記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:37:37.97 ID:AYYq9tyb0


前作
神谷奈緒「夏の常務も憎めない」

ちょっと長いです


2:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:38:19.34 ID:AYYq9tyb0


―――――プロダクション・会議室―――――


美城常務「ふむ……全員、集まったようだな。ではこれより会議を始める」

宮本フレデリカ「あ! じょーむ! じょーむ!」

常務「どうした」

フレデリカ「もー、じょーむったらあわてんぼうさんだねー? 今日の会議の予定、いつもなら"9時~10時"なのに、今日は"9時~20時"ってなってたよー?」

速水奏「ああ、私も見たわ」

大槻唯「うっかりさーん♪」

塩見周子「ま、そんなこともあるよねー」

鷺沢文香「字も満足に書けないのですか……?」

橘ありす「1人だけ辛辣すぎじゃないですか!?」

3:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:38:47.53 ID:AYYq9tyb0

神谷奈緒(おい、気づいてたか……?)コソコソ

北条加蓮(いや……見てなかったかな……)コソコソ

渋谷凛(どうせ1時間って思いこんでるもんね)コソコソ

奈緒(そもそもなんで朝からこんな会議に出なきゃいけないんだ……)コソコソ


フレデリカ「言いたかったのはそれだけ! じゃ、始めよっか!」

常務「キミ達は一体何を言っているんだ……?」

ありす「え?」

常務「今日のタイムスケジュールに変更はない。9時~20時の予定だ」

奈緒「はぁ!?」

唯「ええ!?」

奏「へぇ……」

周子「へぇ……」

フレデリカ「へぇ……」キリッ

ありす「フレデリカさんは"へぇ……"ってキャラじゃないですよね」

文香「ふえぇ……」

加蓮「それはどうリアクションすればいいの」

4:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:39:15.77 ID:AYYq9tyb0

凛「え? ほ、本当に会議がそんなに長引くの?」

常務「いや、流石にこの部屋に閉じこもるのは10時間が限界だろう。11時間はもたない」

奈緒(基準どこだよ、1時間でもキツイからな)

常務「今日、キミたちにしてもらうのはこれだ」


「常務と秋の魅力満喫☆わくわくバスツアー!」バーン


みんな「!?」

5:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:39:46.37 ID:AYYq9tyb0

常務「そうだ、これが大人のタイトル回収だ」

ありす「何の話ですか」

周子「でもでも、急にどうしたんー?」

常務「思えば、キミ達には迷惑ばかりかけてきたと思ってな」

フレデリカ「そんなことないよー?」

文香「ええ、いつも楽しませていただいています……」

奈緒・加蓮・凛・ありす「……」

奏「そう思えていない役割も存在する……ということね」

唯「みんなでおでかけ!? ちょー楽しそう!」

奏「ここはお言葉に甘えておきましょう? それで、どこへ行くのかしら? ロンドン?マドリード?メルボルン?テヘラン?バンクーバー?テキサス?」

加蓮「バスって知ってる?」

奏「台北?香港?釜山?群馬?群馬?群馬?群馬?」

奈緒「怖えよ! 群馬の何が奏の琴線に触れたんだよ!?」

6:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:40:19.99 ID:AYYq9tyb0

常務「というわけで、これからバスツアーに出発する」

凛「こ、これからって……!」

ありす「諦めましょう……、決めたら止まらない人です……」

奈緒「それは上司として0点じゃないのか」

フレデリカ「じゃ、早速いこーよ!」

常務「馬鹿野郎!!!!!」

奈緒「なぜここでキレたんだ!?」

フレデリカ「……」シュン……

加蓮「ほら凹んじゃった!」

フレデリカ「ふっかーつ!」

凛「どんなメンタルしてるの?」

常務「うるさい」

フレデリカ「……」シュン……

奈緒「遊ぶな!!!」

7:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:40:46.40 ID:AYYq9tyb0

常務「旅の必需品と言えばなんだ? 北条」

加蓮「え? わ、私?」

常務「そうだな、旅のしおりだ」

加蓮「聞く気がないなら質問しないでよ!」

常務「というわけで、今回の旅のためにしおりを作ってきた。目を通してくれ」

ドーン!!!!!!!!!(300ページ)

奈緒「殺せんせーかよ!!!」

常務「伝わりにくい。35点」

奈緒「うわ腹立つ!!!」

8:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:41:25.67 ID:AYYq9tyb0

常務「まあ、9割が私のポエムだから、その部分は後で読んでおいてくれればいい」

奈緒「絶対に読まないからな」

文香「暖炉にくべる燃えやすいものを探していました……」

ありす「よく本人目の前で言えますね!?」

唯「ちなみに自信作はどれー?」ペラペラ

凛(読むんだ……)

常務「192ページ目の作品は森久保先生に褒められた傑作だ」

奈緒「乃々を巻き込むのはやめてあげろ!」

9:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:41:57.46 ID:AYYq9tyb0

常務「では、最初のページを開いてくれ」

ありす「……」ペラ……

常務「バスの座席表だ」


~バス~

常 ×
唯 奏
フ 周
橘 文
奈凛加


奏「なるほど……、ツッコミ力の高いメンバーを後ろの見渡せる位置にまとめて、効率を上げる作戦ね」

奈緒「何の効率が上がるんだよ」

常務「ちなみに進行方向は右だ」

奈緒「右ぃ!?!?!?!?」


~イメージ図~

三 常 ×
三 唯 奏
三 フ 周
三 橘 文
三 奈凛加
三 →→→
  ブーン


加蓮「気持ち悪っ!!!」

凛「どんな形のバスなの!?」

奏「それは困るわ」

奈緒「奏は急に冷静になるなよ」

10:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:42:42.15 ID:AYYq9tyb0

常務「ジョークだ」ハハハ

ありす「的確に怒りのツボを突いてきますね」

フレデリカ「まあまあ! ありすちゃんはフレちゃんの後ろだよ! おしゃべりしようね!」

文香「いえ、ありすちゃんは隣の私と語り合うのです……」

フレデリカ「ふーん……?」

文香「ふふ……」

ありす「ち、ちょっと!」

周子「盛り上がってまいりました!」

ありす「煽らない!!!」

常務「まあ私がその場所なら神谷と話し続けるが」

フレデリカ「……」ギロッ

文香「……」ギロッ

奈緒「何であたしが睨まれなきゃいけないんだ!?」

11:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:43:24.20 ID:AYYq9tyb0

常務「ちなみに、当初はもう少し大きいバスを借りる予定だった。その時の案がこれだ」



常 ×
唯 奏
フ 周
橘 文
奈 加
代々木


凛「渋谷だよ!!!!!」

常務「原点回帰ということだな」

凛「そもそも"渋谷凛"の3文字でいいじゃん!!!」

奈緒(それ以前に1人で3席ってのは何なんだよ)

