記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 20:30:56.41 ID:buPwxlx30
※キャラ崩壊注意


輝子「い…いらっしゃい…や、安いよ…?」

幸子「…なんなんですかこれは?」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 20:33:30.00 ID:buPwxlx3o
輝子「い、いや…なんかよさげなキノコのアンティーク見つけちゃってな…」

輝子「でもこの間新しい原木とかギターとか買っちゃって金欠なんだ…」

P「そう相談されたけどな、給料は前貸し出来ないから…」

輝子「わ、私がサービスしてお金をもらえばいいじゃないかと…」

輝子「こんなぼっちにお金を出してくれる人がいるかわからないけどな…フヒ…」

幸子「サービス…?ああ、30分で5万円の」

P「ちげーよ」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 20:39:54.62 ID:buPwxlx3o
幸子「しかたないですね…カワイくて優しいボクがお客さん1号になってあげますよ!」

輝子「ありがとう幸子ちゃん…持つべきものはトモダチ…」

幸子「これがメニューですか、どれどれ…この『膝枕:2000円』というのは」

P「それは膝枕に頭を乗せた輝子が10分間甘えてくれるコースだ」

幸子「!?」

輝子「フヒッ!?」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 20:43:36.90 ID:buPwxlx3o

輝子「ま、まて親友…私が膝枕するんじゃ…」

P「輝子…世の中は厳しい。そんな座るだけなんておいしい話はないんだ…」

輝子「で、でも…私を膝枕に乗せて楽しいなんて人いるはず」

幸子「3セットください!!」

輝子「」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 20:47:06.94 ID:buPwxlx3o
P「残念ながら輝子ショップはお一人様1コース1セットまでだ」

幸子「くっ…しょ、しょうがないですね。はい、おつりお願いしますよ!」

P「1万円入りましたー。おつりは終わってからな」

輝子「あ、あの幸子ちゃん…」

幸子「何してるんですか輝子さん!早くボクの膝枕に頭をのせてください!10分しかないんですよ!」

輝子「お、おう…」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 20:52:58.49 ID:buPwxlx3o
輝子「………」

幸子「………」

輝子「………」

幸子「………輝子さん」

輝子「な、なんだ…?幸子ちゃん…」

幸子「ボクは『輝子さんが甘えてくれるコース』を買ったんですよ?黙ってたら詐欺じゃないですか!」

輝子「そ、そうか…じゃ、じゃあ…」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 20:55:52.17 ID:buPwxlx3o
輝子「さ、幸子ちゃんの足…」

幸子「ひゃんっ」

輝子「あ…や、やっぱりいきなり触るのはキモかったか…?」

幸子「あ、いえ…ビックリしただけですからおかまいなく」

輝子「そ、そうか…幸子ちゃんの足…やっぱり白くてキレイで…エリンギみたいで落ち着く…」

幸子「フフーン。そうでしょうそうでしょう!よければ頬ずりしたっていいんですよ!」

輝子「ほ、本当か…?」

幸子「なんなら舐めてもらっても結構ですよ!」

輝子「い、いや…それはやめとく…」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 20:59:26.66 ID:buPwxlx3o
輝子「スリスリ…お、おお…これはすごい…」

幸子「フフーン!カワイイボクのカワイイ足ですからね!」ナデナデ

輝子「おお…」スリスリ

P「おーい幸子、お楽しみのところ悪いけど」

幸子「なんですかプロデューサーさん。時間ならまだまだ…そ、それは!」

幸子「耳かき!」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:02:28.12 ID:buPwxlx3o
幸子「なるほど…膝枕といえば耳かき。ボクとしたことがそんな大事なことを忘れるとは…」

幸子「プロデューサーさんにしては気が利いてますね!さあその耳かきを渡してください!」

P「3000円な」

幸子「え」

輝子「え」

P「追加料金」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:05:03.84 ID:buPwxlx3o
幸子「ぐぬぬ…」

P「あ、残り時間は5分だぞ」

幸子「わかりました!払いますよ!だから早くください!」

P「まいどありー」

幸子「まったくもう…ほら、輝子さん動かないでくださいね」

輝子「わ…わかった…でも恥ずかしい…」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:08:40.63 ID:buPwxlx3o

幸子(綿付きのとはプロデューサーさんもわかってますね!)

