記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:17:56.20 ID:BYon3W/M0
CGプロ――東京――



P「お疲れ様! 今日もバッチリだったぞ!」

凛「当然だよ」フフン

卯月「がんばりました!」

未央「どうどう? 私のファン増えた?」

P「俺が知るかよ! 視聴率計算するマシーンじゃあるまいし!」

4人「「HAHAHAHA」」





■この作品はフィクションです
2:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:19:22.19 ID:BYon3W/M0
P「さて、お前たちにもそろそろ伝えておく必要があるな」

凛「何が?」

P「本当はまだ企画段階だから他言厳禁なんだが……」

P「俺の見立てでは十中八九、お前たちの仕事になりそうだからな」

未央「えっ! 新しいお仕事?!」

P「そう! うちのアイドル3名をパーソナリティにすえた、インターネットラジオだ!」

卯月「もしかしてそれ、CGプロ独占ってことですか!?」

P「その通り! あのニヤニヤ動画に週1で放送することが、ほぼ決定した!」

NG「「おぉ~!!!」」パチパチ
3:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:20:12.86 ID:BYon3W/M0
P「俺の方からはNGの3人を強く薦めておいたぞ」

P「実際には、今度の総選挙の結果も加味されるから、少し変わるかも知れないが……」

凛「でも、頑張れば私たち3人で、ラジオに出られるんだよね?」

P「もちろん! 上位30位に入れば、確実と思っていいだろう」

卯月「凛ちゃん! 未央ちゃん! 絶対一緒にでようね!?」

凛「うんっ」

未央「あたしに任せなさーい!」

P「いや、俺は未央が心配だなぁ」

未央「おいおーい! ここでテンション下げてどうするのさー!」ビシッ

4人「「HAHAHAHA」」
5:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:21:13.13 ID:BYon3W/M0









美嘉「……」キキミミ

美嘉「聞いちゃった……」

美嘉「ネットラジオ……しかも、CGプロの顔として……」

美嘉「出たい……アタシだって出たいのに……!」

美嘉「いくら売り出しの時期だからって、NGばっかりずるい……!」

美嘉「アタシだって……!」ギリッ
6:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:22:09.55 ID:BYon3W/M0
【Part 1 カリスマJKの憂鬱】



トレーニングルーム――



P「お疲れ様です」

ベテトレ「おや、君か」

ベテトレ「珍しいな、ここまで足を運ぶなんて、滅多にないはずだろう?」

P「いやぁ、あいつらの様子を見ておきたいと思って……」

ベテトレ「……フッ、君はどうやら、あの子達に夢中と見える」

P「でしょうね。何せ俺は、NGのファン第1号ですから」

ベテトレ「彼女たちは先ほど終わったばかりだ、今は着替えているところだろう」

ベテトレ「簡単でよければ、今日のレッスンの報告をまとめておくが、どうだ?」

P「お願いします」

ベテトレ「了解した、では適当にくつろいでいてくれ」

美嘉「……」
7:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:23:09.75 ID:BYon3W/M0
美嘉「あっれー? Pさんじゃん、ひさしぶりー★」

P「やぁ、美嘉。元気そうだな」

美嘉「莉嘉には負けるけどね」

P「今度のライブの練習ははかどってるか?」

美嘉「うーん……今以上にTOKIMEKUにはどうするか、悩んでるんだー」

美嘉「今日思いついたのは『終盤になるまで、ずっと仲間にならない』って方法なんだけど……」

P「なるほど、さすがカリスマJKだな! それはすごくTOKIMEKUこと請け合いだぞ!」

美嘉「へっへーん★」
8:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:24:28.66 ID:BYon3W/M0
美嘉「……風の噂に聞いたんだけどさ」

美嘉「なんか、大きな仕事が決まりそうなんだって?」

P「おっ、よく聞きつけたな?」

P「……絶対に内緒だぞ」ヒソヒソ

美嘉「アタシを信じて、ね?」

P「実は、CGプロ独占ネットラジオの企画が、ほぼ決定したんだよ」

美嘉「それは凄いじゃん!」

P「あぁ! あとは、パーソナリティを3人決めるだけだ」
9:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:25:38.51 ID:BYon3W/M0
美嘉「それ、何で3人なワケ?」

