記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 00:52:59.34 ID:j3gHH02PO
魔王「数多の罠や敵を退けよくぞここまで来た、褒めてやろう」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

勇者「く…っ!なんて威圧感なんだ…っ!!」

戦士「気を抜くとこの場にいるだけで気絶しちまいそうだ…!」

魔法使い「でもここまで来てそんなこと言ってらんないでしょ!」

僧侶「どんな傷でも私が癒します!みなさんは後ろは気にせず戦って下さい!」

勇者「解ってる…俺をここまで導いてくれた他の仲間達や命を落とした幼馴染の為にも…俺はここで引くわけにはいかないんだ!!」<チャキッ!
2:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 00:56:00.35 ID:j3gHH02PO
暗黒騎士「ほう…並の者なら廃人になってもおかしくない魔王様の気に当てられてもこの気概…流石はここまで来た猛者という事か」

魔王「フ…、そんな事は解りきっていたであろう暗黒騎士よ」

暗黒騎士「確かに…では王よ、ここは私が…」

魔王「……いや、余が直々に出よう、お前は下がっていろ」

暗黒騎士「はっ、かしこまりました」
3:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 00:56:39.13 ID:j3gHH02PO
魔王「では…覚悟は良いな?」(すぅっ…

戦士「魔王が立ち上がったぞ!!」

魔法使い「いよいよ来るのね…!」

勇者「さぁ来い!!」

魔王「……フッ」(ゆらり…ヴン…ッ!

戦士「な…っ!?消えた!!」

勇者「…違う!早すぎて見えないだけだ!!みんな僧侶を守れ!!」

僧侶「…違う…気がこちらに向いていない…!勇者様!!魔王の狙いは……!!」

魔王「……ここだ」<ヴンッ!

勇者「な…俺か……!!」

戦士「くそぉっ!!勇者ぁ!!」

魔法使い「ダメ!間に合わない!!」

勇者「う…うおぉぉおおぉぉおおぉおぉおおおおッッ!!!!」

僧侶「勇者様ああぁああぁあぁああああああああ!!!!!」
4:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:03:13.77 ID:j3gHH02PO
魔王「うわー勇者!?本物の勇者!?見て暗黒騎士本物の勇者だよ!!」(きゃっきゃっ!

暗黒騎士「ええそうですね王」(にっこり

戦士「………は?」

魔王「まさか本物の勇者をこんな間近で見られる日が来るなんて…ファンです!!握手して下さい!!」

勇者「……え?ああ、はい…」(ぐっ

魔法使い「待って勇者!何かの罠かも…!」

魔王「うわぁ勇者と握手しちゃったよ感激だなぁ!余はもう一生手を洗わない!!」

暗黒騎士「良かったですね王」(にこにこ

魔王「…あ、良かったらサインももらっていいいですか!?このマントの裏地に!!」(バサァ!

勇者「…ああ、はい」

僧侶「ダメです勇者様そんな不用意に近付いては……!」

魔王「あ…あの…っ、出来れば『魔王へ』って付け足してくれれば…」

勇者「ああはい、一緒に書いておきます」

魔王「いいんですか!?やったぁー!このマント我が家の家宝にします!」

暗黒騎士「汚れないよう替えのマントを御用意しました、王」(すっ…

魔王「クク…機が効くではないか、流石だ暗黒騎士」(バサァッ

暗黒騎士「勿体無きお言葉」

魔王「…さて、さぁ来い勇者共よ!!底無しの絶望を教えてやろう!!」

勇者「行くぞ魔王!!うおぉおおおぉぉおおおおおおぉぉおぉおおおぉおおッッ!!!!」

戦士「待て待て待て待てぇ!!!!」
5:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:11:45.03 ID:j3gHH02PO
勇者「どうした戦士!?」