輝子「ひゃあっ!」

幸子「ほら、動くと危ないですよ!耳は汚れが溜まりやすいんですからこうやってキレイにしないと!」

輝子「で、でもくすぐったいし恥ずかしい…ば、爆発する…」

幸子「ふーっ」

輝子「うっひやあああ!!?」

幸子「ゾクゾク」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:12:15.64 ID:buPwxlx3o
幸子「ほーらダメじゃないですか輝子さん。ボクはお客様ですからね!サービスしてくれないと!」

輝子「な、なんか今日の幸子ちゃん変だぞ…?」

幸子「輝子さんが悪いんですよ…カワイイは罪。罪は償わないと…」

輝子「さ、幸子ちゃん…?」

幸子「さあ大人しくしてくださいね…」



P「タイムアーップ!!!」


.
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:16:14.73 ID:buPwxlx3o
P「はいそこまでー。うちの店は延長ないからねー」

輝子「た、助かった…」

幸子「むう…いいところで…」

P「じゃあ会計な膝枕で2000円、耳かきオプションが3000円、サービス代が5000円で1万円ポッキリだ」

輝子(さ、サービス代ってなんだ…友達代みたいなものか…?)

幸子「1万円ですか。まあそんなところでしょう」

輝子(そ、そうなのか…?ボッチには難しい世界だ…)
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:19:10.36 ID:buPwxlx3o
幸子「じゃあボクはレッスンにいくのでこれで」

輝子「フヒ…あ、ありがとう幸子ちゃん…」

P「ありがとうございましたーまたのご来店おまちしてまーす」

幸子「次はもっとサービスしてくださいね!」

輝子「が…頑張る…トモダチの頼みだからな…」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:22:01.12 ID:buPwxlx3o
P「膝枕完売っと…」

輝子「親友…あ、あれでよかったのか…?」

P「いいんだよ。幸子も嬉しそうだったろ?」

輝子「そ、そうか…ならいいんだ…」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:24:28.56 ID:buPwxlx3o
小梅「お、おはよう……これなあに?」

輝子「こ、これはな…フヒフヒフヒで…」

小梅「クケケケケケケ…へえ…そうなんだ…」

P「小梅も利用してくか?」

小梅「サービス…し、知ってる。30分で5万円…」

P「ちげーっての」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:28:27.18 ID:buPwxlx3o
小梅「こ、この『マッサージ:3000円』って…」

P「ああ、それはな」

小梅「…リンパ?」

P「どこで覚えてくるんだそんなもの。違うから」

P「マッサージは輝子のほっぺを10分間揉み放題のコースだ」

小梅「えっ!?」

輝子「え」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:30:52.93 ID:buPwxlx3o
輝子「ま、まて親友…私がマッサージするんじゃ…」

P「輝子…世の中は厳しい。素人のマッサージでお金は取れないんだ」

輝子「で、でも…私のほっぺを揉んで楽しいなんて人いるはず」

小梅「3…5セットください!」

輝子「」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:35:30.50 ID:buPwxlx3o
P「残念ながら輝子ショップはお一人様1コース1セットまでだ」

小梅「残念…はい、おつりください…」

P「1万円入りましたー。おつりは終わってからな」

輝子「あ、あの小梅ちゃん…」

小梅「輝子ちゃん…早く…時間、10分しかない…」

輝子「お、おう…」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:38:12.49 ID:buPwxlx3o
小梅「エヘヘ…じゃ、じゃあやるね…」

輝子「フヒ…なんか恥ずかしいな…」

小梅「えい…」ムニ

輝子「ふにゅ」

小梅「エヘヘ…」ムニムニ

輝子「ふにゅふにゅ」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:42:11.85 ID:buPwxlx3o
小梅「しょ…輝子ちゃんのほっぺすごく柔らかい…」ムニムニ

