記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/06(水) 00:59:20.84 ID:Ta4D3qI90
P「おーう…」

杏「はいよー」

イヴ「はぁ~い♪」

P「……………えっ!?」

泰葉「?」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/06(水) 01:10:13.36 ID:JVN2iexG0
P「えっ?えっ?しまうの?コタツ?」

杏「プロデューサー、なにそんな驚いてるの?」

P「いや、だって。え?コタツをしまう?」

泰葉「はい。あれ?言ってませんでしたか?」

P「初耳なんだけど…エイプリルフールは終わってるぞ」

イヴ「うう〜。私、いっぱい騙されちゃいました〜」クスン

P「イヴは何でも信じすぎて心配になったくらいだった…」

泰葉「よしよし。でも、それもイヴさんの良い所ですから」ナデリナデリ

イヴ「えへへ〜♪」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/06(水) 01:24:17.21 ID:Z7xPN00R0
P「いつも杏とか杏のゲームやら飴やらで机がぐちゃぐちゃなのに今日は綺麗だと思ったら…」

杏「おい」

P「一応聞くけど夢じゃないよな?」

泰葉「多分違うと思いますが…」

杏「一発いっとくぅ?」グー

P「……念のため頼む」

杏「よし来た!…喰らえ!日頃の恨みぃ!」ドスッ

P「ぐふうっ!」ガクッ

杏「ふう…」

イヴ「わぁ〜…Pさん、大丈夫ですかぁ?」ツンツン

P「よ、予想外に重いのが来た…」プルプル

杏「ちっ…まだ動けるか…」カマエ

P「わ、分かった!これ夢違う!これ現実!」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/06(水) 01:34:12.81 ID:Ta4D3qI90
P「なんでこういう時だけは全力出すかなぁ…」

杏「こういう時だからと言うべきだね」ドヤッ

P「ああ、そう…。あー、まだ痛いし…」

泰葉「ふふっ。そういう訳ですので…」

P「コタツ…しまうの?マジで?」

泰葉「はい。申し訳ありませんが、Pさんはいったんデスクに移ってもらっても良いですか?」

P「分かった。にしても、まさか泰葉から言い出してくるとはなぁ…。まあおかげで今年はちひろさんにうるさく言われなくてすみそうか…」

杏「さあ、それはどうかな?」

P「不安になるような事を言わんでくれ」

杏「ふひひ」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/06(水) 01:47:24.71 ID:JVN2iexG0
泰葉「それでは、まずは解体からいきましょう!」

イヴ「お〜!」

ブリッツェン「ブモッ!」

杏「がんばれー」

P「………。泰葉、手伝おうか?」

泰葉「いえ。それには及びません。今日の私はやる気本気元気ですので」フンス

P「お、おう。…こんな気合入った泰葉も珍しい」

泰葉「ふふっ。Pさんはお仕事しててくださいね♪」

P「じゃあ、お言葉に甘えて…」

杏「杏もソファーに移るかー。久しぶりに」

P「例の如く手伝わないのな」

杏「さっきの正拳突きで今日の杏のヤル気ゲージは使い切ったからね。仕方ないね」

P「人のせいみたいに言うな」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/06(水) 02:06:55.55 ID:JVN2iexG0
P「よいしょっ…ん?あれ?」

「ふぎゃっ!?」

P「?………ああ、そうか」

乃々「な、なんですか?なんでいきなり座るんですか?もりくぼをショック死させるつもりですか?いぢめですか?」

P「あー…悪い。すっかり忘れてた。…居たな」

乃々「そうですか。もりくぼの存在感はその程度でしたか。それならアイドル辞めても良いですよね」

P「いや、そうじゃなくて…。って、よく見たら机の下がとんでもない事になってるな。漫画にキノコに…毛糸?」

乃々「毛糸はまゆさんのですけど。今は輝子さんもまゆさんもいないのでもりくぼちょっと淋しくぼですけど」

P「なんだよ、淋しくぼって…。いや、でもこれ足の踏み場…入れ場なくない?」

乃々「だってもうずっとプロデューサーさん椅子に座ってなかったですし。お前の席ねーんですけど…」

P「…そういや随分こっち座ってなかったな…」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/06(水) 02:28:59.77 ID:Z7xPN00R0
P「机も完全に資料置き場と化してるしなぁ…。こっちも整理が必要か…」

