記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/13(火) 16:57:20 ID:5TRbNqTk
シャル「やっぱりホモでしょ?」

一夏「だから違うって・・・」


また頼むよぅ
4:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 20:12:02 ID:9doRlyu.

一夏「お前…この状況見てまだそんな事言えるのかよ…」パンパン

鈴「んっ……はぁっ……あっ///」

シャル「……いや~分からないよ~
    ホモの人はカモフラージュの為にわざと異性と付き合うって言うし…一夏もそれなんじゃないの?」

一夏「ば…バカッ!そんなんじゃねーし!」ドピュドピュ

鈴「あっ……あぁ…!!」ビクンビクン

シャル「………」
5:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 20:38:41 ID:9doRlyu.

一夏「ふぅ……」スッキリ

シャル「……ハァー…やっぱり、そんな訳ないか。僕の考え過ぎだよね…」

一夏「お…おう…」

シャル「……じゃあ…一夏、鈴…
    末長く…どうかお幸せに…!」ダッ

バターンッ!

鈴「はぁ…いちかぁ…」チュッチュッ

一夏「………」

一夏(……カモフラージュ、か…)
6:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 20:50:14 ID:9doRlyu.

~その日の夜 千冬の部屋~

パンパンパンッ

千冬「……っ!はぁ…!はぁ…!
   そんなにがっつくな!この…馬鹿者ッ!!」

一夏「千冬姉ッ!千冬姉ッ!」パンパン

千冬「はぁ…!い…イクッ!」

一夏「あぁ!俺も…!」ドピュ

ドピュ ドピュ

千冬「あっ!あぁー!///」ビクンビクン

一夏「ハァー…ハァー…ハァー…」

千冬「い…いちかぁ…」

一夏「………」

一夏(……カモフラージュ…その一点に限っては…あながち嘘でもない…)

一夏(最も…ホモを隠すためじゃなくて…実の姉との肉体関係を隠すためなんだけどな…)
7:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 21:36:07 ID:9doRlyu.

千冬「……なぁ…一夏」

一夏「何?千冬姉」

千冬「……もう、いい加減こんな事やめにしないか?」

一夏「な…何言ってんだよ千冬姉ッ!?」ガバッ

千冬「……お前の気持ちは痛い程に嬉しい。
   だがな…凰の奴を騙すような真似までして、お前との関係を続けていようだなんて……私はそこまで傲慢にはなれん…」

一夏「そ…そんな事言わないでくれよッ!
   俺が本当に愛しているのは…千冬姉だけだッ!」

千冬「……私だってお前と同じ気持ちだ。だがな…世間の目はそれを認めてはくれまい。
   いいか?これはお前の為でもあるんだ」

千冬「今までの事は全て忘れて、お前は普通の高校生として、普通の恋をし、普通の青春を遅れ…
   それが…お前にとって最良の選択…」
8:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 21:38:29 ID:9doRlyu.

一夏「…ッ!そんなの無理に決まってるだろッ!」バッ

千冬「なッ!一夏!?」

一夏「俺には千冬姉しかいないんだッ!」ググ…ジュポッ

千冬「あっ…!ちょっ…やめ!…はぁ…///」

一夏「世間の目が何だ!千冬姉に対するこの俺の気持ちに…歯止めなんか効くかよッ!」パンパンパンッ

千冬「くっ///……お…お前はつくづく…大馬鹿者だな…!
   実の姉に…これ程までに欲情するとは……あぁっ///」ビクンッ

一夏「で…出る!出るよ千冬姉ッ!」パンパンパンッ

千冬「あぁ!出してくれッ!私が全て受け止めてやる!
   私の…姉の膣内に…お前の全てをぶちまけてくれぇ///」

一夏「あぁ!出る…!」グッ

ドピュドピュ

千冬「あぁ!アァー!!///」ビクンビクン
9:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 21:54:42 ID:9doRlyu.

