記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:39:02.83 ID:sCxHvtia0
凛「2人ともおはよう」

卯月「はい、おはようございます」

未央「おっはよー! 今日は朝からスケジュールみっちりだから未央ちゃん気合入ってますぞー!」

卯月「午前はラジオの収録ですね」

凛「その後、午後から衣装合わせとレッスン。卯月、未央、今日も1日よろしくね」

未央「よーし、はりきっていこー!」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:40:21.35 ID:sCxHvtia0
………
……


未央「――そんなわけで、次のライブでは新しい私達をアピールするから、来てくれるリスナーの皆もそこんとこよろしく!」

卯月「ファンのみなさんと一緒に、笑顔になれるように頑張ります!」

凛「うん、いい感じ」

未央「じゃあ次は新コーナーいっちゃおう!」

卯月「未央ちゃん、新コーナーって?」

凛「私も知らないんだけど……」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:41:52.89 ID:sCxHvtia0
未央「ほら、前回のフリートークで事務所にいたしぶりんの行動が可愛かったって話をしたじゃん? 反響が物凄くてさー」

凛「え!」

卯月「このメール全部? 凄い量ですねぇ」

未央「みんなも気になるだろうし、『今週のしぶりん』ってコーナー作ったらいいんじゃないかなってさ」

卯月「わぁ、良い考えですね!」

凛「卯月までなに言ってるの!?」

未央「でしょでしょー! じゃあ早速今週のしぶりんは……前にしぶりんと一緒の車で移動中に、カーラジオから自分の曲が流れてきて――」

凛「カット! このコーナー丸ごとカットでお願いします!」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:43:29.45 ID:sCxHvtia0
………
……


未央「しぶりーん、機嫌なおしてってばー!」

凛「やだ」

卯月「結局、スタッフさんたちには大うけしてましたからね……」

未央「本人の希望だから勿体ないけど使わないとは言ってたからさ! ね、だから許してよー!」

凛「プリン」

未央「へ?」

凛「さっきコンビニで昼食買ったときに、デザートで買ってた新発売のプリン」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:44:10.54 ID:sCxHvtia0

未央「う……わ、わかったよー! どうぞお受け取りくださいませ……」

卯月「未央ちゃんそんなの買ってたんですね」

未央「あはは、美味しそうだったからつい」

凛「これから衣装合わせなんだから、食べ過ぎはよくないよ。私が責任もって食べる……うん、美味し」

未央「むー! 終わったら絶対買って帰る!」

卯月「美味しそう……私もそうしようかな……」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:45:04.33 ID:sCxHvtia0
………
……


凛「それが次のライブ衣装だけど、とりあえず着てみてどう?」

卯月「今回もとっても素敵です!」

未央「うんうん、良い感じだねー! サイズもバッチリ!」

凛「2人ともよく似合ってるよ」

卯月「えへへ、ありがとうございます♪」

未央「そう言うしぶりんこそ、その恰好よく似合ってるよねぇ」

卯月「わかります! 凛ちゃんのクールな感じが引き立ちますよね!」

凛「ちょっと待って、普通に恥ずかしいから……」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:46:20.82 ID:sCxHvtia0
………
……


トレーナー「――よし、そこまで」

未央「はぁ、はぁ……今回の曲、ダンスきっついよぉ……」

卯月「いつもより、ステージを、広く、使いますからね……ふぅ」

凛「最後の振り、未央が少し早かったかな。卯月は歌に集中すると動きが小さくなってるよ」

トレーナー「ふむ、渋谷の言う通りだ。言われた箇所を意識して、もう一度通しでやるぞ」

未央「しぶりーん! 自分だけケロッとした顔してるからってそりゃないよー!」

卯月「また通しで……が、頑張ります!」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:47:26.66 ID:sCxHvtia0
………
……


凛「ただいま戻りました」

未央「はぁー終わったー!」

モバP(以下、P)「おう、おつかれさん」

卯月「おつかれさまです、プロデューサーさん」

未央「なーんか久しぶりに見た気がするね」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:50:18.10 ID:sCxHvtia0
凛「新しい担当の子はどう?」

