記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/15(木) 21:29:52.79 ID:iG+Gd2MP0




コンビニ


翠「......」ジー

かにぱん

翠(これは...かにの、パン?)

翠(かにが入っているパン...ということでいいのでしょうか。でも...)

翠(かにとパンは果たしていい組み合わせと言えるのでしょうか...正直、まったくわかりません)

翠 ハッ

翠(思い出しました...かにかまは実際のところ、かにの身ではないということを)

翠(後で調べると、かにのエキスなどが入っているためにかにの味がするのだとか)

翠(このかにぱんもまた...かには入っておらず、その要素で味付けされているだけなのかも)

翠(パンに合うのはジャムやバター...かにジャム?かにバター?)ムムム

翠(...わからなくなってきました。とにかく買ってみるしかないようですね...)

翠(とりあえず、五つ買っておきましょう)ガサッ

翠(ふふっ、しかしこのかに、可愛いですね)
2:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/15(木) 21:31:11.31 ID:iG+Gd2MP0
事務所

翠「では...いただきます」アムッ

翠(...これはかにの味、なのでしょうか)モグモグ

翠(かにぱん、というだけあってかにの味はするはずです。...ですがそれにしてはあまりに薄い、ような)モグモグ

翠(...いえ、これからはかにの味はしません。私にはわかります)ゴクン

翠「つまりこれは...可愛いかにの見た目をした、普通のパンであると。そういうことですか」

翠「悪くはありませんが...やはり口が寂しいですね」ガチャ

美由紀「おはようございまーす!」

翠「美由紀ちゃん、おはようございます。...それは、もしや」

美由紀「うん!かにが実家からおくられてきたの!いっしょに食べよ?」

翠「......これはまさしく、運命ですね」

美由紀「?」
3:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/15(木) 21:34:02.34 ID:iG+Gd2MP0




商店街


美由紀「...それで翠ちゃん、ついに目玉焼きが作れるようになったんだよ!」

ありす「では次は...そうですね、以前は失敗したカレーなんていいんじゃないでしょうか」

美由紀「カレーかぁ...でもまだ、包丁持たせたくはないかなあ」

ありす「でも、いずれは通る道ですから...やはり、一度試してみるべきかと」

美由紀「うーん...それもそうだね!」

ありす「...あ、美由紀さん、これって次のライブのポスターじゃ」

美由紀「そうだよー!からぱれのライブで、すーっごく楽しみなんだ!」

ありす「私も見に行きますから、最高のライブを楽しみにしてますね」

美由紀「まかせといてー!...あ!翠ちゃんも行くって言ってたよ!」

ありす「翠さんが...これはますます、張り切らないといけませんね?」

美由紀「うん!...あれ?」

ありす「どうしました?」
4:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/15(木) 21:35:08.44 ID:iG+Gd2MP0
美由紀「あの後ろ姿...まちがいない、翠ちゃんだ」

ありす「翠さんが?どこですか?」

美由紀「ほら、あのお店でおかいものしてる...」

ありす「...ああ、本当ですね。いつもと違ってサイドテールにしてるせいか、気が付きませんでした」

美由紀「うーん、いったいなにやってるんだろ?」



文房具屋


翠「あの、すいません」

店員「はい、いかがなされましたか?」

翠「ペンライト、を探しているのですが...この店にはないのですか?」

店員「えー...と、ペンライト、ですか...」アセアセ
5:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/15(木) 21:37:35.42 ID:iG+Gd2MP0




???


渚「あれ、ここは...何か見覚えが」

ユカリ「我が名はユカリ・フェアヘイレン」

渚「ま、またこれ!?」

ミドリ「そして我が名はミドリ・ウンシュルド」

渚「ふ、増えてる!?翠ちゃんまで!?」

ミドリ「ユカリちゃん、ここは私が...渚さんには『一生パスが五回に一回必ず外れる』という微妙な呪いをかけてあげましょう...!」ビビビビ

渚「や、やめてー!」

ユカリ「では私は、以前と同じものを...!」ビビビビ

渚「う、うわああああ!」
6:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/15(木) 21:38:26.20 ID:iG+Gd2MP0
事務所