───

一夏「……ごめん、千冬姉…
   何か俺…勝手に先走っちゃって…」

千冬「フフッ…気にするな。弟の失敗は、姉である私の責任でもある…」

一夏「……千冬姉の口からそんな言葉が出るなんて…何か意外」

千冬「……何だと?どういう意味だそれは?」

一夏「いや、別に深い意味は無いんだけど…
   何だかいつもと違って…優しいなと思って…」

千冬「…ッ!ば…馬鹿者ッ!誰が…そんな…!」

一夏(…かわいい…)

千冬「……一夏、凰の事についてだが…」

一夏「………」

千冬「けじめは付けておけよ。アイツの為にも…お前の為にもな」

一夏「……あぁ、分かってる」
11:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 22:05:07 ID:9doRlyu.

───



シャル「………」

シャル(……一夏、このところ頻繁に夜な夜な外へ出歩いていると思ったら…
    まさか、織斑先生とあんな事をしていただなんてね…)

シャル「………」スッ

シャル(フフッ…証拠の写真も映像も撮った事だし、これからどうしてくれようか…)



───
12:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 22:43:54 ID:9doRlyu.

~翌日の放課後~

一夏「どうしたんだよシャル?放課後屋上に来てくれなんて…何か用か?」

シャル「……一夏ってさ…結構罪作りな人だよね…
    結局鈴との関係も遊びにしか過ぎなかった訳だし…」

一夏「……お前…何を言って…」

シャル「まさか…一夏が自分のお姉ちゃんと、こんな事をしていただなんて…ねぇ?」パラパラ

一夏「なッ!その写真は!?」ビクッ

シャル「……乙女の純情を踏みにじるなんて…一夏も中々のワルだよね…
    この写真を鈴に見せたら…あの子、何て思うかな?」

一夏「ち…違うんだッ!!俺だって…遊びのつもりで鈴と付き合った訳じゃないんだッ!
   ただ…俺も普通の恋愛をすれば…千冬姉に対するこの想いを…忘れる事が出来るんじゃないかって……そう思って…俺は!」
13:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 22:46:50 ID:9doRlyu.

シャル「ただの言い訳だよ。そんなの
    織斑先生との関係だって、結局は止められなかった訳でしょ?それに…」ボイスレコーダーカチッ


ザザッ…『俺が本当に愛しているのは…千冬姉だけだッ!』ザッ…


一夏「うっ…!」

シャル「……もう、言い訳なんか出来ないよね?一夏…」

一夏「………」

シャル「……一夏…お願いがあるんだけどさ…」

一夏「な…何だよ!?」ビクッ

シャル「……【安価下】…して?」

一夏「えっ!?」

シャル「……断ったら、分かってるよね?」ヒラヒラ

一夏「クッ…!」
14:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 22:49:22 ID:hVjnyeMM
僕を抱いて
15:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 23:09:53 ID:9doRlyu.

───

パンパンパンッ

シャル「あっ……はぁ……あぁん///」

一夏「うっ…くぅ!」パンパン

シャル「やっと…やっと一つになれたぁ…!
    僕…ずっと前から一夏とこうしたかったんだよォ…!///」

一夏「ハァー…!ハァー…!ハァー…!」パンパンパン

一夏(ち…違うッ!俺が本当に好きなのは…千冬姉だけなのに!)

シャル「い…一夏…今、織斑先生の事考えてたでしょ?」

一夏「そ…そんな事…」パンパン

シャル「いいんだよ、隠さなくても……それくらい…あっ///分かるんだから…」

一夏「………」パンパン

シャル「でもね…やっぱりそんな事…無理なんだよ…
    血の繋がった姉弟が…特別な関係になるだなんて…」

シャル「……ましてや…二人は世界的な有名人なんだから……それは尚更…んっ///」

一夏「……ッ!!」パンパン
17:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/14(水) 23:51:11 ID:9doRlyu.