P「所属だよ」

P「うちのアイドルはキュート・クール・パッションのどれかに所属するだろ?」

P「CGプロの紹介も入るから、全所属から代表として1人ずつ出演してもらうわけだ」

美嘉「へー」

P「俺はNGを推薦しているんだが……ま、総選挙次第だな」

美嘉「3人とも、有名になってきたもんね」

P「スカウトからずっと見てきたから、感慨深いなぁ……」

美嘉「おじいちゃんみたいなこと言ってたら、すぐ老けちゃうぞー」アハハ

P「ハッハッハ」









美嘉「……」
10:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:26:45.34 ID:BYon3W/M0
【Part 2 13回目の記念日】



喫茶店『宇佐見ん家』――東京――



店員「いらっしゃいませ~! お1人様ですか~?」

客「は、はい……」

店員「奥のテーブル席へどうぞっ! キャハッ☆」

客「えっと、ここかな……?」ガラガラガツンッ!

客「あ……背中、ご、ゴメンなさい」

美嘉(変装)「あ、いえ、大丈夫です」

客「……」ペコリ

美嘉(少し小さい店だから、あまり椅子を出して座ってると、ぶつかっちゃうな……)

美嘉(今来た後ろの子のために、ちょっと椅子を引いておこうっと)ガラッ
11:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:27:38.34 ID:BYon3W/M0
美嘉「……」ゴクゴク

美嘉(と、とうとう、ここまで来ちゃった……)

美嘉(昨日の新聞に掲載してもらった、この三行広告……)ガサッ

『13回目の記念日を祝ってくれた方へ、いつもの場所で』

美嘉(これでプロフェッショナルとコンタクトが取れるって聞いたけど……)

美嘉(まだかな……?)









「それで、依頼はなんですか?」

美嘉「えっ?!」クルッ

12:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:28:40.78 ID:BYon3W/M0
ボノノ「あ、そのまま! そのまま! こっちは見ないで!」

美嘉「えっと……ゴメンなさい」

ボノノ「前を向きながら、私にしゃべって下さい」

美嘉「はい……」

美嘉(い……一体いつの間に!)

美嘉(ドリルヘアーの小柄な女の子が座った場所に、いつの間にか噂のプロフェッショナルが座ってた……!)

美嘉(これが……プロの仕事……!)

美嘉「……」

ボノノ「……」

美嘉「……」

ボノノ(劇画調)「早くしてほしいんですけど(おこ)」

美嘉「あっ、ゴメンなさい……///」
13:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:29:31.59 ID:BYon3W/M0
美嘉「……今度、うちの事務所で総選挙が開かれるんだ」

美嘉「そこで、あるアイドルを圏外にして欲しいの」

ボノノ「……それが本田未央というわけですか」

美嘉「ど、どうしてそれを?!」

ボノノ「私の耳を甘くみないでください」

美嘉「さすがはプロ、情報にも強いんだね」

美嘉「そう。未央を圏外に落とせば、私がラジオのパーソナリティに選ばれる可能性が高くなる……!」

美嘉「先にこの業界で活躍したのはアタシなんだから、チャンスの1つや2つあっても、いいと思わない?」

ボノノ「……」
14:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:30:15.61 ID:BYon3W/M0
美嘉「とにかく、アタシの依頼は、未央を圏外にすること」

ボノノ「でも、CGプロの集計システムは、とても正確な機械を導入するという話です」

ボノノ「一度集計が始まれば、一瞬で数値がたたき出されるでしょう……」

ボノノ「なので、この依頼はむーりぃーということで――」

美嘉「ま、待って!」
15:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:31:52.79 ID:BYon3W/M0
美嘉「確かに集計が始まれば、不正は難しいと思う……」

美嘉「でも、今回に限り、それは大丈夫です!」

ボノノ「……続きを」

美嘉「アタシが調べたところ、その日はラジオの関係者が立ち会うって情報を手に入れたんだ」

美嘉「そんな重要なときに、投票券の不備で集計ができない、なんてことは出来ない……!」

美嘉「未央の投票券が狙撃で大量に集計不可になっても、それを理由に集計を中止することは事実上不可能……!」

美嘉「他のアイドルに黙ったまま、ゴミ箱にポイするしか道はない」

美嘉「どう? これは依頼遂行しやすい条件のはずだよ」

ボノノ「……」
16:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:32:46.22 ID:BYon3W/M0
美嘉「お願いします、この依頼を受けてください!」

