記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/18(土) 17:20:39 ID:cZtcmaxs
ライター「露伴先生!本物だァ~!アタシ『ピンクダークの少年』の大大大大大ファンなんですよ!いや~感激だなァ~」

露伴「ありがとう、それで、ぼくに何の用だい?なんか面白いネタがあるみたいだけど「写真撮っていいですか?Twitterにあげて自慢したいんで!」

露伴「今はそういう話じゃあないだろう?君たち若者は何でもかんでもTwitterにあげないと死ぬ病気かなにかなのか?」

ライター「違いますよォ…自慢したくてェ~」

露伴「いくらファンで気分が高揚してるとはいえ名刺も出さないなんて失礼すぎだと思うけどね」

ライター「あっ、いっけなァ~いッ、忘れてた、アタシ、こういうものでェ~す」
つ名刺

露伴「『週刊文旬』の…日向夏…この季節に合った名前だね」

向日「違いますゥ~、向日夏(むかひ なつ)ですゥ~よく間違えられますけどォ~」

露伴「そうかい、それは悪かったね、で、向日さん?どんなネタなんだい?君の会社はしつこさで有名なあの『文旬』だ、さぞかしすごいネタなんだろうね」
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/18(土) 17:30:22 ID:cZtcmaxs
向日「まァ、なかなかのネタですよ、一人の人の人生が狂っちゃうかもォ~…みたいなァ?」

露伴「なぁ、さっきから気になってたんだがそのギャルみたいなもったりとしたしゃべり方、なんとかならないのかい?」

向日「これはァ~会社の命令だしィ~アタシの癖でもあるしィ…」

露伴「その異常にゴテゴテで人を殺せそうな爪も、安いキャバクラ嬢みたいな金髪の巻き髪も、ムダにトレンドを詰め込んだ原宿系顔負けの事故ファッションもかい?」

向日「こうした方が週刊誌ライターだと思われないからいいんですよォ~」

露伴「あー、なるほど、確かにきみが近くにいても『Twitter中毒のフリーターギャル』にしか見えないもんな」

向日「だからァ…たくさんスキャンダル撮れるんですよォ…」

露伴「さらっと怖いな…で?ネタってなんだい?」

向日「あ、それなんですけどォ…露伴先生は舞台とか見ますゥ~?」

露伴「舞台?演劇のかい?」
4:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/18(土) 21:20:31 ID:KKmMlD.E
向日「そうです、まさに演劇の!」

露伴「舞台?まぁ観ることもあるね」

向日「やっぱりマンガの参考とかですか?」

露伴「まぁそれもあるし、表現者として共感できる部分もあるしね」

向日「なるほどなるほどォ~」

露伴「きみ、真面目に聞いてないよね?帰っていい?」

向日「聞いてますよォ~、ちなみに好きな舞台女優さんとか居ますか?」

露伴「舞台女優ねぇ…まぁいるにはいるけど…古いしありきたりなんだけど、ドロシー・パーカーとかは表現も上手いし、綺麗だとは思ったね…そして、なんといっても…」

向日「いっても?」

露伴「淵透世だね」
5:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/18(土) 22:38:12 ID:0OnDs1f.
向日「あー…」

露伴「一度彼女の舞台を見たんだ」

向日「どうでした?」

露伴「…スゴかった、あまり人を褒めたくはないが、まさに大女優だったよ、悔しいけど、漫画やドラマや小説じゃあ出来ない舞台ならではの表現ってものをまざまざと見せつけられたね」

向日「露伴先生にそこまで言わせるなんてホントにスゴい女優さんなんですねぇ…そして、まさにアタシ達が言いたいとっておきのネタっていうのは、その淵透世に関するものです」

露伴「ほう…確かにそれは興味深いね、でも淵透世って…たしか亡くなってなかったっけ?」

向日「ところがどっこい、娘が居るんですよ…」
つ写真

露伴「君らのスクープ獲得率は異常だな…娘の写真まであるとは…まぁ、この写真の感想を言うと、母親と似て美人だなって事ぐらいかな」
6:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/18(土) 22:50:46 ID:0OnDs1f.
向日「美人…ですよねェ…」

