記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 15:51:38.75 ID:y/bsJ8Ae0
独自の解釈とかが入ると思います

ポンコツなまほ姉が好きなんです

まほカチュ流行れ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470552698
2:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 15:52:29.88 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「この紅茶には塩分は入ってるのか?」

カチューシャ「入ってるわけないじゃない」

ノンナ「ピロージナエ・カルトーシカです」コトッ

まほ「…………」ポイッ

カチューシャ「?、なに投げたの……」

ノンナ「鷹の爪ですね」

カチューシャ「もう!?何しに来たの? 馬鹿にしに来たなら帰りなさいよ!」

まほ「!」パアッ

カチューシャ「なんで帰れって言われてちょっと嬉しそうなのよ!」
3:歌詞ネタだと話が広がらない ◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 16:01:25.11 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「で、今日突然訪ねた理由なんだが…」

カチューシャ「そうね、さっきまでの奇行は見なかったことにするから早く本題に入ってちょうだい」

まほ「相談があるんだ」

カチューシャ「相談? ウチに来なくてもミホーシャとかエリカが居るじゃない」

まほ「その二人の事なんだ」

カチューシャ「あの二人がどうしたのよ?」

まほ「最近エリカが寄港日に一人でどこかへ行くことが多くなったんだ、それで一回こっそり着いていった」
4:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 16:09:52.23 ID:y/bsJ8Ae0
カチューシャ「ははーん、ミホーシャとこっそり会ってるのを見ちゃったんでしょ」

まほ「いや、見失った」

カチューシャ「なんで?気づかれて撒かれたの?」

まほ「何があったかは定かではないんだが、カレーの匂いがしたと思ったら、いつの間にか小料理屋でカレーを食べていてエリカの姿も消えていたんだ」

ノンナ「お腹が空いたから追跡を断念したんですね」

まほ「いや、不思議な力によって時空をねじ曲げられたんだ」

ノンナ「恥ずかしがらなくっていいんですよ。カチューシャもよくお腹が空いたからという理由で外出を中断して帰ってきますから」

カチューシャ「ノンナ!!余計なこと言わない!」
5:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 16:17:22.03 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「二人とも、夫婦漫才は程々にな?」

カチューシャ「誰が最初にボケだしたのよ……」



カチューシャ「話を戻すわよ、エリカを尾行してたけどカレーに釣られて見失ったのね。……ここからどうやってミホーシャの話につながるの?」

まほ「ああ、あの店のカレーは……」

カチューシャ「カレーはいいから相談を前に進めなさいよ」

まほ「Spiegel der Zarenzeit……」

カチューシャ「日・本・語・で!」
6:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 16:25:41.61 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「その日の夜、消灯時間が過ぎてもエリカの部屋から話し声がしてたんだ」

「気になって覗いてみたら携帯で電話をしているようだったんだが」

=================

エリカ「…………ええ、み…………………隊長には秘密に……」

「……場所は………………。大洗が…………」

「……頼んだわよ……………もう隊長には………………………」

====================

まほ「という会話が漏れ聞こえてきた……」
7:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 16:36:50.18 ID:y/bsJ8Ae0
カチューシャ「それでなんの話をしてたのか知りたいのね?」

まほ「ああ、だが恐らくはこう言うことを言ってたんだと思う」

============

エリカ「ええ、みほと戦車道やった方が楽しいもの、でもこの事は隊長にはは秘密にしてね」

「今度のデートの場所はどこがいいって?大洗がいいわ」

「エスコート頼んだわよ、みほと付き合ったら私もう隊長には戻れないわ」

================

まほ「みたいな会話に違いない」

「エリカまでみほを追って大洗に転校してしまったら……」ガクッ
8:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 16:45:57.59 ID:y/bsJ8Ae0
カチューシャ「ノンナ……どう思う?」ボソッ

ノンナ「ほぼ妄言だと思います。尾行の件から、戦車に乗っていないときはちょっとネジが緩いんでしょう」ボソッ

カチューシャ「私達は去年こんなのに勝って喜んでたの……?」

ノンナ「スポーツ選手や芸術家などで天才と言われる人にはままあることです」

まほ「もしかしてエリカだけじゃなく黒森峰の隊員達皆も内心私じゃなくてみほ派なのか......」

カチューシャ「どうするのよ、なんかほっといたら被害妄想拗らせてめんどくさそうよ」
9:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 16:52:16.90 ID:y/bsJ8Ae0
ノンナ「こちらからみほさん達に探りをいれてみると言っておきましょうか、取り敢えず独りよがりデフレスパイラルを止めないことにはどんどん面倒な人になっていきます」

まほ「そうだな、愛想の無い私が隊長じゃあ士気も下がるか、......。その上で二度も優勝を逃したんだ……、こんなざまでなにが西住流そのものだ……」ブツブツ

カチューシャ「はいはい、ネガティブはそこまでにしなさい」

ノンナ「そうです、まほさんは言葉や態度がではなく行動で隊員を引っ張ってきた人じゃないですか」

まほ「……そうか?」
10:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 17:06:22.93 ID:y/bsJ8Ae0
カチューシャ「そうに決まってるでしょ、隊長になってから二年連続で決勝まで行っておいていまさら何言ってるのよ」