乃々「と言うか、なんでこっち来てるんですか?年中コタツに入り浸ってるのに」

P「いや、あれ…」クイッ

乃々「………?」ヒョコ


泰葉「では天板持ち上げましょう」

イヴ「は〜い。せ〜のぉ!」ヨイショ

泰葉「一先ず壁に立てかけて、布団剥がして…」

イヴ「ブリッツェン、コタツ布団持っていって〜」

ブリッツェン「ブモッ!」


乃々「…お掃除ですか?」

P「いや、しまうらしい」

乃々「!?……夢?」

P「現実だ」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/06(水) 02:45:25.86 ID:Ta4D3qI90
P「だからこっちに帰ってきた」

乃々「まるでお嫁さんに追い出されたみたいな言い方なんですけど…」

P「ひどい言われようだな…」

乃々「あながち間違ってはないですよね…」

P「………。ともかく!また使うようになるから少し机の下整理してくれ」

乃々「むぅーりぃー」

P「おい……。仕方ない。よっ…」ガタッ

乃々「ふぎゅ!狭いんですけど!潰れるんですけどぉ!」

P「我慢しなさい…えっーと…」ガサガサ

乃々「泰葉さんに汚されたって言いつけるんですけど…」ボソッ

P「森久保ォ!」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 00:54:47.59 ID:NWEfgfLR0
杏「プロデューサーはどこ行っても騒がしいねぇ…ふわぁ…」

「杏ちゃんはっけーん☆」

杏「?」

きらり「にょわっ!おっすおっす☆」

杏「おいっす、きらり」

きらり「杏ちゃん今日はおコタじゃないんだねー」

杏「ん。しまうんだって」

きらり「なるほどー。前に言ってたの、今日だったんだ」

杏「んむ。だから杏はこうしてソファーで寝てるのさ」

きらり「きらりもいーい?」

杏「もちろん」

きらり「うえへへへ☆」ポスッ
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 01:10:04.48 ID:8zSiRw4j0
杏「………」モゾモゾ

きらり「んー…膝枕すゆー?」ポンポン

杏「よく分かってるね」モゾッ

きらり「さすがはきらりでしょー?はい、アメあーん」

杏「あー…ん」コロコロ

きらり「おコタもたまにはお掃除してあげないとねー。杏ちゃんちのはいつにしようかー?」ナデナデ

杏「きらりが来れる時で良いよ。別に杏はあのままでも良いし」

きらり「うーん。でもでもぉ、お掃除しなきゃ身体に悪いしー」ウーン

杏「放っとけば泰葉かプロデューサーがするから、無理にきらりがやらなくてもいいし…」

きらり「そーお?」

杏「まあ、きらりがやりたいならその方が良いんだけど…」

きらり「じゃ、やっぱりきらりがすゆー☆」

杏「ん…♪」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 01:28:23.25 ID:8zSiRw4j0
泰葉「ふぅ…。綺麗になりましたね」

イヴ「は〜い。こうしてみるとちょっぴりさみしいですね〜…」

泰葉「今までずっと頑張ってくれてましたからね。と言っても少しの辛抱ですが」

ブリッツェン「ブモモ!」

イヴ「ブリッツェンおかえり〜。……泰葉さん、やっぱりホコリとゴミがいっぱいみたいです〜」

泰葉「それはやりがいがありそうです。イヴさん、床の掃除お願いできますか?」

イヴ「はい。喜んで〜♪」


乃々「違和感しかないんですけど…」

P「あそこ、コタツの前は何置いてたかなー…」ウーン
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 01:35:51.85 ID:CP0eR0Y70
P「…………」カタカタカタ

乃々「…………」デスケド…

P「……………うーん」カタ…カタ…

乃々「…………どうしたんですか?」

P「集中出来ん…」

乃々「知ったこっちゃないんですけど」

P「なんだかなー…。すっかりコタツが仕事スペースと化してたみたいで…」

乃々「じゃあさっさともりくぼのてりとりーから出ていって欲しいんですけど」

P「いや、一応俺の机ではあるからな?」

乃々「今はもうぼのさん家なんですけど…」

P「んむー……よし」

乃々「?」

P「杏、杏っと……いた。じゃあ乃々、お留守番ヨロシク。ちひろさん帰ってきたら上手く誤魔化しておいてくれ」

乃々「???」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 01:57:55.32 ID:CP0eR0Y70
P「おーい…あれ?」

