記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:03:11.11 ID:X9JvsEhc0
※遊戯王要素は一切ありません
2:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:03:39.35 ID:X9JvsEhc0
モバP「藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……」

モバP「こいつでお前らを世界の人気者にしてやるよ」

モバP「今回のテーマは……」

モバP「『散歩』だ!」



………………

…………

……
3:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:04:06.72 ID:X9JvsEhc0
藍子「~♪」

藍子「……あら?」

奈緒「――」

藍子「……奈緒ちゃん?」

藍子「こんなところでなにして――あっ」

奈緒「よしよし……ふふっ可愛いなぁ、お前?」

奈緒「どうしたんだ、一人か?」

奈緒「それとも誰かと一緒に来たのか?」

藍子「……ふふっ」

奈緒「……ノラだったらこんなに人懐っこくはないよなぁ」

藍子「……」ソロソロ

奈緒「首輪はついてるし……お前のご主人様はどこいったんだー?」

藍子「……」ソロソロ

奈緒「……わっ!」

奈緒「おいおい舐めるなよー、あたしはお前のご主人さまじゃないぞー♪」

藍子「……」パシャリ

奈緒「ん……?」

奈緒「あ――」

藍子「あっ……」

藍子「……こんにちは、奈緒ちゃん」

奈緒「――よ、よぉ」
4:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:04:46.16 ID:X9JvsEhc0
藍子「その犬は?」

奈緒「あ、いや……なんとなく散歩してたら見つけちゃって」

奈緒「結構懐いてくるし、かわいいし……へへ」

奈緒「……!」

奈緒「な、なぁさっきのカメラの音って……」

藍子「あ、はい、これですよ」

藍子「素敵な光景が見えたので……つい、パシャリって♪」

奈緒「そ、そっか……」

奈緒「なあ、それってもしかして……いや、もしかしなくても……」

藍子「奈緒ちゃんです♪」

奈緒「やっぱり……」

藍子「とっても素敵な表情をしてましたよ?」

奈緒「……そうかもしれないけど」

奈緒「でもさ、他のやつには絶対見せるなよ!」

奈緒「何言われるかわかんないし……」

藍子「みんな素敵な笑顔ですねって言ってくれると思います♪」

藍子「ほら、見てください」

奈緒「……うっわー……あたし、こんな顔してたんだ……」

藍子「可愛いと思いませんか?」

奈緒「かっ、かわ……!」

奈緒「って、本人に聞くなよ、そういうの!」

藍子「あ、そうですね……」

藍子「じゃあ、やっぱり誰かに……」

奈緒「わああぁっ、それもやめてくれぇっ!」
5:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:05:15.93 ID:X9JvsEhc0
藍子「うーん……でも、本当に素敵なんですけど……」

奈緒「そうかもしれないけどさぁ……」

奈緒「あたしは恥ずかしくて仕方ないんだよ……」

藍子「……そうですか」

藍子「そこまで嫌なら……わかりました」

奈緒「あっ、本当か!」

奈緒「ありがとな、藍子」

藍子「いえいえ」

藍子「ふふっ、私たちだけの秘密ですね♪」

奈緒「あ……そ、そうだな」

藍子「……奈緒ちゃん?」

奈緒「いや、なんでもない!」

奈緒(二人の秘密ってワードに過剰反応しかけたなんて言えない……)

奈緒「……」

藍子「……?」

奈緒「……ひゃっ!」

奈緒「なんだよー……またお前かよー……」

奈緒「舐めやがって、このー♪」

藍子(……ふふっ)

藍子(内緒でもう一枚、撮っちゃお♪)パシャリ
6:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:05:44.45 ID:X9JvsEhc0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モバP「藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……」

モバP「こいつでお前らを世界の人気者にしてやるよ」

モバP「今回のテーマは……」

モバP「『趣味』だ!」



………………

…………

……
7:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:06:12.54 ID:X9JvsEhc0
奈緒「……」ポチポチ