輝子「そ、そうか…」

小梅「柔らかくて…おいしそう…」ムニムニ

輝子「わ、私は食べるところ少ないボッチだからおいしくないぞ…?」

小梅「じょ…冗談…だよ…?」ムニムニ
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:44:42.97 ID:buPwxlx3o
輝子「冗談か…よかった…」

小梅「エへへ…」ムニムニ

小梅「……」ムニムニ

小梅(輝子ちゃんの首元…白くてきれい…)

輝子「ど、どうかしたか…?」

小梅「カプッ」

輝子「うっひゃあああああ!!!?」
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:47:31.15 ID:buPwxlx3o
P「ブー!失格!レギュレーション違反で失格!強制終了!!」

小梅「あ……」

輝子「ふ…フヒ…ビックリしたぞ…」

P「チョットオキャクサーン。コマリマスヨー」

小梅「しょ…輝子ちゃんがあまりにもおいしそうだったからつい…」

P「そうか…じゃあ仕方ないな…」

輝子「え」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:51:45.12 ID:buPwxlx3o

P「罰金は取らないけど契約違反だからこれで終わりな」

小梅「うう…残念」

P「じゃあ会計いくぞ。マッサージ3000円、サービス代5000円、おさわり代7000円で15000円だ」

輝子(おさわり代ってなんだ…ライブのドリンク代みたいなものか…?)

小梅「安くてよかった…はい不足の5000円」

輝子(そ、そうなのか…?ボッチには難しい世界だ…)
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:53:54.22 ID:buPwxlx3o
小梅「じゃ、じゃあ私はドラマの撮影いくからこれで…」

輝子「フヒ…あ、ありがとう小梅ちゃん…」

P「ありがとうございましたーまたのご来店おまちしてまーす」

小梅「ま、また触らせてね…?」

輝子「も…もちろん…トモダチの頼みだからな…」
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 21:57:59.58 ID:buPwxlx3o
P「マッサージも完売っと…」

輝子「親友…あ、あれでよかったのか…?」

P「いいんだよ。小梅も嬉しそうだったろ?」

輝子「そ、そうか…ならいいんだ…」
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:00:58.75 ID:buPwxlx3o
美玲「ウチがきたぞーって…なんだこれ?」

輝子「あ…美玲さん…これはフヒフヒフヒで…」

美玲「ガオガオガオ…なるほどな!あれだな!30分で5万円ってやつだな!」

P「違うよなんでそんな概念浸透してるの」
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:04:48.80 ID:buPwxlx3o
美玲「なんか変なメニューばっかりだな…この『ポッキー:1000円』ってなんだ?」

P「それは輝子にポッキーを一本ずつ食べさせることが出来るサービスだ」

美玲「え?」

輝子「え」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:07:01.86 ID:buPwxlx3o
輝子「ま、まて親友…私が作るんじゃ…」

P「輝子…世の中は厳しい。許可を取らずに他所の会社の製品で商売は出来ないんだ」

輝子「で、でも…私にポッキーを食べさせて楽しいなんて人いるはず」

美玲「5箱…いや、1カートンよこせ!」

輝子「」
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:10:13.24 ID:buPwxlx3o


P「残念ながら輝子ショップの在庫は5本だけだ」

美玲「なんだよ…ほら、おつりもらうぞ!」

P「1万円入りましたー。おつりは終わってからな」

輝子「あ、あの美玲さん…」

美玲「キノコ急げ!チョコが溶けるぞ!」

輝子「お、おう…」
35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:15:51.73 ID:buPwxlx3o
美玲「ほら、あーん」

輝子「あーん…むしゃ」

美玲「…おい、キノコ」

輝子「ど、どうした…やっぱりキモかったか…?」

美玲「そんな大口で食べるヤツがいるか!5本しかないんだぞ!ちょっとずつ食べろ!」

輝子「そ…そうか…ごめんな…?」
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:23:01.02 ID:buPwxlx3o

輝子「ちょっとずつ…ちょっとずつ…」ポリポリ

美玲(おお…キノコが小動物チックにウチのポッキー食べてるぞ!)