渚「あああああ!」ガバッ

渚「こ、ここは事務所...また、変な夢みちゃったな」ガチャッ

渚「ん?」


翠「この杖...なかなか、本格的ですね」

ゆかり「良く似合ってますよ、翠さん」

渚「う、うわああああああ!!の、呪いがーーー!!」ピュー


翠「おや?」
7:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/15(木) 21:40:12.42 ID:iG+Gd2MP0




事務所


翠「......」スラスラ

モバP(翠、相変わらずすごい集中力だな)カタカタ

珠美「ていやー!」

あやめ「うりゃー!」

翠「......」スラスラ

モバP(遠いけど、あの二人があんなにはしゃいでるのに全く動じない)カタカタ

モバP(うーん、俺もあれだけの集中力があればなあ。もっと仕事も効率的にいくのになあ)カタカタ

モバP(...そういえば、翠は何を書いているのだろうか)カタ

モバP(勉強はもう終わってるって言ってたし、気になるなあ)
8:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/15(木) 21:41:26.04 ID:iG+Gd2MP0
モバP(うーん...なんだろう)

ちひろ「プロデューサーさん?」

モバP(お、美由紀がかにかまを持ってきたぞ)

美由紀 スッ

翠 パク モグモグ

モバP(集中してても、かにだけはちゃんと食べるんだなあ)

ちひろ「...プロデューサーさん?」

モバP(今度また、なにかかに成分の強い仕事でも持ってこよう)

ちひろ「プロデューサーさん!」
9:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/15(木) 21:42:33.92 ID:iG+Gd2MP0
モバP「ああ、ちひろさん。どうしました?」

ちひろ「二回ですよ、二回!呼んだんだから早く気づいてください!」

モバP「いやあ、ごめんなさい。どうしても気になっちゃって...ほら、あの二人」

ちひろ「翠ちゃんと美由紀ちゃんですか?...まあ確かに、気になりはしますが」

モバP「でしょう?」

ちひろ「でしょう、じゃありませんよ~!プロデューサーさん、いいですか...」ガミガミ


翠「......ふう、もう少しで完成しそうです」カタッ

美由紀「おてがみ、かきおわりそう?」

翠「ええ、おかげさまで」ニコッ

美由紀「翠ちゃんのおかあさん、きっと喜んでくれるね!」

翠「ふふっ、きっとそうですね」
11:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/16(金) 01:41:09.86 ID:8Q9E8IW90




事務所


翠「......」スッ スッ

千鶴(...翠さん、流石の集中力だな...)

千鶴(前から興味があったみたいだけど、こんなに熱心にのめり込むなんて...)

翠「......」スッ

『不動心』

翠「よし...次ですね。...千鶴ちゃん、いかがでしょうか?」

千鶴「あ、はい。悪くないと...思います」

翠「ありがとうございます。では...次に移りますね」

千鶴(翠さん、本当に向上心が強いなあ...ん?)

12:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/16(金) 01:42:10.16 ID:8Q9E8IW90
モバP「......」コソッ

千鶴(...ん?プロデューサー?いったい耳元で何を...)

モバP「...かに~かに~」ボソボソ

千鶴(ほ、本当に何をしてるの!?気を散らせようと...してるのかな。...でも)

翠「......」スッ スッ

千鶴(やっぱり、翠さんは全然動じない...)

モバP「よし」スタスタ

千鶴(なんでそんなにしたり顔なの...全然効いてなかったのに)

翠「......」スッ

『かに道楽』

千鶴(え、影響されてるー!)
13:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/16(金) 01:43:42.46 ID:8Q9E8IW90
翠「ふう...千鶴ちゃん、これはいかがですか?」

千鶴「え、あ、はい...ちょっと、不安定なようにも見えますね」

翠「成程...わかりました。では...」

翠「......」スッ スッ

千鶴(ど、どうしよう。プロデューサーのせいで方向性が明後日の方向に...)

千鶴(...うーん、でもただ書いてることが変わっただけだし、いいのかな...)

翠「......」スッ スッ

翠「...」スッ

『かにすき』

千鶴(...どうしよう、やっぱり止めた方がいいかも...ん?)
14:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/16(金) 01:44:53.62 ID:8Q9E8IW90
美由紀「......」テクテク

千鶴(今度は美由紀ちゃん?何しに来たのかな...)

美由紀「...えび~えび~」ボソボソ

千鶴(も、もしかして修正!?あれで修正できるの!?)

美由紀「ふー」スタスタ

千鶴(み、翠さんは...)

