記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 01:24:42.17 ID:h5/qrYPF0

ドンドンと扉が激しく叩かれる。

それは先ほどから強さを増すばかりだった。

もう、そう長くは持たないだろう。
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 01:25:23.62 ID:h5/qrYPF0

兵士1「下の様子は?」

兵士2「ダメだ、そこら中ヤツらで一杯だ」


我々は陸軍の兵士。突如として街中に現れたヤツらを鎮圧する作戦に狩り出されたが、

ヤツらは数が多すぎた。

何とかビルの最上階に逃げこんだものの、俺たちの命は風前の灯だった。
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 01:27:33.57 ID:h5/qrYPF0

兵士1「くそっ!何でこんな事になっちまったんだろうな」

兵士2「さぁ・・・全く見当もつかない。全くバカげてる、死んだヤツらが蘇るなんて」

兵士1「・・・思えば、我々は殺しすぎたのかも知れんな」

兵士2「そんなバカな。だからってこんな・・・」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 01:29:40.91 ID:h5/qrYPF0

兵士1「お前だって、今まで100や200は殺しただろう。いや、もっとか?」

兵士2「さぁ、覚えてないな」

兵士1「さらに、世の中には万単位で殺したヤツだっているだろうしな」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 01:31:22.98 ID:h5/qrYPF0

兵士1「・・・聞いたことがあるんだ。あの世が一杯になると、死んだヤツらが地上に溢れ出すと」

兵士2「そんなの、ただのたわごとだろう?」

兵士1「しかし、それ以外にこれをどうやって説明する?」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 01:33:18.77 ID:h5/qrYPF0

ビルの下ではヤツらが好き勝手に暴れまわっているのが見える。

そこら中をピョンピョンと跳ね回り、コンクリートブロックを破壊し・・・。

逃げ送れた人が、無残にも踏み潰されるのが見えた。
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 01:38:22.35 ID:h5/qrYPF0

その時、ドン!とひときわ大きな音が響き、ドアに亀裂が走った。

くそっ、もうこれまでか!


「弾は残ってるか?」

「ダメだ、打ち尽くしちまった」


畜生、どうすれば・・・!
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 01:42:55.09 ID:h5/qrYPF0

次の瞬間、ヤツらは扉を壊し部屋の中になだれ込んできた。

同僚は、あっという間に頭蓋骨を踏み潰されてしまった。

俺も床に引き倒され、肋骨を踏み折られた。


遠のく意識の中、ヤツらの雄たけびが聞こえてきた・・・。





ヒャッハァー!


ヒィアウィゴー!


マンマミーア・・・




10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 01:45:16.98 ID:h5/qrYPF0
マリオって今まで何百億死んだかなと思って書きました
下らなくてゴメンナサイ・・・
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/21(木) 02:10:12.51 ID:2X+ZTyJXO
Gかなと思ったけど数が桁違いだったww
お奨め記事
タグ:
7月23日 04時00分|オリジナル:その他0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告