記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:25:51.18 ID:ItUeiwkJ0
2:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:26:38.69 ID:ItUeiwkJ0

―――――プロダクション・会議室―――――


美城常務「ふむ、全員……集まったようだな……。では……今月の……会議を……、くっ……」

神谷奈緒(あれ、どうかしたのか……?)

鷺沢文香「常務……お気持ちは……わかりますが……」

渋谷凛(?)

大槻唯「……」

速水奏「失ったものは返ってはこないわ、前を向くのがあの娘のため……でしょう?」

常務「……ああ、速水の言う通りだ。すまない、少し現実が受け入れられなくてな」

橘ありす「あ、あの……、何かあったんですか……?」

塩見周子「あれ? ありすちゃんは知らない感じ……?」

常務「私も信じたくはない……。耳を疑った。だが、起きてしまった事実は変えられない」

宮本フレデリカ「……」

常務「まさか……」

常務「北条が海で果てるとは……」

北条加蓮「えっ!? 私!?!?!?」


3:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:27:17.05 ID:ItUeiwkJ0

常務「……!? 北条……!?」

加蓮「その“なぜいるんだ”みたいな顔やめてくれない!?」

文香「常務、お盆ですから」

常務「……ああ!」ポンッ

加蓮「“ああ”じゃないでしょ!?」

常務「誰か、ナスときゅうりを用意してくれ」

加蓮「還すな!!!」

??「ナスじゃなくてカコですよー♪」トコトコ

ありす「侵入者ーーー!!!」


4:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:28:07.90 ID:ItUeiwkJ0

常務「こういう時はどうすれば……」

奈緒(何もしなくていいから)

フレデリカ「ふふふー! この霊媒師フレちゃんにお任せを!」

唯「ふ、フレちゃん、あの霊をどうにかできるの!?」

加蓮「とうとう三人称が“あの霊”になってるんだけど!?」

フレデリカ「まずは定番のお塩をお願い!(大さじ2)」

凛(料理番組っぽい)

文香「すみませんフレデリカさん、さとうしかありませんでした……」

フレデリカ「それでもいいや!」

文香「アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆」

ありす「文香さん!?」


6:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:28:53.12 ID:ItUeiwkJ0

常務「飽きたな。会議を始めよう」

みんな「はーい」

奈緒(切り替え能力エグいな)

加蓮「始まる前から疲れたんだけど……」

常務「すまないな、政子」

加蓮「疲れたって聞こえなかった!?」

凛(今日は加蓮が大変そう……)

常務「……」チラッ

凛「!?」ビクッ

常務「……」フッ……

凛「“お前はまた後で”みたいな顔しなかった!?」


7:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:29:35.52 ID:ItUeiwkJ0

常務「ではそろそろ始めるが、何か質問はあるか」

周子「アーニャちゃんのサボりの理由はー?」

凛(もうサボりは共通認識なんだ)

常務「“暑いから”らしい」

ありす「もう誤魔化す気すらありませんよね!?」

常務「まあロシア出身で暑さには弱いのだろう。ゆっくり休んでもらうとする」

奏「アーニャ、Twitterで『プールなう』って呟いてるわよ」

ありす(ええ……)

常務「……会議なう」ポチポチ

加蓮(なんで対抗してるの)

フレデリカ「会議をしたくてもできない人の気持ちは考えないんですか!」

奈緒「クソリプを送るな!」


8:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:30:09.42 ID:ItUeiwkJ0

常務「まずは大槻、イベント、ご苦労だった」

唯「楽しかったよー!」

常務「やはりマツケンサンバは良い曲だな」

凛(雰囲気似てるけども)

常務「そういえば、相葉は元気か?」

唯「果てたよ?」キョトン

ありす「当然のように!?」

奏「前回すでに危険信号が出ていたのに、イベントをリーダーとしてこなしながらSSRとしての撮影……。さながらオーバーロードね」フフフ

奈緒「全然うまくないからな!!!」


9:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:30:52.18 ID:ItUeiwkJ0

常務「大槻は海での撮影もあったようだが、そちらはどうだった?」

唯「もっちろん! 楽しかったよ!」

常務「なによりだ。次は人数を増やすのも良いかもしれないな」

唯「そうだねー! 夕美ちゃんとか」

奈緒「お前らは鬼か!?」

フレデリカ「ナナちゃんとか!」

ありす「それは普通にやめてあげてください」


10:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:31:19.77 ID:ItUeiwkJ0

常務「そういえば、前回の会議から今回までの間に塩見、宮本、大槻がSSR昇格を果たした。歓迎するべき事態だ」

周子「これでこの部屋の全員だね」

常務「私以外はな」

加蓮(狙ってるの!?)

