記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆.3K0J0LEf2:2016/07/15(金) 01:17:19.46 ID:nGQoPMEL0
〜木組みの街の何処か〜

シャロ「今日は早めにバイトが終わったわね…」

シャロ(今からラビットハウスに行けば、リゼ先輩に会えるかな…?)

シャロ「って、あそこにいるのってリゼ先輩?」

リゼ「…」ブツブツ

シャロ「リゼ先p」

リゼ「くそっ!あの野郎…!」ガシャーン

シャロ(なにごとー!?)

シャロ「リリリリゼ先輩、いいいい一体何があったんですかかかかかか!?」

リゼ「っ!誰だ!」ジャキ

シャロ「おおお落ち着いてください!私です!桐間紗路です!」ピェアアアア

・キャラ崩壊
・ご都合主義
・超展開
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:19:27.52 ID:nGQoPMELo
数分後

リゼ「すまない、見苦しいところを見せてしまったな…」

シャロ「…リゼ先輩がそこまで取り乱すなんて、余程のことがあったんですよね?」

リゼ「まあな…」

シャロ「良かったら、聞かせてもらってもいいですか?」

リゼ「実は、ティーカップを盗まれたんだ」

シャロ「ティーカップ?」

リゼ「ああ。かなり貴重なティーカップで、欲しがる奴も多い。しかし盗まれるとは…」

シャロ「卑怯な手段で手に入れたティーカップに、価値なんてあるわけないのに!」

リゼ「御尤もだ。その台詞を、あの下衆に聞かせてやりたいよ」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:20:25.32 ID:nGQoPMELo
シャロ「"あの"って言うくらいですし、犯人が誰かわかってるんですか?」

リゼ「一応な。正確には、そいつが誰かを使ったんだ。無駄に金を持ってる資産家だよ」

シャロ「じゃあ、警察に被害届を出せば良いんじゃないですか?」

リゼ「それが、向こうは証拠がないの一点張り。警察も動かない。本当にあの下衆野郎は…!」ゴゴゴゴゴゴ

シャロ「リゼ先輩!?」

リゼ「あのティーカップを買うために、私がどれだけ苦労したと思ってるんだ!それに…」

シャロ「先輩!」

リゼ「はっ!?悪い、またやってしまった…」

シャロ「リゼ先輩…」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:21:29.29 ID:nGQoPMELo
~夕方:桐間家・甘兎庵前~

シャロ「ただいま」

千夜「おかえりシャロちゃん」ウフフ

シャロ「…予告状作っておいて」

千夜「あら、今日の獲物は何かしら?」

シャロ「…下衆な資産家に盗まれた、ティーカップよ。今日中に盗み返してくるわ」

千夜「今日中?そんなに張り切ってるってことは、そのティーカップの持ち主って…」

シャロ「リゼ先輩よ、悪い!?」

千夜「そんな訳無いわ。急いで予告状を作るわね!」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:22:06.44 ID:nGQoPMELo
~夜:資産家の屋敷~

ガヤガヤ

警官1「この屋敷に、怪盗ラパンからの予告状が届いたんだよな?」

警官2「ああ!きっと、この厳重な警備をひょいひょいっとすり抜けて行くんだろな!」

警官3「馬鹿、警部の前でそんなこと言ったら殺されるぞ!」

1「そう言えば、今日の警部も凄く気合入ってたもんな」

2「確かに!ヤバイヤバイ、警部に聞かれてないよな!?」

3「聞かれてないぞ、良かったな。さて、そろそろ予告時刻だが…」

1「どこから現れるんだ?」

2「やっぱ、ハンググライダーとかで飛んで来るんじゃね!?」

スタッ
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:23:08.08 ID:nGQoPMELo
「昼は苛烈に特売を!」

警官達「!!」

「夜は華麗にお宝を!狙った獲物は逃さない…」



シャロ「怪盗ラパン、参上!」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:23:46.22 ID:nGQoPMELo
1「なっ、屋根の上だと!」

2「えっ、いつの間に!?」

3「そもそもどうやって登ったんだ!?」

シャロ「ふふ!」

シャロ(さて、さっさとお目当ての物を頂いて…)

「来たな、怪盗ラパン!!」

シャロ「…その声はまさか!?」

リゼ「お前の活躍もここまでだ!今日こそ私が、お前を止めてやる!!」

シャロ(なんでいるんですかー!?)
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:25:31.86 ID:nGQoPMELo
シャロ(あれ、リゼ先輩ってティーカップを盗まれたのよね?なんで資産家側についてるの!?)