藍子「……」ジー

奈緒「……」

奈緒「なあ、何見てるんだ?」

藍子「あ、いえ」

藍子「そのかばんについてるキーホルダー……」

奈緒「ん……あ、これか」

奈緒「……」

奈緒「もしかして、これが何か知ってるのか……!?」

藍子「あ、いえ……ただ、可愛いなぁって」

奈緒「あ、そっか……まあ、そうだよな……」

藍子「……」

藍子「何かのアニメのキャラクターですか?」

奈緒「あ……うん」

奈緒「あたしの好きなアニメのマスコットキャラなんだ」

藍子「へぇ……」

藍子「私、アニメとかは疎くて……」

奈緒「あー……うん、そんな感じはする」

藍子「……やっぱり、そう見えますか?」

奈緒「ああ」

奈緒「……もしかして、気にしてたか?」

藍子「いえ、そんなことはないですけど……」
8:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:06:42.35 ID:X9JvsEhc0
藍子「……」

奈緒「……それならさ」

奈緒「よかったら、今度一緒にこのアニメ見ないか?」

藍子「……いいんですか?」

奈緒「ああ」

奈緒「あたし、このアニメ好きだからDVDも持ってるし……部屋にテレビもあるし」

奈緒「……それに、気になるだろ?」

藍子「……はい」

藍子「じゃあ、あの……お言葉に甘えて」

奈緒「ああ」

奈緒「……で、いつなら都合つくかな?」

藍子「私は……えっと……明後日がオフですね」

奈緒「……お、あたしもだ」

奈緒「奇遇だな……じゃあ、その日に見よう」

藍子「はいっ!」

藍子「ふふっ、楽しみです♪」

奈緒「そだな……じゃあ、あらすじだけでも教えとくか」

奈緒「もしかしたらそれで合わないかもしれないし」

藍子「……あ、そうですね」

藍子「……友達から聞きましたけど、可愛い絵柄でも怖いアニメってあるみたいですし……」

奈緒「ははっ、そのキャラのはぜんぜん怖くないから大丈夫だよ」

奈緒「えっとな、そのアニメは――」
9:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:07:10.96 ID:X9JvsEhc0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モバP「藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……」

モバP「こいつでお前らを世界の人気者にしてやるよ」

モバP「今回のテーマは」

モバP「『勉強』だ!」



………………

…………

……
10:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:07:37.44 ID:X9JvsEhc0
藍子「……」カキカキ

奈緒「おはようございまーす……っと」

藍子「……あ、奈緒ちゃん、おはようございます」

奈緒「おう、おはよう、藍子」

奈緒「……ん、勉強か?」

藍子「はい」

藍子「今度小テストがあるので、復習です」

奈緒「あー……なるほど」

奈緒「大変だな」

藍子「はい……結構難しくて……」

藍子「……って、奈緒さんもテストありますよね?」

奈緒「いや、あたしはまだないな」

奈緒「だから気が楽だよ」

藍子「……今のうちに勉強しとかないと、後で大変なことになると思いますけど……」

奈緒「うっ……まあ、そりゃそうだけど」

奈緒「でもさ、遊べるうちに遊んでおきたいだろ?」

藍子「……そうなんですよね」

藍子「だから、今、ちょっとピンチで……うぅ」

奈緒「……」

奈緒「よかったら、あたしが教えようか?」

藍子「……いいんですか?」

奈緒「ああ……まあ、あんまり役に立つかどうかはわかんないけど」

藍子「……いえ」

藍子「奈緒ちゃんがいたら百人力です♪」

奈緒「さすがにそんな力はあたしにはないって……」

藍子「ふふ」

藍子「……でも、ありがとうございます」

藍子「それじゃ、よろしくお願いします」
11:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:08:42.26 ID:X9JvsEhc0
藍子「……ふぅ」

藍子「ここで、テストの範囲は終わりですね」

奈緒「ん、そっか」

奈緒「お疲れ」

藍子「お疲れ様です」

藍子「……それと、ありがとうございます」

藍子「奈緒ちゃんの教え方、とってもわかりやすかったです」

奈緒「そ、そうか?」

奈緒「へへ……役に立ったなら嬉しいよ」

藍子「はい、とっても助かりました」

藍子「これで、今度の小テストモバっちりです♪」

奈緒「よかったよかった」

奈緒「……まあ、あたしも一年前に勉強したところだしな」

奈緒「これくらい教えられないと」

藍子「……あ、そっか」

藍子「奈緒ちゃんって、一年先輩なんですね」

奈緒「そうだよ」

奈緒「……そんな風には見えなかったか?」

藍子「はい」

奈緒「即答かよ!」

藍子「ふふっ、奈緒ちゃんってとっても親しみやすいので」

奈緒「……うー」

藍子「またわからないところがあったら教えてくださいね、奈緒先輩♪」

奈緒「その呼び方はやめろよぉ!」

奈緒「なんか恥ずかしいだろ!」
12:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:09:08.32 ID:X9JvsEhc0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モバP「藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……」