魔王「フン、我らが戦いに水を差すとは不粋な奴よ…」(ゴゴゴゴゴゴ…

戦士「いやいやいや!!お前今更そんな渋い感じにしても威厳全く無いからな!?」

魔法使い「勇者も勇者よ!!なんで何事も無かったように振る舞えるの!?」

勇者「自分のファンが自分と命を懸けて戦おうと言ってるんだぞ!?その情熱に全力で応えなくて何が勇者だ!!」

戦士「ダメだこっちも正気じゃない!!」
6:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:21:06.02 ID:Rj89Ue0I0
魔法使い「だいたい魔王が勇者のファンってどういう事よ!?」

魔王「知れた事…人々の希望という重圧を一身に背負い、傷付き倒れながらもなお気高く輝くその心と折れぬ闘志、その魂…これ程高潔で美しいモノは他にあるまいて
あ、一緒に写真も良いですか?」

戦士「ちゃんと魔王っぽい理由でちょっと感心したのに!!」

魔法使い「最後の一言で台無しよ!!」

僧侶「待って下さい二人とも!魔王ちゃんだって憧れの勇者様に会えて嬉しいんですよ!これくらい大目に見てあげても良いじゃないですか!!」

魔法使い「僧侶!?」

戦士「ダメだ!!魔王の少年のような瞳に僧侶の母性が目覚めちまってる!!」

魔法使い「でもこんなオッサンに"ちゃん"付けはないわ!!」
7:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:23:04.49 ID:Rj89Ue0I0
魔法使い「だいたいその闘志燃やしてるのあんたに対してよ!?敵意持たれてんのよ!?自覚無いの魔王!?」

魔王「…誠か勇者?」

勇者「ああそうだ!俺は必ずお前を倒す!!」(ビシッ!

魔王「そうか…余の事をそこまで思って…照れる////」

戦士「バケモンのオッサンが頬染めんな気持ち悪い!!!!」
8:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:25:46.16 ID:Rj89Ue0I0
暗黒騎士「貴様らさっきから黙って聞いていれば言いたい放題…王が勇者に会えるこの日をどれほど待ちわびたか知らんのか!?」

戦士「いや知らねーよ!!」

魔王「よい暗黒騎士、勝手に待っていたのは余だ」

暗黒騎士「ですが…寝ても醒めても勇者の事ばかりを考え…あれ程心待ちにしていたではありませんか……まるで恋する乙女のように!!」

魔王「やめよ暗黒騎士、照れる////」

戦士「だから気持ち悪いんだよバケモンのオッサン!!!!」

僧侶「魔王ちゃん…やっぱり可愛い!」

魔法使い「僧侶はもうダメだあ!!」
9:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:29:45.04 ID:Rj89Ue0I0
戦士「くそ…!いったいどうしたらシリアスに戻せるんだ!?」

魔法使い「あ!ホラ勇者、幼馴染!!幼馴染死んでるじゃん!!」

勇者「そうだ!俺の幼馴染はお前たちのせいで…!!」

魔王「クク…そんな事か、滑稽な」

僧侶「そんな事…ですって!?死んだ者はいくら神に祈りを捧げても蘇る事はないんですよ!?命とはとても尊きものなのです!!」

魔王「クハハハハハハッ!それはお門違いな祈りだな愚か者め!!」

戦士「テメェ!!何がおかしい!?」

魔王「ハハハハハおかしいさ!!何故ならあやつは管轄が違うからな!!」

僧侶「えっ」

戦士「は?」

勇者「うん?」

魔法使い「……管…轄?」
11:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:32:47.90 ID:Rj89Ue0I0
魔王「クク……他ならぬ勇者の為だ…少し待っていろ…」(ごそごそ

戦士「魔王は何を取り出してるんだ…?」

暗黒騎士「あれは我々魔族に伝わる秘宝、異界の者と通話ができる異界水晶だ」

僧侶「えっと…それで何をする気なんでしょうか…?」

魔法使い「待って嫌な予感がしてきた」

12:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:35:10.10 ID:Rj89Ue0I0
魔王「……あ、もしもし冥界?っていうか冥王?余だけど、おう、久しぶりー
急で悪いんだけど生き返らせて欲しい人間がいてさー……え?無理?いやいやそこをなんとか……うん…うん…じゃあそれで……わかった、うん、やっぱり話がわかるなー!」