翠「......」スッ スッ

千鶴(相変わらず、動じてない...ように見えるけど)

翠「...」スッ

『心技体』

千鶴(も、もうわかんない...)ガクッ
15:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/16(金) 12:25:59.90 ID:8Q9E8IW90




コンビニ


飛鳥「...おや?」

翠「あら、飛鳥さん。こんにちは」

飛鳥「ああ、どうも、翠さん...意外だね、翠さんをこういうところで見るなんて」

翠「コンビニには、求める物がほぼありますので...便利なのでつい」

飛鳥「それで、今日はどうしたんだい?翠さんがココを選んだ理由、聞かせてくれないかな」

翠「今日はカレーの材料を買いに...ここなら最近よく来ていますし、戸惑うことはないと思って」

飛鳥「成程、カレーか...」チラッ

飛鳥(美由紀から頼まれて来てみたが...買っている物に奇妙な物はないようだね)

飛鳥(じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、肉...うん、問題はなさ...ん?)

飛鳥(お酢...?即席カレー...?これは報告すべきか、いや...)

飛鳥「...翠さん、そのお酢は一体何に使うつもりなんだい?」

翠「お酢ですか?これは隠し味に使おうかと...」

飛鳥(...カレーにお酢が合うらしい、ということは知っているが...果たして、これを見過ごしていい物だろうか)

飛鳥(いや、野暮なことは言うものじゃないな。時には流れに任せる事も必要だろう)

飛鳥(例えどんなカオスを生み出すことになったとしても...ね)

飛鳥「...いい考えだね、翠さん」

翠「ふふっ、ありがとうございます」

飛鳥「でも、ルーはどうするんだい?見たところ、買ってはいないみたいだが」

翠「? これ、ですよね?」つ即席カレー

飛鳥「...さて、どう説明したものかな」
16:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/16(金) 23:34:15.97 ID:8Q9E8IW90




事務所


美由紀「おつきさま、きれいだねー!」

翠「ええ、中秋の名月ですね」

モバP「ほら、だんごも用意してあるからな」ドスッ

美由紀「わー!いっぱい!」

翠「Pさん、ありがとうございます」

モバP「まあ、作ったのは俺じゃあないんだが。菜帆が作ってくれたんでな」

美由紀「菜帆ちゃん、さすがだねー!」

翠「そういえば、菜帆ちゃんはどこへ?」

モバP「なんか用事があるってんで、遅れてくるって。のあさんと一緒に来るってさ」

翠「でしたら、来るまで食べるのは待っておきましょうか」

美由紀「はーい♪」

モバP「うんうん、仲が良いのはいいことだ」ハハハ
17:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/16(金) 23:36:01.06 ID:8Q9E8IW90
翠「しかし、本当に...美しいですね。普段意識していないからより一層感じるのかも」

美由紀「たしかに、いつもはじーっと見ないもんね!」

モバP「うん、たまにはこうやってじっくり見るのも悪くないな」

翠「ええ...」ボー

モバP「? おーい翠?」

翠「......」ボー

モバP「まいったな、集中モードに入っちゃったよ」

美由紀「PさんPさん!ほら、あそこ!」

モバP「ん?...おっ、菜帆とのあさんか。よし、迎えに行ってくるわ」スタスタ ガチャ

美由紀「みゆきもー!」スタスタ バタン

翠「......」ボー

翠(...本当に、月は綺麗ですね...)

翠(私も、今輝いているあの月の様に美しく輝くことが出来るでしょうか)

翠(...いや、出来ます。私にはPさんや頼れる仲間たちがいますから)

翠(今は難しいことは考えないようにしましょう。せっかくこんなにきれいな景色を...)

ガチャ
タダイマー モドッタヨー! 