加蓮(凛、ずっと横になって寝てるのかな)


12:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:43:56.99 ID:AYYq9tyb0

常務「さて、ここからはツアーの内容に触れていくことにする」

奈緒「もう好きにしてくれ……」

常務「唐突だが、秋と言えば?」

唯「唯はね! スポーツ!」

フレデリカ「フレちゃんは食欲~!」

文香「やはり読書でしょうか……」

常務「ふむ、悪くない。だが、それだけではないだろう」

ありす「……?」

常務「芸術の 秋」

奏「まあ、よく聞くわね」

常務「棒術の 亜季」

加蓮「いや上手そうだけどね? 今は関係なくない?」

常務「早実の 敵」

奈緒「やっぱり慶応か? 慶応義塾のことなのか?」

常務「前述の カニ」

凛「いつ言ってた? いつカニについて触れてた?」

常務「カルーセル 麻紀」

ありす「もはや個人名ですけど!?」

13:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:45:19.21 ID:AYYq9tyb0

常務「まあ、そんな感じのツアーとなる」

奈緒「わっかんねぇ……!!!」

常務「何か質問はあるか」

フレデリカ「はーい!」

常務「なんだ」

フレデリカ「バナナはおやつに入りますか!?」

奈緒(それ前も聞いてただろ!?)

常務「良い質問だ」

ありす(久々に出ましたね)

常務「何度も言うが、飲食物の持ち込みは禁止だ」

ありす「初耳中の初耳ですけど!?」

奈緒「拷問かよ!?」

14:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:46:04.16 ID:AYYq9tyb0

唯「えー! アメちゃんもダメなのー?」

周子「八つ橋もー?」

フレデリカ「サムゲタンも!?」

ありす「たとえOKでも持っていけないでしょうサムゲタン」

常務「その代わり、1回250ジュエルで飲食物ガチャが引ける」

加蓮(単位に既視感!!!)

15:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:46:30.30 ID:AYYq9tyb0

常務「初回は60ジュエルで引けるぞ」

凛(既視感が増した!!)

常務「10連ガチャでは爽健〇茶が確定だ」

奈緒「普通に買わせてくれよ頼むから!」

常務「さらに今なら! 期間限定SSR"橘ありすの飲みかけアクエリ〇ス"が当たる」

ありす「ちょっと!」

フレ・文香・周子・奏・唯「ガチャガチャガチャガチャ」

ありす「ちょっと!!!」

16:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:47:08.99 ID:AYYq9tyb0

常務「限定商品はこれだけではない」

加蓮(普通に商品って言うのやめた方が)

常務「なんと"神谷奈緒のつけ眉毛"も当たる」

奈緒「つけまつ毛みたいに言うな!!!」

凛(そもそも飲食物ですらないし)

フレ・文香・周子・奏・唯「……」シーン……

奈緒「これはこれで腹立つな!!!」

ありす「ま、回しましょうか……?」

奈緒「優しさが痛い」

17:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:47:46.05 ID:AYYq9tyb0

常務「では、説明は以上だ。早速出発しよう」

唯「はーい!」

フレデリカ「いえーい!」

奈緒(行くしかないのか……)

奏(諦めなさい……)

奈緒(普通に思考に入ってくるな!)

常務「……」

加蓮「?」

常務「……」

凛「……?」

常務「……よし、OKだ」

奈緒「編集点作ったか今!? これ撮ってるのか!?」キョロキョロ

18:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:48:17.76 ID:AYYq9tyb0

~駐車場~


常務「えー……、こほん」

常務「ニューヨークへ行きたいか?」

加蓮「そういうウルトラなバスツアーじゃないでしょ」

常務「早速、このバスに乗って……と、言いたいところだが……」

唯「?」

フレデリカ「どーしたの?」

常務「いや、最近は物騒な事件が多いからな、この金属探知機のゲートを通ってもらいたい」バーン

奈緒「うわ! 空港とかでよく見るやつだ!」

ありす「そんなに信頼度ないんですか私たち」

常務「まあ、安全のためだ。従ってくれ……、死にたくないならな!!!」クワッ

凛「怖っ」

19:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:48:51.51 ID:AYYq9tyb0

常務「ではまず大槻、通ってくれ」

唯「はーい!」トコトコ


ぴぃぃ~~~~にゃぁぁぁ~~~~~


常務「む、警報音が鳴ったな」

奈緒「警報音キモっ!」

20:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:49:18.91 ID:AYYq9tyb0

常務「大槻はそのブレスレットだな、それ以外は平気そうだから、乗ってくれ」

唯「おっけー!」トコトコ

ありす「なんで音に関してはスルーなんですか」

常務「次、塩見」

周子「へーい」トコトコ


ぴぃぃ~~~~にゃぁぁぁ~~~~~


周子「ありゃ、鳴っちゃった」

常務「アクセサリーはつけていないようだが……」

奏「何かポケットに入ってたりするの?」

周子「あー、これかな?」ガサゴソ

ありす「?」

周子「あずきバー」

凛「確かに硬いけど!!!」

21:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:50:03.12 ID:AYYq9tyb0

常務「何、あずきバー!? これは立派な凶器だ、没収とする」

周子「え~!?」

ありす「いや、常務、さすがにそれは……」

常務「橘が言うなら仕方ないな、むやみに人を傷つけるなよ」

周子「わーい、ありすちゃん、ありがとねー」トコトコ

ありす「え? え???」

奈緒「もうついて行けてないもんな」

加蓮「誰があんなやり取りについて行けるのって話だけどね」


22:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:50:43.17 ID:AYYq9tyb0

奏「次は私かしら?」

常務「ああ、通ってくれ」

奏「恐らく平気だと思うけれど」トコトコ


ぴにゃ! ぴにゃ! ぴにゃ!


凛(さっきと違くない?)

奈緒(何種類ボイス録ったんだよ)

常務「おめでとう、3人目のお客様だ」

加蓮「その音だったの!?」

ありす「というか記念の刻みが小さすぎるのでは!?」

奏「イヨッシャ!!!!」

奈緒「お前誰だ!?」

常務「記念にこれをあげよう」

奏「あら、何かしら」

常務「あずきバーだ」

奈緒「あずきバーはもういいよ!!!」

23:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:51:21.69 ID:AYYq9tyb0

~一方その頃・車内~


周子「やっほー」トコトコ

唯「おー! しゅーこちゃん! ……あれ? アイス?」

周子「そー、せっかく出したから食べようかと思ったんだけど、これが硬くってさ」ペロペロ

唯「へー! 美味しそー!」

周子「1口食べる?」

唯「え!? いいの!?」

周子「ま、1口食べれるものなら、だけど」

唯「ありがとー!」ガリガリガリガリ!!!!!