ボノノ「……」









ボノノ「分かりました、やりましょう」

美嘉「やった★」

ボノノ「報酬は、収録中に困っている森久保乃々を4回助けることです」

美嘉「えっ、なんでそこで乃々ちゃんが?」

ボノノ(劇画調)「いいから(おこ)」

美嘉「アッハイ」
17:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:33:30.42 ID:BYon3W/M0
ボノノ「では、開票日まで――」ス

美嘉「待って!」

ボノノ「……」

美嘉「乃々ちゃんも助けるけど……」

美嘉「この業界に首突っ込んで疲れてるあなたも……助けていい、かな?」///

ボノノ「……」

美嘉「これは、アタシの個人的な頼みなの……!」

美嘉「先輩だから平気な顔してるけど、NGに全部持ってかれるんじゃないかって、毎日不安で……!」グス

美嘉「お願い……私を楽にして……」ギュ

ボノノ「……」
18:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:34:36.44 ID:BYon3W/M0
【Part 3 カリスマ★ブレイク】



某お城のような建物――



美嘉「あおぉぉ~!」

ボノノ「……」パンパン

美嘉「すごい! やっぱりアンタすごい!」

ボノノ「……」パンパン

美嘉「今だけはカリスマをただの女にして~!」

ボノノ「……」ドピュッ

美嘉「いぃ……フヒ……★」








19:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:35:46.50 ID:BYon3W/M0
ピロートーク中――



ボノノ「……」

美嘉「依頼人の私が言うのもアレだけど……」

美嘉「どうやって未央の投票だけを無効にするつもりなの?」

美嘉「総選挙は、全国から送られてくる投票券を、区別なしに機械に投入する仕組みなのに……」

美嘉「ねぇ、分かってる? 他の子の票を無効にするのは、無しなんだからね?」

ボノノ「……」

美嘉「……もうっ! つれないなぁ……」フンッ

ボノノ「……」
20:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:38:30.17 ID:BYon3W/M0
【Part 4 前夜の調整(ラスト・アライメント)】



開票前夜――
CGプロ――第1会議室――



『第1回総選挙運営特設本部』

晶葉「よし、こんなものかな」

泉「それじゃ試運転ね」

晶葉「チェック用の投票券はバッチリだぞ」

志希「……おっ、やってるねぇ」テクテク

泉「お疲れ様ー」

晶葉「せっかくだ、見学していくかい?」

志希「良いの? やったー!」
21:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:42:09.03 ID:BYon3W/M0
晶葉「それじゃ、いくぞ!」ヒョイヒョイ

志希「おー! 挿入口に入れた投票券が、どんどん吸い込まれていくねー!」

晶葉「泉、カウントはどうだ?」

泉「……うん、今のところ大丈夫」

志希「なるほどー、投票券の文字を読み取って、自動的に投票数をカウントしてくれるのかー、賢いなーチミチミー」ナデナデ

投票システム「ウス」ウィーン

22:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:43:28.07 ID:BYon3W/M0
志希「でもさ、読み取れないくらい汚い字の時は、どうするつもり?」

晶葉「この投票システムは精度が重要だからな。だがそこも抜かりはない」

晶葉「このような悪筆の投票券の場合……」ヒョイ

投票システム「ぺっ」

志希「あ! 別の箱に吐き出した!」

泉「ここに、確実といえない投票券を集めてくれるの」

泉「全ての投票が終われば、ここの投票券を目視でチェックすれば良いでしょ?」

志希「にゃるほどにゃるほど……機械と人間のダブルチェックというわけかー」
23:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:44:06.48 ID:BYon3W/M0
泉「……うん、大丈夫」

