記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/13(水) 19:08:53.08 ID:awZ2du6Po
【晶葉のラボ】


P「お邪魔しまーす」

晶葉「…………」
カチャカチャ

ロボ「ウサウサー」

P「出迎えてくれるのはウサちゃんだけか、寂しいぞ」

晶葉「ん?来てたのかP」

P「ああ、ちと用事があってな」
2:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 19:12:28.10 ID:awZ2du6Po
晶葉「気づかなくてすまない、だが今はロボのメンテナンス中だったんだ」
カチャカチャ

ロボ「ウサッ!」

P「みたいだな、話があったんだが忙しそうならまた後にしておくか」

晶葉「いや今でいい、手は離せんが口は空いてるさ」
カチャカチャ

P「それは助かるがいいのか?俺と話しながらだと作業の邪魔では」

晶葉「フッ、この天才の私だぞ?マルチタスクくらい何てことはない」

P「流石晶葉だな、じゃ早速聞くが」

晶葉「ああ、何だ?」
カチャカチャ

P「晶葉ってもしかして俺の事好きなのか?」

晶葉「」
ブスッ

ロボ「ウ……サ………」
ピー
3:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 19:16:13.28 ID:awZ2du6Po
P「…今手元が思い切り滑らなかったか?」

晶葉「ここここここの天才の私にミスなど有り得るはずないだろ」
ガチャガチャガチャガチャガチャ

ロボ「ウサウサウサ水見式という方法がウサが最も簡単でウサ一般的なウサウサウサウサ」

P「どっからどう見てもウサちゃんが大丈夫じゃないんだがそれは」

晶葉「よし!助手も来たことだここらで一息いれよう!」
ポチッ

ロボ「」
ピーーーーーー

P「ウサちゃん…骨は拾ってやるぞ…」
4:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 19:21:23.81 ID:awZ2du6Po
晶葉「しかしロボに骨はないぞ」

P「この血も涙もない奴め!」

晶葉「そうだなロボには血も涙も無いな」

P「くっ…!人の心も解らなのかっ!?」

晶葉「わざと主語抜かしてる所悪いがそういうのは結構だ」

P「連れない奴め」

ロボ「ウサウサウサ、ウサウサ!」

P「あ、最後は聞き捨てならないって?ウサちゃんなりに人の心は解るよう頑張って?ごめんごめん」

晶葉「おい、何時の間に復活した」
5:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 19:29:53.19 ID:awZ2du6Po
P「さて、ちょっと話が逸れたがそれでどうだ晶葉よ?」

晶葉「…………」

P「ん?」

晶葉「あのなP…そう簡単に答えられるものか」

P「そうか?」

晶葉「そうだ!いきなりこんな突拍子の無い事を言われたら誰だってフリーズする!」

P「そうなのか?」

晶葉「そうなの!全く…!そもそも仮に万一答えるとしてもだ、、こんなムードも状況も何も無い場所じゃ、その…勿体ないと言うか、いや、そういうのはちゃんとした所でしたいというか」
ブツブツブツ

P「おう?晶葉ちょっと聞き取りづらいからもう少しゆっくり話してくれると助かるんだが…」
6:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 19:39:09.41 ID:awZ2du6Po
晶葉「だから、つまり、Pは女の子の扱いとして私をもっと丁寧に」


ウィーン ガチャ コツコツ


P「お、ドアが開いて足音が?誰かまた来たみたいだな」

晶葉「っ!?」

P「晶葉?」

晶葉「…うぅ何故このタイミングなんだ」

P「?」

晶葉「何でもない…」
7:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 19:44:50.02 ID:awZ2du6Po
光「おじゃましまーす」

P「おっすおっす光」

晶葉「君か光…」

光「うんアタシだよ、それにPもいたんだね」

P「おうよ、ごちゃごちゃしてる所だがゆっくりしていくといい」

晶葉「君が言うな」

ロボ「ウサウサッ」

光「あはは、ロボもお構いなくって?ありがとね」

晶葉「ははは最近ロボの自律っぷりがおかしい気がするな」
8:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 19:50:10.10 ID:awZ2du6Po
光「そうそう用事なんだけどさ、バイザーの調子がおかしくって診て貰いたくてさ」

晶葉「ああそんな事か、貸してくれ直ぐに直してみせよう」

光「流石博士だよ!」

P「くれぐれも悪用するんじゃないぞー」

晶葉「ちょっとPは黙ってろ」

P「晶葉が冷たい…何でだ…」

ロボ「ウサー」
ナデナデ
9:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 20:02:03.11 ID:awZ2du6Po
光「あれ?どうかしたの?喧嘩?」

晶葉「気にするな、デリカシーの無い助手が悪いだけの話だ」

P「泣いてしまうぞ」

晶葉「ふん」

光「うーん何があったのさ」

晶葉「Pが妙な事を聞いてきたのが始まりでな」

光「妙って?」

晶葉「……あーそれは」

P「なあ光、俺の事好きか?」

晶葉「!?」
10:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 20:08:54.68 ID:awZ2du6Po
晶葉「んなっ…また懲りずに何を言い出して」

光「プロデューサー?好きだよ」

晶葉「えっ」

P「そうか、ありがとな、俺も好きだぞ」

光「うん!」

晶葉「」
11:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 20:19:56.91 ID:awZ2du6Po
晶葉「………何…だと………P…君は……私を……遊んで…………」