周子「Oh……」

24:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:51:48.37 ID:AYYq9tyb0

~車外~


常務「次だ、宮本」

フレデリカ「あいあいさー!」トコトコ


ぴぃぃ~~~~にゃぁぁぁ~~~~~


常務「む」

フレデリカ「あー、鳴っちゃったかー! フレちゃんの髪の毛が金色だからかなー??? それともキラキラしたこの瞳のせいかなー??? なんでかなー!!!」

常務「誤作動のようだな、乗っていいぞ」

フレデリカ「……あ、はい」トボトボ……

加蓮「仲悪いの?」

25:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:52:32.48 ID:AYYq9tyb0

常務「鷺沢」

文香「はい……」トコトコ


ぴぃぃ~~~~にゃぁぁぁ~~~~~


奈緒「もう鳴るのが普通に思えてきたな」

常務「見た感じではアクセサリー系ではないようだ」

文香「陰キャラですから……」

ありす「なんて返せばいいんですか」

凛「そのカバンじゃないの?」

常務「ふむ、中身は?」

文香「おかしなものは何も……。せいぜいネオジオポケットとセガサターンとワンダースワンとドリームキャストしか」

奈緒「なぜそのチョイスに!?」

文香「皆で楽しめればと……」

ありす「全部初めて見ましたよ……」

常務「今どきこんなもので喜ぶのは安部菜々くらいのものだ」

凛「個人名を出す必要はあった!?」

26:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:52:59.61 ID:AYYq9tyb0

常務「では橘、通ってくれ」

ありす「はいはい……」トコトコ


ぴぃぃ~~~~にゃぁぁぁ~~~~~


ありす「あ、あれ? 心当たりがないんですが……」

加蓮「荷物も軽めだし……」

常務「いや、確かに反応している」

ありす「え? な、なににですか?」

常務「キミのその、どんな時にも挫けず、諦めない、""鋼""の意志に……な」ドヤァ……

ありす「大丈夫なら乗りますね」トコトコ

凛「あ、そこ段差あるから気をつけてね」

ありす「ありがとうございます」トコトコ

奈緒「すぐ乗るから待っててな」

ありす「はい」トコトコ

常務「次、渋谷」

加蓮「よっぽど鋼メンタルでしょ」

27:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:53:25.27 ID:AYYq9tyb0

凛「……」トコトコ


シーン……


凛「よかった……」

常務「面白味の欠片もない(問題ないな、乗ってくれ)」

凛「隠せ!!!」


常務「北条」

加蓮「はいはい」トコトコ


シーン……


加蓮「セーフでしょ?」

常務「その髪はチョココロネではなかったのか」

加蓮「仮にそうでもチョココロネは金属探知機には引っかからないから」トコトコ

28:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:53:57.92 ID:AYYq9tyb0

常務「さて……」

奈緒「……」

常務「今の気持ちは?」

奈緒「"早くしてくれ"一択だよ!」

常務「ふ……、そこまで楽しみにしてくれていたとは」

奈緒「うるさいな! 通るぞ!」トコトコ


ぴぃぃ~~~~にゃぁぁぁ~~~~~


奈緒「うわ鳴った!」

常務「さて……」

奈緒「わかってるんだよ! どうせ"その眉毛が……"とか言うんだろ!?」

常務「いや、また故障だな、乗って構わない」

奈緒「……」

常務「どうした? 先に乗るぞ」テクテク

奈緒「なんなんだよもー!!!!!」バンバン

29:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:54:30.38 ID:AYYq9tyb0

~一方その頃・車内~


凛「奈緒、遅いな……」

奏「またなにか、いじられてるのかしら?」

周子「奏ちゃんは冷静だよねー」

奏「あら、そんなことないわ。そうあろうと努めてるだけ……」

奏「そう、このあずきバーのように、冷たくあろうと努めて……」

奏「……硬っ! えっ、このあずきバー……えっ硬い……なにこれ、え、ちょっと、なにこれ硬い……硬い!!!」

周子「前言撤回かなー」

30:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:55:06.63 ID:AYYq9tyb0

~~~~~


常務「さて、全員乗ったようだな、これからの予定だが、まずは昼食だ」

奈緒「ここまでに時間かけすぎて、もういい時間だもんな」

加蓮「無駄なやり取りが多すぎるのよ」

常務「私の行きつけの料亭に向かう。秋の味覚を堪能しよう」

フレデリカ「おー!」

ありす「それは楽しみですね」

常務「大丈夫だ、味は私が保証しよう」

加蓮「その発言で一抹の不安が芽生えたけどね」

31:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:55:38.11 ID:AYYq9tyb0

常務「その後、果物狩りや紅葉狩りも予定している。楽しみにしてくれ」

凛(わりとプランはまとも……)

唯「あ! じょーむ!」

常務「……」

唯「あれ? おーい! じょーむ!」

常務「常務ではない……」

奈緒(え?)

常務「バスガイドの美城だ」ドヤァ

ありす「めんどくさっ!」

常務「(ガイドが)有能すぎるのも困りものだな……」

奈緒「とうとうただの自画自賛じゃねーか!!!」

文香「〇スガイド……」

加蓮「何でそこ伏せたの」

32:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:56:17.30 ID:AYYq9tyb0

~移動開始~


バスガイド常務「アテンションプリーズ!!!」

奈緒「バスガイド知らないだろ!?」

常務「まず、シートベルトは忘れずにつけてくれ……、死にたくないならな!!!」クワッ

凛「ちょくちょく脅すのは何?」

常務「さて、右を見てくれ」

周子「?」サッ

常務「川だ」

加蓮(下手か!)

常務「左を見てくれ」

唯「?」サッ

常務「山だ」

凛(学んでよ!)

常務「前を見てくれ」

ありす「今度はなんですか……」

常務「私だ」ドヤァ……

奈緒「やめちまえ!!!!!」

33:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:57:08.78 ID:AYYq9tyb0

常務「しばらくは移動時間となる。各々、楽しい時間を過ごしてくれ」

奈緒(ようやく休める……)

フレデリカ「しりとりー!!!!!」

文香「理論」

加蓮「始まったと思ったら終わった!!!」

フレデリカ「……」シュン……

奈緒「厄日かよ」

ありす「ふ、フレデリカさん、アメなめますか……?」

フレデリカ「!」パァァァァ

フレデリカ「ありがと!!!」

文香「……」グヌヌ

凛「いや、もとはといえば原因は文香だから」

34:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:58:00.26 ID:AYYq9tyb0

常務「北条の体調は大丈夫か? 調子が悪くなったら言ってくれ」

加蓮「ありがたいけど平気かな」

常務「頭痛、酔い、腹痛、生理、発熱、なんでも言ってくれ。薬は裏ルートで用意してある」

加蓮「表ルートで手に入れてよ!」

奈緒「薬とか一番裏通しちゃダメなやつだろ!」

常務「それでも辛い時は……」パチン

フレデリカ「はーい! ドクターフレデリカの参上だよ!」

