記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:22:53.47 ID:ONAEiYCk0
提督(便意とは突然、訪れるものだ)

提督(入れたものは出す。排泄とは生物としての摂理)

提督(それは分かってはいるが、ヤツはいつも予告なしに現われる)

提督(食事中だろうが、仕事中だろうが、こちらの都合などおかまいなしだ)

提督(早く出せと言わんばかりに、私の括約筋を悩ませる……)

提督(つまり、何が言いたいかと言うと)

提督(うんこがしたい)

提督(この一言に集約される)
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:27:40.14 ID:ONAEiYCk0
大淀「……督? 提督? 聞いていましたか?」

大淀「今期の大規模作戦についてですが……」

提督「ああ、聞いていたよ」キリッ

提督「航空基地設立は、今後を見据えての重要な任務だ」

提督「是非ともやり遂げたい……が、そのためには陸戦隊との連携が必要だ」

提督「駆逐艦を中心に、近海で再演習しておこう」

提督「こればかりは、やり過ぎるということはないだろう」

提督(うんこがしたい)
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:30:53.00 ID:ONAEiYCk0
長門「しかし、提督よ」

長門「敵の大規模艦隊も発見されている」

長門「そちらを無視するわけにもいくまい」

提督「大本営からは、航空基地設立が先だと言われているが……」

提督「当然、そちらも叩く」

提督「これには戦艦、空母を中心とした艦隊を当てる」

提督「貴様らの力、頼りにしているぞ、長門」キリッ

長門「ああ!」

提督(うんこがしたい)
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:34:35.08 ID:ONAEiYCk0
曙「待ちなさいよ、クソ提督!」

曙「あれもする、これもする、どっちも上手くしてみせる、ですって?」

曙「そんなに私たちを使ったら、資源が足りなくなるでしょ!」

曙「そんなことも分からないの!?」

提督「いや、問題ない」

提督「資料の21ページ目を見てくれ……そうだ、そのページだ」

提督「我が鎮守府にも、駆逐艦戦力が充実してきた」

提督「こちらを遠征に回せば、十分、資源はまかなえる」

提督(うんこがしたい)
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:36:18.27 ID:ONAEiYCk0
提督「お前たちには苦労をかけるが……」

提督「これも日本、ひいては世界のためだ」

提督「ひとつ、よろしく頼む」ペコリ

曙「……!」

曙「ふっ、ふんっ! だらしないんだから!」

曙「いいわよ、やってあげるわよ! これでいいんでしょ!」プイッ

提督「ああ、助かる」ニコッ

曙「……!」ドキッ

提督(うんこがしたい)
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:38:51.11 ID:ONAEiYCk0
大淀「さて、それでは、今後の目処も立ちましたね」

大淀「それぞれの隊は、大規模作戦に向けての再演習を……」

大淀「提督。提督は、付随する書類に認可をお願いいたします」

提督「ああ、分かった」

大淀「それでは、今回の会議はここまでとします」

大淀「皆様、お疲れ様でした」

提督(うんこができる……?)
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:45:22.43 ID:ONAEiYCk0
金剛「テートクゥ! お疲れデース!」ダキッ

時雨「今回も僕たち駆逐艦の出番だね。頑張るよ」ギュッ

提督「こらこら、よしなさい」

響「特に、大発が積める艦が必要みたいだね」

皐月「まっかせてよ! 司令官のために頑張るよ!」

ワイワイ キャッキャッ

提督(うんこがしたい)
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:48:59.01 ID:ONAEiYCk0
提督(……まずいな)

提督(これ以上、我慢をしてしまえば、深刻な事態に陥りそうだ)

提督(しかし、私にも帝国海軍士官としての矜持がある)

提督(間違っても、婦女子の手前、厠に行くなどと口に出すわけにはいかんのだ)

提督(ここは我慢……我慢だ……)

提督(忍耐力が試されるときだ、提督)

提督(ああ……だが……)

提督(うんこがしたい)
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:51:14.44 ID:ONAEiYCk0
~十分後~

金剛「それじゃ、提督ぅ。また後でネー」ヒラヒラ

提督「ああ、夕食の席で会おう」

バタン

提督「……」

提督(よし、行ったか)

提督(これで厠に行ける……便意を解消できるのだ)

提督(後は刺激を与えず、なるべく早く厠へ……)