露伴「そうだね」

向日「露伴先生に朗報なのはこの娘も演劇をやっていて、大女優になりそうなんですよ」

露伴「二世タレントが同じ道を歩くのはよくある話だけど、そんな簡単に才能が下へいくもんかねぇ」

向日「これを見てください」
つ動画

露伴「ああ」

…数分後

露伴『こ…これはッ!こんな幼い子どもがここまで美しい表現が出来るのかッ!』

向日「露伴先生、気に入りましたァ~?」

露伴「あ、ああ、すばらしいじゃあないか!この娘の演技は、ぼくにリアリティを与えてくれるぞッ!」

向日「でっしょォ~?」

露伴「この娘の名前は?」

向日「淵累(かさね)です、ちなみに芸名は、丹沢ニナ」
7:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/18(土) 22:55:51 ID:0OnDs1f.
露伴「そうかい、ありがとう」

向日「2日後の舞台のチケット、用意してあります」
つチケット

露伴「すまないね」

向日「あっ、条件がありまァす…」

露伴「条件?」

向日「累に整形疑惑がありましてェ~」
つ2枚目の写真

露伴「…こんな醜いツラがこの世にあるわけないだろ?きっと特殊メイクか何かさ、まぁ、チケットが欲しいから調べてやるさ、ついでにね」

向日「ありがとうございまァす!」

露伴『淵累…か…いい漫画が描けそうだ…』
8:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/18(土) 23:35:07 ID:0OnDs1f.
舞台当日

露伴「さて…あと2時間ぐらいあるな…」

露伴「リアリティを出すために舞台裏も覗いておこう、発生練習や動きのリハも気になるしね」

警備員「あの…ここは…」

露伴「『ヘブンズ・ドアーッ!』」

露伴「すまないね、マンガのためなんだ『岸辺露伴を関係者と認識する』…これでよし…と」

警備員「お入りください」

露伴『お?あれがリハーサルかな?』

羽生田「累のやつ…まだ顔を変えてないのか?」

露伴「『顔を…変える?』見てこよう」
9:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/18(土) 23:36:54 ID:0OnDs1f.
楽屋

露伴『ドアが開いている…眠っているのは…累…か?その横にいるのは…ば、ばかなッ!』

ドドドドドドド

露伴『あ、アイツは向日から見せてもらった特殊メイクの口裂け女じゃあないかッ!』

累「ニナさん…今日も顔を借ります…」
ズキュゥゥゥゥーン


露伴『な、なんだ…口紅を塗って、キスをしたぞ?』

累「羽生田さんのところへ急がなきゃ!」

露伴『か、顔が入れ替わっているッ!』
ゴゴゴゴゴゴゴ

露伴『ス、スタンド能力か…?』

露伴『なにかを知っているあの羽生田とかいう男を調べよう…』
10:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/19(日) 00:27:44 ID:1z/4xe8A
同じの読んだ記憶があるんだが再投稿かな
だとしたら期待
11:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/19(日) 02:25:29 ID:wbCuxTDE
>>10
そうですね。2年ぐらい前に書いたときはエタってしまったので再投稿です。
露伴と累のクロスです
12:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/19(日) 02:32:25 ID:wbCuxTDE
舞台裏

累「遅れました!」

羽生田「遅いぞニナ!リハーサルスタートだ!」

累「はい!」

露伴『よし!羽生田はこっちに来るぞッ!』

露伴「『ヘブンズ・ド…』「あ!あれって!」

露伴『しまった!気づかれたか!』

累「あ、あの…もしかして…岸辺露伴先生ですか?漫画家の?」

露伴「あ、ああ…そうだけど?」

露伴『ここに入ったことをどう言い逃れる…?ヘブンズ・ドアーを使うのは避けたいが…』

累「取材ならそう言ってくれればあなたなら通してくれますよ」
13:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/19(日) 02:39:09 ID:wbCuxTDE
露伴「え?」

累「警備員さんが、関係者が来るっていうから誰かと思いましたよ、露伴先生ならそんな嘘つかなくてもいいのに…」

露伴『警備員に『誰にも口外しない』って書けばよかった…でもこれはチャンスだ…』

露伴「悪かったね、次のピンクダークの少年の短編は舞台ものにしようと思っててね、取材はできるだけありのままを見たいから余計な邪魔が入るときみたちの集中が切れてしまうんじゃあないかと不安でね」

