記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:20:55.08 ID:gccsuuJRo
勇者「そっち行ったぞ!魔法使い仕留めろ!」

魔法使い「はい!初級火魔法!」ぽっ

魔物「ぐぎゃあああ!」

勇者「まだだ!賢者頼む!」

賢者「初級風魔法!」ふぃ
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/18(火) 16:21:27.95 ID:gccsuuJRo

魔物「ぬぅうぅぅうううう!」

勇者「くそ!まだ生きてる!剣士!あとはお前しかいない!!」

剣士「袈裟切り!」ずば

魔物「」

勇者「なんとか倒したな・・・」

勇者「というか、お前らいくらなんでも弱すぎるよ!」
3:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:21:56.99 ID:gccsuuJRo

勇者「もう、魔王の間の手前だよ!?なんで初級魔法しか使えないの!?」

魔法使い「うぅぅぅ・・・そんなこと言われたって・・・」ぐす

勇者「うわ、こんなところで泣くなよ!ごめんごめん、言い過ぎたよ!」

賢者「勇者よ人には適材適所ってものがあるんだ。そう責めるな」

勇者「いやいや、初級魔法しか打てなくて何が賢者だよ?」
4:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:22:28.34 ID:gccsuuJRo

勇者「悪いけど、俺は男には甘くないぜ」

賢者「しかしだなあ・・・・せめて、作戦を変えてくれないか?」

賢者「『めいれいさせろ』じゃあ、私たちの力は十分に発揮できないんだ」

勇者「そういうことは、新しい魔法を覚えてから言いやがれ!」

勇者「俺の命令がなかったら、このパーティー終わりだからね!」
5:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:23:01.38 ID:gccsuuJRo

勇者「とっくに全滅してるから!俺がぎりぎり保っているだよ!」

剣士「まあまあ、いよいよ魔王との最終決戦なんだ。喧嘩してる場合じゃないだろう?」

勇者「剣士も魔法使いたちに比べたマシだけど、戦士として人並み以下だからね?」

勇者「たくよぉ、いいか命令は絶対だからな!」

勇者「指示通りに動かなかったらぶん殴るかんな!」

魔法使い「・・・」

賢者「・・・」

剣士「・・・」
6:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:23:27.35 ID:gccsuuJRo

魔王の間

魔王「よく来たな勇者よ。話は聞いておるぞ」

魔王「おもちゃの兵隊を引き連れて、我に敵うと思っているのか?片腹痛いわ」

勇者「しゃらくせえ!俺一人でも倒してやるぜ!」

魔王「ふははは!その意気だ来い勇者!!!」

勇者「うぉおおおおおおお!」
7:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:23:54.02 ID:gccsuuJRo


数分後

魔王「ふん、こんなものか・・・確かに人間にしては恐ろしい強さだが」

魔王「仲間に恵まれなかったな勇者」

勇者「賢者!回復魔法をくれ・・・!」

賢者「もうMPがない・・・・すまない勇者」

勇者「誰か薬草は!?」
8:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:24:21.50 ID:gccsuuJRo

魔法使い「すみません、私が使っちゃいました・・・」

勇者「・・・もう手立てはないのか・・・」

剣士「あきらめるな勇者!まだ試していないことがあるだろう!?」

剣士「賢者の言葉を思い出せ!」

魔王「ほう、奥の手でも隠していたのか・・・」
9:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:25:05.43 ID:gccsuuJRo
勇者「・・・・『・・が・ぃ・ぅ・』」

賢者「聞こえないぞ!勇者!」

魔法使い「言って!はっきりと!」

剣士「言え!勇者!!」

勇者「『ガンガンいこうぜ!』」
10:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:25:32.51 ID:gccsuuJRo

剣士「その言葉が聞きたかった!いくぞみんな!」

賢者「どおりゃあああ!アースブレイク斬りいぃいいいいい!!」ずばああああん

魔王「なぁ!?」

勇者「はぁ!?」

魔法使い「全方向完全包囲究極鞭!!」ばばばばっばばばっば

魔王「ぐああぁああああ!」
11:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:26:01.53 ID:gccsuuJRo

勇者「なんなんだ!これは!?どういう事なんだ!」

剣士「説明しよう!」

勇者「知っているのか剣士!」

剣士「賢者は、かつて王国で数々の武闘大会を制した剣の使い手!」

剣士「貴様は、賢き者と勘違いしていたようだが奴は剣の申し子!『剣者』よ!!」

12:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:26:28.45 ID:gccsuuJRo

勇者「なんだと・・・!?じゃあ、魔法使いはどういうことなんだ!?」

剣士「ふははははっは、魔法使いだと!?名前が違う!!」

剣士「その冴えたる鞭と、すべてを包み込む包容力で数多の魔物を調教した女!」

剣士「魔王すら調教しうるその技術から、人はこう呼んだ!『魔王つかい』と!!」

勇者「な・・・なんてことだ。だとすれば俺は・・・」
13:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:26:55.69 ID:gccsuuJRo

剣士「そうだ勇者よ、われわれはお前の命令によって縛られていたのだ」

剣士「呪縛から放たれた今、魔王を倒すなど容易いことだ」

剣者「究極剣ウルトラアトミック!」どがああああああんn

魔王使い「いい加減!私に従いなさい!この豚め!!!究極無限打撃鞭!!!!」ぱぁん!ぱぁん!

魔王「ぐあああああああああ・・・・」ばたり
14:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:27:47.36 ID:gccsuuJRo
勇者「やったのか・・・!?」

剣士「フラグを立てるな、勇者よ・・・そして、お前はもうひとつ勘違いをしている」

勇者「ま、まさか!?剣士!おまえもなのか!?」

剣士「ああ、私の本当の名は『検死』!我が力、貴様にも見せてやろう!」

勇者「なっ!?」どきどき
15:◆CItYBDS.l2:2016/10/18(火) 16:28:20.35 ID:gccsuuJRo
魔王「」

検死「・・・・・」

検死「魔王!死亡確認!」ずばあん

勇者「フラグ立ててんのお前じゃねえか!」



おわり
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/18(火) 16:43:56.85 ID:wNoI70z9o
テンポ良くて好き
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/18(火) 17:05:47.13 ID:rcGmVshkO
弁髪で額に文字書いてある中国人かな?
お奨め記事
タグ:
10月19日 23時00分|オリジナル:魔王勇者0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告