提督(そして、うんこを出すのだ)
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:54:44.52 ID:ONAEiYCk0
提督(さて、廊下に出たが……)

提督(ここからが正念場だ)

提督(廊下の角を曲がって、突き当りの右にある厠へ)

提督(寄り道をするわけにはいかない。羅針盤を逸らせるのは以ての外だ)

提督(可及的速やかに、出来るだけ目立たないように……)ソソクサ

加賀「あら、提督」バッタリ

提督(うんこがしたい)

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:57:37.95 ID:ONAEiYCk0
提督「加賀か」

提督「どうした、会議室に忘れ物か?」

加賀「いえ、あなたを探していたの」

提督「私を? どうして?」

加賀「……航空基地のことなのだけど」

加賀「海軍は今後、空母戦力を縮小するつもりなのかしら?」

提督「なんだ、そんなことか」

提督「それはない。あり得ないぞ、加賀」

提督(うんこがしたい)
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 19:59:45.33 ID:ONAEiYCk0
提督「航空機の行動範囲も、日増しに拡大してはいるが……」

提督「それでもなお、空母の機動性、即応性には敵わない」

提督「航空基地は、あくまで補助的な役割しかなく……」

提督「航空戦の華は、やはり、加賀」

提督「貴様ら空母なのだよ」ニコッ

加賀「提督……」

提督(うんこがしたい)
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:02:37.14 ID:ONAEiYCk0
提督「不安は解消できたか?」

加賀「ええ。煩わせてごめんなさい」

提督「いいんだ。艦娘の不安を解消するのも、提督の役目だからな」

加賀「……それだけ?」ポツリ

提督「ん? 何か言ったか?」

加賀「い、いえ、何でもないわ」カーッ

タタタッ……

提督「行ってしまった……」

提督(うんこがしたい)
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:04:59.44 ID:ONAEiYCk0
提督(これで何の問題もなくなった)

提督(厠はもはや目前だ。後は入って出すだけだ)

提督(ああ、タイルの湿った香りまで届いてきたぞ……)

提督(うんこがしたい)

提督(ははは、そう急くな。今、存分に解き放って……)




空襲警報、発令!!!!



提督「なにぃぃぃぃぃっ!?!?!?」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:07:07.29 ID:ONAEiYCk0
大淀『提督、この放送が聞こえていますか!?』

大淀『至急、執務室までお越しください!』

大淀『そして、艦隊の指揮を!!』

提督「あ、あああ……!?」

提督「い、いや、しかし、うんこ、うんこが……」

提督「だが、今は数分の遅れが致命的に……」

提督「だが、だが、厠はもう目の前に……」

提督「……くそっ!!」ダッ!
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:09:51.15 ID:ONAEiYCk0
~執務室~

提督「すまない、遅くなった!」

大淀「いえ、大丈夫です!」

大淀「しかし、予断は許されません」

大淀「敵は戦艦棲姫率いる艦隊です」

大淀「ただちに出撃命令を!」

提督「ああ!」

提督(うんこがしたい)
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:13:31.12 ID:ONAEiYCk0
提督「まずは空母を出撃させ、制空権の確保を!」

提督(うんこ)

提督「続いて、大和を中心とした主力艦隊を編成!」

提督(うんこが)

提督「軽巡、駆逐艦は、潜水艦、PTの警戒を!」

提督(うんこがしたい!!!!)
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:15:18.75 ID:ONAEiYCk0
提督(これで目下の危機は凌げるはずだ)

提督(だが、私の方は……)

提督(もう駄目だ、限界だ)

提督(厠へ行くまでの猶予は……)

提督(もう、私には残されていない……)
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:17:17.98 ID:ONAEiYCk0
提督(だが、手はある)

提督(大淀の意識が通信に向けられている今)

提督(こっそりと、湯飲みに便を排出するのだ)スルスル

提督(苦渋の決断とは、まさにこのこと)

提督(しかし、私にはもう、この道しかないのだ……)

提督「……」

提督「……いざっ!!」カッ!
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:21:26.61 ID:ONAEiYCk0
――その時だった。

二体目の戦艦棲姫が、警戒網を潜り抜け、執務室を強襲したのは。

戦艦「ハハハ! ハハハッ!」

戦艦「コレデ、オワリヨォ!」グワッ!