モバP「こいつでお前らを世界の人気者にしてやるよ」

モバP「今回のテーマは」

モバP「『ゆるふわ』だ!」


………………

…………

……
13:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:09:38.29 ID:X9JvsEhc0
藍子「奈緒ちゃん、散歩に付き合ってくれてありがとうございます」

奈緒「ん、いいよ」

奈緒「あたしもちょっと歩きたかったしな」

藍子「ふふっ」

奈緒「今日は空がきれいだなぁ」

藍子「そうですね……雲ひとつない……お散歩日和……」

奈緒「だなー」

奈緒「……ひなたぼっことか、気持ちよさそう」

藍子「そうですねー……」

奈緒「えっ!?」

藍子「ひゃっ!?」

藍子「ど、どうしたんですか……!?」

奈緒「いや……急に心読まれたからびっくりして……」

藍子「心……?」

奈緒「今あたしの心の声に返事しただろ?」

藍子「いえ、普通に言葉に出してましたけど……」

奈緒「……マジで?」

藍子「マジです」

藍子「確かに今日ひなたぼっこしたらとっても気持ちよさそうですよね」

奈緒「……うわー」

奈緒「くっそ……恥ずかしい……」

藍子「別に恥ずかしがることではないと思いますけど……」

藍子「あ、ほら、あそこに広場ありますし、せっかくだからひなたぼっこしてきませんか?」

奈緒「……」
14:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:10:05.54 ID:X9JvsEhc0
藍子「ふわぁ……気持ちいいですねー」

奈緒「そうだな……」

藍子「このまま寝ちゃいそうなくらい……」

奈緒「だなー……」

奈緒「こんな気持ちいいんだったら、弁当とかもってくればよかったかもなー」

藍子「ふふっ、ピクニックですね」

奈緒「そうそう……きっと楽しかっただろうなぁ」

藍子「今度機会があったらしましょうか」

奈緒「あー、いいかもなー」

奈緒「事務所のみんなを連れてさ」

藍子「ふふっ、ピクニックというよりパーティみたい」

奈緒「……確かに人数多いからなぁ」

奈緒「今はここ静かだけど、全員連れてくることになったら……」

奈緒「……絶対ひなたぼっこできないな」

藍子「ふふっ」

奈緒「……」

藍子「……」

藍子「ふわぁ……」

奈緒「……なあ、ちょっと昼寝するか?」

藍子「ん……いえ、大丈夫ですよ……」

藍子「ふぁ……」

奈緒「いや、すごい眠そうなんだけど……」

藍子「んー……」

奈緒「……ふぁ」

藍子「……奈緒ちゃんも眠そう……」

奈緒「まあ……気持ちいいからな……」

奈緒「……」

藍子「……」

奈緒「……」

藍子「……」

奈緒「すー……」

藍子「すー……」
15:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:10:53.40 ID:X9JvsEhc0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『すー……』

『すー……』

『……藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……』

『今回のテーマを変更する』

『今回のテーマは『寝顔』だ!』

『……』

『すー……』

『すー……』

『藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……』

凛「……」

奈緒「……」

凛「……何これ」

奈緒「あたしが聞きたいよ!」

奈緒「なんだよ、これ!」

奈緒「いつ撮ってたんだよ!」

凛「奈緒達が昼寝してる時じゃない?」

奈緒「そりゃ見ればわかるって!」

奈緒「そうじゃなくてさ……ってか、あたしこんなの許可してないぞ!」

凛「えっ、そうなの?」

凛「いろいろな動画サイトにアップされてたけど」

奈緒「はぁ!?」

凛「どれもすごい再生されてたよ」

奈緒「ちょっ……え、ええぇっ!?」

凛「で、コメントには」

『藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……』

凛「とか」

『二人は付き合ってるんですか?』

凛「とか、そんなことばっか書かれてるけど」

奈緒「付き合ってるわけないだろぉ!」
16:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:11:33.01 ID:X9JvsEhc0
モバP「おはよう」

