記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:35:19.04 ID:xxCS/FZR0
爽「聞くには聞くけど、それは私に相談することなのか? シスターなり牧師さんなり、この辺は探せばいるじゃないか」

揺杏「んー。まあ、人間関係に関することだし私個人に詳しいやつに訊いたほうがいいのかなぁと」

爽「よし、いじめでも恋愛でも遠慮なく相談しなさい。私はお前の味方だよ」

揺杏「悪いけど、爽の期待してそうなセンセーショナルな話題ではないよ」

爽「そっか……」

揺杏「あからさまに凹むなよ」

爽「私の中の野次馬根性が見る見るうちに萎んでいくのを感じる……」

揺杏「堂々とクズみたいなこと言うね!」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:35:49.10 ID:xxCS/FZR0
揺杏「【親友がクズ】っていう新たな悩みが浮上したんですけど?」

爽「その悩みにはこう答えよう。【今さら?】」

揺杏「うーんこの……人選間違ったかなー」

爽「言ってくれるねぇ。そんなら、誓子や成香に相談しに行けばいいんじゃないか?」

揺杏「ふむ」

爽「せっかく人が相談に乗ってやろうっていうのに……私はもう知らん! 知ーらない! 知ーらない!」

揺杏「……」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:37:06.57 ID:xxCS/FZR0
揺杏「……よし! チカセンにでも相談するか」

爽「バカ! 今のはどう見てもフリだったろ! 私に相談してくれよ!」

揺杏「ちょ、離せよ爽! なんだよお前かまってちゃんか!?」

爽「かまってちゃんだよ!」

揺杏「開き直りやがってよー。……わかったわかった、話すからとりあえず手離せって。服が伸びる」

爽「やれやれ。最初からおとなしく話していればこんな面倒ごとにならなかったのに」

揺杏「おまいう過ぎるね」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:39:06.73 ID:xxCS/FZR0
爽「ていうか、いうほど私ってクズか? ユキをいじめから救ったり、例の力で色んな人にあれこれしたりという実績もあるし、我ながらいいやつだと……」

揺杏「いい加減怒るよ?」

爽「よし、本題に入ろう。まずは、悩み事をひとことでシンプルに表現してみてくれ」

揺杏「ひとことね……。なんて言うんだろ、イメージの違いが云々……みたいな」

爽「誰が、何に対して抱くイメージの話なんだ?」

揺杏「世間っていうか、周囲が私に抱くイメージかな。あくまで学校レベルの話だけど」

爽「学校レベルって結構でかい規模じゃないか? お前ウチの生徒に何やらかしたんだよ……」

揺杏「まー、続き聞いてよ。この間下級生にね……」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:40:14.90 ID:xxCS/FZR0
「あの……岩館先輩!」

揺杏「ん、なに? てか私、君と面識あったっけ?」

「き、急に声かけてすいません! ……あの私、前から岩館先輩のこと見てたんですけど……」

揺杏「お、おう」

「た、タバコを吸うのは、身体にも悪いしよくないと思います!!」







爽「なんでタバコが出てくるのかね?」

揺杏「そう思って私も訊いたわけよ。『どーしてそんな勘違いしたんだ』と」

爽「うんうん」

揺杏「その子が言うにはなー……」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:41:57.57 ID:xxCS/FZR0
「この前、麻雀部の部室の前を通った時に先輩たちの声が聞こえてきたんです。火が点いたとか点かないとか、吸うとか吸わないとか……」

揺杏「あー。それ、たぶん先週か先々週くらいの水曜でしょ?」

「はい。真屋さんが止めようとする声も聞こえたので……や、やっぱり吸ってたんですか!?」

揺杏「吸ってないよ! や、吸いはしたけどタバコじゃないからね」

「タバコじゃない……? ま、まさか…………」

揺杏「そっちでもないから!」







爽「私がアロマキャンドルを持ってきた日かな?」

揺杏「そうだよ。火使うのは校則違反だからってユキも止めたのに、爽が強引に押し切るから」

爽「来月には全国行きだし、旅先で手軽にできるリラックス法とか探してたら試したくなっちゃってね。みんなにも試してもらおうかなーと」

揺杏「つーか、平常時にリラックスできるかどうかを試しても意味なかったんじゃねぇ?」

爽「確かに!」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:44:44.34 ID:xxCS/FZR0
爽「にしても、たったそれだけのことで揺杏は疑われたのか。不憫なやつだなー」

揺杏「いや、他にもあったよ。『校舎裏でたき火してるの見たんですけど、あれってカモフラージュじゃなかったんですか?』とか」

爽「それアレだ。成香がくれたイモとバターで、校内でホイル焼きやったときのやつだな」

揺杏「作るなら調理室のレンジ借りようって言ったのに、爽とチカセンが無駄にこだわるからさー」

爽「美味かったんだし、別にいいじゃん?」

揺杏「あと、先生になにかを没収されたって説教されてるのを聞いたとか言ってたね」

爽「あったなー、そんなの。エロ本持ってきてたんだっけ?」

揺杏「ちげーよ! 爽が『衣装作るときの参考にすれば?』っつって押し付けてきたオタク臭い美少女漫画雑誌を取られたの!」

爽「そ、それは見つかるほうが悪いんじゃないかなー」

揺杏「おい、目をそらすなよ! おい!」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:47:20.95 ID:xxCS/FZR0
爽「ともかく、その程度の根拠で揺杏のことを勘違いするとはね。なかなか早とちりな子だなぁ」