文香「惨状の間違いでは……?」

周子「前科何犯?」

奏「自首するなら付き合うわ」

ありす「ツッコミが辛辣すぎませんか!?」

フレデリカ「はーい! 服役囚フレデリカだよ……」

奈緒「ジョブチェンジが劇的だな!?」

35:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:58:42.22 ID:AYYq9tyb0

~しばらく経って~


常務「そろそろ目的地が近づいてきたようだ」

奈緒「ようやくか……」

常務「皆、窓の外を見てほしい」

ありす「!」

加蓮「わぁ……」

凛「綺麗な紅葉……」

周子「この赤と黄色、京都を思い出すねぇ」ウンウン

奏「都心から少し走っただけでも、こんなにキレイな紅葉が見れるのね」

常務「これから昼食だ、期待してくれ」

常務「……」

加蓮「?」

常務「……」

凛「……?」

常務「……よし、OKだ」

奈緒「また編集点!? やっぱりこれ撮ってるのか!?」キョロキョロ

36:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 15:59:35.21 ID:AYYq9tyb0

~料亭~


常務「皆、席には着いたな」

唯・フレ「はーい!」

常務「ここは、天ぷらが非常に美味だ。"山菜と川魚の天ぷら御膳"がおすすめのようだな」

唯「じゃあ唯はそれで!」

フレデリカ「フレちゃんも!」

奏「私もそれにしておくわ」

周子「あたしもー」

ありす「私もそれでいいです」

凛「私もそれにしておこうかな。奈緒と加蓮もいいよね?」

奈緒「ああ」

加蓮「うん」

文香「カレーライスで」

奈緒「空気読め!!!」

ありす「フレデリカさんですら空気読んでたのに!」

フレデリカ(ですらー?)


37:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:00:03.30 ID:AYYq9tyb0

~全員同じやつにしました~


常務「出来上がったようだな」

唯「もーお腹ペコペコだよー!」

ありす(わ……、美味しそう……)キラキラ

凛(ありすがかわいい……)

奏「じゃあ、いただこうかしら」

常務「待て」

奈緒「?」

常務「ただ食べるだけではつまらないだろう」

加蓮(いや、面白さ求めてないし)

常務「そこでキミ達には、食レポをしてもらいたい」

ありす「ええ……!?」

常務「ちょうど9品目ある。私が食べるモノと人を指定するから、何か感想を言ってくれ」

凛(め、めんどくさい……)

常務「くれぐれも『おー↓いー↑しー↑いぃぃー!!!↑↑↑』のような感想にならないように」

ありす(常務が言うとなかなかキツイというか)

文香「ご乱心ですか」

ありす「たまには我慢しません?」

38:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:00:46.49 ID:AYYq9tyb0

常務「ではまず、ヤマメの天ぷらを、宮本」

フレデリカ「はいはーい!」

フレデリカ「……」モグモグ

フレデリカ「!」

フレデリカ「素晴らしいですね。サクサクの衣はもちろんですが、それによってヤマメの身の柔らかさが引き立っている。"素材の味を活かす"という文言は、ともすれば単に淡白な味を指すことになりかねませんが、コレは明確に違う。恐らく、衣をつける前に塩を揉みこんで下味をつけているのでしょう。さらに衣からも柑橘系の香り……。ヤマメを活かすために、最大限の技術を集めている。感服いたしました」


りんなおかれんありす「!?!?!?」

39:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:01:13.06 ID:AYYq9tyb0

常務「悪くないな」

奈緒「あれでその評価!?」

加蓮「ハードルどうなってるの!?」

凛(ちょっと見直したけど)

常務「次、タラの芽の天ぷらを、橘」

ありす「え、ええ!?」

常務「頼んだ」

ありす「ええ……、し、食レポ……」

奏「大丈夫よ、食べて、感じた、そのままを言えばいいの」

唯「うんうん! なんでもいいんだよ!」

周子「がんばー」

奈緒「が、頑張れ!」

凛(この集まり、基本的にありすに優しいよね)

40:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:01:47.82 ID:AYYq9tyb0

ありす「……」ドキドキ

ありす「……」モグ……

みんな「……」ドキドキ

ありす「!」

ありす「お、おいしい……!」パァァァァ

ありす「あ、あの、山菜なのにジューシーというか、しっかりと噛みごたえがあって」

ありす「少し苦みもあるんですけど、風味が口いっぱいに広がって……!」

ありす「えっと、えっと、と、とっても美味しいですっ!」

ありす「ど、どうでしょうか……」


へんじがない ただのしかばねのようだ(死因 ありす かわいい)


ありす「みなさん!?!?!?」

41:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:02:21.22 ID:AYYq9tyb0

常務「死ぬかと思ったな」

加蓮「今回は同意」

凛「わかる」

奈緒「な」

周子「わかるけど、トラプリが語彙を失ったらマズいから帰ってきて?」

奏「会話が回らなくなるわ」

奈緒「そっちで回せよ」

奏「まって奈緒、怖い」

常務「では次、ゼンマイの天ぷらを、塩見」

周子「へーい」モグモグ

周子「おー、確かに、山菜のわりにしっかりしてるね」

周子「京都の天ぷらにも負けないんじゃないかな? 衣を薄めにして、"食べている"感を強めてるのもいい感じ」

周子「きっと、お酒があれば飲みたいような味かもね。かるーく塩を付けた方が、アタシ、"塩"見シューコちゃん的にはおすすめかな」ウィンク

奈緒「おお……」

凛「流石、そつなくこなすね……」

加蓮(私たちとありす以外で一番まともなの、案外周子なのかも)

奏(私じゃなくて!?)

加蓮(そういうとこだからね)

42:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:02:48.64 ID:AYYq9tyb0

常務「次はマイタケの天ぷらだな、大槻」

唯「はい!」モグモグ

唯「わ! 美味しい!」

唯「最初はサックサクで! でもキノコはちゃんとキノコー! って感じでいい感じ!」

唯「しょーこちゃんにも食べさせてあげたい! ちょーおいしいよ!」

凛(唯らしいね)

奈緒(伝わればそれが1番だもんな)

唯「ひゃっはー!」

ありす「それいります?」

43:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:03:30.08 ID:AYYq9tyb0

常務「メイン食材はここまでだな、次、渋谷には茶碗蒸しを食べてもらう」

凛「茶碗蒸し……」モグ

凛「出汁が利いてておいしい……。タケノコとか銀杏も秋の味覚って感じでいいね。わりと食べごたえもあるし、美味しいよ」

常務「普通だな」

凛「いいでしょ!?」

常務「鷺沢、味噌汁」

文香「うまい」ズズッ

常務「なるほど」

凛「レポでもなんでもないじゃん!!!」

44:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:04:03.87 ID:AYYq9tyb0

常務「速水、漬物を食べてくれ」

奏「ええ、わかったわ」

奏「……」モグ

奏「あら、思ったより味が強くくるわね。ご飯が進みそう」ポリポリポリポリポリポリポリポリ

ありす(やかましいですね)