晶葉「よし、これで調整は完了だな」

志希「いやー……2人が担当しただけあって、立派なシステムが出来上がったねぇ」

志希「これじゃ、不正は無理かな?」

晶葉「もちろんだ! 市販品ならともかく、これは私たちの共同製作による完全オリジナルだぞ!」

晶葉「物理的にも電子的にも、細工は不可能だと保証しよう!」
24:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:46:12.81 ID:BYon3W/M0
志希「それじゃ、そんな素晴らしいシステムを作り上げたお2人に、ご飯を奢ってあげちゃおー!」

晶葉「そういえば、最近叙々苑に寄っていなかったな」

泉「私、一度銀座の久兵衛に行ってみたかったんだ」

志希「ちょ、ま、2人とも遠慮無さすぎ!」アセアセ

「「HAHAHAHA」」









ボノノ(……)
26:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:49:41.07 ID:BYon3W/M0
ボノノ(思ったとおり、投票システムに不正の介入は不可能……)

ボノノ(やっぱり、仕掛けるとするなら……!)

ちひろ「……えっ、誰ですか?!」ガタッ

乃々「私ですけど……」

ちひろ「なーんだ、乃々ちゃんか」

ちひろ「私はてっきり、劇画調のプロの狙撃手かと思っちゃいました……」

乃々「そんな不審者、見てませんよ……」

ちひろ「うーん……総選挙前日だから、ちょっとピリピリしすぎてるのかしら……?」
28:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:55:55.79 ID:BYon3W/M0
乃々「それなら……私、お手伝いしますから……」

ちひろ「……えぇ!? 乃々ちゃんが、お、おお、お手伝い!?」

ちひろ(いつもお仕事に消極的な乃々ちゃんが、こんなに積極的だなんて……!)

乃々「ちひろさん……明日も忙しいから……」

乃々「私が、手伝います」

ちひろ「……そうね。後は戸締りするだけだし……」

ちひろ(それに、このやる気をそぐようなことはしてはいけない……)

ちひろ「それじゃ、お願いしちゃいます」
29:◆ag9TZfREZs:2016/09/06(火) 23:57:43.92 ID:BYon3W/M0
ちひろ「後はこのフロアの戸締りの確認と施錠だけだから」

ちひろ「特に、投票システムのある第1会議室と、投票券の詰まったダンボールの置いてある第2会議室は、必ず施錠してください」

乃々「はい」

ちひろ「これがその鍵です。なくさないようにね?」つ鍵

乃々「任せてください」ウケトリ

ちひろ「それでは、乃々ちゃんのお言葉に甘えて、今日は失礼します」ペコリ

乃々「あの……明日、頑張ってください」

ちひろ「お姉さんに任せてちょうだい!」コッコッコッ...

乃々「……」ペコリ









ボノノ「……」
31:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:00:17.37 ID:uP6dyUrD0
【Part 5 ちゃんみおは不憫】



開票当日――
CGプロ――第1会議室――



『第1回総選挙運営特設本部』

ちひろ「投票システム、特に異常ありません」

P「よし、それじゃ集計開始!」









凛「ついにはじまったね」

卯月「緊張します……」

未央「へぇ~、あの機械で全部済ませちゃうんだ~!」

杏「もう帰っていいかな?」

きらり「ダーメっ。最後まで立ち会うにぃ!」
32:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:00:58.98 ID:uP6dyUrD0
乃々「どうして私たちまで……」

美玲「そうだそうだ! ウチらは入社日の都合で、参加してないんだぞッ!」

輝子「私が参加しているから……らしい」

輝子「面倒かけて……す、すまない」

美玲「謝るくらいなら、上位に入れよなッ!」

輝子「が、がんばる……フヒ」

乃々「ダメでも、パーティを開いて、慰めてあげますから……」
33:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:02:08.12 ID:uP6dyUrD0
ラジオディレクター(以降D)「やぁ、君たちがNGだね?」

P「今日はここまでお越しいただき、ありがとうございます」ペコリ

D「なぁに、こんなに面白いものが見られるんだ、気にしてないよ」

P「凛、卯月、未央! この方が今度のラジオのディレクターさんだ」

NG「「こんにちは!!!」」ペコリ

D「うんうん、行儀良くて良い子たちじゃないか」









美嘉(くっ……!)