僧侶「え?え?えぇ…」

魔法使い「…だんだん頭痛くなってきた…」

魔王「……待たせたな、話は着いたぞ」

戦士「……マジで?マジで幼馴染生き返んの?」

魔王「まぁ…既に肉体は失われている為、元のままとはいかんだろうがな」
13:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:38:25.12 ID:Rj89Ue0I0
魔法使い「そんなまさか…幼馴染の姿を魔物に変えて……!?」

僧侶「そんな…そんなのは命への冒涜です!!」

魔王「今更遅い、最早手筈は整った…!」

戦士「くそ…っ!そんな姿見たくねぇ!!止めるぞ勇者!!」

勇者「待って!みんな待ってくれ…!例えその姿が醜い化け物になってしまったとしても、もう一度幼馴染に会えるなら…俺は…あいつに会いたい……!」

戦士「勇者…お前…っ!」

魔王「フハハハハハ!!悩んでいる間に勇者の幼馴染の登場だ!!」

カッッッ!!!!
14:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:40:43.40 ID:Rj89Ue0I0
シュウウゥゥゥ……

ドドドドドドドド…

幼馴染「…………」

勇者「幼馴染…!幼馴染ぃ…っ!」(だっ!

魔法使い「あっ!勇者!?」

僧侶「あの姿は…」

戦士「嘘だろ…本当に幼馴染だ…」

勇者「幼馴染ぃ!!」(だきっ!

幼馴染「あれ…勇…者……?」

勇者「幼馴染だ…本当に幼馴染だ…っ!」(ぎゅーっ

幼馴染「わわっ!?く…苦しいよ勇者ぁ…///」

僧侶「まさか…こんな事があり得るなんて……」
15:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:43:26.21 ID:Rj89Ue0I0
戦士「……っていうか何処が変わってんだアレ?」

魔法使い「そうね…見た所私達の知ってる幼馴染だけど…」

むにゅっ

勇者「………ん?」

幼馴染「ん?どうしたの勇者?」

勇者「…ちょっと待って幼馴染、お前…そんな感じだったっけ…?」

幼馴染「ふふ…やっぱり勇者にはバレちゃったみたいね…」

魔法使い「まさか…やっぱりどこか…!」

幼馴染「そうよ私…冥王に肉体を再構成してもらう時、バストサイズの申告を3センチ盛って大きくしたのよ…!!」

魔法使い「セッッッッコい!!!!」
16:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:46:49.81 ID:Rj89Ue0I0
戦士「無乳が微乳になった程度で何が変わるん…」

幼馴染「フンッッ!!!!」(ドゴオォッッ!!!

戦士「ぐああぁぁあぁあああああっっ!!??」<critical!!

僧侶「あぁっ!戦士さん!!」

魔法使い「戦士に幼馴染の急所突きが!!」

僧侶「パーティ最強の力と速さと命中率を誇り勇者様に『あれ?こいつ居たら俺らいらなくね?』とまで言わしめた幼馴染さんの急所突きが!!」

魔法使い「なのに女神の加護を受けていないから基本的に非戦闘員だったが故に主に暴力ツッコミに使用されていた幼馴染の急所突きが!!」
17:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:48:33.40 ID:Rj89Ue0I0
戦士「ガハ…ッ!?こいつ…力も強くなってる……ッ!」←HP1

魔法使い「戦士が死んだぁ!!」

戦士「生き……てる…」

僧侶「すごいヒール!」

\パァッ/

戦士「復活した。ありがとう僧侶結婚しよう」

僧侶「それは嫌です」(きっぱり

戦士「ガフ…ッ!!」

魔法使い「戦士がまた死んだぁ!!」
18:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:51:31.71 ID:Rj89Ue0I0
勇者「幼馴染…」

幼馴染「……驚いた勇者…?いくら殆ど元の体って言っても、私はもう貴方達の知っていた私じゃないの…全ての力が強くなって…寿命も延びて殆ど老いも衰えることもない身になってしまったのよ…」