奏「漬物といえども、立派な料理だということを思い出させてくれる……」ポリポリポリポリポリポリポリポリ

凛(こんなにポリポリ音が似合わないのは奏くらいかも)

奏「素晴らしいポリポリポリポリ腕前ね!ポリポリポリポリ」ポリポリポリポリ

奈緒「うるせぇ!!!!!」

45:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:04:31.85 ID:AYYq9tyb0

常務「炊き込みご飯を北条」

加蓮「はいはい……」モグモグ

加蓮「ん、ご飯にちゃんと味が乗ってるね、これだけでも十分進みそう」

加蓮「タケノコ、ニンジン、鶏肉もしっかり印象に残るし、彩りもきれい……」

加蓮「うん、美味しい」

加蓮「……病院の時のご飯と比べたら、本当に……」

加蓮「こうやって、みんなで一緒にっていう雰囲気も、ね」

加蓮「って、しんみりさせちゃったかな? ごめんごめん」


みんな「……」グスッ


加蓮「ええ!? そ、そんなに!?」

奈緒「がれえぇぇぇん!!!!」ワー

加蓮「ち、ちょっと! 奈緒!」

常務「目にゴミが入っただけだ」ツー……

奏「誰も……聞いてないわよ……」

46:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:05:10.91 ID:AYYq9tyb0

~数分後~


常務「すまない、取り乱してしまったな」

唯「だいじょぶだいじょぶ!」

ありす「今回は、しょうがないと思います」

加蓮「ごめんって」

常務「最後は神谷だな」

奈緒「あー、忘れてた……あれ? もう一通り全部食べたんじゃないのか?」

常務「水だ」

奈緒「水ぅ!?」

47:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:05:48.03 ID:AYYq9tyb0

常務「ああ、飲んでくれ」

奈緒「はぁ!?」

常務「さあ」

奈緒「わ、わかったよ!」ゴクゴク

常務「どうだ」

奈緒「水だよ!!!!!」

常務「以上、プロジェクト食おーね・食レポのコーナーでした」

凛「そのタイトル初耳なんだけど!?」

奈緒「あたしをオチに使うな!!!!!」

48:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:06:22.21 ID:AYYq9tyb0

~食後~


常務「さて、素晴らしい食事だったな」

フレデリカ「美味しかったー!」

ありす「まあ、料理は素晴らしかったですね」

奈緒(あたしも食レポしたかった……)

唯「次は何をするのー?」

常務「ああ、この料亭は果樹園に隣接していて、普段は食後のデザートにその果物が出される」

周子「おおー」

常務「だが今回は、果物狩りを兼ねて、自分でデザートを獲ってもらう」

凛「ふうん、楽しそうだね」

奏「どんな果物が獲れるのかしら?」

常務「バナナ、パパイヤ、マンゴー、パイナップル」

奈緒「亜熱帯かよ!?」

ありす「この緯度で!?」

49:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:06:59.52 ID:AYYq9tyb0

常務「もちろん冗談で、ブドウ、リンゴ、ナシ、モモの4エリアに分かれている」

文香「馬鹿みたいに大きいのですね……」

ありす「一言余計なんですよね」

常務「各地に水道や机があり、その場で食べることもできる。もちろん、みんなで持ち寄って1か所で食べるのも良いだろう」

常務「制限時間は私が飽きるまでだ」

奈緒「わかんねぇよ!!!」

常務「では……、散!!!」

ありす「始まり方が無駄にかっこいい」

50:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:07:25.78 ID:AYYq9tyb0

奈緒「……だってさ、どうする?」

加蓮「まあ、せっかくだから色々なの食べたいよね」

凛「じゃあ、分かれて、後で持ち寄ろうか」

加蓮「そうしよっか」

奈緒「そうだな」

凛「じゃあ、2年後に!」

奈緒「遠いよ」

加蓮「シャボンディ諸島で!」

奈緒「どこだよ」

51:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:08:10.06 ID:AYYq9tyb0

~リンゴエリア~


ありす(さて、とりあえずはリンゴでも……)

ありす(イチゴがないのは残念ですが、シーズンもズレてますしね……)

ありす(あ、あのリンゴ、美味しそう……)

ありす「えいっ」ピョン スカッ

ありす「あ、あれ? と、届かない……」

ありす「えいっ! えいっ!」ピョンピョン

ありす「……諦めましょう」シュン……

フレデリカ「あ~りすちゃ~ん!」

ありす「げ、……何しに来たんですか」

フレデリカ「ふふふ……、あのリンゴが欲しいのかな? 取ってしんぜよー!」

文香「いえ、私にお任せを、ありすちゃん」

ありす「ふ、文香さん!?」

フレデリカ「わ! 出たな! 鷺沢!」

文香「宮本は引っ込んでいたらどうですか?」

ありす「苗字で呼ぶ距離感でしたっけ!?」


52:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:08:46.20 ID:AYYq9tyb0

フレデリカ「あのリンゴだよね!?」

ありす「そ。そうですけど」

文香「私でも手が届きそうです……」バッ

フレデリカ「フレちゃんが取るんだよー!」バッ

ピトッ……

フレデリカ「あっ……」
文香「あっ……」

フレデリカ「……///」

文香「……///」

フレデリカ「フミカ……ちゃん……///」

文香「フレデリカ……さん……///」

ありす「なんでそこでフラグが立つんですか!?!?!?」

53:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:09:11.18 ID:AYYq9tyb0

フレデリカ「仲良くが一番だよねー」シャクシャク

文香「仰る通りです……」シャクシャク

ありす「ええ……」

フレデリカ「はい、あーん」

ありす「え、ええ!?」

フレデリカ「ほらほら~!」

ありす「あ、あーん……」パクッ

ありす「///」シャクシャク

文香「……」

文香「……」

文香「……」

ありす「ちょ、文香さん! 無言でリンゴを近づけないで!」

54:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:09:39.63 ID:AYYq9tyb0


~ブドウエリア~


凛(さて、適当に取って、合流しなきゃね)

凛「どれがいいかな……」

唯「あれとかおっきくって美味しそうだよ!」

凛「あ、ホントだ……。って、唯!?」

唯「はろはろ~!」

凛「えっと、唯もブドウ?」

唯「ううん! 適当に歩いてたらここについちゃった!」

凛「ふふ……、唯らしいね」

唯「……」

凛「……? どうかした?」

唯「凛ちゃん、疲れてない?」

凛「えっ……?」

唯「っていうか、トラプリ3人! いっつも大きな声出してるから……」

凛「あー、……大丈夫だよ、ちょっと大変だけど、ちゃんと楽しいからさ」

唯「そっか! ならよかった! あ! アメちゃんあげるよ! 他の2人にもあげといて!」ハイ

凛「ん、悪いね……、何味?」

唯「ジンギスカン!」

凛「ごめんいらない」

55:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:10:15.84 ID:AYYq9tyb0

唯「それにしても、じょーむって面白いよねー!」モグモグ

凛(ブドウ、もう食べてる……)

唯「はい! 凛ちゃんもどーぞ!」