P「よし、それじゃウサちゃんは俺の事好きか?」

晶葉「えっ?」

ロボ「ウサッ…」
ポッ

P「ありがとう!後勿論俺もロボが好きだぞ」

晶葉「えぇー…」
12:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 21:17:11.74 ID:awZ2du6Po
P「それじゃここらで改めて晶葉、俺の事が好きか?」

晶葉「…………」

P「…………」

晶葉「…………」

P「…………」

P「そうか、俺が嫌いだったのか、死のう」

晶葉「何でそうなる!」
13:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 21:22:03.07 ID:awZ2du6Po
P「なら何故答えてくれないのだ…」

晶葉「好きの意味が違いすぎるんだ…やれやれ真面目に考えていた私が馬鹿だった」

P「?」

晶葉「そういう意味で良いなら幾らでも言ってやろう」

晶葉「Pの事は…す、好きだよ」

P「…………!」
15:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 22:05:29.73 ID:awZ2du6Po
晶葉「全くこんな適当な状況とはいえ照れるな、もう」

P「…………」

晶葉「ほら、満足したろ?いいかP?」

P「うむ!ありがとうな!大好きだぞ晶葉!」

晶葉「…っ、そ、それはどうも!」

P「ああ!」
16:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 22:15:47.39 ID:awZ2du6Po
光「良く解らなかったけど、二人が仲直りしたみたいで何よりだよ」

晶葉「好きと言ってたのが光とロボで良かったよ、おかげで気楽になれたさ」

P「ウサちゃんちょっと頼みがあるんだけど今の晶葉の告白ボイスを俺のスマホに保存を…」

ロボ「ウサァ…」


おしまい
17:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 22:18:00.72 ID:awZ2du6Po
呼んでくれた方ありがとうございました
オチが弱かったんでもう一話短いのやります







晶葉「出来たぞ、Gウイルスだ」
18:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 22:24:35.13 ID:awZ2du6Po
P「流石だぜ博士」

晶葉「くれぐれも悪用するんじゃないぞー」

P「テンプレ終わり…………博士、もう時間がありません」

晶葉「…解ってる」

P「こうしている間にも特殊部隊が来ています!急いで逃げないと!」

晶葉「だがこのウイルスがある限り逃げる事など無理だ」

P「なら捨てて逃げましょう!」

晶葉「駄目だ…これは私の最高傑作だ…これを置いて逃げる事など出来ない…!」

P「そんな…」
19:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 22:28:03.56 ID:awZ2du6Po
晶葉「君だけでも逃げろ、コレと心中する意味もあるまい」

P「…………」

晶葉「どうした?」

P「私も残りますよ、死ぬなら一緒です」

晶葉「何故だ?君が残る意味などどこにも………」

P「逃げても意味がありませんから」

晶葉「…どういう意味だ?」

P「何故なら、私は博士が…いや晶葉が好きだからだ!」

晶葉「えっ」
トゥンク
20:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 22:29:35.58 ID:awZ2du6Po
P「逃げ伸びても、晶葉がいない世界に意味なんて無い」

晶葉「そ、そんな…急にそんな事言われても私…その困っちゃうから…えっと」

P「ええやろ?なあ」
ドン

晶葉「あっ…」

P「ウィルス何か捨てて俺と逃避行しようぜ?ベイビー?」

晶葉「…………」

晶葉「…………」

晶葉「うん…」
21:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 22:35:48.03 ID:awZ2du6Po
………
……


バタン!


ハンク「失礼する博士、ウイルスを渡して貰おうか、抵抗するなら命は………?」


書き置き『特殊部隊へウイルスは好きにしてどうぞ」


ハンク「…………」

ハンク「ウイルスを回収、任務完了、これより帰還する」

隊員「…逃げた博士を始末しなくてよいのですか?」

ハンク「任務は終えた、貴重な人的資源を無駄にする必要は無い」
22:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 22:52:08.90 ID:awZ2du6Po
………
……


P「とまあ昔にそういういざこざが合ったけど今は平和にプロデューサーしてるんだ」
ピコピコ

紗南「晶葉ちゃんとそんなラブロマンスがあったとはPさんもやるねー」
ピコピコ

晶葉「突っ込むのも疲れるからもう何も言わん」

菜々「あ、それ懐かしいですねーナナも実はちょっとだけプレイした事が…」

紗南「しかしPSのゲームも楽しいね、レトロゲーでも名作は名作だよ」

菜々「……!……!?……!!?」

ロボ「ウサ!?ウサウサウサウサ!?」

P「ああ!?菜々さんがPSはレトロゲー発言に衝撃を受けすぎて過呼吸に!?」

紗南「し、しっかりして菜奈さん!最近の綺麗なのもいいけどこの荒いグラとか凄くいいと思うよ!」

菜々「ゲフッ」

P「止めを刺してどうする!」

紗南「あわわわわわ」

晶葉「あー今日も私のラボは盛況してるなー」

おしまい
23:◆1ksIWCqdi2:2016/07/13(水) 22:55:12.57 ID:awZ2du6Po
読んでくれた方ありがとうございました
晶葉のラボは皆のたまり場
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/14(木) 01:48:46.66 ID:XugT+cPu0
おつ
世間ではPS2がレトロゲームハードななるんやで
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/14(木) 01:54:22.90 ID:h3fuk1jgO
GCもな…ウッ…
おつ
お奨め記事
7月15日 10時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告