翠(大好きなみなさんと一緒に、楽しむことができるのですから)ニコッ
18:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/17(土) 21:07:24.40 ID:LxlVk4jL0




事務所


美由紀「くぅ......」スヤスヤ

翠「ふふっ、美由紀ちゃん、ぐっすりと寝ていますね」

モバP「もうすぐライブだーって、張り切ってるからなー。まあ今は、ゆっくりさせてやろうか」カタカタ

翠「はい...しかし、いつも元気な美由紀ちゃんでも、こんなにぐっすりと...」

モバP「...美由紀もな、今回は特に気合いが入ってるみたいなんだ。誰かに下手なとこはみせられない!って」カタカタ

翠「え...?」

モバP「誰にとは聞いてはいないけど、さあ誰にだろうなあ」ニヤニヤ

翠「......そ、その、なんだか恥ずかしい、です...」ニヤニヤ

モバP「おっ、照れてる照れてる」カタカタ

翠「もう!Pさん、やめてください...」ニヤニヤ

モバP「...さてと、もうそろそろ二人とも門限だな。寮まで送ってくよ」

翠「あ、はい...美由紀ちゃん、寮に帰りますよ...」ユサユサ

美由紀「...う~、おねえちゃん、おにいちゃん、おはよ...」ムニャムニャ

翠「お、お姉...!?」

モバP「ははは、俺はお兄ちゃんか。じゃあ翠姉さん、戸締りだけ確認よろしくな」

翠「ぷ、Pさんの方が年上ですよ!」
19:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/17(土) 21:46:34.91 ID:LxlVk4jL0




ファミレス


千秋「メイドのお仕事?」

翠「はい。次のお仕事はメイド体験、ということでして...何かアドバイスを頂ければ」

千秋「そうね...まず、メイドに大切なのは奉仕の心だから、それを忘れないことかしら」

翠「奉仕の...」

千秋「相手の...この場合は来てくれるお客様ね。...その気持ちがあると、意外と見えなかったものが見えてくるものよ」

千秋「例えば...テーブルの些細な汚れ、誰かが注文したがってる様子などね」

翠「なるほど、勉強になります」

千秋「あとは...そういえば、一緒に誰とお仕事するのかしら?」

翠「美由紀ちゃん、ゆかりちゃん、法子ちゃんです」

千秋(...私の時は、皆で佐城さんをフォローしてあげたけど...)
20:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/17(土) 21:47:42.67 ID:LxlVk4jL0
翠『ご主人様、オムライスのご注文ありがとうございます。では、ケチャップを...』

美由紀『わー!翠ちゃんそれソース!』

ゆかり『ご主人様、コーヒーが入りました。...お砂糖いっぱい、ですか?では...』ゴソッ

美由紀『ゆかりちゃん、いっぱいじゃなくて、一杯!えーと、スプーンいっかいだけってほうの一杯!』

法子『ご主人様、そのドーナツおいしそうだね!...え、くれるの?ありがとー!』

美由紀『法子ちゃん、もらっちゃだめー!』


千秋(...逆どころか、柳瀬さんが苦労する未来が...)

翠「どうされました?」

千秋「...とにかく、ケチャップとソースは間違えないようにね?」

翠「えっ!?」
21:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/18(日) 01:10:02.51 ID:RyHA5XZu0




事務所


翠「......」ペラ ペラ

翠(今日もいい天気ですね...気分が晴れます)ペラ

翠(Pさんとちひろさんがコンビニに行き、誰もおらず寂しいですが...たまにはこうやって一人でいるのも、悪くありませんね)ペラ

カサッ

翠(...そうだ、お茶でも淹れましょうか。ちょうど新しい物が...)

カサカサッ

翠(...? 台所に何か...?)

G <やあ カサカサ

翠「」

キャアアアアア

22:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/18(日) 01:11:42.78 ID:RyHA5XZu0

翠(ご、ごき...どうして、今まで出てこなかったのに...)グスッ

翠(掃除は完璧に、食べ物もそんなにおいてるはずはないのですが...しかし、出てしまったものは仕方がありません)

翠(今、事務所は私以外いません...どうしましょう、恥ずかしながら...視野に入れるのもつらい...)

翠(...いっそのこと、このままいなくなるのを待つ、というのは...はっ!)

翠(もしここで、美由紀ちゃんが来てしまったら...?)

美由紀『おはようございまーす!ふう、のみもののみもの~♪』

G <おいすー カサカサ

美由紀『わ、わあああああああ!!!!????』

美由紀『だ、だれかぁ~』シクシク

翠(美由紀ちゃんは北海道出身...こうなることは、十分に想像できます)

翠(...やはり、ここは私があのごき...む、虫を何とかせざるを得ませんね)
23:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/18(日) 01:14:18.17 ID:RyHA5XZu0
翠(しかし、どうしましょうか...殺虫剤はこの事務所には置かれていません)

翠(叩くと、どうなるか...想像するだけでも、身の毛がよだちます)ブルッ

翠(...なんとかして、逃がす方向にもっていかなければなりませんね。...何か役立ちそうなものは...ん?)