凛「あ、ありがと……」モグモグ

凛(おいしい……)

唯「何の話だっけ?」

凛「常務でしょ?」

唯「そうそう!」モグモグ

凛「いや、そりゃ端からみれば愉快極まりないけどさ、実際に関わるとなると……」

唯「凛ちゃんも、将来はあんな感じのくーるびゅーてぃーになるのかな?」

凛「冗談じゃない!!!!!」

唯「わ! ビックリした!!!」

56:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:10:55.75 ID:AYYq9tyb0

唯「って、あ!!!」

凛「ど、どうしたの?」

唯「ビックリしてブドウのタネ、飲んじゃった!」

凛「え? ああ、ごめんごめん」

唯「ブドウになっちゃう!!!」

凛「ならないよ!?」

唯「ならないの!?」

凛「そんなに驚くかな!?」

唯「じゃあガムを飲んでもガムにならないの!?」

凛「タネですらないじゃん! ガムになるって何!?」

唯「え!? ガム知らないの!?」

凛「ガムは知ってるよ!!!」

唯「え!? ベム知らないの!?」

凛「妖怪人間は関係ないでしょ!?」

唯「ベムに謝ってよ!!!」プンプン

凛「唯の怒りのツボはどこなの!?!?」

57:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:11:22.34 ID:AYYq9tyb0


~ナシエリア~


加蓮(さて、ナシだけど……)

加蓮(ま、どれを取っても一緒でしょ)

加蓮「目についたやつを取ろっと」

周子「と、思うじゃん?」ニュッ

加蓮「うわ! お、脅かさないでよ……」

周子「あ! 平気!? 心臓動いてる!?」

加蓮「そこまで弱くないし!」

周子「よかったー、この歳で人殺しはちょっとアウトだよね」

加蓮「人殺しはどの歳でもアウトだからね」

58:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:11:50.20 ID:AYYq9tyb0

周子「加蓮ちゃん、美味しいナシの見分け方、教えてほしい?」

加蓮「え、そんなのあるの?」

周子「ないけど?」

加蓮「……」イラッ

周子「あ! 平気!? 血圧上がりすぎてない!?」

加蓮「その心配するふりして煽るのやめてよ!」

周子「フンフンフフーン」

加蓮「味方の持ちネタパクってるし」

周子「シオデリカ~」

加蓮「その場合塩見シオデリカだけどいいの? 塩分2倍よ?」

周子「うわめっちゃ面白い!」

加蓮「うるさいな!」

59:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:12:18.45 ID:AYYq9tyb0

周子「さて、本題に入ろっか」

加蓮「え……?(き、急に真剣な表情に……)」

周子「ここどこ?」

加蓮「迷子だったの!?」

周子「あずきバーで加蓮ちゃんに殴られたとこまでは覚えてるんだけど」

加蓮「捏造しないでくれる!?」

周子「あんまり大きな声を出さない方がいいよ?」

加蓮「誰のせいだと思ってるの!」

周子「あたしのせいだと思う。ごめんなさい」

加蓮「反省早っ」

周子「常務のことは嫌いになっても、シューコちゃんのCDは買ってね☆」

加蓮「身勝手極まりない!!!」

周子「でも、調子悪くなったら言わなきゃダメだよ?」

加蓮(……掴めないなあ)

60:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:13:02.57 ID:AYYq9tyb0


~モモエリア~


奈緒「いよっし! 取るぞ!」

奈緒「どういうのがいいとかはわからないけど、とりあえず大きいやつを……」

奏「……あら? ようこそ、このモモエリアに人が訪れるのは何年ぶりかしら」

奈緒「うわあ、めんどくさそうなのに絡まれた……」

奏「そんなこと言われると傷つくわ……。私だってたまには自由に振る舞ってみたいのよ」

奈緒「たまには?」

奏「あのメンバーに囲まれていると、どうしても個性が消えてしまいがちになるのよね」

奈緒「むしろどこにいる時よりも奏は輝いて見えるけどな?」

奏「あら、そんなに褒められると照れるわ」

奈緒「皮肉だよ」

61:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:13:44.45 ID:AYYq9tyb0

奏「モモと言えば、こんな逸話を知ってる?」

奈緒「逸話?」

奏「ええ、哀しき魔女の話……」

奈緒「知らないけど……、有名なのか?」

奏「これは、遥か昔の、遠い国のお話なの」

奈緒「あ、始まるんだ」

奏「ある国の、それはそれは美しい女性が、モモを育てていたの」

奏「でも、戦火によって、自慢のモモ園は壊滅状態……」

奏「自らも傷を負い、最後に残ったモモの木の下で、最後のモモを食べたの」

奏「そう、こんな風にね」カプリ

奏「すると……」

奈緒「す、すると……?」

奏「なんと、その女性が……え、まって、美味しっ! このモモ、美味しい……」モグモグ

奏「えっ、ちょっとまって、なにこれ、美味し……えっ」モグモグ

奏「これやば……、美味し……、え、すご……、美味しい!!!」モグモグ

奏「ちょっと! 奈緒も食べてみて!」

奈緒「逸話は!?!?!?」

62:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:14:15.01 ID:AYYq9tyb0

奏「逸話? ああ、なんやかんやで、なんかこの世を支配するだけよ」

奈緒「そこを話せよ!!! 気になるじゃんか!!!」

奏「そんなことよりモモよ」

奈緒「話し始めたのは奏だろ!?」

奏「はいはい、どうぞどうぞ」

奈緒「自由かよ……」モグ……

奈緒「……うわ! 美味いな!?」

奏「ね?」ドヤァ

奈緒「そのドヤ顔は誰の目線に立てば出てくるんだ!?」

63:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:14:53.90 ID:AYYq9tyb0

~果物狩り終了・バス車内~


常務「皆、果物狩りは楽しめたか?」モグモグ

奈緒「なんでリンゴ食いながら話してるんだよ」

フレデリカ「楽しかったー!」

唯「うんうん!」

文香「常務がいなかったからですね……」

ありす「敵意が明確すぎる」

64:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:15:23.82 ID:AYYq9tyb0

常務「では、みんなお馴染み、バスガイドの美城に戻らせてもらおう」

奈緒(誰も求めてないけどな)

凛(さっきの一回で"お馴染み"にカテゴライズするの傲慢すぎるでしょ)

常務「さて……」コホン

常務「ハイテンションプリーズ!!!」

加蓮「とうとうCAだとしても間違ってるし!!!」

フレ・文香・周子・奏・唯「Foooo!!!!!!」

ありす「対応能力おかしくないですか!?」

常務「移動中のバス内といえば何だ? 北条」

加蓮「え、また私!? えっと……」

常務「そうだ、カラオケだな」

加蓮「もう怒る気力もないんだけど」

65:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:15:57.43 ID:AYYq9tyb0

常務「しかしこのリンゴ、鮮やかな赤い色をしている……、紅葉もだが、秋のイメージカラーが赤になるわけだな」

奏「そうね、赤は人の目を惹きつける色……」

周子「うんうん、例えば妖艶なルージュで紅に染まった唇」

フレデリカ「最初に目に入ってしまえば、その唇に心を奪われるのは仕方ないかもね~?」

奏・周子・フレ「そう、唇に」