揺杏「……それは否定しないけど、今振り返ってみたら爽が全ての原因になってるような……」

爽「たまにはそういうこともある」

揺杏「3つ中3つがお前一人によって生み出された原因なんだけど!?」

爽「たき火のときはチカも乗り気だったから!」

揺杏「そこは否定しろよ! そして道連れを増やすな!」

爽「まあ、この場にいないしバレなきゃなに言っても平気平気」

揺杏「チクるぞお前……」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:48:52.10 ID:xxCS/FZR0
爽「話は変わるけど、正直揺杏が『吸ってる』か『吸ってないか』で判断したら、私も後者のほうに傾くだろうなーっていう気はするよ」

揺杏「そっか。……正直に言ってくれて嬉しいけど、まあ、ショックだなぁ」

爽「その流れで本題に戻るけど、私的には『気にすんな』としか言えないよ。チャラい見た目してる以上、大なり小なりそういう目で見られるのは世の成り行きだしさ」

揺杏「はー。結局そうなるかー」

爽「うん。私が麻雀で例の力を使ったら『イカサマしてる』って疑われるのと一緒さ」

揺杏「いやそれは違う」

爽「えっ」

揺杏「つか、ぶっちゃけイカサマと大差ないと思うよ」

爽「えっ」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:50:24.19 ID:xxCS/FZR0
揺杏「大体、この場合は見た目の話なんだから行動の中身とはまた別じゃん?」

爽「いや、そうだけど……外観と内実の差異が云々みたいな……」

揺杏「……なあ爽? もしかして、今のイカサマどうこうで結構ショック受けちゃった感じ?」

爽「ん……まあそれなりに」

揺杏「それは悪いことしちゃったな。ごめんよ」

爽「気にすんなよ。悪気があったんじゃないだろうしさ」

揺杏「マジでごめん」

爽「ほんといいって。うん」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:51:42.46 ID:xxCS/FZR0
爽「ということで、本人にしかわからない悩みって【気にしない】以外に解決しようがないもの多いのかもね」

揺杏「相談受けた側が言うことじゃないな!」

爽「私たちが自分の意志でそんな格好したりこんな力使ってるのは事実だし、そこから生まれるあれやこれやが嫌でも、究極的にはやめるか受け入れるの二択だからなー」

揺杏「それも神の思し召しか」

爽「そういうこと。放り出すつもりがないなら、報われる日が来るまで善行に努めるしかないね」

揺杏「まあ、私の場合は偏見の元になる行いがあったわけだけど……」

爽「努力が足りないなー」

揺杏「いや殆どお前のせいだっただろ!」

爽「で、でも揺杏以外の2,3年は疑われてないし……」

揺杏「……実はね、爽。さっきは言わなかったんだけどな?」

爽「うん?」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:52:14.92 ID:xxCS/FZR0
揺杏「そもそも、さっきの話に出た子がなんで私にそんなお節介をしたかというとだね」

爽「お前のことが好きだったんだろ」

揺杏「それはない。いや百歩譲って、私が好かれてるとしても、だ」

爽「うん」

揺杏「その子ね、ユキと同じクラスでウチの麻雀部も応援してくれてて。私に色々言ったのも『悪い3年生と付き合ってるんじゃないかと思って、真屋さんや先輩たちが心配だったんです』って」

爽「うぅぅーーーん……」

揺杏「爽やチカセンにも声かけるか迷ったんだけど、問題の大元に言ったらシメられるんじゃないかとも思ってたらしい」

爽「なんたる風評被害! 揺杏、私のリアルと周囲に対するイメージの差ってどうすれば埋まると思う!?」

揺杏「話の流れが最初とあべこべになってるじゃねーか!」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:53:34.17 ID:xxCS/FZR0
爽「や、でも、悪いことはしてないから。ちょっと学校でファイヤーしたり、大人がいい顔しない雑誌を持ってきたりしただけだから」

揺杏「それを悪いと思えない時点でまずいでしょ。雑誌はグレーとしても、火については完全な校則違反だし」

爽「む。そうなると、私たちがイメージ良化を果たすのはますます難しいのかもしれないなー」

揺杏「なんでだよ。爽が今までよりおとなしくして、私たちは今まで通りいい子でいれば済む話じゃんか」

爽「私だっていい子だろ! ……それはともかく、既に事態は進行しているんだよ、揺杏」

揺杏「はぁ? ちょ、ちょ、話が見えてこないんですけど?」

爽「ユキも、渋々とはいえOKしてくれたからな。麻雀部全員共犯になって、いっちょ火を灯してやろうかなって」

揺杏「だーから意味わかんねって。なんの話だよー」

爽「すぐわかるさ。時間もいい具合だし、そろそろ部室に行こうぜ!」

揺杏「なんのこっちゃ……」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:54:15.57 ID:xxCS/FZR0
爽「揺杏連れてきたー。今から入るよー」



「どうぞー」



爽「っつーわけで、心の準備はいいかね?」

揺杏「……なるほど。察しはついたよ」

爽「それじゃ、行くとするか。本日の主役の、ご登場だ!」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:55:16.38 ID:xxCS/FZR0
成香「揺杏ちゃん! ようこそ!」

由暉子「長時間は灯していられないので、蝋燭は一息に吹き消してくださいね」

誓子「みんなで揃えて言うわよ。せー、の……」





「「「「誕生日、おめでとーーーー!!!!」」」」





揺杏「……うんっ! ありがとなっ!」

16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/02(土) 23:56:36.57 ID:xxCS/FZR0
以上、揺杏たんSSでした。誕生日おめでとう!
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/03(日) 00:01:15.78 ID:5WmPZmP0O
おめでとう!
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/07/03(日) 00:19:14.33 ID:Y0AohOHNo
揺杏たんいぇい~
お奨め記事
7月4日 12時00分|咲-Saki-0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告