記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/02(火) 21:46:23.18 ID:wlH+auuv0
仗助「億泰~今日暇だしよォ~『ゴジラ』でも見に行かねぇか?」

億泰「おう、いいぜェ仗助。俺もこないだの『金曜ロードショー』でハリウッド版見てから見たかったんだよなァ」

仗助「よっしゃ!ああ、康一はちょっと忙しいらしくて来れねーとよ」

億泰「そうか……仕方ねーな」

仗助「ああ。映画館まではバスだ。ちょうどそろそろ……お、来たぜ」

億泰「へへ、ラッキー」

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/02(火) 21:55:18.72 ID:wlH+auuv0
仗助「後ろの二人がけの席が空いてるぜ。ちょいとキツいが、2人で座るか」スッ

億泰「おう」スッ

『ちょいとアンタらッ!!!!』

仗助「いっ!?」

億泰「な、なんだァ!?」

主婦「アタシはねェ、足が悪いのッ!バスの中では座らなきゃいけないのッ!それをッ!その大事な席をッ!アンタたちみたいな不良学生共に取られちゃたまんないんだよッ!!」

仗助「す、スンマセン……って、そーんなハイヒール履いて足が悪い?何言ってんすか?」

億泰「あとよォ~大体座りてぇってんならよォ~前の方の一人がけの席が空いてるじゃんかよォ~」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/02(火) 22:13:33.96 ID:wlH+auuv0
サラリーマン「君たち……足が悪いと女性が言っているんだ。だとすれば譲るのが男だろう?」

仗助「ハァ?」

億泰「だから前空いてるって」

子供「ねー、なんでお兄ちゃんたち足がわるくないのに足がわるいおねえちゃんに席ゆずらないのー?」

億泰「いや、前の」

乗客たち『そーだ!そーだ!』

仗助「な、何だこりゃあ?」

運転士『思いやりの無いお客様を乗せる思いやりは私にも無いのでどうぞお降り下さい』プシュー

億泰「あんだってェ!?」

乗客たち『出ーてーけ!!出ーてーけ!!』

仗助「おい億泰、こいつはタマんねェ。降りよう」

億泰「そ、そうだな」

乗客たち『ワーワー』パチパチパチパチ
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/02(火) 22:29:47.84 ID:wlH+auuv0
主婦「皆さん、ありがとうございます」

サラリーマン「いいんですよォ~ああいう若いやつらはやっぱりダメだ!」

おばあちゃん「あんな怖そうな不良どもに勇気を出して注意出来たねェ~感心だよ」

主婦「いえ、そんな……」

乗客たち『ワーワー』パチパチパチパチ





仗助「億泰よォーなーんか妙じゃねーか?」

億泰「そうかァ?俺たちも悪かったよーな気がしてきたぜ」

仗助「しっかりしろよ億泰!あの女『足が悪い』って言ってんのにハイヒール履いてたんだぜェ?」

億泰「そ、そういや前の一人がけの席が空いてたのに一切座ろうともしなかったな」

仗助「それだけじゃあねぇぜ。乗客たちも一斉に俺たちを攻撃してきた。ハイヒールや一人がけの席っていう事実には触れもせずに俺たちを悪者、悪者ってよォ~」

仗助「つーことは……スタンドか?」

億泰「さすがにそれはねーんじゃねーか?」

億泰「にしても腹立ってきたなァ~今度会ったら一言言ってやりたいぜェ」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/02(火) 23:17:31.67 ID:wlH+auuv0
映画館

仗助「高校生2枚で」

店員1「はい、1600円になりやっす。真ん中のいい席が残ってますよォ~ラッキーっすねェ~」

仗助「おお…今日はツイてんのかツイてないのかわかんねーぜ」




億泰「コーラL2つとキャラメルポップコーンのLひとつでお願いしゃっす!」

店員2「はーい」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/02(火) 23:29:07.88 ID:wlH+auuv0
仗助「俺、映画が始まる前のこの予告編大好きなんだよなァ~」

億泰「おう。すげ~わかるぜ~」パクパクパクパク

仗助「あっテメー億泰!ポップコーン食いすぎなんだよ!映画はなげーんだから配分しろよな!」パクパクパクパク

億泰「止まらねェーんだよォ!」パクパクパクパク

『またアンタらかい!?』

仗助「あん?」

億泰「こいつァ……バスん時の」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/02(火) 23:44:55.81 ID:wlH+auuv0
主婦「私はねェ!映画は最高の席で見たいの!アンタたちが座っているねェ!それにバカみたいなガタイのアンタらが座ってると周りの人も迷惑するに決まってんだッ!このボゲッ!」

仗助「あんだとコラァ!!」

億泰「言ってること滅茶苦茶だぜコイツよォォォォーッ!!」

おじいさん「その辺にしておきたまえ」

仗助「くっ…!またか…」

孫「ウチのおじいちゃんはねェ!元軍人で弁護士なの!!少しの悪いことも見過ごせないのよォ!」

億泰「この場合どう考えてもコイツが悪いだろォーがよォーッ!?」

おじいさん「君たちの行為はどう考えても違法だ。『すみやかに』出て行きたまえ』

仗助「むちゃくちゃ言いやがるぜ……!」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/03(水) 00:06:41.99 ID:Ywa3my0E0
おじいさん「いいから出て行くんだッ!!警察も呼ぶぞ?」

