記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:18:18.09 ID:WBuHcOw50
前回:ヨウ「おっぱいアイス?♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460018719/




ヨウ「プールのあとはおっぱい~おっぱい~~、おっぱいアイス~♪ チューーーーー」

警官「あ~君君、ちょっといいかな?」

ヨウ「え、おまわりさんが俺に何が用ですか? YOYO~♪」

警官「ちょっと署まで来てもらおうか?」

ヨウ「ええーーー、なんでいきなりおまわりさんに捕まるの!?」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:19:15.99 ID:WBuHcOw50
警官「近所の人から、公道で大の大人がおっぱいと連呼していると通報があってね」

ヨウ「ちょ、待ってください! 別に何も悪いことなんてしてませんよ」

警官「詳しくは署で聞こう」

ヨウ「えぇぇぇーーー!!」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:21:12.71 ID:WBuHcOw50
ココノツ「え、父さんが警察官に連れてかれた!?」

ほたる「そうなのよ。聞いた話によるとヨウさんはおっぱいアイスの歌を歌っていたらいきなり警官が現れて、そのまま署まで連行されてしまったというのよ」

ココノツ「一体何してんだよあのクソオヤジは!? ただの変質者じゃねえか」

サヤ「うわぁ………しかもこんな間昼間から」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:22:14.09 ID:WBuHcOw50
ほたる「このままヨウさんが帰ってこないともなれば、シカダ駄菓子は経営出来なくなり潰れてしまうわ! そうなればココノツくんがこの店を継ぐかどうかという以前の話になってしまう」

ココノツ「いや、僕継ぐ気ないですからね」

サヤ「でもほたるちゃんの言う通りかもね。このままおじさんが警察から釈放されたないでこの店が潰れちゃったら、ココナツ住むところなくなっちゃうじゃん」

ココノツ「確かに、このままじゃ漫画家になるどころの話じゃなくなるかもしれない」

ほたる「まあ理由はともかく、私たちは早急にヨウさんの無実を証明して救い出す必要があるのよ」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:24:25.04 ID:WBuHcOw50
ココノツ「いや、そうは言っても父さんがおっぱいアイスの歌を歌ってたのは事実なんですよね? なら助けようがないんじゃ」

サヤ「それに、助けるって言っても具体的にどうするの? 弁護士に頼むとか?」

ほたる「駄菓子を持って警察署まで乗り込みましょう!」

ココノツ「考えてねぇーのかよ!」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:26:44.80 ID:WBuHcOw50
ガラガラガラ



お客さん「あの……ごめんください」

ココノツ「あ、いらっしゃ………て、え!?」

お客さん「あの……ここ、シカダ駄菓子でいいですよね?」

ココノツ「ええ、そうです……けど///」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:29:21.85 ID:WBuHcOw50
ココノツ(うわ、何この人……すごく美人だ/// ほたるさんとはまた違って、スレンダーというか細い感じの美人だ)

サヤ「見慣れない人だね、遠くから来た人かな」

ほたる「はッ、まさか私と同じくヨウさんをスカウトしに来た同業者なの!?」

ココノツ「えっと、あなたは……///?」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:31:46.02 ID:WBuHcOw50
小松未可子「私、小松未可子って言います。ヨウさんに用があってこの町へ来ました!」

ほたる「小松未可子……なら"みかこし"ね」

サヤ「みかこしって……」

ココノツ「えっと、小松さん」

みかこし「あ、みかこしでいいです」

ココノツ「じゃあみかこしさん、父さんを知ってるの?」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:35:22.72 ID:WBuHcOw50
ヨウ「はい、ヨウさんはおっぱい業界じゃとても有名な人ですから」

サヤ「お、おっぱい業界!?」
カァァァァーーー///

ほたる「さすがはヨウさん、おっぱいアイスの歌はそんなところにまで轟いていたのね!」

ココノツ「父さんどんだ前からおっぱいアイスの歌歌ってんだよ! てゆうか、その……おっぱい業界ってなんですか?///」モジモジ
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:36:16.48 ID:WBuHcOw50
みかこし「ええ、私………美人だけどおっぱいが小さくて困ってるんです」

サヤ「ちょ、この人自分で美人って言い出したよ! まあ、本当に美人だけど……」

ほたる「そういえばココノツくんはおっぱいが好きなのよね?」

サヤ「ええ!ちょ、ココナツ!?」グワッ

ココノツ「うわ、怒らないでよサヤちゃん! ま、まあ………好きだけど///」

みかこし「おおーーーさすがはヨウさんの息子さん! 噂は本当だったんですね」

ココノツ「え、噂?」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:37:10.07 ID:WBuHcOw50
みかこし「ヨウさんの息子さんのココノツくんは小さい頃からおっぱいが大好きだって、ヨウさんのおっぱいアイスの歌を小さい頃から聞いて育ってきたって、語り草になってます!」

ココノツ「なんつう噂流れてんだよ!!」

ほたる「さすがねココノツくん、ちなみに私のこの大きな胸も、小さい頃からおっぱいアイスをたくさん食べて育ったのよ!」

サヤ「え、そうなの!?」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:37:58.18 ID:WBuHcOw50
みかこし「やっぱり噂は本当だったんだ………お願いしますココノツくん、この店のおっぱいアイスを全部ください!」

ココノツ「え、全部ですか!?」

みかこし「はい、おっぱいを大きくするにはヨウさんが店主であるこのシカダ駄菓子で売ってるおっぱいアイスじゃないとダメなんです!お願いです、なんでもしますからーーー!」

ココノツ「ん?なんでも…………///」




こうしてみかこしは、シカダ駄菓子からおっぱいアイスを購入した
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:40:21.86 ID:WBuHcOw50
みかこし「ありがとうココノツくん、ヨウさんによろしく伝えてね」

ココノツ「は、はいぃ……………////」
エンペラーココノツ

みかこし「それじゃまたくるね〜」

ほたる「みかこし、なかなか良い舌技を持っていたわね」

ココノツ「は………はいぃぃ////」
プシューーーー///


サヤ「お……おっぱいアイスで、大きく………////」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:41:18.61 ID:WBuHcOw50
サヤ「ココナツ!」

ココノツ「うわ、何サヤちゃん?」

サヤ「私にも、おっぱいアイスを売って!!」

ほたる「あら、サヤ師もおっぱいアイスの魅力にはまったのね!」

ココノツ「えっと……売るのはもちろん構わないけど、でもみかこしが全部買い占めちゃったから、明日入荷するけど」

サヤ「なら明日買うから、全部!」

ココノツ「ええ、サヤちゃんも全部!?」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:42:39.34 ID:WBuHcOw50
この翌日、サヤはシカダ駄菓子からおっぱいアイスをたくさん購入したが、気合を入れすぎて一気にたくさん食べてしまい、お腹を壊してしまいました。
冷たい食べ物や飲み物は、一気にたくさん摂らないように気をつけて楽しもうね!











ヨウ「…………助けに来いよ」





おしまい
お奨め記事
4月9日 10時00分|だがしかし0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告