勇者「そんな……嘘だ…っ!」

魔法使い「なんて事…幼馴染が…幼馴染が…!」

僧侶「こんな…酷いです…見た目は私たちと同じ普通の女の子なのに…

胸がほんのり大きくなって寿命も延びて殆ど老いも衰える事もなく死ぬ前以上に強靭になった肉体を若々しく維持できるようになって生き返るなんてあれこれ何が悪いんですか!?」

勇者「確かに!!」

幼馴染「あれ?良い事づくめだ!」

魔法使い「よく考えたらむしろ羨ましい」
19:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:54:25.27 ID:Rj89Ue0I0
魔王「フフフ…感動の再会は済んだか…?」

戦士「えぇいまだだ!!そうだ滅ぼされた街はどうする!!例え幼馴染みたいに全員生き返ったとしても与えた恐怖と平穏を奪った事実は消えないぞ!?」

暗黒騎士「どの口が言うか、人間が奪った魔物の住処の方が遥かに多いぞ」

魔王「幾らか人間に都合の悪い事はしていたかも知れんがお前達もここに来るまで幾つか魔物の小集落を落として来ただろう?」

戦士「それは…そうかもだけど…」

暗黒騎士「だが戦いの為とはいえこちらも手を下したのは事実だ」

魔王「だが誓って恨みや憎しみの為に滅ぼした事はない
余は双方で失われた命を憂いはすれど敵を恨みはせん、その辺りはあいこだと思っておるからな」

暗黒騎士「敵味方問わず奪った命を背負って行く覚悟など我々一介の魔物でもできておるわ」

魔王「平和な世であればその必要も無かったろうにな…」
20:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 01:55:43.83 ID:Rj89Ue0I0
戦士「……魔法使い」

魔法使い「……何よ」

戦士「今完敗した気がするのは俺の頭が悪いからかなぁ!?」

魔法使い「間違ってないわ!!今ので斬りかかったら完全にこっちが悪者だもの!!」

僧侶「神に…いえ冥王に祈りましょう…せめて失われた命が冥界で平穏に過ごせる事を…」

戦士「僧侶が改宗した!?」

僧侶「いえそんなつもりは…でも死んだ人たちが神の下ではなく冥王の下にいるなら冥王に祈らないと意味ないじゃないですか」

魔法使い「……もっともね!」
25:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:09:16.49 ID:Rj89Ue0I0
魔法使い「もう和解した方がいいんじゃないかしら…」

戦士「諦めるな魔法使い!!だったら俺たちのここまでの旅はいったい何だったんだ!?」

暗黒騎士「そこな戦士の言う通りよ、我らは争いを重ねすぎた…最早どちらかの血をもってしかこの争いは終わらない」

戦士「暗黒…騎士…!!」

暗黒騎士「魔王様と勇者が戦えんのであればやはり我が相手をするまでだ」(スラリ…←抜刀の音

戦士「……へっ、ちっと強引だがらしくなったじゃねぇか」

魔法使い「相手は魔王の側近、油断しちゃダメよ戦士!」

戦士「へっ、解ってるぜ!魔族最強の剣士と言われた暗黒騎士…同じ剣士として相手にとって不足はねぇ!!」

暗黒騎士「私とて人間最強の剣士と謳われた貴様と戦うのを心待ちにしていた
戦士よ、貴様は直々にこの剣の…」

戦士「…へっ、錆にしてくれるってか?」

暗黒騎士「この剣の鞘に…サインして下さい…!」

魔法使い「お前もかよ!!!!!」
26:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:13:45.01 ID:Rj89Ue0I0
魔法使い「なんでよ!!なんであんたはあんたで戦士のファンなのよ!!」

暗黒騎士「解らんか愚かな魔女め!!我は1000年以上かけて今の剣の境地に辿り着いたのだぞ!!
それなのにたかが30年も生きていないそこな戦士は我に並び立つ剣士と言われている……その剣才、同じ剣士として憧れぬわけがなかろうが!!!!」