仗助「こ、このもうろくジジイ!」

億泰「仗助……どうする」

仗助「クソッ 出るしかねーのか」

観客たち『』パチパチパチパチ

主婦「みなさんホント、ありがとうございますゥ~」ニヤリ





仗助「これでわかった!アイツは絶対にスタンド使いだ!一瞬だが最初にデケー声が聴こえたときにビジョンが見えた!ひとつ痛い目見させてやろうぜ億泰!」

億泰「俺もたしかに見たぜ仗助!でもよォ~あんなスタンド使いどうやってブッ飛ばす?」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/03(水) 11:42:46.21 ID:Ywa3my0E0
仗助「へっへ~この仗助サマに考えがあんのヨ!」

億泰「おお!頼りにしてるぜェ~」






主婦「……」

仗助「出てきやがったぜ億泰!」

億泰「よし!ザ・ハンド!!」ギャオンッ

主婦「ゲェッ!なんだよアンタら!なんか文句でも有んのかッ!?」

億泰「たあっぷりあるぜェ!!」

仗助「俺も大アリだぜ、オバサン」

主婦「オバサンンンンン!?テメーらッ!また周りのウスノロどもにメタクソにされないと懲りないみたいだねェ~ッ!それに男のクセに女の私を殴ったりでもする気かい!?このカスどもめッ!!」

億泰「口のワリィババアだなァ~」

仗助「たしかに『女を殴らねぇ』っつ~漫画のキャラはよくいるよなァ~俺もそうしたい。だけどよォ~間違った道に行っちまったヤツを戒めてやるのも大事だと俺は思うんスよねェーッ!」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/03(水) 11:52:40.14 ID:Ywa3my0E0
主婦「く、クソどもめッ!逃げるなら今の内よォ~?周りのバカどもを差し向けられたいの?」ヴォーン

仗助「ついに出しやがったなッ!」

主婦「私のスタンド『ゴシップ・ガール』の能力はわかっているはずよねェ~?そろそろホォォォントに警察呼ばれちゃうわよォ?ケケケケケケケケッ!」

仗助「(おそらくは周囲の人間の洗脳効果を生むスタンド!だが、集団を洗脳なんて芸当出来るってこたァ発動条件は厳しいはずだ。バスと映画館の件を考えると発動条件は……)」

仗助「ハッタリはその辺にしときな。もうお前に洗脳は出来ねーよ」

主婦「ど、ドギィーッ!?」

仗助「ビンゴ!かまかけてよかったぜッ!やっぱりこの状態では発動出来ねェようだなァーッ!?」

主婦「し、しまった!ブラフだったのかッ!!」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/03(水) 12:07:46.43 ID:Ywa3my0E0
億泰「仗助、どういうこったい?」

仗助「あのスタンドはおそらく『不意打ち』でしか効果を発揮しねぇのさ。潰したい対象に『不意打ち』の大声を出して、周りの耳を傾けたヤツらが少しでも共感か同情の気持ちかなんかを抱くと洗脳がかかっちまう。俺たちと、このババアじゃあ悔しいが俺たちの方が悪モンに見えちまうだろ?だからバスでも映画館でも周りが敵になっちまったのさ」

億泰「???めんどくせェスタンドだなァ~」

仗助「おう。……『不意打ち』が絶対の条件とはテメーの卑怯さが見えちまうようだぜ。何か言い残すことはあるか?」

主婦「クソッ!クソッ!世の中私の思い通りになりゃあいいんだッ!!テメーらみたいな不良カスどもに説教される筋合いはねェーッ!!」

仗助「ふう……やれやれだぜ。考えたんだがよォ~殴った後怪我を直せばよォ~殴ったことにならねぇんじゃあねぇか?」

主婦「ヒィッ!」

クレイジー・D「ドラララララララララララララララ!!!!!!」

主婦「ギッシェーッ!!!!」ブシュウーz___ッ
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/03(水) 12:12:47.61 ID:Ywa3my0E0
主婦「」ピクピク

仗助「もう悪さすんじゃーよ?……俺だって年上に説教なんかしたくねーぜ。クレイジー・D!」パァァァァ

億泰「仗助が言った通り『洗脳』以外なんの能力も無かったなァ~」

仗助「ああ。『洗脳』なんてグレートな能力なら、それに見合ったスタンドパワーがいるはずだからな。コイツはどう見ても普通の女だったし、それが当たってよかったぜ」

億泰「オメーやっぱり頭いいなァ~仗助!じゃあよォ、今度こそ映画見に行こうぜェ!」

仗助「おう!」

おわり

24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/03(水) 16:22:22.02 ID:3xsqi+Bt0


いかにも4部らしいスタンドで面白かった
お奨め記事
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告