まほ「いや、しかし……」

カチューシャ「いいから、考えるのを止めなさい。ノンナ、ボルシチ!」

ノンナ「こちらに」

まほ「これは…?」

カチューシャ「黙って食べなさい、食べておなか一杯になったら帰って歯を磨いて寝なさい」

まほ「……いただきます」
11:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 17:20:13.19 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「ごちそうさま……」

カチューシャ「はい、じゃあミホーシャとエリカの事は私たちが探っておくから、あなたはもう帰って寝なさい、いいわね!」

まほ「ああ、世話になったな。ボルシチ、美味しかったよ」

12:笑点始まるし休憩 ◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 17:27:56.65 ID:y/bsJ8Ae0
カチューシャ「……ノンナ、やけにまほの事褒めてたわね」

ノンナ「カチューシャこそ親身になってたじゃないですか?」

カチューシャ「だって……」

「私のこと嫌ってるのかと思ってたもん。中学のころから同世代のスターで雑誌にも何回も特集されてて……正直憧れの存在だったわ」

「去年初めて対戦できたと思ったらあんな勝ち方して、今年は対戦はなかったけど大学選抜の時も睨まれたし……」

ノンナ「それが、急に弱った姿を見せられて困惑したんですか?」

カチューシャ「そりゃ驚くわよ。あんな西住まほは初めて見たわ」

ノンナ「西住流後継者とか鉄血隊長とか呼ばれてますけど、私たちと同じ女子高生ですから、弱い部分が無いわけないです」

カチューシャ「そうね"ブリザードのノンナ"さん」

ノンナ「まったくです、”地吹雪のカチューシャ”」
13:再開 ◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 18:02:37.81 ID:y/bsJ8Ae0
エリカ「隊長に秘密にしながら準備を進めるのは意外と大変ね」

~♪

エリカ「電話?誰かしら」

『あ、もしもしエリカ?最近マホーシャに隠し事してない?』

エリカ「その声はカチューシャ? ちょっと、いつから隊長の事そんな呼び方するようになったのよ」

カチューシャ『今日からよ、それよりこっちの質問に答えなさい。マホーシャに何か隠してこっそり電話したり出かけたりしてるでしょ』
14:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 18:10:43.93 ID:y/bsJ8Ae0
ノンナ「聞き方がストレートすぎるのでは?」

カチューシャ「ここで遠回しに聞き出そうとしても埒が明かないわ」

「でどうなの?」

エリカ『別に私にも隊長にわざわざ言わないようなことくらいあるわよ』

カチューシャ「そうなの?ノンナなんか私に秘密にしてることなんか一つも無いわよ? ね、ノンナ」

ノンナ「…………………………はい」

カチューシャ「ノンナ!? 何か隠してるの!? ノンナ??!!」
15:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 18:14:14.88 ID:y/bsJ8Ae0
エリカ『夫婦漫才なら勝手にやってくれない?電話切るわよ?』

カチューシャ「待ちなさいよ! いいから何やってるのか教えなさい。マホーシャには上手く言っておいてあげるから」

エリカ『なんでカチューシャに上手く言ってもらわなきゃいけないのよ』

カチューシャ「あら気づかれてることに気づいてないのね? エリカに隠し事されてるって泣きついてきたのよ?」

エリカ『嘘!? 電話も一人の時にしてたし、外出も隊長に尾けられてもいいようにわざわざカレー屋の前を頻繁に通るようにしてたのに……』
16:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 18:24:16.30 ID:y/bsJ8Ae0
カチューシャ『ふーん、そういうこと。かわいい後輩だこと』

エリカ「絶対隊長には内緒よ! 守らなかったら選抜との試合の日のあの事、ノンナさんにばらすから」

カチューシャ『わかってるわよ。まあ頑張りなさい』

ピッ

エリカ「まったく、強硬なんだから」

「あ、みほ達にカチューシャにばれたってこと伝えなきゃ…」ピピピ
17:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 18:35:27.10 ID:y/bsJ8Ae0
カチューシャ「悪い結果じゃなくてよかったわね。あとはマホーシャの勘違いネガティブをどうにかすればいいだけ」

ノンナ「そうですね、たぶんそれが一番厄介な任務ですけど」

カチューシャ「カチューシャ様に不可能は無いわ。適当に理由をでっちあげて納得させればいいのよ」

ノンナ「ところでカチューシャ、"あの事"とはなんでしょう?」

カチューシャ「え、……それは……」

ノンナ「ありましたね、不可能」
18:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 18:50:20.17 ID:y/bsJ8Ae0
エリカ「隊長、私大洗に転校します」