輝子「ポリポリ」

美玲(!あとちょっとでウチの指に…!)

P「おーい美玲、お楽しみのところ悪いけど」
37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:25:38.81 ID:buPwxlx3o
美玲「なんだよ!邪魔すんなよ!」

P「いや、薄々気づいてると思うけどな」

美玲「ま、まさか…」

P「指チュパは別料金だ」

輝子「え」

美玲「ぐぬぬ」
39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:30:32.73 ID:buPwxlx3o
美玲「わかったよ!払う!払えばいいんだろ!?」

P「アッシャース。とういうわけで輝子、思いっきり行ってくれ」

輝子「え…い、いや…でも…流石にキモくないか…?」

美玲「なんだよ!ウチは金払うんだぞ!文句あるのか!?」

P「そうだ輝子!世の中は厳しい!お客様は神様だ!」

輝子「お…おおう」
40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:32:25.54 ID:buPwxlx3o
輝子「じゃ、じゃあ…ハムっ」チュパ

美玲「!よし!じゃあ次行くぞ!」

輝子「お、おう…」

輝子(なんでチョコの方を持っているんだ…?)
41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:34:43.25 ID:buPwxlx3o
輝子「ハムハムポリポリ…チュパッ」

輝子「ハムハムポリポリ…チュパッ」

美玲「む…これで最後だな…」

P「あー美玲、ごめん。まだ在庫合ったわ」

輝子「え」

美玲「くれっ!」

輝子「え」

P「別料金」

美玲「全部!」

輝子「………フヒ?」
42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:38:55.88 ID:buPwxlx3o
美玲「ふう…満足だぞ!」

輝子「は…恥ずかしかった……」

P「じゃあ会計な。ポッキー1000円、指チュパオプション4000円、追加の5本が5000円、サービス代5000円で15000円だ」

輝子(なんで追加のポッキーはそんなに高いんだ…?)

美玲「なんだ良心的じゃないか!ほら不足の5000円だぞ!」

輝子(そ、そうなのか…?ボッチには難しい世界だ…)
43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:43:05.20 ID:buPwxlx3o
美玲「じゃあウチは現場に向かうぞ!」

輝子「フヒ…あ、ありがとう美玲さん…」

P「ありがとうございましたーまたのご来店おまちしてまーす」

美玲「今度はウチに食べさせてくれよな!」

輝子「そうだな…トモダチの頼みだからな…」
44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:44:42.32 ID:buPwxlx3o
P「ポッキー完売っと…」

輝子「親友…あ、あれでよかったのか…?」

P「いいんだよ。美玲も嬉しそうだったろ?」

輝子「そ、そうか…ならいいんだ…」
45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:47:19.46 ID:buPwxlx3o
森久保「うう…魂が消え去りそうなんですけど…」

輝子「フヒ…おはようボノノさん…」

森久保「キノコさん…あの…これはいったい…」

輝子「…これはフヒフヒフヒで…」

森久保「ボノボノボノ…なるほど…これが噂の30分で5万円ですか」

P「なんなのウチのアイドル」
46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:53:28.05 ID:buPwxlx3o
森久保「あの…この『着替え:5000円』って…」

P「それは衣装室で輝子の着替えを一回だけ手伝えるコースだ」

森久保「え!!」

輝子「え?」
47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:56:05.71 ID:buPwxlx3o
輝子「ま、まて親友…私が着替えるだけじゃ…」

P「輝子…世の中は厳しい。モデルでもないお前の衣装代えだけじゃ金はとれないんだ」

輝子「で、でも…私の着替えを手伝って楽しいなんて人いるはず」

森久保「衣装室の衣装全部でお願いしたいんですけど!」

輝子「」
48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 22:59:59.10 ID:buPwxlx3o
P「残念ながら輝子ショップはお一人様1コース1セットまでだ」