翠(これは...おもちゃの弓矢ですね。これで虫を威嚇すれば、あるいは...)

翠(よし、窓を開けて...)ガラッ

窓     G <あついわ

翠(...水野翠、集中するのです。当てずに近くのところを...)グイッ

ピンッ 

窓   G三  <コッチジャ

翠(よし、うまくいきました!これを繰り返していけば、その内...!)
24:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/18(日) 01:16:56.58 ID:RyHA5XZu0

翠(...いけない、油断は禁物です。最後の一瞬まで、気を張り詰めて...)

翠(...もう一度、よく狙うのです。再び、同じところを...)グイッ

ピンッ

窓 G三 <踏み込みが甘い! 

翠(よし!これはもう一度撃てば、逃がすことができますね)

翠(次が最後の一発です...あれ?)

翠(な、ない...もう矢は残ってないのですか?)

翠(と、なると...撃ったものを取りに行くか、別の物を用意するしかないのですか)チラッ

窓 G <さて、どうする

翠(ううっ、近づくのはこわい...)ブルッ

翠(で、あれば...何か別の物で逃がすのが良いのでしょう。しかし、どうすれば...)

翠(...恐れてはいけません、もうあそこまで来ているのですから、後は私が勇気を出すだけ...)

翠(近くで音を出せば、きっと逃げてくれるでしょう。...では、行きます!)ドンッ

窓 オメガ11、イジェークト!>三G ブーン

翠「」
25:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/18(日) 01:20:33.99 ID:RyHA5XZu0

数分後

ガチャッ

モバP「ただいま戻りまし...うおっ」ドンッ

翠「Pさん...こわい...」シクシク ギュー

モバP「お、おちつけ翠。一体何が...」

翠「うぅ...ひっく、うえぇ...」シクシク ギュー
27:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/19(月) 01:39:23.82 ID:8cGNIpi70
●長め



事務所


美由紀「う~~あついよ~~」パタパタ

翠「このタイミングでエアコンが壊れるだなんて...流石に、汗が...」

モバP「すまんな、ちょっと働かせすぎたみたいで...一応明日には修理してもらえるぞ。...でも」

ちひろ「...あ、あつい......」グデー

モバP「ちひろさんもこんなになっちゃってるし...うん、これは今すぐなんとかしないとな」スタスタ

翠「ふう...Pさん、何を...?」

モバP「ほら、冷えピタだぞー」ワサッ

美由紀「冷えピタって、かぜひいた時につかうんじゃないのー?」

モバP「いやいや、こういう時にも使っていいのよ。ほら美由紀もつけときなさい」ペタッ

美由紀「うひゃっ、つめたーい♪」

モバP「ほら、翠にもつけてあげよう」ペタッ

翠「きゃっ!あっ、ひんやりして気持ちいい...」
28:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/19(月) 01:40:27.54 ID:8cGNIpi70

モバP「あとは...」チラ

ちひろ「うあぁ...」グデー

モバP「よし、二人とも手伝ってくれ」ペタペタ

美由紀「ぺたぺたー♪」ペタペタ

モバP「そらそらそらそら」ペタペタ

翠「い、いいのですかこんなに...?」ペタペタ

モバP「いいのいいの、ちひろさんも喜んでるよ」ペタペタ

ちひろ「」ペタペタ

美由紀「あはは、ちひろさんまっしろ!」

ちひろ「」ムクッ

翠「ど、どうしましたか?ちひろさん」

ちひろ「今の私はただのちひろではありません」

美由紀「な、なに...?」

ちひろ「マミーちひろです!がおー!」ワシャワシャ

美由紀「わー♪」ワシャワシャ

モバP「おお、蘇った」
29:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/19(月) 01:41:31.44 ID:8cGNIpi70

翠「しかし、それでもやはり暑いですね...」

モバP「まあそうだよな。二人とも、これでアイスか何か買ってきなさい」チャリーン

美由紀「ありがとー♪」

翠「Pさん、ありがとうございます」

ちひろ「気を付けて行ってきてくださいね」マッシロ

美由紀「はーい!いってきまーす!」

モバP「あ、近くのコンビニにしとけよー」

翠「はい、わかりました」
30:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/19(月) 01:42:23.87 ID:8cGNIpi70