魔法使い「しらんわあぁああぁあああぁぁあああッッ!!!!!」

戦士「……サインしたぞ、これで良いか暗黒騎士」

暗黒騎士「おお、かたじけない戦士」

戦士「いや良いさ」

暗黒騎士「…では、いざ尋常に!!」

戦士「勝負!!!!」

魔法使い「お前らも待てええぇぇええええ!!!!」
27:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:18:21.82 ID:Rj89Ue0I0
暗黒騎士「水を差すな魔女が!!」

戦士「そうだ!!これからが良いところなんだ!!」

魔法使い「戦士あんた解ってんの!?今のあんた勇者と魔王の最初のくだりと全く同じよ!?」

戦士「……魔法使い、俺は今やっと解ったんだ…自分のファンと互いに全力で向き合う気持ち…悪くねぇ…!!」

魔法使い「やだあぁぁあぁぁあああぁぁああ!!!!ツッコミがとうとう私一人になったああぁぁあぁぁああぁぁああぁぁあああああ!!!!」
28:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:22:02.05 ID:Rj89Ue0I0
勇者「えーっと…あ、ウエスト!ウエストがちょっと細くなった!」(いちゃいちゃ

幼馴染「ブー、ハズレー♪それは死ぬ前にダイエットしてたからですー♪」(いちゃいちゃ

勇者「えっと他は…うーん…髪は元々サラサラだったしなぁ」(なでなで

幼馴染「きゃっ!急に撫でたらびっくりするでしょ?」(にこにこ

勇者「あ、ごめん止めようか?」(ぱっ

幼馴染「ううん、勇者なら良いよ…もっと撫でて♪」(いちゃいちゃ

勇者「…やっぱり他にどこが変わったかなんて解らないよ…元から幼馴染は世界一可愛かったからね」(いちゃいちゃ

幼馴染「もう勇者ってばすぐにそんな恥ずかしい事言うんだから…でもそんな所も好き♪」(いちゃいちゃ

魔法使い「目ぇ離した隙に何イチャついてんだバカップル!!!!」
29:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:23:19.02 ID:Rj89Ue0I0
勇者「ごめん、暇だったからつい」

幼馴染「これでも久し振りに会えた喜びを抑えている方よ」

魔法使い「イチャつくなとわ言わないのよ!!でも今魔王城なの!!魔王の前なの!!肝心の魔王がアレでも最終決戦なの!!」

勇者「……そうだねごめん、俺の気が弛んでいたよ…」

幼馴染「…そうね、ごめんね魔法使い…」

勇者「さぁ行こうみんな!俺たちの手でこの戦いを終わらせるんだ!!」

幼馴染「きゃっ!?膝の上で大声出さないでよ勇者!」

魔法使い「本当にそう思うならまずその膝枕状態をやめろォ!!!!」
30:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:27:22.33 ID:Rj89Ue0I0
魔王「ようやくやる気になったか、それでこそ余が憧れた勇者よ…引き締まった顔も格好良いな」(パシャッ

魔法使い「写真を撮るな!!ラスボスのあんたがそんなんだから締まらないのよ!!!!」

魔王「なんと、勇者の写真を撮るにはマネージャーの許可が要ったか…貴様がマネージャーか魔法使いよ」

魔法使い「全然違うわよ勇者はアイドルか!!」

魔王「アイドル…偶像か…余にとってはそうなのかも知れんな」

幼馴染「魔王…立場が違えば貴方とは勇者を語らえる良い友達になれたのに…」

魔王「案ずるな、余が勝利した暁には勇者ファンクラブを設立し未来永劫勇者の事を語り継ごう」

魔法使い「戻ってきて戦士助けて!!喉が保たない一人じゃツッコミきれない!!!!」
31:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:28:36.86 ID:Rj89Ue0I0
勇者「魔法使いに言われて目が覚めた…待たせたな魔王!この戦いで終わらせる!!」