美嘉(私には、声をかけてくれないんだ……!)ギリッ
34:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:02:52.54 ID:uP6dyUrD0
P「ふぅ~……個人票はこんなものかな?」

P「1枚ずつ入れてみましたが、特に問題はなさそうです」

ちひろ「それじゃ、本番を開始しましょうか」

ちひろ「残りの個人票は見つけ次第、追々やっていきましょう」

P「そうですね」

P「よぉし! それじゃ、運んできます!」タッタッタ

ちひろ「お願いします」









美嘉「?」

美嘉「あれ、Pさんは何してるの?」

美嘉「まだ開票途中だってのに?」

未央「あれ? 美嘉ねぇ、知らないの?」

美嘉「何が?」
35:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:04:23.49 ID:uP6dyUrD0
未央「総選挙の投票って、大きく分けて2種類あるんだって」

未央「1つは今みたいに、1枚ずつ投票されるもの」

未央「もう1つは、一度に大量に投票されるもの」

未央「そういうのは郵便局の方で、輪ゴムでとめられて郵送されてくるんだってさ」

未央「だから先に、ダンボールでアイドルごとに仕分けておいてあったんだよ」

未央「機械に一気に投入したいからって」

P「まずは、凛からなー」ドサッ









美嘉(こ、これか――!!)
36:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:05:02.13 ID:uP6dyUrD0
美嘉(私は今まで、すべての投票券が1枚単位で送られてくるものとばかり考えていた……)

P「これはかな子のだなー」ドサッ

美嘉(でも実際は、こうして束で送られるケースが存在する……)

P「おっ、杏のも大量だぞー」ドサッ

杏「げっ! 休ませてよもう……」

美嘉(特に人気のアイドルは、塊で送られることがほとんどのはず……)

P「愛梨のは……なんだこれ、重っ!?」ズンッ

美嘉(それをまとめたダンボールを狙撃すれば、他の子に迷惑をかけることなく、大量の無効票を作ることができる……!)

P「今回は、パッションの子が人気みたいだなー」ドサッ

美嘉(つまり、ボノノ13の真の狙いは――!)

37:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:05:34.74 ID:uP6dyUrD0
P「これも相当あるぞ……未央の票だ」ドサッ

未央「うわぁ……!」キラキラ

卯月「未央ちゃんの票、すごい量ですね!」

凛「これ、私たちよりも多くない?」

P「パッション景気のおかげかもな」

P「さ、全部機械に投入するから、ちょっと下がってなさい」

NG「「はーい」」

ボノノ(……)
38:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:06:14.41 ID:uP6dyUrD0









ズキューン!!








39:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:07:10.27 ID:uP6dyUrD0
ダンボール『ぼわっ!!』



未央「きゃあっ!?」

凛「火が……!」

卯月「あわわわ……」

P「おい、全員離れて!」

ちひろ「Pさんコレを!」つ消火器

P「ありがとうございます」ウケトリッ!



消火器『ぶしゅー!』



未央「しまむー、大丈夫?!」

卯月「だ、大丈夫……」
40:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:07:44.13 ID:uP6dyUrD0
凛「誰か、火傷した子はいる?!」

きらり「ソファ側、大丈夫……!」

加蓮「高校生組は大丈夫だよ!」

桃華「年少組は全員無事ですわ!」

幸子「中学生組も問題ありません!」

美波「大人組、全員の無事を確認しました!」

ちひろ「けが人がいないのは幸いですね」
41:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:08:31.99 ID:uP6dyUrD0
P「鎮火確認!」

P「それにしても……うわぁ……」

卯月「あっ……!」

凛「投票券が……!」

未央「黒こげ……」

P「くそ! 未央の分はまだ入れる前だったから……!」

卯月「あ、あの! これ……どうなっちゃうんですか!?」

P「……」

P「規定では、破損した投票券は無効となる……」

P「この箱の投票券は全部……無効ということだ」

卯月「そんな……!」
42:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:09:21.17 ID:uP6dyUrD0
卯月「Pさんも、みんなも、見たじゃないですか!」

卯月「未央ちゃんに、あんなにたくさん投票されてたところを!」

凛「卯月……」

未央「しまむー……」

卯月「全部は無理でも、せめて厚みから大体の数を投票すれば――!」

杏「バカ言っちゃダメだよ」グデーン...