P「頑張ってるよ。初々しくて最初の頃のお前たちを見ているようだ」

凛「ふふっ、それ何年前の話?」

未央「あーなんか懐かしいねぇ」

P「3人とも20歳超えたって、月日の流れは速いよなぁ」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:53:08.23 ID:sCxHvtia0
卯月「こうしてプロデューサーさんの担当が変更になったり、そもそも事務所のアイドルも抜けたり新しく入ったりですね……」

P「そうだな……ま、アイドルは可能性のひとつだ。本人が進みたい道を見つけたなら、俺はそれを応援したいかな」

未央「いや~、プロデューサーは担当思いですなぁ」

凛「うん、ほんとに……」

P「よせよ、こんなおじさん褒めてもいいことないぞ」

卯月「おじさんなんて、そんなことないですよ」

P「いや、最近目が覚めると枕から親父の匂いがしてな……」

未央「おっと、意外と本気で気にしてらっしゃいますなぁ……」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:54:59.16 ID:sCxHvtia0
P「それより、もう遅いから用がないなら帰っとけよ?」

卯月「あ、はい。凛ちゃん未央ちゃん、帰りましょうか」

凛「ごめん、私はやることあるからもう少し残るね」

未央「あ、そっか。じゃあしまむー、プリン買って帰ろっか!」

卯月「そういえばそんなこと言ってましたね。ふふ、じゃあ一緒に買っていきましょう」

凛「じゃあまた明日ね。おつかれさま」

卯月「はい、おつかれさまでした」

未央「プロデューサーもね! お先失礼しまーす!」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:58:01.63 ID:sCxHvtia0
………
……


凛「はい、コーヒー飲むでしょ?」

P「俺の分まで悪いな、サンキュー」カタカタカタ

凛「ついでだからいいよ。さてと……」



凛「……」カタカタカタ

P「……」カタカタカタ

凛「あれ……?」カタ…カタ……

P「……」カタカタカタ

凛「あの、プロデューサー?」

P「んー? ヘルプが必要か?」カタカタカタ

凛「うん……ここなんだけど、どうしたら上手くまとまるかな? 」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 20:58:55.02 ID:sCxHvtia0
P「どれどれ……あぁ、これはこっちのキーを押しながら選択してやれば、と」カチカチ

凛「あ、そうか……」

P「あとは、ここにこいつを入れてやれば、もっと見やすくなるかな」カチカチカチ

凛「なるほど……うん、ありがとう」


P「なに、いいってことよ、新米プロデューサーくん」

凛「もう、すぐにそうやって茶化すんだから」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 21:01:06.65 ID:sCxHvtia0
P「それにしても、凛がプロデューサーに転向したいと言い出した時は驚いたよ」

凛「いろいろ迷惑かけたよね」

P「さっきも言ったが、本人が進みたい道を見つけたら応援するさ。アイドルからプロデューサー……業界でも前例はあるしな」

凛「うん。それでもありがとう」

P「それで、プロデュースする側になってみての感想は?」

凛「想像以上に大変だけどやりがいはあるよ。私も、自分で育てたアイドルという花を、ステージいっぱいに咲かせてみたい。それに……」

P「それに?」



凛「プロデューサーと同じ目線に立てたのが、ちょっと嬉しいかな。これからもよろしくね、先輩?」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 21:03:42.66 ID:sCxHvtia0
りっちゃん以外にもプロデューサーを志そうとするアイドルがいてもいいじゃないか。
ここまで読んでくださった方に、名刺だけでも。
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 21:12:17.72 ID:FL1u2+lxO
ラジオ出てたってことはニュージェネアイドル兼任Pみたいなやつだな
続きはよ
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/02(金) 21:24:35.47 ID:sCxHvtia0
>>16
凛Pはブースには入らずガラスを隔てた調整室で見守りながら相槌をうってるイメージです。描写不足ですみません。
お奨め記事
9月4日 02時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告