記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:32:00.08 ID:+2ABgbUO0

事務所


モバP「......」カタカタ

美由紀「おはようございまーす!」

モバP「ああ、おはよう美由紀」

美由紀「あ、お兄ちゃん!」

モバP「美由紀、今日もお疲れさん」ナデナデ

美由紀「えへへ〜♪ありがと!今日はね、みゆき、頑張ったんだよ!家庭科でね、すーっごく誉められたんだ!」

モバP「そうか、美由紀は料理上手だもんなあ」

美由紀「うん!またお兄ちゃんにも作ってあげるね!」

モバP「はは、それじゃあお兄ちゃんはそれまで何も食べないでいようかな」

美由紀「もう、それじゃあお仕事できないでしょ!」

モバP「おっと、それもそうだったな」ハハハ

美由紀「お兄ちゃん、また変なこと言ってる〜♪」
2:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:32:57.85 ID:+2ABgbUO0

ちひろ「ふふっ、仲良しですね」

モバP「いやあ、可愛いししっかりしてるし、自慢の妹ですよ」

美由紀「もう、お兄ちゃんったら!」

ちひろ「...さて、仲良しなのもいいですが、そろそろレッスンの時間ですよ」

美由紀「あっ、そうだった!じゃあお兄ちゃん、行ってくるね!」

モバP「ああ、行ってらっしゃい。気をつけてな」

美由紀「はーい!」ガチャッ バタン

モバP「...」カタカタカタカタ

ちひろ「...ふふっ、美由紀ちゃん、今日も元気一杯ですね」

モバP「...」カタカタカタカタカタカタカタカタ

ちひろ「それにしても、プロデューサーさんと美由紀ちゃんがきょうだいだなんて意外です、今見比べても...」

モバP「...」カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

ちひろ「...プロデューサーさん?聞いてますか?」

モバP「っよし、終わり!じゃあ、ちょっと見に行ってきます」

ちひろ「ちょっ、プロデューサーさん!?...ほんと、妹想いなんですね」クスッ
3:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:34:57.13 ID:+2ABgbUO0

ダンスレッスンルーム


美由紀「いち、に、さん、し...」キュッキュッ

ルキトレ「美由紀ちゃん、上手いですよ!」

美由紀「えへへ、ありがと!」


ガチャッ

モバP「美由紀ー!」

美由紀「お兄ちゃん!」

ルキトレ「プロデューサーさん?」

モバP「慶さん、おはようございます。美由紀...ああ、今レッスン中だったか」

美由紀「うん!お兄ちゃん、お仕事おわったの?」

モバP「おう、もちろん。今日はバッチリ見ててやれるぞ」

美由紀「えへへ、ありがとうお兄ちゃん!」

ルキトレ「ふふふ♪じゃあ、お兄さんに良いところみせませんとね、美由紀ちゃん」

美由紀「うん♪」

モバP「」ワクワク
4:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:36:21.99 ID:+2ABgbUO0

ルキトレ「それでは、さっきの続きからいきますね...1、2、3、4」

美由紀「いち、に、さん、し」キュッ キュッ

モバP「」ドキドキ

ルキトレ「5、6、7、8」

美由紀「ご、ろく、しち、はち」

モバP「美由紀かわいい!」ワイワイ

ルキトレ「せーの、タンタンタン...」

美由紀「たん、たん、たん...」タッ タッ タッ

ルキトレ「ハイ、ハイ、ハイ!」

美由紀「ハイ、ハイ、ハイ!」タッ パン パン

モバP「美由紀カッコいい!」キャッキャッ

美由紀「えへへ♪」ピース

モバP「美由紀ー!」バッ

美由紀「お兄ちゃーん!」ダキッ

ルキトレ「え、ええと...レッスンを...」アセアセ
5:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:37:39.52 ID:+2ABgbUO0

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ルキトレ「ーーはい、じゃあ今日はここまでにしましょうか」