羽生田「そんなことじゃ舞台なんてやれませんよ、それとピンクダークの少年、俺も読んでますよ、ファンだからあとでサインもらえますか?」

露伴「ああ、この公演が終わったら、きみたちに記念の絵でもプレゼントしてあげるよ」
14:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/19(日) 02:52:26 ID:wbCuxTDE
羽生田「あ、ありがとうございます!ちなみに今回の舞台『ロミオとジュリエット』の演出を務めさせていただきます羽生田釿互(はぶた きんご)です、よろしく」

露伴「ああ、よろしく」

露伴『今のうちに『ヘブンズ・ドアー』でコイツを調べたいところだが、近くにスタンド使いがいるうちはまずい…』

累「丹沢ニナです、よろしくお願いいたします」
フワァ

露伴『やはり見惚れるほど綺麗な動きだな』

露伴『あの口裂け女は相当演技がうまいみたいだな…いったい何が原因であんな顔に…ひどい怪我でもしたのだろうか?昔は母親に似て綺麗だったんだろうな…こんどくそったれの仗助を騙して治させてみるかな…元の容姿に興味があるし…』
15:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/19(日) 03:00:42 ID:wbCuxTDE
累「いや~ピンクダークの少年の露伴先生と握手できる日が来るなんて!」

露伴『少し彼女を揺さぶってみるか?』

露伴「喜んでくれて光栄だよ…えーと…丹沢…ニナさん?」

累「クスッ、難しい名前でごめんなさい」

露伴「いや、芸名というので呼ぶのに慣れてなくてね」

累「い、いや、芸名じゃあないですよ」

露伴「そうなの?もっと普通の名前かと思ってたよ…例えば…ふ…」

累「…」
ビクッ

露伴『一瞬表情が強張った…か?』

露伴「福田美沙子とかね」

累「クスッ、確かにありそうですけど違いますよ」

露伴「そっかァ~、そうだよなァ~」

累「すみません、リハーサル始めちゃいますね」

累「丹沢ニナ、準備完了ですッ!」
16:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/19(日) 03:08:02 ID:wbCuxTDE
露伴「凄い気合いだな…」

露伴『こうまでして舞台に立ちたいなら彼女の顔には触れないほうがいいんじゃあないか?』

露伴『何らかの事故に巻き込まれたってケースもある、いや、そうとしか考えられないじゃあないか…そう思おう、そして彼女の舞台を観て、取材は終わりだッ!』

露伴『羽生田は色々癖のありそうな男だから調べたかったがね…』

露伴「…」

露伴「…」

露伴『や、やっぱり気になる…あの時ッ…』

ーーー回想ーーー
累「ニナさん…今日も顔を借ります…」
ズキュゥゥゥゥーン

ーーーーーーーー
露伴『やはり、顔を変えていた…事故によるショックで発言したスタンドか…または母が不細工だったか…』
17:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/19(日) 03:14:12 ID:wbCuxTDE
露伴『後者は無いとして…後者…』

露伴『ッ!!!』

露伴『ま、まさかッ!』
ゴゴゴゴゴゴゴ

露伴『淵透世も顔を変えていたッ!い、遺伝するスタンドだって』

露伴『ぼくの予想は恐ろしい方向へ向こうとしているッ!発表してしまえば、日本の舞台の歴史そのものを否定してしまうような恐ろしい予想だッ!』
ドドドドドドド

露伴『…とはいえ、先に舞台の取材だ、やれやれ、やることがたくさん増えてしまった』

露伴『そろそろ時間だ、観るとするかな…』

そして舞台の幕が上がる…
18:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/20(月) 00:08:33 ID:drFwSR/U
露伴「まずは彼女の演技をしっかりと見るぞ」

ブブー

累「…」
フワァ

ロミオ役「おお、なんと美しい、名前はなんと言う?」

露伴『主役よりも存在感がある…まさに『女優』という感じだ…だが…』

累「あのひとの名前を聞いておいで、もしも結婚していたら、私のお墓が私の新床になるでしょう」

露伴『ここまではきみが目立つ場面だ、真の演技派は自分が退くときは自ら輝きを減らすものだ、きみのお母さんが出来ていたこと…君にもできるかッ?』

ロミオ役「…」
ペラペラ

露伴『ロミオ役のキャストの光が淡いが…彼女はそれよりも淡くなっている…ロミオを引き立たせるようにッ!』
21:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/23(木) 21:19:33 ID:0vZzT5A6
露伴『さぁ、いよいよだ!ロミオとジュリエット屈指のあの名シーンを君はどうやって表現する!』