森久保「そんないぢめですか…はい、1万円ですけど…」

P「1万円入りましたー。おつりは終わってからな」

輝子「あ、あのボノノさん…」

森久保「キノコさん…早く行きましょう」

輝子「お、おう…」

輝子(ボノノさんがかつてないやる気に…)
53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:25:36.42 ID:buPwxlx3o

-衣裳部屋-

森久保「インディヴィ…メタル…共通服…」ブツブツ

輝子(こんなに真剣なボノノさん初めて見る…)

P「おーい森久保」

森久保「なんですか…邪魔しないで欲しいんで…す……け…」

輝子「フヒッ!?そ、それは…」

【爆発★キノコ特訓前服】


54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:29:33.06 ID:buPwxlx3o
森久保「そ…それなんですけど!それなんですけど!!」

輝子「な…ななな何故その服がこんなところに」

森久保「プロデューサーさん!おいくらですか!!」

P「話が早くて助かるぜ。レンタル代5000円だ!」

森久保「非常にリーズナブルなんですけど」

輝子「そ…そうなのか……?」
55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:32:04.34 ID:buPwxlx3o
P「じゃあ後はごゆっくり」

森久保「さあキノコさん、両手を上げて欲しいんですけど」

輝子「ボ…ボノノさん…自分で着替えるのは駄目か…?は、恥ずかしい…」

森久保「もりくぼが買ったのはキノコさんを着替えさせる権利なので……諦めて欲しいんですけど」

輝子「うう……」
56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:35:43.12 ID:buPwxlx3o





【都合により着替えシーンは省略させていただきます】




.
57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:42:14.81 ID:buPwxlx3o
森久保「満足なんですけど…」ツヤツヤ

輝子「うう…今日一番恥ずかしかったぞ…」

P「はいお疲れさまー。じゃあ会計な。その前にスマホ見せろ」

森久保「ちっ…」

P「着替えが5000円、サービス代5000円、おさわり代7000円、写真代が全部で18000円だから35000円な」

輝子(しゃ、写真代ってそんなにするのか…?)

森久保「ほっ…案外お安くて助かったんですけど…」

輝子(そ、そうなのか…?ボッチには難しい世界だ…)
58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:44:29.41 ID:buPwxlx3o
P「着替え完売っと…」

輝子「親友…あ、あれでよかったのか…?」

P「いいんだよ。森久保も嬉しそうだったろ?」

輝子「そ、そうか…ならいいんだ…」
59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:46:10.73 ID:buPwxlx3o
P「もうだいたい売れたかなー……ん?」

輝子「ど、どうした親友」

P「いや、『水着:運次第』なんて商品いれた覚えが…」
60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:51:02.74 ID:buPwxlx3o
ちひろ「それはですねプロデューサーさん!」

P「ちひろさん!」

輝子「フヒっ!?」

ちひろ「6/30(木)11時から始まった『大はしゃぎ!夏のスクールプールガチャ』でSR輝子ちゃんを狙う権利が与えられるコースです!」

P「な、なんだってー!!!」

ちひろ「なんと輝子ちゃんは初の超絶特技!ドリームパワーも4倍!これは引くしかありませんね!」

P「女神!天使!ちひろ!ちょっと貯金降ろしてきます!」
61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:52:30.64 ID:buPwxlx3o

輝子「ち…ちひろさん…あれでよかったのか…?月末って当てるの大変なんだよな…?」

ちひろ「いいのよ輝子ちゃん。Pさんも嬉しそうだったでしょ?」

輝子「そ、そうか…ならいいんだ…」
62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:53:30.03 ID:buPwxlx3o

輝子「ボッチには難しい世界だ……」



おしまい
63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:55:44.73 ID:PQdK8pLKo
なんて巧妙なダイマなんだ……
おつ
64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/30(木) 23:56:30.03 ID:buPwxlx3o
以上です。

月末シルエットが輝子だったのでSSでも書けば出るかなと思ってやりました
結果は予想以上でした

まゆの『昼寝:時価』編は体力が持たなかったのでお蔵入りです

最後に一言、輝子を無制限に甘やかしたい人生でした
お奨め記事
7月2日 12時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告