味しい。甘い」

照月「こんなに美味しいの初めて食べたわ」

秋月「たくさんお仕事頑張って、来年はみんなで行きましょう」

秋月「衣装だって買って、パレードもステージも楽しみましょう」

長月「僕も頑張るよ!」

照月「照月MVP取るから」

秋月「ええ、みんなで頑張りましょう」

秋月「うふふ、そうね、あなた達も一緒にね」ナデナデ

長月「お菓子もう一個食べていいかな」

照月「こっちのビスケットも美味しいわよ」

秋月「ほらほら、二人ともこぼしちゃダメよ」




長月「姉さん、ハロウィン、楽しいね!」



おしまい。
33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/31(月) 01:41:46.84 ID:CjbhlNXU0
長月って書いてるの初月だよね、たぶん
34:◆36RVFTz/1g:2016/10/31(月) 02:02:27.29 ID:8lO924WJo
>>33

…初月です。申し訳ない。
35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/31(月) 02:10:36.95 ID:lB5Fo/OP0
別の家の子が混じっててワロタ
お奨め記事
11月1日 14時00分|艦隊これくしょん0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告