累「ああ…ロミオ…どうしてあなたはロミオなの!?」

露伴『す、スゴいッ…一瞬すべてが累に引き込まれた!ジュリエットの嘆きが心に突き刺さる…まるでぼくがッ!いや、この舞台を見ているすべての人間が自分がロミオだと勘違いしてしまうほどッ!』

露伴『スケッチせずにはいられないッ!』
カリカリカリカリ

羽生田『あの岸辺露伴にスケッチされた女優…さらに累は飛躍するッ!』

???「…」

露伴『ん?ぼくの隣に随分と真剣に舞台を見ているやつがいるな…舞台関係者か?』

露伴『そんなことよりスケッチだ』
カリカリカリカリ
22:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 05:57:10 ID:6zcH9k3s
舞台終了後…

羽生田「露伴先生!必死にスケッチしてましたけど、お役に立てましたか?」

露伴「おいおい、こんな客がたくさんいるところで演出家がそんなこと口走るもんじゃあないぞ、まるでぼくのためにこの舞台をやったみたいに思われるだろ?」

羽生田「いやいや、もうそんな気がしてしまうほど嬉しいですよ!」

露伴「何を言ってるんだきみは、演出家は舞台を『観てもらうため』にいるんだから特別扱いを掏るもんじゃあないぞ」

羽生田「確かに、それは失礼しました!じゃあ舞台裏の方で話しましょうか?」

露伴「舞台裏?楽屋じゃあダメなのかい?」
23:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 06:02:28 ID:6zcH9k3s
羽生田「楽屋ですと…役者さんのご迷惑になりますので…」

露伴「ああ、そりゃもっともだ」

露伴『累が『顔を変えて』いるんだろ?本当は』

羽生田「心配しないでください、余り人目につかないところにしますから」

露伴「ああ、そうしてもらえるとありがたい」

羽生田「ファンに騒がれるかもしれませんしね」

露伴「いや、ぼくはそんな心配はしてないよ、案外騒がれないものさ、そっくりさんがいるなしか思ってないよ、周りの人なんて」

羽生田「ハハハ、なんて言ってる間に着きましたよ」

露伴「お、すまないね、『ヘブンズ・ドアーッ』!」
24:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 06:10:07 ID:6zcH9k3s
露伴「いい舞台を見せてくれたところ悪いけど更なるリアリティのために、あの『口紅』の事を探らせてもらうよ」
ペラペラ

露伴「なになに…羽生田釿互…~年生まれ、こんなところはどうでもいいな」

露伴「…ん?」

淵透世は本人じゃない!あの美貌は他の透世という女性から『顔』を奪ったものだ!

露伴「こ、これはッ!や、やっぱり!」

淵透世の本名は『淵誘(いざな)』美貌とは最も遠い醜悪な容姿をした女だ!

露伴「スゴいぞッ!役者の命である『顔』を変えて一世を風靡した役者がいるなんてッ!この体験、スケッチさせてもらうぞッ!」

美貌は『口紅』で手に入れる!そしてッ!それは娘も同じ!
25:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 06:20:10 ID:6zcH9k3s
露伴「や、やっぱりだッ!顔は『口紅』で手に入れるんだッ!あれは幻覚や錯覚なんかじゃあない!ぼくはとても貴重な体験をしているッ!」

露伴「もう他に特筆すべきことはないだろーけど、一応見ておくかな、何か漫画の参考になるかもしれないし」
ペラペラ

本物の透世は演技がヘタだ。これ以上ヘタクソはいないってぐらいヘタクソだ。

露伴「まぁなくはない話だね」
ペラペラ

淵誘は逆に天才だッ!表現の神だッ!娘もまたッ!

露伴「そんなことはわかってるよ、やれやれ、もうないかな…」
ペラペラ

本物の透世にも娘がいるッ!

