記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:43:40.05 ID:2qh4n4le0
2:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:44:43.18 ID:2qh4n4le0
菜々「ぶえっくしょい!!! ……うぅ、寒い季節になってきましたねぇ……」

イヴ「ですねぇ♪ 私には過ごしやすい季節ですよぉ~」

ライラ「ライラさんには少し寒すぎるのでございますよー」

菜々「ああ、ライラさんもどてらどうぞ」

ライラ「おー、暖かいのでございますです」

イヴ「どてらの似合うアイドルってどうなんですかねぇ~?」

菜々「風邪引くよりはマシだと思いますよ。まあファンの前なら話は別ですけど」

ライラ「快適だから良いと思うのですよー」
3:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:45:13.04 ID:2qh4n4le0
イヴ「それにしても…この時期になると最初の頃を思い出しますねぇ」

ライラ「イヴ殿もスカウトされたのでございますですよね?」

菜々「あら、そうなるとオーディションはナナだけなんですね」

イヴ「ですねぇ♪ あの時は大変でしたよぉ…」

菜々「荷物が盗まれちゃったんでしたっけ?」

イヴ「そうなんですぅ! 酷い話ですよねぇ…」

ライラ「大変そうでございますですねー」
4:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:46:01.74 ID:2qh4n4le0
菜々「前にプロデューサーさんがイヴは服まで取られてたとか言ってましたけど…」

イヴ「そうなんですよぉ。プロデューサーさんが通り掛からなかったらどうしようかと~」

菜々「大事件じゃないですか!?」

ライラ「危ないのでございますよー」

イヴ「ですねぇ。これからはアイドルなんですし気をつけないとぉ~♪」

菜々「いや……そんなに何度も追?ぎに遭う機会があるのもおかしいんですけどね……」
5:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:46:55.61 ID:2qh4n4le0
イヴ「追?ぎ、というかですねぇ…」

ライラ「詳しく話してくれるのでございますかー?」

菜々「ちょっとだけ気になりますねっ」

ライラ「聞かせて欲しいのでございますよー」

イヴ「それじゃあ話しましょうかぁ♪ あれはクリスマスの夜でしたーーー」

ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー
6:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:47:44.25 ID:2qh4n4le0
イヴ「クリスマスプレゼント良し、地図良し、時間良し、じゃあ行くよ~ブリッツェン♪」

ブリッツェン「ブモフッ」

イヴ「まずはこっちからですねぇ~…あ、この公園通った方が近そうだな…」

イヴ「行きますよぉ~……うわぁ!!」ズボッ

ブリッツェン「ブモ!?(何!?)」

イヴ「いったたた…落とし穴ですかぁ?」

ブリッツェン「ブフ(だな)」

イヴ「て、あわわ、服と袋が飛ばされてますよ!!」

ブリッツェン「フモブ! ブフモフブモフ!(だからちゃんとした服着ろって!)」
7:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:48:33.47 ID:2qh4n4le0
「アーッハッハッ! 見事に引っかかったわ…ね……知らない人…? 裸…?」

「コラ! 無関係の人まで巻き込んだらダメだろ!」

「げ、べ、別にわざとじゃないわよ!」ダダダッ

「あっ! 逃げないで謝らないと! コラ!」ダダダッ

ーーーーーーーーー

イヴ「上の方が騒がしいですねぇ…それにしても深いなぁ…」

ブリッツェン「ブモ、ブモフ(上に乗って上がるといいよ)」

イヴ「本当に? 乗っても大丈夫?」

ブリッツェン「ブフ(うん)」

イヴ「じゃあ、よっと」ピョンッ
8:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:49:01.91 ID:2qh4n4le0
イヴ「ブリッツェン、掴まってねぇ~」

ブリッツェン「ブフ! フモ!(掴まれないんだけど)」

イヴ「そうだよねぇ…じゃあちょっと我慢してね♪」ガシッ ヨイショッ!

ブリッツェン「ブモフッ!(角痛い!)」

イヴ「とりあえずは…ダンボール羽織ってれば良いか♪」

イヴ「……あっ、誰か来ましたぁ♪」
9:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:50:07.53 ID:2qh4n4le0
イヴ「そんな悲しい話があったんですよぉ…」

菜々「ナチュラルにブリッツェンの言葉訳してるのは何なんですか!?」

ライラ「菜々さんはブリッツェン殿の言葉がわからないのでございますですか?」

菜々「えっ!? 分かってるんですか!?」

イヴ「芳乃さんとか薫ちゃん達は分かってましたよぉ~?」

菜々「……最近の若い子はトナカイの言葉がわかるんですか……?」

ライラ「そのようなことは無いと思いますです」
10:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:50:50.08 ID:2qh4n4le0
菜々「まあブリッツェンのことは置いておくとして…落とし穴の主には心当たりが…」

イヴ「そうなんですかぁ!? 一体誰があんなに酷いことをしたんですかぁ?」

ライラ「ライラさんも気になるのですよー」

菜々「えっ? それ多分れい…あー、多分勘違いですっ!」

イヴ「そうなんですか~? 犯人がわかったら教えてくださいねぇ♪」

ライラ「ライラさんも探すのですよー」

菜々(ソファーの裏から麗奈ちゃんが縋るような目で……あっ、悪い子はクリスマスプレゼントが貰えないから……)
11:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:51:21.36 ID:2qh4n4le0
菜々「それにしても服が脱げる落とし穴ってえげつないですね」

イヴ「本当ですよぉ~。ピンが飛んじゃってそのままヒラヒラ~って」

ライラ「大変でございましたねー」

菜々「ピン? どんな服だったんですか?」

イヴ「え~っとぉ…こんな風に体に巻いて前をピンで留めるような…」

菜々「それほとんどバスタオル巻いただけみたいな格好じゃないですか! そりゃ飛ばされますよ!!!」

ライラ「イヴ殿はバスタオルを着るのでございますですか?」

イヴ「はいっ! バスタオルって涼しくて楽なんですよぉ~♪」

菜々「しかもバスタオルそのものだった!?」

12:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:52:03.67 ID:2qh4n4le0
ライラ「ん? むむー?」キョロキョロ

菜々「どうかしましたか? ライラさん」

イヴ「探しものですかぁ~?」

ライラ「話に出てきたブリッツェン殿が見当たらないと思ったのでございますです」

イヴ「ブリッツェンなら~、ほら、廊下に~」

ブリッツェン「ブモ…ブモフ…」ズルズル

菜々「どうしてあんな大きな荷物運んでるんですか!?」

イヴ「クリスマスの準備ですよぉ~」

ライラ「おー。ブリッツェン殿は働きものでございますですかー」

菜々「準備までトナカイにやらせないでサンタクロース本人がやってあげてくださいよ!!!」
13:◆eF6RWyN1IM:2016/10/20(木) 22:52:39.55 ID:2qh4n4le0
終わりです
html依頼出してきます

クリスマスシーズンは書きたいことがたくさん……
お奨め記事
10月21日 22時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告