魔王「クク…さぁ来い勇者!!正面から全てを受け止めてやろう!!」

勇者「行くぞ幼馴染しっかり掴まってろ!!うおぉぉおぉおぉおおおぉおおおおおおおおぉぉおおおおぉぉおお!!!!」

魔王「さぁ来い勇者ぁ!!!!」

幼馴染「勇者がんばれー」

魔法使い「なんで幼馴染お姫様抱っこしたまま戦おうとしてんのよちゃんと伝説の剣構えなさいよおぉ!!!!」
32:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:30:04.76 ID:Rj89Ue0I0
…………

戦士「はぁ…はぁ…暗黒騎士とはほぼ相打ちだったがなんとか俺が勝ったぜ…!」

暗黒騎士「見事だ戦士…死にはしなかったとはいえ我はもう動けん…王と勇者の戦いを見届けるだけで精一杯だ…」

戦士「ああ、そしてその戦いももう終わる…!」
33:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:31:27.23 ID:Rj89Ue0I0
魔王「クク…ハハハハハハハハ!!余をここまで追い詰めるとは流石は余の見込んだ勇者よ!!」←HP1

幼馴染「勇者とどめを!!!私の急所突きでHPは削りきったけど伝説の剣じゃないと魔王は倒せないわ!!」

魔法使い「幼馴染強すぎない!?やっぱりあの子一人でいいんじゃない!?」

勇者「うおぉぉおぉぉおおぉおぉおおおおおおお!!!!魔王おぉぉおぉおおぉおおおぉおおおおおおッッッ!!!!」

魔王「勇者あぁぁあぁぁああぁぁああぁぁあぁあああぁぁああぁああッッッ!!!!」

ズバアァッッ!!!!
34:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:34:18.64 ID:Rj89Ue0I0
魔王「カハ…ッッ」←HP0

勇者「はぁ…はぁ…やった…やった!!ついに魔王を倒したぞ!!」

魔王「クク…見事だ勇者…本当に余を倒すとはな…これで人間の世に平和が戻るだろう…」

勇者「ああ…だがお前も平和を望んで戦っていた事…俺は忘れない
人間も魔物も安心して生きてる世界に…きっとしてみせる」

魔王「クク…大口をたたきおって…だが、貴様ならできるかもしれんな…何せ…余の憧れた…勇者なのだから……」(シュウウゥゥゥ…

勇者「魔王…安らかに眠れ…」

魔王「あぁ…あの世で…見ているぞ勇者よ…」(シュウウゥゥゥ…

魔法使い「魔王が…灰になって消えて行く…」
35:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:35:19.36 ID:Rj89Ue0I0
戦士「どうする暗黒騎士、魔王は死んだが戦いを続けるか?」

暗黒騎士「…いいや、王が死んだ以上我ら魔王軍は人間界への侵攻から手を引こう、王は無益な戦いを望んではいない」

戦士「……そうか…暗黒騎士、俺達はお前を殺さない、魔王の側近だったお前が、戦いが終わった事を他の魔物に伝えてくれ」

暗黒騎士「元よりそのつもりだったが…承知した」
36:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:36:38.94 ID:Rj89Ue0I0
勇者「長い…戦いだったな…」

僧侶「魔王ちゃん…せめて冥福を祈ります…」

戦士「まだその呼び方だったのかよ…」

魔法使い「色々あったけど、いざ終るとちょっと切ないわね…」

幼馴染「でも…これでやっと故郷へ帰れるんですね!」

勇者「ああ!さぁみんな帰ろう!」

暗黒騎士「待て勇者、最後にこれを」(すっ…

勇者「確かこれは…」

37:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:37:24.68 ID:Rj89Ue0I0
暗黒騎士「ああ、異界水晶だ」

魔王『勇者見てるー?勇者に斬られたこの傷で死んだの冥界で自慢しますねっ!!』

魔法使い「だから台無しよ!!!!」


おわり!
38:◆Ujx6DGJXW1R2:2016/09/19(月) 13:39:37.41 ID:Rj89Ue0I0
思いつきの出オチSSが思ったより長くなってしまった…
というわけでこれでおしまいです
お付き合いありがとうございました!
39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/19(月) 14:00:26.08 ID:vTFslSYZ0
乙です。
いい勢いだった。
お奨め記事
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告