常務「今年のエイプリルフールでは千川事務員がダンスを披露した。つまり来年は……」

凛(嘘でしょ?)

常務「今西部長が踊るらしい」

凛「嘘でしょ!?!?」


11:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:31:54.05 ID:ItUeiwkJ0

常務「では宮本」

フレデリカ「わっしょい!」

常務「橘氏とー?」

フレデリカ「立ち話!」

2人「ドヤァ……」チラッ

ありす「こっち見ないでください」



12:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:32:22.24 ID:ItUeiwkJ0

常務「『ブラデリカ』は非常に良い企画だったな。次回も検討しておこう」

フレデリカ「わーい!」

常務「次のメンバーはどうする? 誰か希望はあるか?」

フレデリカ「ありすちゃんは確定でー」

ありす「なぜ」

常務「この世はツッコミがいないと成り立たない。それくらいは君も理解しているだろう」

ありす「なんで偉そうなんですか!」

文香「大変な役割でしょう……。私も同じですからわかります……」

ありす「文香さんは自分の立ち位置がボケではないと!?」

奏「真面目なキャラも疲れてしまうわよね……」

ありす「少なくとも私の視界に真面目な人は映っていませんが」

唯「ええ!?」ガーン

加蓮(みんな自分を客観視するのヘタすぎるでしょ!?)

常務「私を見習ってほしいものだ」

奈緒(親玉がこれだからな)


13:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:32:55.54 ID:ItUeiwkJ0

常務「次は塩見だが、最近はそこまで大きな仕事は入っていないな」

周子「わりかし休ませてもらってるよー」

常務「何かやりたい仕事はあるか?」

周子「あたしにもわからない」

奈緒(それじゃダメだろ)

周子「強いて言うなら……、お菓子作りとか? ……あ、和菓子じゃなくってね」

常務「なるほど、洋菓子か。何ラミスが作りたい?」

ありす「ティラミス以外の選択肢を排除した意味」

周子「ラミレス」

ありす「か、会話をしてください!」

常務「(この時点で3位につけるとは)有能すぎるのも困りものだな……」

ありす「なんの話ですか!?」

常務「アメをやろう」

凛(また!?)


14:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:33:47.00 ID:ItUeiwkJ0

常務「しかし塩見は肌が白いな」

周子「んー? そうかな?」

常務「ああ、まるで、塩のような白さだ」

フレデリカ「……」

奏「……」

唯「……」

りんなおかれん「……」

常務「塩のようだ」

ありす「メンタル」


15:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:34:24.57 ID:ItUeiwkJ0

常務「速水も、塩見達とのユニット以降は仕事が立て込んではいないな」

奏「そうね」

常務「このスキマスイッチが!」

加蓮(急にどうしたの!?)

奏「誰が全力少年ですって?」

奈緒(違うだろ! カバーした“奏”の話だろ!)

文香「積み上げたものぶっ壊し……おっと、これ以上はJ〇SRACに睨まれてしまいますね……」

ありす「1人で勝手にケンカ売るのやめてくれません!?」


16:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:34:51.95 ID:ItUeiwkJ0

常務「速水も何かやりたい仕事があるなら、前向きに検討してやっても構わないと思わなくもないが」

凛(仲悪いの?)

奏「別に」

加蓮(仲悪いの?)

常務「まあ奏っちならどんな仕事も完璧にこなしてくれるだろうがな」

奏「任せてちょうだい。必ず期待に応えてみせるわ」

奈緒「この流れで仲良しかよ!? わけわかんないな!!!」


17:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:35:23.39 ID:ItUeiwkJ0

常務「次に鷺沢」

文香「文香っちです」

ありす「なんでちょっと嫉妬してるんですか」

常務「すまなかった、ふみふみ」

ありす「3段飛ばしくらいで距離を詰めますよね」

文香「じょむじょむ……」

ありす「センス0なんですか!?」

常務「私のことは“ょむょむ”と呼んでくれ」

奈緒(とうとう読めなくなったな!?)


18:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:36:02.85 ID:ItUeiwkJ0

常務「この前は茶荘での撮影をこなしてくれたようだ」

文香「どこで飲んでもお茶はお茶です……」

加蓮(もうただの暴言でしょ)

常務&フレ「「お茶はお茶」」クワッ

凛(そのフレ〇ドパークっぽさはなんなの!?)

フレデリカ「そんな文香ちゃんに利きお茶をやってもらうよー!」

常務「この4種類のお茶を飲み分けてほしい」カチャカチャ

奈緒(なんか始まった……)

文香「……」ゴクゴク

常務「飲ーんで飲んで飲んで」

奈緒「コールをするな!」


19:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:36:35.25 ID:ItUeiwkJ0

文香「……」ゴクゴク

みんな「……」

文香「右から、おーい〇茶、綾〇、十六〇……」

フレデリカ「すごーい♪」

奈緒(当たってるのかよ!?)