シャロ「…リゼ警部、今回ぐらいは私の味方をしてくれても、バチは当たらないと思うけど?」

リゼ「公私混同する気はない。私の任務は、お前を止めることだ!」

シャロ「うふふ!ご立派なことだけど、リゼ警部がその任務を達成できたことってあったかしら?」

リゼ「貴様ぁ!」

シャロ(リゼ先輩に舐めた口調で話す私、私に向かってアニメの警部さながらの顔芸を見せるリゼ先輩。普段じゃありえない状況ね…)

リゼ「今回の犯行は絶対に成功させはしない。覚悟しろ!」

シャロ「あぁ、今日もリゼ先輩の敵意に満ちた視線を感じる…!」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:26:11.53 ID:nGQoPMELo
シャロ「では、今からティーカップを頂戴するわ!」

リゼ「ふん!当たり前だが、この屋敷の全ての出入り口は塞いであるし、窓も閉めてあるぞ!」

リゼ「かと言って、窓を割れば派手に音を立てて不利なはず。どこから入るつもりだ?」

シャロ「ふふ!じゃあ、開けてもらおうかしら!」ポチッ

リゼ「何!?」

プシュー

リゼ「なっ、屋敷中に煙だと!?」

シャロ「こっそり煙筒を送りつけておいたのよ! …あ、窓が開いたみたいね」

リゼ「ちぃ、屋敷内を警備している者、ラパンが来るぞ!厳戒態勢だ!」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:27:21.39 ID:nGQoPMELo
シャロ(侵入成功!ティーカップはこの部屋にあるはず…)

資産家「よく来たね、怪盗ラパン。君を歓迎するよ」

シャロ「唐辛子スプレー」プシュー

シャロ(警備が甘すぎる…)

資産家「ぎゃああぁぁあああ!!」

シャロ(千夜の手作りスプレー… さすが千夜、とんでもないものを作るわね)

シャロ「えーっと、ティーカップは… あ、これね」

シャロ(うん? 外箱に文字が… まあいいか)

シャロ「そう言えば、この資産家には私の正体がわからない訳だし、指紋一つ残す気はないから証拠はない」

シャロ「だから元の持ち主のところへ返しても、その持ち主のカップが、私が盗み返したものと証明できない… はずよね?」

シャロ「これで一件落着ね。そろそろ帰ろうかしら」バッ
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:28:31.92 ID:nGQoPMELo
リゼ「なっ、ラパンが戻ってきた!?」

シャロ「うふふ!リゼ警部、今回の警備の攻略はちょっと簡単すぎたわ!」

リゼ「まさか、あの短時間で!?」

シャロ「ええ!ティーカップは確かに頂いたわ!」

リゼ「そのティーカップは確かに…」

シャロ「リゼ警部、またお会いできることを楽しみにしてるわ!」ドロン

リゼ「しまった!全員、ラパンを探せぇ!」

警官達「イエッサー!」

シャロ(警官にもサーって言わせてるんですか!?)
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:29:36.96 ID:nGQoPMELo
~数時間後:天々座家~

リゼ「…」

シャロ「ふふ!こんばんわ、リゼ警部」

リゼ「やはり来たか、怪盗ラパン」

シャロ「あら、いつもの怖い顔はどうしたのかしら?」

リゼ「いいから要件だけ話せ!」ムゥ

シャロ「話すというか… これを返しにきたわ」スッ

リゼ「…ありがとう。しかし何でこんなことを。私は別にお前に頼んで…」

シャロ「うふふ!ひ・み・つ!」

シャロ(あんなリゼ先輩を放っておける訳ない…なんて言ったらどんな顔をするかな?)
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:30:27.65 ID:nGQoPMELo
リゼ「…まあ、そんなことはどうでもいいな。ラパン、これはお前に返す」ポイッ

シャロ(貴重なティーカップがっ!)パシッ

シャロ「一体どういうつもり?」

リゼ「とりあえず、その箱に書かれている文字を読め」

シャロ「Present for you… リゼ警部が私にプレゼント?」

リゼ「ああ。もう12時は回っただろう?」

シャロ「たしかに回ってるけど…」



リゼ「誕生日おめでとう、シャロ」

シャロ「…えぇ!?」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:31:04.35 ID:nGQoPMELo
リゼ「それ、シャロの誕生日プレゼントとして買ったんだよ。盗まれた時は腸が煮えくり返るくらいだった」

シャロ「あの、私、ラパン」

リゼ「そんなことは知らないな」

シャロ「えっと、その」

リゼ「使ってくれるか?」

シャロ「はい、もちろんです!ありがとうございます、リゼ先輩!」

リゼ「良かった… 苦労したかいがあったよ。結局、シャロに手間を掛けさせてしまったが…」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:31:52.57 ID:nGQoPMELo
シャロ「あんなの、ラパンからすれば手間でもなんでもないですよ」

リゼ「お陰で私の面子は丸潰れだな。まあ、今日はラパンの驚く顔が見られたから良いんだけど」

シャロ(さっきのはズルいですよー!)

シャロ「何時の日か必ず、リゼ先輩にもサプライズして、驚く顔を見せてもらいますからね!」

リゼ「はは、楽しみにしておくよ」

シャロ「…その時は」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:33:04.75 ID:nGQoPMELo
リゼ「その時は?」




シャロ「その時は、怪盗らしく、あなたのハートを頂きます!」

リゼ「…盗めるものなら盗んでみろ!」

シャロ「怪盗ラパン参上!」

リゼ「お前の活躍もここまでだ!」


終わり






リゼ「あ、うさぎでも用意すればラパン対策になるか?」

シャロ「やめてください!!」ピェアアアア
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 01:33:53.26 ID:nGQoPMELo
ここまで読んでくれた人がいたらありがとう
という訳でシャロさんハッピーバースデー
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/15(金) 04:19:28.40 ID:0IpkHrk0o
おつ!
お奨め記事

“シャロ「怪盗ラパン参上!」リゼ「お前の活躍もここまでだ!」” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    警察と犯罪者の癒着・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告