コンビニ


翠「美由紀ちゃん、何がお好きですか?」

美由紀「えっとね、ソーダ!」

翠「では、私はこちらの...チョコにしましょう。Pさんはレモンですね」

美由紀「ちひろさんはメロン!」

翠「ふふ、そうですね。...では、お会計を済ませましょう。すいません」

店員「はい、いらっしゃ...」

店員(なんでこの二人、冷えピタを...?)
31:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/19(月) 01:44:38.70 ID:8cGNIpi70

事務所


ガチャッ

翠「ただいま戻りました」

美由紀「ただーいまー!...あれ?」

ちひろ「」グッタリ

モバP「ちひろさん、冷えピタが切れたらまたダウンしちまったよ」

美由紀「ちひろさん、アイスだよー」ピトッ

ちひろ「あぐ」ゴロッ

翠「ゾンビ顔負けの演技、お見事です」

モバP「褒めてる...んだよな、わかり辛いけど」

翠「はい、Pさんの分ですよ」スッ

モバP「おう、ありがとう。...ああ、おいしいなあ」

美由紀「Pさん、おつり!」チャリン

モバP「おお、えらいぞー美由紀」

美由紀「えへへー♪」

モバP「ほら、そんな美由紀にプレゼントだ。新しい冷えピタだぞ~」

美由紀「もう、そんなにいらないよ~♪」

モバP「なあ翠、アイスおいしいか?」

翠「ええ、とっても」ニコッ

モバP「うん、そいつはよかった」

美由紀「おいひいー♪」パクパク

モバP「おいおい、そんなに一気に食うと腹壊すぞー」

翠「..こうやって楽しくすごせるなら.、エアコンが壊れるのも案外良かったかもしれませんね」

モバP「ははは、まああんまり壊れすぎるのも良くないけどな。...まあたまには、こうやって夏を楽しむのもいいなあ」

翠「ええ。...夏は、いいですね♪」


ちひろ「うええ」グラグラ

美由紀「ちひろさーん、おきてー」ツンツン
32:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/21(水) 19:53:43.97 ID:3dftSPw4O





控え室


翠「......むぅ」ジー

美由紀「翠ちゃん、どうかした?」

翠「美由紀ちゃん...これを、見てください」スッ

美由紀「えーと...?『純真アイドル、水野翠』...翠ちゃんのページだー!」

翠「これ自体は、とても嬉しいことです...ファンの方が私のために作ってくださったのですから」

美由紀「?」

翠「問題はここの一部です...」スッ

『...また、翠ちゃんはちょっと天然である。よく仲の良い美由紀ちゃんに助けてもらっているが、そこがまたかわ...』

美由紀「あー...」

翠「これは由々しき事態です...どういうわけか、私が天然であると知れ渡ってしまっています」クッ

美由紀(お料理番組であれじゃあ、ばれてもしょうがないような...)

翠「今回はちょうどいい機会です。ここでファンの皆さんには私が天然ではないと、主張しておかねばなりません」キリッ

美由紀「うーん...そうなのかなあ」

翠「つきましては、この私の主張をまとめた書を...」パラパラ

美由紀「それはぜったいだめー!」ガシッ

翠「あっ!か、返して下さい!」

美由紀「こんなのMCで話したら、みゆきの方が恥ずかしいよー!」

翠「で、ですがそれでは!」

美由紀「とにかく、だめなものはだめなのー!」

翠「...こうなっては仕方がありません。美由紀ちゃん、お許しください!」



33:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/21(水) 19:55:36.62 ID:3dftSPw4O

数分後

ガチャ

モバP「そろそろ時間だぞー。...ん?」

翠「」チーン

美由紀「翠ちゃん、翠ちゃんは強かったよ」

美由紀「ただし間違った強さだった」

モバP「いったい何が...」

美由紀「はいPさん、これもってて!」

モバP「おう?...ふむ......おう、まかせろ」

美由紀「おねがいねー!じゃあ翠ちゃん、行くよー!」グイグイ

翠「...はっ!?」

モバP「ほら、行くぞ行くぞ」グイグイ

翠「ま、待ってくださいPさん!それが、それがないとわた」バタン


ちょっと後/事務所



ちひろ 「」ドキドキワクワク

ミナサン、ホンジツハヨロシクオネガイシマス

ヨロシクー!