シャル「……でも…僕は違う!んっ///
    僕なら…一夏の全てを受け入れる事が出来る…!」

一夏「………」パンパン

シャル「あぁ!///……い…一夏に最もふさわしいのは………鈴でも……ましてや織斑先生でもない!この……僕なんだ!んんっ///」ビクッ

一夏「……もう…出る…」パンパンパン

シャル「だ…出してぇ///一夏の熱いの…僕の膣内に!
    僕だけの……僕だけの一夏なんだからぁ…!」

一夏「うっ!あぁ!」ビクッ

ドピュドピュ


シャル「あぁーん!んんっ///」ビクンビクンッ

一夏「………」

シャル「はぁ……はぁ……一夏ぁ…///」
19:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 00:03:09 ID:y8xgmCEQ


バタンッ


一夏「えっ!?」クルッ


千冬「な…何をしているんだお前達!?」


一夏「ち…千冬姉ッ!」ビクッ

シャル「……織斑…先生…」

シャル(……フフッ…)スッ

パラッ…

千冬「…ッ!?な…何だこの写真は!?」ビクッ

シャル「見ての通りですよ、先生…。あなたが実の弟にやった事の…その一部始終です」

千冬「き…貴様ッ!こんなものいつの間に!?」

シャル「織斑先生…今僕達は、互いを愛し合っていたところなんです…」

一夏「ち…違うんだ千冬姉ッ!俺はシャルに脅されて仕方なく…」
20:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 00:22:22 ID:y8xgmCEQ

千冬「何!?」

シャル「……脅されただなんて…酷いよ、一夏…」

シャル「……僕はただ…キミにこの写真を見せただけなのに…」ヒラヒラ

千冬「……お前…まさか…!」

シャル「……賢明な織斑先生なら、きっと分かってくれますよね?
    あなたにとって…ううん。一夏にとっての最良の選択肢が、一体何なのか…」ヒラヒラ

千冬「………」

シャル「……僕と一夏の交際を認めて下さい。織斑先生…
    それと…あなたは金輪際、一夏に関わらないで下さい。
    断ったら…どうなるか分かってますよね?」

千冬「………」
21:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 00:38:39 ID:y8xgmCEQ

一夏「な…何言ってんだよッ!そんな条件呑める訳ないだ─」

千冬「良いだろう」

一夏「…ッ!?なッ!!千冬姉ッ!?」ビクッ

千冬「……ガキの相手をしているのも、もう懲り懲りしていたところだ…
   丁度良い。織斑一夏は、お前にくれてやる」

シャル「ほ…本当ですかッ!?」

千冬「あぁ。だがその代わり…絶対にこいつの事を幸せにすると約束しろ。いいな?」

シャル「勿論ですよ!任せて下さい先生!」
22:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 01:05:16 ID:y8xgmCEQ

一夏「う……嘘だよな?千冬姉…
   そんなの……本心じゃないんだろ?」スッ

千冬「触るなッ!」パシッ

一夏「うッ!?」ビクッ

千冬「……所詮、お前との関係はお遊びにしか過ぎなかったという訳だ…」

一夏「そ…そんなの嘘だッ!信じられるかよッ!
   千冬姉は…俺の事愛してるって…そう言ってくれたじゃないかッ!」

千冬「記憶にないな。お前の聞き間違いじゃないのか?」

一夏「そ…そんな事!」

千冬「はぁ…全く私もどうかしていたよ…
   こんな性欲に脚が生えたような自制の効かない愚かな男と……つい昨晩まで身を交えていただなんてな…」

一夏「ち…千冬姉!」

千冬「お前は私の人生の汚点だ……もう二度と、私の前に姿を現すな。
   ……私も、もうお前の前には二度と姿を現さないだろう…」クルッ

スタスタスタ
23:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 01:07:36 ID:y8xgmCEQ

一夏「ま…待ってくれよ千冬姉ッ!そんなこと納得出来るかよッ!俺は千冬姉が─」

シャル「一夏ぁ…!」ガシッ

一夏「うっ!シャルお前ッ!?」

シャル「織斑先生もああ言ってるんだしさ…もう、いい加減諦めようよ。ねっ?」

一夏「そんな…!嫌だ!俺は千冬姉が…千冬姉が好きなんだぁーッ!!」


千冬「………」スタスタスタ


一夏「行かないで…行かないでくれよッ!千冬姉ぇ!あぁァーッ!!」



千冬「………」ギィ…

バタンッ
24:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 01:22:13 ID:y8xgmCEQ

バタンッ


千冬「………」

千冬「ッ!うぅ…!」ガクッ

千冬(許して…許してくれ一夏ッ!これはお前の為なんだ…!)