~~~♪


ありす「え? え???」

奈緒「こ、このイントロは……」


周子・フレ『聴いてください、Tulip』

奏『忘れてきて あげたのよ 自分の傘は~♪』


凛「いつ打ち合わせとかしてるの!?」

文香「ハイハイハイハイ!!!」

加蓮「なんか厄介な人いるし!」

66:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:16:48.72 ID:AYYq9tyb0

~Tulip終了~

奏「ありがとう」


ありす「……いや、歌は凄かったですけど」

奈緒「本来なら、生歌をバスで聴けるってホントに凄いことなのにな」


~~~♪

凛「うわ!」

加蓮「間髪入れずに次にいくの!?」

ありす「というか、このイントロは……」


唯『ねえ 今 見つめているよ 離れていても』


奈緒「!?」


フレ『もう涙をぬぐって笑って』


周子『一人じゃないどんな時だって』


奏『夢見ることは生きること』


文香『悲しみを越える力』


フレデリカ(ありすちゃん!)コソコソ

ありす(えっ!? え!?)


~~~♪

ジャ ジャ ジャン!!!!!!


みんな「……」ジー……

ありす(ええ……、し、しょうがないですね……)


ありす『歩こう~♪ 果てない道~♪』


常務「やった!!!」グッ


奈緒「それが言いたいだけだろ!!!!!」

67:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:17:32.77 ID:AYYq9tyb0

~~~~~


常務「そうこうしている間に、次の目的地が近づいてきたな」

常務「喉も温まったようで何よりだ」

加蓮(ライブするわけじゃないんだから喉とかどうでもいいでしょ)

奈緒(ってかあたしたちは最初から叫びっぱなしだし)

奏「次は何をするのかしら?」

周子「さっき"自然公園"って見えたけど」

常務「ああ、この自然公園で紅葉狩りだ」

凛「へぇ……」

フレデリカ「もみじがりって何をするの? 狩っちゃうの?」

文香「いえ、果物狩りや、動物を狩るのとは違い、この"狩り"は草花を眺める際に使われる言葉です」

フレデリカ「ふむふむ!」

常務「つまり、赤い葉っぱを見て『赤いなー』というだけのイベントだ」

奈緒「楽しさが微塵も伝わらない紹介だな!?」

常務「毒にも薬にもならない」

ありす「なんで追い打ちをかけたんですか?」

68:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:18:09.90 ID:AYYq9tyb0

~自然公園~


みんな「おぉ~!!!!」

常務「素晴らしい景色だ……、やはり、紅葉狩りをせずに秋は越えられないな」

奈緒「さっき何て言ってた???」

唯「小梅ちゃんなら『真っ赤な血の海が~』とか言うのかなっ?」

奏「ふふ……、そうかもね」

文香「茜さんなら、『燃えてますねー!』なんて仰るかもしれませんね……」

周子「わかるー」

フレデリカ「と、巴ちゃんならカープの応援を始めそうだね!」

ありす「いい例えが浮かばないなら黙ってましょうよ」

加蓮「ここで叫び始めたら即刻つまみ出されるでしょ」

常務「ここで酒飲み始めたら即刻つまみが出てくる!?」

加蓮「出てこない!」

凛「別に酒飲みキャラじゃないでしょ!?」

69:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:18:42.61 ID:AYYq9tyb0

文香「やはり、日本の四季をこうして目にする度に、この国の良さを反芻することができますね……」

ありす「まあ、それは同意ですね」

奏「あら、そういえば、フランスにも紅葉ってあるの?」

フレデリカ「あるある~、おそらくね~」

唯「なにそれ~?」

奈緒「また適当なことを言って……」

フレデリカ「適当じゃないよ~! フランス国旗の赤は紅葉の赤だもん!」

凛「その発言を適当って言うんだってば!」

70:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:19:14.07 ID:AYYq9tyb0

唯「じゃあフランスの白は?」

フレデリカ「ほかほかご飯!」

加蓮(茜?)

周子「青は?」

フレデリカ「サバ!」

奈緒「サバ!?」

ありす「全部デタラメじゃないですか!」

フレデリカ「デタラメなんてひどいよー! それを裏付ける俳句だって残ってるんだから!」

奈緒「なんでフランスに俳句が残ってるんだよ!?」

文香「ちなみになんという句ですか……?」

フレデリカ「えっとね! 『目には紅葉 山盛りご飯と 青いサバ』だよ!」

奈緒「なんか聞いたことあるぞ!?」

ありす(……元の句を知ったうえで、この会話のためにアレンジしたなら、割と凄い気が)



※元の句→『目には青葉 山ほととぎす 初鰹』


71:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:19:40.70 ID:AYYq9tyb0

常務「では、少し歩こうか……話をしながらな」ニヤリ

奈緒(……?)

ありす(イヤな予感が……)

常務「北条、今、何時だ? そうだ、15時を過ぎたあたりだな」

加蓮「とうとう返事すらさせてもらえないの!?」

常務「さて、夕食の話になる」

奏「……少し早いんじゃないかしら?」

常務「いや、このタイミングで話すしかなくてな」

唯「?」

常務「む、見えてきたようだ、この公園は、様々な競技ができる多目的運動場がある」

凛「……夕飯の話は?」

72:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:20:14.68 ID:AYYq9tyb0

常務「まあ、そう急ぐな」

フレデリカ「けっこーおっきいね?」

常務「ああ、そして、運動目的だけでなく、ライブなどの設備も整っているらしい」

奈緒「……」

ありす「えっ……」

周子「まさか?」

常務「ところで」


常務「先ほどのカラオケで喉は温まっているな?」


凛「……えっ」

73:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:20:56.87 ID:AYYq9tyb0


~控室~


奈緒「いやいやいやいや!!!!!」

加蓮「なんでこんなことに……」

ありす「聞いてませんよ……」

奏「周子、この曲の後の動き、こっちから捌けた方が次に行きやすいわ」

周子「はいはーい」

唯「フレちゃん! 髪留めズレてるよ~!」ヨイショ

フレデリカ「わお! さんきゅー!」

文香「ここのMCではあちらのカメラが……」

凛「だからその適応力はなんなの!?」

74:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:21:28.10 ID:AYYq9tyb0

ガチャ