常務「ラストは」

文香「……」

文香「……茜さんが夏に向けて自宅で大量生産した麦茶です」

ありす「えらく具体的ですね!?」

常務「……素晴らしい」

加蓮(ご名答なの!?)


20:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:37:16.78 ID:ItUeiwkJ0

常務「では橘」

ありす「いや文香さん、結局お仕事の話してませんけど」

常務「橘は“魔導士”の衣装での撮影があったな、ご苦労」

ありす「あ、あれですか、まあ自分としても、なかなか良い撮影ができました」

常務「とても格好よかった。君の大人びた衣装を見て、その背伸びを『カワイイ』と一笑に付す者もいるかもしれないが、私はそうは思わない」

文香「ええ、ありすちゃんの秘めたる強さを引き出し、皆の意識を惹き止める。そんな素晴らしい衣装でした」

奏「もちろん、その中に年相応の表情が加わることによってその魅力は何倍にも」

ありす「す、ストップ! ストップ!!! 急になんなんですか!?」


21:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:37:46.89 ID:ItUeiwkJ0

フレデリカ「みんなありすちゃんを褒めてるんだよー? もちろんフレちゃんも!」

周子「うんうん」

唯「そーだそーだ!」

ありす「こ、ここぞとばかりに……!」

加蓮「いいじゃん♪ よかったよ」

凛「そうだね、見惚れちゃった」

ありす「あなた方が乗っかったらおしまいなんですから!!!」

奈緒「……」

ありす「……奈緒さん」

奈緒「あたしは……乗っからないぞ……! ありす……!」

ありす「奈緒さん!」パァァァァ

常務「なおあり……アリだな」

文香「アリで……だじぇ……」

加蓮(そっちに口調を合わせる必要あった?)

凛(ごめんねありす)



22:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:38:15.97 ID:ItUeiwkJ0

常務「ではお待ちかねの……」チラッ

凛「!」ビクッ

凛(冷静に……、山手線の両隣の駅の後、東横線がきて、前回は成田エクスプレス経由で飛行機で北海道……)

凛(普通に考えるなら西日本の遠いとこまで飛行機……。大阪、広島、福岡、もしかすると沖縄もあるかも……)

凛(いや、この常務のことだから、いきなり海外ってことも……)

凛(ううん、何が来ても、何処が来ても、いつものように対応するだけ……)

凛(……来い!!!)

常務「ロン」

凛「リンだよ!!!!!」


23:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:39:26.27 ID:ItUeiwkJ0

常務「今までで一番の声だったぞ、ポン」

凛「リンだから!!!」

文香「……王手」パチン

ありす「ゲームが違いますけど!?」

フレデリカ「トラップカード発動!」

加蓮(自由か!)

唯「城之内くん!!!」

奈緒「誰だよ!?」


24:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:40:48.48 ID:ItUeiwkJ0

常務「今回、神谷と北条は水着の仕事をこなしてくれた」

奈緒(あたしはプールで加蓮は海だったなー)

常務「2人とも、良いお尻だった」

加蓮「オブラートって知らないの?」

常務「しかし北条は……くっ……」

奈緒「そのくだり、またやるのか!?」

常務「思えば兆候はあった……。北条はここ最近、1日3食しか食べていなかったそうだ」

加蓮「それ以上を求めるの!?」

奏「むごいわね……」

加蓮「逆に聞くけど何食がアイドルの基本なの!?」

常務「しかも、8時間睡眠……!」

凛「非の打ち所がないと思うけど!?」

フレデリカ「たった……8時間……!?」

奈緒「たった!?」

文香「Zzz……」

奈緒「睡眠時間を稼ぐな!!!」


25:◆i/Ay6sgovU:2016/08/16(火) 23:41:15.15 ID:ItUeiwkJ0

常務「では、そろそろグランドフィナーレといこうか」

ありす「前回までそんな壮大な終わり方してませんでしたよね」

常務「皆、花火は持ったか」

奈緒「そういう方向性!? 危ないだろ!?」

常務「ジョーム・ジョークだ」

加蓮「当然のように言うけど初耳だから!!!」

常務「では一本締めでいこう。私に合わせてくれ」

フレデリカ「はーい!」

凛(まあ、それなら)

常務「ではいくぞ。お手を拝借」


常務「ほっ」

常務「しっ」

常務「いっ」

みんな「のっ♪」パァン

奈緒「その掛け声やめろ!!!」


おわり



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/16(火) 23:43:33.04 ID:SEZ8o9u7O


流れるような流れが素晴らしくてすごい(語彙貧困)
めっちゃニヤニヤしたわぁ
お奨め記事
8月19日 00時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告