千冬(お前と私との関係を…デュノアが世間に公表してしまったら……取り返しの付かない事になってしまう!)

千冬(………私の事などどうでもいい。今更どうなろうが構わん……
   だが!私に対する愛の為に…お前が傷付く事だけは……姉として我慢ならんのだ!)

千冬「許せ……許してくれ一夏ぁ…!」ポロポロ…

千冬(私は…お前の事を愛していた……
   その気持ちに…嘘偽りはなかったんだ…!)
25:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 01:56:27 ID:y8xgmCEQ

───

~数日後~


シャル「あぁん///……まさか織斑先生…本当にIS学園から居なくなっちゃうなんてね…」

一夏「………」パンパンパン

シャル「もう…学園中のどこもかしこも、その話題で持ちきりで……んっ///
    ラウラなんてちょっと涙目になっちゃってて……何だか…可哀想だったな…あぁ///」

一夏「………」パンパンパン

シャル「……でも…これで良いんだよ…これで…」

一夏「………」パンパンパン
26:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 02:00:10 ID:y8xgmCEQ

シャル「……ねぇ…鈴の事なんだけどさ…」

ピタッ

一夏「……あぁ。別れたよ…」

シャル「ほ…本当に!?」

一夏「あぁ……半ば強引にだったけど…」

シャル「ありがとうー!一夏だーい好き!」チュッチュッ

一夏「………」

シャル「フフッ…これで…これでもう……
    僕と一夏の関係を邪魔する奴は……一人もいない…」
27:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 02:01:21 ID:y8xgmCEQ

一夏「………ッ!!」グッ

パンパンパン

シャル「あぁん!///一夏ぁ…///」

一夏「……出る…出るぞ…!」

シャル「うんっ…出して!///
    奥に……奥の方に一夏の熱いの……たくさん出してェ…!///」

一夏「うっ!あぁ…!」ビクンッ

ドピュドピュドピュ

シャル「あぁ!あぁぁんっ!///」ビクンッ ビクンッ
28:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 02:15:49 ID:y8xgmCEQ

───


一夏「あっ、メールが来てる…」

シャル「……誰?もしかして女の子から…?」

一夏「いや…弾っていう中学の男友達から。……今度の日曜日遊ばないかだって…」

シャル「ふーん…。まぁ…たまには男の子同士で遊びに行くのも良いんじゃない?」

一夏「えっ…?良いのかよ?」

シャル「フフッ…流石の僕も、一夏の交友関係にケチを付けるような真似なんてしないよ。
    でも…出来るだけ早く帰ってきてね?僕はいつも通り部屋で待ってるから…」

一夏「……あぁ…」
29:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 02:25:42 ID:y8xgmCEQ

~弾の家~

弾「よう、久しぶりだな一夏。元気してたか?」

一夏「………」

弾「今日は何する?久しぶりの再開を祝して、何か飯でも喰いに─」

一夏「だあぁぁぁんッ!!」ガシィッ

弾「えっ!一夏!?どうしたんだよお前ッ!?」

一夏「うぅ…うぅぐ!あぁぁ…!」ポロポロ

弾「お…お前……IS学園で何かあったのか…?
  良かったら話してみろよ!なっ?」

一夏「う…うぅ…」ポロポロ
30:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 02:40:24 ID:y8xgmCEQ