常務「皆、衣装に着替えたようだな。準備は万端か?」

ありす「メンタル以外は」

常務「既に3万もの客が詰めかけている」

奈緒「逆にあたしたちに知らせずによく集めたな!?」

唯「ってかじょーむ! 晩ごはんの話じゃなかったっけ???」

凛「そういえば……」

常務「もちろん、その話をするために来た」

ありす「ら、ライブと関係あるんですか?」

常務「今回のライブの後、客にはアンケートを答えてもらう。そこで、ライブの満足度が夕飯の献立に直結するシステムだ」

奈緒「はあ!?」

奏「よく考えるわね……」

常務「力を合わせて、客の満足と豪華なご飯を手に入れてくれ」

ありす「ええ……」

常務「まずはトリャイアドピュリミュスからだ」

奈緒「結局まだ言えないのかよ!?」

常務「開始時刻は2分後だな」

ありす「ええ!? そ、そんな急になんて」


凛・奈緒・加蓮「……」プチーン


ありす「……え?」

凛「いいよ……やってやろうじゃん……」ゴゴゴゴ

奈緒「ああ……やるしかないな……」ゴゴゴゴ

加蓮「目にもの見せてやる……」ゴゴゴゴ


ウオォォォォォ!!!!!!!!!!
ダダダダダッ


ありす「」


文香「今度、かかりつけのカウンセラーを紹介しましょうか……」

周子「3人いないしありすちゃんはポカーンとしてるから代わりに言うけど、なんでかかりつけのカウンセラーがいるん?」

75:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:22:15.64 ID:AYYq9tyb0

~ステージ上・Trancing Pulse 終了~


凛(はぁ……はぁ……)

奈緒(やって……やったぞ……)

加蓮(疲れた……)

凛(確か、この後は暗転して袖に捌けるんだよね)


(暗転)


奈緒(よし、退散……)ササッ

加蓮(……!?)



最初に違和感に気づいたのは加蓮だった。
確かこの次は、メインステージでLippsの3人がパフォーマンスをするはずだ。
しかし、舞台袖へ捌ける直前、ふと最後尾の加蓮が振り向いた時、スポットライトは……

センターステージに降り注いでいた。

76:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:22:50.26 ID:AYYq9tyb0

当然ながら、加蓮の頭には「スタッフのミスかな」という思いが浮かぶ。
しかし、スタッフに慌てる様子はない。むしろ、笑みを浮かべる者さえいた。

控室に戻ろうとする2人を呼び止め、会場の様子を伺う。

光の降り注ぐセンターステージ。その場所に、いつの間にか、1人。


銀の短髪にライトを反射させながら。


『見上げた夜空 涙とけた雫……』


凛「え……?」

奈緒「そ、そんな……、バカな……」

加蓮「ウソ……でしょ……!?」



凛・奈緒・加蓮「アーニャ!?!?!?」

77:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:23:30.87 ID:AYYq9tyb0


~控室~

ダダダダダ
ガチャ

奈緒「お、おい!!! なんだよあれ!?」

加蓮「心臓止まるかと思ったんだけど!?」

凛「サプライズはいいけどこっちは教えてよ!!!」

ありす「いえ……、それが……」

奈緒「え?」

常務「アナスタシア……!? なぜ……!?」

凛「把握してなかったの!?!?!?」

78:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:24:00.27 ID:AYYq9tyb0

奏「出番だったから用意しようと思ったら、スタッフさんに静止されてね」

周子「しょうがなく待ってたらこれなんだよね」

奈緒「アーニャは何者なんだよ!?」

加蓮「あ、アーニャの歌、終わったみたい……」

常務「よし、次に歌うLippsはもちろん、全員で裏まで行こうか……」

ありす「そ、それがいいですね……」

ガチャ

スタッフ「アナスタシアさん、帰られましたー!」

みんな「もう!?!?!?!?」

79:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:24:29.41 ID:AYYq9tyb0


~ライブ終了~


ありす「……疲れました」

加蓮「死ぬ……」

奈緒「かれーん……、いや、あたしもキツイ……」

唯「つーかーれーたー!」

奏「16時に始まって、今が19時を過ぎたとこだから、9人で3時間超ね……」

文香「ラブ〇イブの方々はいつもこんなに大変な思いを……」

凛「ごめん……、ツッコミを入れる元気もない……」

80:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:24:58.15 ID:AYYq9tyb0

常務「皆、ご苦労だった」

文香「あ、諸悪の根源さん……」

ありす「ここにきて文香さんのエンジンがかかってきてますね……」

常務「今回の会議はどうだった?」

奈緒「これを会議と言い張るのか……!?」

常務「おまちかね、アンケートの結果だ」

加蓮「待ちかねてるのは帰宅だけどね?」

常務「おめでとう、最高評価ばかりだ」

フレデリカ「いえーい!」

周子「頑張ったもんねー」

唯「それで? それで? ご飯はどうなるの!?」

常務「ああ、最高評価だったので……」


常務「あずきバーだ」


奈緒「あずきバーはもういいよ!!!!!」

81:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:25:30.37 ID:AYYq9tyb0


常務「それと、今回の旅の費用は給料から天引きしておく」

加蓮「こっち負担なの!?!?!?」

常務「次回も楽しみにしていてくれ」

凛「勘弁してよ!!!」

常務「次は全国ツアーだな」

奈緒「目標がおかしいんだよ!!!!!」



おわり


82:◆i/Ay6sgovU:2016/10/23(日) 16:25:59.16 ID:AYYq9tyb0
84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/23(日) 16:51:58.74 ID:ethd3E0To

導入のアーニャ欠席の行なかったからまさかと思ったがやっぱりアーニャだった
86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/23(日) 17:16:55.59 ID:a7GG5IDSO
メンバー見てると楓さん話蹴ったの後悔してる気がする
89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/23(日) 20:24:34.35 ID:2ZjSysJL0

アーニャの仕事人っぷりはなんなんだww
お奨め記事
10月24日 22時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告