みほ「お姉ちゃん、私とエリカさんのコンビネーションでボコにしてあげるね」

「「あははははははははははははははっ」」

まほ「!?」ガバッ

「夢か……」

「夢か?」
20:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 18:57:35.74 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「通知が来てる……カチューシャからか」


かっちゃん □ ▽

<エリカに直接聞いてみたけど、

<来年以降を見据えて各校の
二年生と交流するようにしてるんだって。

<なんでマホーシャに秘密にするのか聞いたら、

<早く引退しろ、みたいな嫌味に
聞こえやしないか心配して秘密に
してたんだって

<かわいい後輩じゃない
21:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 19:11:47.14 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「なんだ、そうだったのか……」

エリカ「隊長、おはようございます!」

まほ「おお、エリカ」ガバッ

エリカ「隊長? どどっ、どうしたんですか急に抱き着いたりして!??!」

まほ「カチューシャから聞いた、次期隊長としての自覚が出てきたな」ナデナデ

エリカ「(カチューシャは一体どんな誤魔化し方をしたのよ……? なんで急にスキンシップ過剰になってるの!?……嬉しいけど)」

22:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 19:19:06.94 ID:y/bsJ8Ae0
エリカ「隊長、落ち着きましたか?」

まほ「ああ」

エリカ「じゃあ来て下さい」グイッ

まほ「どこへ行くんだ?」

エリカ「来ればわかります」
23:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 19:29:09.84 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「わざわざヘリまで使ってどこへ行くかと思ったら、みほのアパートじゃないか」

エリカ「はい、話はついてるので入ってください」

まほ「(……まさか、正夢?これから結婚報告とかされるのか?妹さんを下さいとかエリカを下さいとか……あれ?この場合どっちが言うんだろう?)」

ガチャ

パパパパパパパパパーン!!!!!

まほ「(!?……撃たれ……てない…?)」


「「「「「お誕生日、おめでとうございます!!」」」」」
24:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 19:36:20.27 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「みほ、それにあんこうチームの皆と……カチューシャ達も?」

みほ「エリカさんから持ち掛けられて、えへへ。ビックリした?」

「エリカさん、今年が"隊長"としてお祝いできる最後のチャンスだーって張り切ってて」

エリカ「ちょっと、そういうことは普通言うもんじゃないでしょ」

カチューシャ「ホント、いい後輩持ったじゃない」
25:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 20:12:27.99 ID:y/bsJ8Ae0
まほ「カチューシャ、知ってたのか?」

カチューシャ「昨日エリカに聞き出したの。で、どうせだから一枚噛んでやろうって思ってね」

ノンナ「こちらはカチューシャと私からのプレゼント、ロシアンティーに使うジャムの詰め合わせです」

みほ「あ、私とエリカさんからもプレゼントがあるの」

キィーーーーン ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

優花里「あれは!?サンダースのC-5Mスーパーギャラクシー!」

ケイ「マホ!Happy birthday! 各校から貴方宛てのプレゼントを届けに来たわ!」

みほ「あはは、お姉ちゃんやっぱりすごい人気だね」
26:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 20:27:41.17 ID:y/bsJ8Ae0
数か月後………

優花里「西住殿! 月刊戦車道にお姉さんとカチューシャさん達が載ってますよ」

みほ「へー、見せて見せて」
27:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 20:34:01.81 ID:y/bsJ8Ae0
『大学戦車道 大型新人特集
今年、大学戦車道で台風の目となっている黒森峰女学園出身、西住まほ選手とプラウダ高校出身、カチューシャ選手ノンナ選手に話を聞くことができた
三人とも高校戦車道界隈では名を知らぬものは居ない有名人で、大学生になってもその破竹の勢いは衰えない。全員今年の大学選抜入りは確実とされていて、社会人チームとの試合は今年も大学選抜の勝利に終わると目されている
インタビュー後、西住まほ選手にこれからの予定を聞いたところ、来月に控えたカチューシャ選手の誕生日プレゼントを見に行くと言っていて、大学は違えど、同世代で高校戦車道を戦った者同士の友情が垣間見える一面もあった』
28:◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 20:38:23.84 ID:y/bsJ8Ae0
みほ「カチューシャさん、もうすぐ誕生日なんだ」

プルルルルル

みほ「電話?あ、お姉ちゃんだ。もしもし?」

まほ『みほ、カチューシャの誕生日なんだが……』


めでたしめでたし
29:おしまいです、明日HTML化依頼します ◆ORRvzkdV2z9a:2016/08/07(日) 20:40:42.45 ID:y/bsJ8Ae0
あれは!?サンダースのC-5Mスーパーギャラクシー!
の下りを楽しめる前作もよろしければどうぞ

西住みそ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468926329/
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/07(日) 21:28:14.79 ID:dqpBMJN0o
乙です
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/07(日) 22:05:30.74 ID:NVnLdlNyo
乙、ケイさんはいよいよC-5Mスーパーギャラクシーを使った運送屋さんに転職かな?
お奨め記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告