きらり「杏ちゃん?」
43:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:10:36.63 ID:uP6dyUrD0
杏「よっと」スタッ

杏「たとえば……この焦げ山の上から130枚目」

杏「実はこれ、杏の投票券なんだよ」

卯月「……へっ?」

杏「いやー残念だなーせっかくの投票券が無効になっちゃったよー」

卯月「えっでも、これは未央ちゃん宛の――!」

杏「……ね?」

杏「いくら同時にたくさん送られてきたからって、この1枚が杏のだってこと、否定も肯定もできないでしょ?」

杏「それが分からないまま、全てを未央ちゃんの票にするのは……良くないんじゃないかな?」

卯月「うぅ……」
44:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:11:41.91 ID:uP6dyUrD0
杏「そういうことにならないようにするための、ルールなんだよ」

杏「投票券の破損は全て無効――最初からそう決まってるんだから、それに従わなきゃ」

杏「……杏だって、杏への投票は受け止めてるんだから……この処置も受け止めるべきでしょ?」

卯月「……うん……」

杏「……あ~……長いこと喋ったから疲れた~……」フワァ...

杏「きらり、膝枕」ポフッ

杏「終わるまで起こさないでねー……」ダラーン

きらり「……うん」ナデナデ
45:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:21:17.96 ID:uP6dyUrD0
未央「杏ちゃんの言うとおりだよ」

未央「ルールは守らなきゃ」

卯月「でも……でも゛……!」グスッ

卯月「これじゃ……未央ちゃんが……!」

凛「Pさん!」

P「……どうですか?」

D「……仕方ないでしょう……」ムゥ...

P「……そういうことだ」









P「今度のラジオのMC……残念だが未央は、選ばれないだろう……」

凛「くっ……!」
46:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:21:50.21 ID:uP6dyUrD0
未央「もう良いよ」

未央「私は選ばれなかった……ただそれだけだから」

卯月「私、や゛だよ……! 一緒にラジオしたかったのにぃ……!」グスッ

未央「これが運命だったんだよ、なら受け入れなきゃ」

卯月「だからって……こんな゛の、可哀想……!」ヒッグ

未央「大丈夫」

未央「確かに、私の票数は少ないけど……」

未央「あのたくさんの投票券の姿は、私たちの心の中にあるじゃん……!」

卯月「ぐすっ……う゛ん……!」

凛「うん……そうだね……!」
47:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:22:21.65 ID:uP6dyUrD0
未央「あれだけで私は、頑張っていける!」

未央「そして絶対、返り咲いてみせる!」

未央「だからしまむーたちは、私を信じて頑張って!」

未央「それまで、私の席を確保しといてよねっ」

卯月「う゛ん……うん……!」コクコク

凛「約束するよ」

凛「それまで絶対、ラジオを続けてみせるから」

凛「でも、早めにお願いだよ?」

凛「いくらヒーローが遅れてやって来るって言っても、待たせて良いってワケじゃないんだから」

未央「フフン! この本田未央に、まっかせなさい!」
48:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:24:03.31 ID:uP6dyUrD0
P「未央、本当にすまない……」

未央「ホラホラ! Pさんまで湿っぽくなってどうするのさ!」

未央「まだまだ投票券は残ってるんだよ?」

P「……あぁ!」

P「同じことが起こらないよう、細心の注意をはらって、作業を続けよう!」

P「みんなも気をつけてくれ!」

P「それでは、集計作業を再開する!」









美嘉(すごい……本当に未央の票だけが消えた……!)

美嘉(流石……ボノノ13……!)
49:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:24:59.41 ID:uP6dyUrD0
【Part 6 試合に勝って……】



CGプロ――屋上――



美嘉「……」



――
――――

P『この間話したネットラジオの件だが……』

P『パッション代表を、美嘉にしようと思う』

P『カリスマギャルとしての実績があり、知名度が高い上、今回の総選挙で良好な結果を出している』

P『期待しているぞ!』

――――
――



美嘉(結局、パッション代表は私に決まった……)
50:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:25:30.51 ID:uP6dyUrD0
未央「……」ガチャリ