───

弾「……成る程…お前の周りでそんな事が起こっていたなんてな…」

一夏「……お前…引かないのか?こんな話を聞かされて…」

弾「……まぁ…鈴の奴を騙した件については、許せねぇ話だわな…」

一夏「………」

弾「……けどな。お前の姉に対する想いについては、話が別だ」

一夏「……えっ?」

弾「誰が誰を愛するかなんて…そんなの人の自由じゃねーか。
  お前はお前の信じる女を…一生大事にすればいい。
  人と付き合う上で乗り越えるべき壁なんて…誰にだって、大なり小なりあるもんだろ?」

一夏「……弾…」

弾「だからよ…お前は誰が何と言おうが、姉さんの事を愛してやれば良いじゃねーか」
31:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 03:00:35 ID:y8xgmCEQ

一夏「ありがとう、弾…
   お前のお陰で、忘れかけてた大切な気持ちを思い出す事が出来たよ…」

弾「一夏…」

一夏「……でも…もう遅いんだよッ!」ガンッ

弾「えっ!?」

一夏「千冬姉の居場所はもう誰にも分からないんだッ!
   千冬姉が居なくなったあの日以来……千冬姉は消息不明のままなんだッ!」

弾「……一夏…」

一夏「……気付くのが遅すぎたんだ…
   お前に諭される前に……俺は意地でも千冬姉の後を追うべきだったんだ…
   そうすれば…まだ間に合ったかもしれない……」

弾「………」

一夏「それなのに……あの時の俺は…心の何処かで妥協してッ!
   シャルの話なんかを…黙って聞いてしまったッ!」

弾「………」

一夏「俺はもう…あの頃には戻れない…
   シャルの脅しに何時までも屈する未来しか…俺には残されていないんだ…」
33:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 03:22:08 ID:y8xgmCEQ

弾「……そんなことないぜ、一夏…
  お前には…この俺が付いてるじゃねーか」

一夏「……えっ?」

弾「確かに…一度失ったものは、もう取り戻す事は出来ない…
  けどな。本当に大切なのは、これから先をどう生きるかなんじゃないか?」

一夏「弾…」ジワァ…

弾「まぁ…及ばずながら、俺もお前の力になってやるぜ」

一夏「うっ…だぁぁぁんっ!」ガシッ

弾「お…おい!くっつくなって!
  こんなとこ蘭の奴に見られたら…変な勘違いされるだろっ!」

一夏「わぁぁぁあぁーっ!」ポロポロ

弾「……一夏…フッ…」スッ

ナデナデ

一夏「……うっ…弾…」

弾「全く仕方ねぇ奴だな、お前は…
  お前の気が晴れるまで、俺が側にいてやるよ…」ナデナデ
34:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 03:29:40 ID:y8xgmCEQ

一夏「……弾…」

弾「……んっ?」

一夏「……俺は…お前の事が…」

弾「……ははっ、さっき言ったばっかだろ?俺が、お前の力になってやるって…」

一夏「……弾…」

弾「………」

一夏「……んっ」クイッ

弾「……一夏…」スッ


ギシッ



───
35:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 03:51:31 ID:y8xgmCEQ

一夏『こうして俺と弾は……結ばれた。
   今では相思相愛、ラブラブのホモカップルだ』

一夏『……結局のところ、シャルとの関係は今でもまだ続いている…
   それでも、俺が心の底から本気で愛しているのは……弾一人だけだ』

一夏『シャルが以前言っていた、“ホモがカモフラージュの為にあえて異性と付き合う”という現状に、今の俺達が陥っているのは…何かの皮肉だろうか』

一夏『まぁ…俺自身ホモって事を隠してるつもりなんて、微塵もないんだけどな』

一夏『今ではただ、俺と弾との関係が1日でも長く……出来ることなら一生掛けて続いていく事を、強く願っている』



───おわり───
36:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/01/15(木) 03:55:57 ID:y8xgmCEQ
前作の作者さんごめんなさい。鈴の扱いがぞんざいになったばかりか…結局はホモENDです

ホモセクロスの描写も書こうとしたけど…疲れたんでもう寝ます
お奨め記事
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告