振り上げられる巨腕。

執務室に響く、大淀の悲鳴。

しかし、提督の心に恐怖はなかった。

あるのはただ、闖入者への苛立ちだけ。

自分はこんなにもうんこがしたいのに、なぜ、それを邪魔するのか――。

苛立ちは怒りへと代わり、怒りは心を濁らせて。

絶体絶命の窮地に立った提督は。

通常ならば、あり得ない行動に出た。
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:25:24.98 ID:ONAEiYCk0
戦艦「ハハハ……ンムゥ!?」

戦艦棲姫の笑い声を塞いだのは、提督の引き締まった臀部だった。

うんこをしようとしていたのだ。すでにズボンは脱いである。

その露わになったケツで、提督は砲弾のように戦艦棲姫の口に飛びついた。

戦艦「貴様、何ヲ……!?」

目を白黒させる戦艦棲姫。

提督を殺すことも忘れ、彼女はただ、うろたえている。

――だが。

彼女の常識を超える惨劇は、今、ここから始まるのだ。
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:29:12.57 ID:ONAEiYCk0


――ボッ!!!!


果たして、執務室に響いたのは、爆撃の音でもなく、砲撃の音でもなかった。

それは、溜まりに溜まったガスが、栓のように詰まった便を、爆発的にひり出す音。

当然の帰結として、便器代わりの戦艦棲姫の口には、便とガスとがたちまち溢れた。

だが、事態はこれで終わらなかった。終わるわけがなかった。
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:34:11.81 ID:ONAEiYCk0


ブリブリブリブリブリ――ぶぼおっ!!


そう、主力艦隊の砲撃が始まったのだ。

帝国海軍、健康的な提督の食事量は、常人の倍量を上回る。

それに比例し、便の量も倍々に増えていくのが道理だ。

戦艦「~~~~~~~~~~っ!?!?!?」

今や床に倒れ、口で、いや、顔中で提督の便を受け止めるだけの便器になった戦艦棲姫。

彼女はしばらくの間、手足をばたつかせていたが――。

頭部が糞便で埋め尽くされる頃、ゆっくりとその動きを止めた。

28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:38:18.91 ID:ONAEiYCk0
金剛「テートクゥ!」

長門「無事かっ!?」

事が済んだと同時に、艦娘たちが執務室に雪崩れ込んできた。

――そして、彼女らは見た。

血の気の失せた顔で、腰を抜かした大淀。

その視線の先にいる、床に横たわった戦艦棲姫。

そして、その顔に跨って、最後のふんばりをしている提督――。

語らずとも分かる、明確な真実。

それはあまりに残酷な光景だった――。
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:40:54.40 ID:ONAEiYCk0
~一週間後~

提督(あれから一週間が経ち)

提督(破壊された施設も、すっかり元通りとなった)

提督(戦艦棲姫も泣きながら逃げ帰り)

提督(あれ以来、姿を見せる気配さえなかった)

提督(天下泰平、事もなし)

提督(航空基地の設立も順調で)

提督(近々、私が昇進することも決まった)
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:45:39.80 ID:ONAEiYCk0
提督(………………)

提督(だが、失ったものは大きかった)

提督(あれ以来、みんな、私を労わるようになった)

提督(たかが一時間の会議で、何度も用足しを勧められるようになった)

提督(明石は携帯便器を開発してくれて、長門は士官用トイレの増設を上申してくれた)

提督(そして曙は、私のことをクソ提督とは呼ばなくなった――)

提督(………………)

提督(……誰も私を貶さないが)

提督(それがかえって、虚しかった)
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:48:42.74 ID:ONAEiYCk0
提督(胸に開いた穴を、どうやって塞いだものか)

シタイ……

シタイ……

うんこが、したい……

提督(ああ、今日もまた、あの声が聞こえる)

提督(そうだ、いくら疎ましく思おうとも)

提督(人と便意とは、決して切り離せない。我慢など、できようはずもない)

提督(これもまた、人間の業なのだ……)

~完~
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 20:55:40.87 ID:5uIEd0z6O

糞進砲で世界を救った男
41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 21:35:37.08 ID:ngQdlJL20
乙、戦艦棲姫かわいそう
42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/05/26(木) 21:46:41.16 ID:vnHdt/3Vo

何故か艦これのうんこスレはクオリティ高いな……
お奨め記事
タグ:
5月27日 18時00分|艦隊これくしょん0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告