美由紀「ふう、お疲れさまでした!」

モバP「お疲れ、美由紀。いいレッスンだったよ」

美由紀「うん!ありがとうお兄ちゃん!」

ルキトレ「美由紀ちゃん、本当にダンスが上手ですね!」

モバP「そうなんですよ!小学生の時なんですけどね、美由紀が文化祭でね...」

美由紀「お兄ちゃん、みゆき、お腹すいちゃった!」

モバP「そうかそうか、今日はいっぱい頑張ったもんな」

美由紀「えへへ♪」

モバP「じゃあ、とりあえず事務所に帰ろうな。...それじゃあ慶さん、お疲れさまでした」

ルキトレ「はい、お疲れさまでした!じゃあ美由紀ちゃん、またね♪」

美由紀「うん!ばいばーい!」フリフリ
6:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:38:25.76 ID:+2ABgbUO0

帰り道


モバP「美由紀、今日は何食べたい?」

美由紀「えーと...うん、お兄ちゃんが作ってくれるものならなんでも!」

モバP「ははは、そっか。じゃあちょうど蟹が送られてたから、今日は蟹にしような」

美由紀「かにさん!わーい♪」

モバP「うーん、そうだな...よし、蟹鍋にしよう。美由紀もそれでいいか?」

美由紀「うん!」
7:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:39:08.13 ID:+2ABgbUO0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


事務所


ガチャッ

美由紀「ただいまー!」

モバP「ただいま戻りました」

ちひろ「あ、Pさん。お帰りなさい♪」

モバP「じゃあ、美由紀。もうちょっとだけ待っててくれな」

美由紀「うん!」

ちひろ「美由紀ちゃん、今日もお疲れ様です♪」

美由紀「ちひろさん、ありがと!ふぅ、疲れちゃった」ポスッ

モバP「さて、支度しませんとね」

ちひろ「ほ、ほんとに全部終わってたんですか...」

モバP「ははは、これも美由紀のためですよ。終わって皆で一緒にご飯食べるためにね」

ちひろ「ああ、いいですね...」

モバP「ちひろさんも、一緒に食べませんか?」

ちひろ「えっ?」

モバP「よかったら、ですが。...美由紀も皆で食べるとすっごく喜びますからね」

ちひろ「じゃ、じゃあお言葉に甘えましょうかな〜」

モバP「はは、じゃあ今日は頑張っちゃいますかね。...あれ」

ちひろ「? どうしまし...あら」

美由紀「すー...」スヤスヤ

モバP「...今日もいっぱい頑張りましたからね。...よいしょっと」ガシッ

美由紀「むぁ...」ダキッ

モバP「うぉっと、あ、ごめんなさいちひろさん。鞄持ってもらっていいですか?」

ちひろ「ええ、もちろんです♪」
8:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:39:57.43 ID:+2ABgbUO0




美由紀「んむ...ふわぁ...」ググッ

ちひろ「あら、美由紀ちゃん。おはようございます♪」

美由紀「ちひろさん...?...ちひろさん!ちひろさんも、一緒にご飯食べるの?」

ちひろ「ええ、今日はちょっとお邪魔しちゃいました♪」

美由紀「わー!皆でご飯だー♪ねえねえ、お兄ちゃーん!」ドタドタ

モバP「おう、おはよう美由紀」グツグツ

美由紀「おはよう、お兄ちゃん!ねえねえ、皆も呼んでいい?」

モバP「おう、いいぞ。蟹はいっぱいあるから、皆に電話してみな」

美由紀「わーい!皆でご飯、楽しみだなー!」

モバP「まあでも美由紀、その前に手洗いうがいをしてきなさい。風邪引いちゃうかもだからな」

美由紀「はーい!」ドタドタ

モバP「こらこら、走ったら危ないぞー」
9:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:41:29.58 ID:+2ABgbUO0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