凛「あ、おはよ、プロデューサー」

奈緒「おい、Pさん!」

モバP「ん、どうした藍が――あ、藍子はまだいないのか」

モバP「どうした、奈緒?」

奈緒「どうしたじゃないよ!」

奈緒「なんだよ、この動画!」

奈緒「撮ったのPさんだろ、これ!」

モバP「ん……ああ」

モバP「藍子と奈緒が可愛かったからな、世界の人気者にしてやろうと思ったんだ」

奈緒「せめてあたしたちに一言伝えろよ!」

モバP「一言伝えたら自然な藍神ィ……が撮れないだろ?」

モバP「自然なままの藍神ィ……を世界に伝えることで、お前らを世界の人気者にしてやろうと思ったんだ」

奈緒「だからってなぁ……」

奈緒「……ってか、藍神って何だよ!」

モバP「いや、普通に、藍子と神谷だから」

モバP「藍神ィ……」

奈緒「なんでそんなねっとりした言い方になるんだよ!」

奈緒「というか、なんであたしだけ苗字なんだよ!」

凛「名前で呼んでほしかったの?」

奈緒「はぁっ!?」

奈緒「あ、いや、別にそういうわけじゃ……」

凛「じゃ、藍神でいいんじゃない?」

モバP「そうだよなあ、凛」

凛「うん」

モバP「藍神ィ……」

凛「藍神ィ……」

奈緒「凛までそう呼ぶのはやめろぉ!」
17:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:12:01.56 ID:X9JvsEhc0
凛「で、藍子と奈緒は付き合ってるの?」

モバP「付き合ってるぞ」

奈緒「なんでPさんが答えるんだよ!」

奈緒「……ってか、付き合ってるわけないだろぉ!」

凛「そうなの?」

奈緒「そうだよ!」

藍子「……みなさん、どうしたんですか?」

凛「あ、藍子、おはよ」

藍子「おはようございます」

藍子「プロデューサーさんも、おはようございます」

モバP「おう、おはよ」

藍子「それで、何の話をしてるんですか?」

凛「『藍子と奈緒が付き合う?』って話」

奈緒「まだその話してるのかよ!」

藍子「あ、はい」

藍子「今度付き合いますよ」

奈緒「はぁ!?」

凛「……へぇ」

奈緒「ちょっ、おい、藍子、どういうことだよ!」

藍子「え……あの、買い物に付き合ってくれるんですよね?」

奈緒「え……あ、うん……そうだな」

奈緒「その約束はしたけどさぁ……」

凛「……ふーん」

凛「ふふ……」

奈緒「な、なんだよ?」

凛「ううん、別に」

凛「ふふっ」

奈緒「だから、なんだよぉ!」

藍子「……ふふっ」

奈緒「藍子まで!」

奈緒「もう、なんなんだよぉ!」

モバP「……」

モバP「藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……」







おわり
18:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:13:08.90 ID:X9JvsEhc0
劇場版遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS欠乏症にかかったので、つい
非力な私を許してくれ……

ちひろさんに「鬼、悪魔ではない、神だァ!」とか言わせたかったけど場所がなかった


誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません。呼んでくださった方ありがとうございました
20:◆6QdCQg5S.DlH:2016/06/13(月) 17:14:01.37 ID:X9JvsEhc0
最近書いたの
フレデリカ「明日また会えるよね?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465638353/

朋「まゆちゃんと」まゆ「朋さんと」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465471200/

泰葉「人形の館」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465066298/

モバP「ゼッケンズが集合時間になっても来ない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464704122/


よかったらこちらもよろしくお願いします
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/13(月) 17:20:57.32 ID:9Bb75zVm0
なぁにこれぇ?
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/13(月) 18:20:00.08 ID:SfdSWHiFo
遊戯王じゃねーのかよ!と思ったら奈緒藍子尊くて全てがどうでもよくなったZE!(ドン☆
お奨め記事
6月15日 06時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告