ちひろ「あっ、始まった!」

♪~

ちひろ「初めは...Pa曲ですね」

ちひろ「...翠ちゃん、こんなにふっ切れたようにも歌えるんですね、感心しました」ウンウン




34:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/22(木) 12:19:51.77 ID:X+vBs380O

●番外編


千秋「ふぅ...」

雪美「......千秋......たいへん.........?」

千秋「ふふ、ありがとう佐城さん。大丈夫よ」ナデナデ

雪美「......だめ.........ペロ.........おいで.........」

ペロ「ンニャア」

雪美「......もふもふ......ね......?」

千秋「佐城さん......ふふ、ありがとう。じゃあ遠慮なくもふもふさせてもらうわ」ダキッ

ペロ「ニャー」ペロッ

千秋「きゃっ、この子ったら...♪」ウリウリ

雪美「......」

ペロ「ナァー」ゴロゴロ

千秋「ふふっ、ここは気持ちいいかしら?」ナデナデ

雪美「.........」

ペロ「ニャニャー」

千秋「はあ、可愛いわね.........」スリスリ

雪美「............」

ペロ「...ニャー」

千秋「...? 佐城さんが、寂しいって?」

雪美「......ペロ......おしずかに......」

ペロ「ニャーァ」

千秋「......ふふっ、佐城さん、ほら」

雪美「.........」ギュー


モバP「二人は仲良しだなあ」ハハハ

ちひろ(ナチュラルに千秋ちゃんがペロちゃんと会話してるのはスルーですかそうですか)
35:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/24(土) 00:45:20.29 ID:WzLnt0mh0



ビーチ


美由紀「うみだー!」

翠「ええ、なんてきれいな砂浜...」

美由紀「翠ちゃん、こっちこっちー!」

翠「ふふっ、急いでも海はにげま...」

美由紀「えいっ!」パシャ

翠「きゃっ!もう、美由紀ちゃんったら!」

美由紀「あははー♪」

モバP「うん、楽しそうで何よりだ」

美由紀「Pさんもこっちー!」

モバP「ははは、今行くぞ」ジャバジャバ

美由紀「えーい!」バシャ

モバP「うわっぷ」ステーン バシャーン

翠「だ、大丈夫ですか?」

モバP「ちょっとビックリしたけど、大丈夫だよ」ハハハ

翠「ふふ、頭に海藻がついてますよ」スッ

美由紀「たのしーね!」キャッキャ

客(...なんであの人スーツで...?)
36:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/24(土) 00:47:24.42 ID:WzLnt0mh0

ビーチ:グラビア撮影


パシャパシャ

翠「♪」

カメラマン「はーい、いい感じですよー!」

モバP「うん、翠は水着姿も映えるなあ」

美由紀「うん!翠ちゃん、とってもセクシーだね!」

翠「//」

カメラマン「あっ、その表情いいですね!」パシャ

モバP「おっ、照れてる照れてる」

美由紀「翠ちゃん、かわいー!」

翠「」スゥー ハー

翠「...」キリッ

カメラマン「凛々しいですね!」パシャパシャ

モバP「あ、戻った」

美由紀「翠ちゃん、かっこいいね!」

翠「//」

カメラマン「いいですよー!」パシャパシャ

モバP「うーん美由紀、そろそろ次の仕事の準備しとこうか」

美由紀「はーい!」

モバP(これ以上はカメラマンさんも困っちゃうからなあ)ハハハ

翠「」シュン

カメラマン「哀愁ただよう表情、いいですよ!」パシャパシャ

37:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/24(土) 00:48:35.21 ID:WzLnt0mh0

海の家


ザワザワ

翠「みなさん、こんにちは!」

美由紀「こんにちはー!」

ワー キャー

美由紀「きょうは、みゆきたちのお仕事体験にきてくれてありがとー!」

カワイー

翠「私たちの考えたオリジナルメニューもありますので、どうかよろしくお願いします」
38:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/24(土) 00:51:43.66 ID:WzLnt0mh0


女客「すいません、美由紀ちゃんオリジナルメニューひとつ!」

翠「承りました。美由紀ちゃんオリジナルをおひとつですね。...美由紀ちゃん、お願いします」

美由紀「はーい!すぐできるからちょっとまっててねー!」

女客(翠さんが接客で、美由紀ちゃんがシェフなんだ。なんだか意外)