モバP「それじゃ、いただきます」

美由紀「いただきます!」

ちひろ「いただきます♪」

翠「では、いただきます」

菜帆「いただきます〜♪」

のあ「...いただきます」

モバP「ちひろさん、どうです?美味しいですか?」

ちひろ「ええ、とっても♪プロデューサーさん、上手でびっくりしました」

モバP「まあさすがに、凝ったものまではつくれませんけどね...でも」

美由紀「おいしー!」ハフハフ

翠「とっても、美味しいですね...流石本場のかに、絶品です」パクパク

美由紀「翠ちゃん、それ全部取りきれてないよ!ほら、ここ割ると身がまだ入ってるんだ」パキッ

翠「これは...!想定外でした、危うく逃してしまうかと」

のあ「...菜帆、このつみれはもしかして、貴方が?」

菜帆「ええ、はい〜♪会心の出来ですよ〜♪」

のあ「なるほど...このつみれには、暖かみを感じるわ。包み込まれるような、暖かみを...」ハフハフ

菜帆「のあさん、気に入って貰えたようでなによりです〜」

のあ「...」ハフハフ

美由紀「? のあさん、どーしたの?」

のあ「......」ハフハフ ホフッ

翠「もしかして、一気に口に入れたから...熱くて話せないのでしょうか」

のあ「...」ポフー

美由紀「あはは、のあさん湯気出てるよー!」

のあ「ふぁふ」ポフー ポフー

美由紀「あははは!」

菜帆「もう、のあさんお水ですよ〜」スッ

モバP「うん、何よりもまあ...美由紀が楽しく食べれたらそれでいいんですがね」

ちひろ「...ええ、そうですね♪」
10:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:42:21.21 ID:+2ABgbUO0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


のあ「...今日は、ありがとう。とても美味しかったわ」

菜帆「じゃあ、私たちはお先に失礼しますね〜♪」

モバP「おう、じゃあ気をつけて帰りなよー」

美由紀「二人とも、ばいばーい!」

翠「お二人とも、お気をつけて」

ちひろ「さようならー♪」

美由紀「...ふわぁ、おっとと...」ウトウト

モバP「美由紀、ほらおいで」

美由紀「うん...」トテトテ ポスッ

翠「ふふ、美由紀ちゃん、お疲れのようですね」

モバP「ご飯食べてるときもずーっと楽しそうにしてたからなー。エネルギー使いきっちゃったんだろ」ポンポン

美由紀「くぅ...」スヤスヤ

ちひろ「...さて、起こしちゃっても悪いし、私たちも帰りましょうか。翠ちゃん、送っていきますよ」

翠「ええ、わかりました...美由紀ちゃん、また会いましょうね」ナデナデ

美由紀「むふ...えへへ...」スヤスヤ

モバP「じゃあ、お気をつけて。...ごめんなさい、ちょっと今動けないんで見送れませんが」ナデナデ

ちひろ「ええ、大丈夫ですよ♪...えっと、翠ちゃんそっちは洗面所ですよ〜!」タッタッタッ

モバP「...はあ、一気に静かになっちゃったな」

美由紀「くぅ...」スヤスヤ

モバP「ふふ、今日はいっぱいお姉さんが来てくれて、良かったな」ナデナデ

美由紀「ふふ...♪」スヤスヤ

モバP「...おっと、でもそろそろお風呂入ってくれないとな。美由紀ー起きろー」ユサユサ

美由紀「うーん...」
11:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:43:53.71 ID:+2ABgbUO0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事務所


モバP「おーい美由紀、起きろー」ユサユサ

美由紀「うーん...うえ?」パチ

モバP「おう、起きたか美由紀」

美由紀「ふあ、おにい...ううん、Pさんおはよう!」

モバP「おう、おはようさん。...はは、なんかすごく嬉しそうだな」

美由紀「うん!とーってもいい夢だったからね!」

モバP「ふふ、そっか」ガチャッ

翠「ただいま戻りました。...よいしょ」

美由紀「おかえりー!...翠ちゃん、それは?」

翠「お買い物したら、くじ引きで二等が当たりまして...かにが、こんなに」ドサッ

モバP「うおっ、すごいなこれ」

美由紀「!!」

翠「ですが、私一人では食べられないので...よかったら皆さんで、一緒にどうですか?」

モバP「お、いいのか?ならお言葉に甘えて...ん?どうした美由紀」

美由紀「...えへへ、なんでもないよ!」



12:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/30(金) 13:45:26.93 ID:+2ABgbUO0

終わりです。
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/30(金) 14:32:05.62 ID:y6md5Gpwo
乙です
良いお話だった、美由紀ちゃんかわいい…!
お奨め記事
10月1日 08時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告