未央「あ、いた」

美嘉「……?!」

未央「さっきPさんから聞いたよ」

未央「MCおめでとう」

美嘉「あ、ありがと★」

未央「今回は、こんな結果になっちゃったけどさ……」

未央「でも私は、美嘉ねぇが選ばれて、本当にうれしいんだ!」
51:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:26:05.57 ID:uP6dyUrD0
未央「美嘉ねぇなら、無愛想な凛や、意外と繊細な卯月のことを、支えてくれるって信じてるから」

美嘉「あ、アタシにできるかな……?」

未央「絶対できる! 私が言うんだから、間違いなし!」エッヘン

未央「……」

未央「2人を、お願いします」ペコリ

美嘉「あ、あぁ……うん、オッケー!」

美嘉「ラジオは絶対に盛り上げて見せるから、心配しないで!」

未央「……やっぱり、美嘉ねぇで良かった……」ポツリ

美嘉(――!)

未央「それじゃ、おやすみなさーい!」タッタッタ

美嘉(……)

52:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:26:43.01 ID:uP6dyUrD0
美嘉(結局、私の思惑通りに全てが進んだ……)

美嘉(なのにどうして、こんなに胸が苦しいの……?!)

美嘉(ダメ……どうしても、あの未央の投票券の山が、頭から消えない……!)

美嘉「くっ……こんなハズじゃ……!」ガクッ








53:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:27:47.82 ID:uP6dyUrD0
【Part 7 全ては燃えた】



第1会議室――



早苗「……やっぱり!」

P「何か見つかりましたか?」

早苗「わずかだけど、燃料オイルのにおいがするわ」スンスン

早苗「投票券にはあらかじめ、この可燃性オイルがまかれていたのよ」

早苗「これなら、わずかな火種で、投票券を損傷させることができるわね」

P「しかし、そういうオイルはたいてい、揮発性が高いですよね?」

P「元から投票券に染み込ませていたとしても、もう乾燥しているハズですよ」
54:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:28:26.39 ID:uP6dyUrD0
早苗「……」

早苗「つまり、内部犯の仕業でしょう」

P「ば、バカな!」

P「そんなことをするやつが、CGプロにいるなんて……!」

早苗「まぁ、内部犯は私の想像だけど……」

早苗「どちらにしても、犯人が可燃性オイルで投票券を焼いたのは事実よ」ガサゴソ

早苗「発火装置は……コレね」つ弾丸

P「これは……銃弾?!」

早苗「このダンボールの底に、鉄板が仕込まれていたわ」

早苗「底部分に鉄板をガムテで貼るという、かなり単純な仕掛けよ」

早苗「中には大量の投票券が入っていたから、多少重くなってても分からなかったでしょうね」
55:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:29:00.48 ID:uP6dyUrD0
早苗「犯人は鉄板に向けて弾丸を衝突させ、火花を発生させる……」

早苗「それが可燃性オイルに引火し、投票券を焼いた……」

P「バカな! ここは密室ですよ!?」

P「部屋の中で、ダンボールに発砲した犯人がいるって言うんですか!?」

早苗「証拠はそう物語っているわ」

早苗「だけど……犯人につながる目撃証言が、存在しない……!」
56:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:30:04.06 ID:uP6dyUrD0
P「くっ……一体誰が、そんなことを……!」

P「箱を開けた直後はすぐそばに、小道具の猟銃を持った乃々が銃口を箱に向けていたこと以外、何もおかしいところはなかったのに……!」

早苗「これは……迷宮入りね」

P「くそっ!」ダンッ









早苗「……」

早苗(この手際のよさ……まさか、あの伝説の……?!)

早苗(……いえ、邪推はやめておきましょう)

早苗(真相はもう、燃えてしまったんだから……)





END
57:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:31:45.64 ID:uP6dyUrD0
募集



本シリーズでは引き続き『猟銃を持った劇画調の森久保乃々の画像』の募集を行っております



どこかで見かけたという方、是非ご連絡お願いします
58:◆ag9TZfREZs:2016/09/07(水) 00:34:37.60 ID:uP6dyUrD0
依頼主である女性が自ら抱かれにいくパターンでした



実際にあった出来事をもとにしたストーリーは、書いていてなかなか楽しかったです



以上です、ありがとうございました
お奨め記事
9月8日 00時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告