美由紀「...できあがり!翠ちゃん、お願いね!」

翠「はい。...お待たせしました、かにさんアイスクリームになります」

女客「わー!...おいしい!」

翠「ふふっ、ありがとうございます」

男客「すいませーん!」

翠「はい。...ご注文お受けいたします」

男客「えっと、翠ちゃんオリジナルを一つで!」

翠「私の...ですか。ありがとうございます、すぐにお持ちしますね」スタスタ

男客(翠ちゃんのことだから、きっとお酢を使った何かなのかな...お酢かき氷とか)

翠「...お待たせしました。生姜かき氷になります」

男客「しょ、生姜!?」

翠「夏の海は暑く、体温が上がりやすいので...体温を冷やすものを合わせてみました」ニコニコ

男客「な、なるほど...」

男客(こ、これはありなのか?えっと...)チラ

美由紀「ふんふんふふーん♪」ジュー

男客(美由紀ちゃんが何も言ってないってことは...だ、大丈夫なんだよな?)パクッ

翠「どうでしょうか?」ニコニコ

男客「い、意外とおいしい!」

翠「...ありがとうございます。自分の作った物が褒められると、心地よいですね」クスッ

男客「」ドキーン

男客「も、もう一つお願いします!」

翠「はい、すぐにお持ちしますね♪」スタスタ

美由紀(翠ちゃん、よかったね♪...もし一作目のあれをそのまま売っちゃってたら...まあ、今はいいや)ジュー
39:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/24(土) 10:00:39.19 ID:WzLnt0mh0




事務所


美由紀「菜帆ちゃん、はーい!」パコン

菜帆「は~い♪」パコン

モバP「うむ、なんとまあふわふわした空間なんだろうか」カタカタ

ちひろ「なんだか、親子みたいにみえますね」クスッ

菜帆「ちひろさん、私はお母さんじゃありませんよ~」プンプン

美由紀「すきあり!」パコン

菜帆「きゃ~♪」ポテン

美由紀「菜帆ちゃん、罰ゲームだよ!」

菜帆「う~ん、やさしくしてくださいね?」

美由紀「えーと、どうしようかな...あ!これ!」スッ
40:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/24(土) 10:01:57.14 ID:WzLnt0mh0

菜帆「これは...ねこみみ、ですか~?」

美由紀「うん!今から菜帆ちゃんはねこ菜帆ちゃんだよ!」

菜帆「うふふ、ねこさんで~す♪」ニャー

モバP「うん、かわいいぞ菜帆」

菜帆「どうも~♪ぷにぷにします?」ニャーン

モバP「しません。......よし、ひらめいた」カタカタカタカタ
41:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/24(土) 10:02:59.13 ID:WzLnt0mh0

ガチャッ

翠「おはようございます」

美由紀「おはよー!...翠ちゃんも、はい!」スッ

翠「ねこみみ、ですか...にゃん♪」スッ

菜帆「翠ちゃん、と~っても似合ってますね~♪」

モバP「」カタカタカタカタカタカタカタ

ちひろ「プロデューサーさん、落ち着いて!」

モバP「はっ!...いや、落ち着いてますよ?平常心平常心」カタカタカタカタ

菜帆「ぷにぷにねこさんですよ~」プニャーン

美由紀「みゆきもねこさんー!」カニャーン

翠「にゃんにゃん♪」スニャーン

モバP「」バタッ

ちひろ「プロデューサーさん?プロデューサーさん!ちょっと!」

モバP「はい?」ガバッ

ちひろ「うわっ、ビックリした!もう、嬉しすぎて気絶したのかと...!」

モバP「まあ、感動したのは確かですが。それで気絶はしませんよ」ハハハ

菜帆「ちひろさんも、はいっ♪」スッ

ちひろ「えっ!?...ち、ちひにゃんですよ~」テレッ

モバP「」バタッ

ちひろ「ちょっ、プロデューサーさん!起きてください!起きてくださいったら~!」


42:◆Xz1yv1fzOo:2016/09/24(土) 10:06:16.54 ID:WzLnt0mh0

次スレからは菜帆さんも入れていきます。
お奨め記事
9月26日 02時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告