露伴「なッ!」
ペラペラ

名前は…野

露伴「野…?ここまでしかわからないってことか、まぁいいことを聞いたよ」
26:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 06:26:01 ID:6zcH9k3s
露伴「ありがとう、もういいよ」

羽生田「えっ?あっ、もういいんですか?」

露伴「充分話は聞かせてもらった」

羽生田「はぁ…?」

露伴『彼は『スタンド使い』じゃあないし、何をしたかわかってはいないと思うけど、きっと『おかしいなァ~?』ぐらいしか思ってないから大丈夫だろう』

露伴「さて…楽屋に行ってみるかな」


ー楽屋ー

累「ニナさん…『顔』を返します」

露伴「世の中には奇妙なことがあるもんだね、そうやって『顔』を借りることができる人間がいるなんて」
27:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 06:33:26 ID:6zcH9k3s
累「露伴…先生?」
ゴゴゴゴゴゴゴ

露伴「おっと、気にしないでくれ、単純に興味があるだけだから」

累「…」

露伴「ん?」

累「この『顔』を見られたからには…」
ダッ

露伴「待てッ!ぼくは他人に言うつもりも、きみの顔にとやかく言うつもりもないッ!」

累「漫画に描くかもしれないッ!そうすればあたしは終わりだッ!そうなる前にッ!」
スチャッ

露伴「ナ、ナイフなんてどこからッ!」

累「殺すつもりはなかったけどッ!」
ビュッ

露伴『ううっ…本当に彼女はぼくを殺すつもりだッ!あの目は本気の目だッ!プッツン由花子が康一くんを追いかけ回すときのような本気の目だッ!』
28:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 13:28:58 ID:6zcH9k3s
露伴『なんて危険な子なんだ…でもッ!』

累「このッ!」
スカッ

累「?」
スカッスカッ

露伴「当たらないよ、ぼくのはそーゆー『能力』なんだ」

累「くっ…」

露伴「最終的には『口紅』頼りの顔交換か、やれやれ、ぼくがそんなものに屈すると思っているのかい?それに、そう来ることも読んでいるッ!だからこう書かせてもらった『いかなる部位も岸辺露伴に触れることはできない』とね!」

累『このままじゃ、どうすれば…』

露伴「生憎ぼくはきみより死線をくぐり抜けている自信がある、残念だけどね、さて、安全になったところで一言言っておくよ」
29:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 13:35:39 ID:6zcH9k3s
露伴「ぼくはきみの顔や出生をあーだこーだ言うほど暇じゃあないんだ、『顔』について騒ぐなら他でやってくれって感じだね、ぼくはきみの『能力』と『演技力』にリアリティを見出だしたかっただけさ、もう充分だ」

累「そんなの…信用できない」

露伴「おいおいおいおい、きみはどこまで疑り深いんだ、ぼくはマンガを描くために来たんだ、舞台を観て『能力』の秘密がわかった今、きみに微塵も興味なんかわかないね」

累「…」

露伴「次に会うときは、また『演者』と『観客』だ、また観に来るよ、リアリティを見付けにね」

累「…」

露伴『ふぅ…やれやれ、まさか演技を観るだけでここまで疲れるとは…』
30:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 13:41:23 ID:chrHC3Bk
???「あの…」

露伴「ん?」

???「岸辺…露伴先生ですか?『ピンクダークの少年の』」

露伴「そうだけど?」

???「さっき隣に座ってた時に気付いてビックリしました!私ファンなんです!」

露伴「そうかい、ありがとう」

露伴『誰かに似てるような…』

野菊「私、野菊っていいます、出来れば私の舞台も観に来てくださいね!」

露伴『野菊…?透世の娘の名前は野…いや、まさかな』

露伴「すまないが舞台はしばらくやめとくよ、ちょっと休みたい」

野菊「残念だなァ…」

露伴『しばらく、観劇はいいかな』

岸辺露伴は動かない
~魔性の口紅~
終わり
31:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/06/24(金) 16:32:32 ID:JWL9EYa6
ここまで読んでいただいた方ありがとうございました。
一度エタってしまったものの再投稿です。
累読んでてあの口紅がスタンドっぽいなぁ…とか露伴先生とクロスしてみたいとか思いつつ書きました。
ありがとうございました。
次はちゃんと都市伝説と露伴先生にしようかな
お奨め記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告