きらり「Pちゃん☆おっすおっす!」

P「よう、きらり。杏寝てる?」

杏「…………」スピー

きらり「うん。ころんしてだいぶ経ったから、多分もう寝てる頃だにぃ」ナデナデ

P「持っていってもいいか?」

きらり「んに?泰葉ちゃんとこー?」

P「まあな…。代わりに乃々を制限なしにいじくり回す権利をやろう」

きらり「んふふ…。おっけーだにぃ☆」

P「よいしょ……マジで起きないし」

杏「…………」クカー

きらり「泰葉ちゃんとイヴちゃんによろしくだにぃ」

P「おうさ」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 02:15:14.41 ID:8zSiRw4j0
イヴ「綺麗になったね〜♪」

ブリッツェン「ブモ!」

P「おー。さっぱりしたなぁ」

イヴ「?……あ、Pさん〜。えへへ。お掃除完了です〜。担いでるのは杏さんですかぁ?」

P「ああ。よっ…」ドサッ

杏「ふぎゃっ!?」

P「よし、起きた」

杏「いったー……ちょっと、きらり!?……あれ?」

P「残念ながらきらりではなくプロデューサーだ」

杏「………なんで?」

P「きらりに貰ったからな」

杏「…………???」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 02:27:56.45 ID:8zSiRw4j0
杏「あー……コタツなくなってる…」

イヴ「頑張りました〜」エッヘン

P「杏、ここコタツの前何置いてたか覚えてる?」

杏「覚えてるワケないじゃん…」ムス

P「うーん……あれ?そういや泰葉は?」

イヴ「泰葉さんならお布団のお掃除に屋上に〜」

P「なるほどな。んじゃ、屋上行くか」ヒョイ

杏「うあっ!?人を荷物みたいに抱えるな!」ジタバタ

P「イヴはどうする?」

イヴ「ちょうど終わったので私も行きます〜♪」

杏「だから!行くから!降ろせ!このっ…!」ジタバタ
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 16:02:43.33 ID:8zSiRw4j0
泰葉「んーっ!……良いお天気です♪」

ガチャ

泰葉「?………あら」

P「よっ」

泰葉「どうしたんですか?」

P「いや、どうも仕事に集中出来なくてな。様子見も兼ねて来てみた」

泰葉「なるほど。……杏さん、どうして担いでるんですか?」

杏「泰葉!助けて!」ジタバタ

P「ああ。ついでに干しておこうと思って。やっぱりたまには日に当てないと」

泰葉「そうですね。あちらの物干し竿が空いてますよ。今日は天気もいいですから、きっとよく乾きますよ」

杏「泰葉まで!?」ガーン

泰葉「ふふっ」クスクス

イヴ「ブリッツェンも干される〜?」

ブリッツェン「ブモ!?」イヤイヤ
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 16:03:20.05 ID:8zSiRw4j0
杏「はぁ…。やっと降りられた…」

P「本当に良い天気だなー」

杏「まったく。働くのが馬鹿らしくなる日和だよね」

P「それは真面目に仕事してる奴が言える台詞だ」

泰葉「ふふっ。今年もお花見行きましょうね」

イヴ「うふふ。それは楽しみです〜」

P「で、また桜の下で鍋するんだな」

泰葉「当然です♪」フフッ

イヴ「ブリッツェンまた頑張ってね〜」

ブリッツェン「………ブモ」
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 16:03:48.26 ID:8zSiRw4j0
P「それにしても、どんな心境の変化があったんだ?」

泰葉「何がですか?」

P「今まで何がなんでもコタツをしまおうとしなかったのに」

泰葉「そろそろ暖かくなりますし、衣替え…にはちょっと遅いですが、そんな感じでしょうか?」

P「そんな感じ…ね。散々しまうとか言っておいてなくなったら違和感が凄いのは自分でも意外だったけど…。まあ、また秋頃には出すだろうし」

泰葉「……?」

P「さて、息抜きもできたし、また頑張るかー!」ノビー

泰葉「私はもう少し、コタツ布団叩きたいので」
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 16:04:41.81 ID:8zSiRw4j0
P「ふう…。続き続き」

「プロデューサーさん!」

P「?……うわ、ちひろさん」

ちひろ「うわって何ですか!?………コホン。それより、やっと私の気持ちを理解してくれたんですね」

P「…なんの話ですか?」

ちひろ「コタツです。正直、今年もあのままなのかと諦めてましたが、まさか言わなくてもしまってくださるなんて…」

P「ああ。……ええ、まあ。俺も驚いてますが…」

ちひろ「ふふっ。空いたスペースはどうしましょうか?いっそこの機会に模様替えとかしちゃいます?」ウフフ

P「そうですね……」

P(こんな上機嫌なちひろさん久しぶりに見たぞ、おい…)
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 16:05:06.28 ID:NWEfgfLR0
ちひろ「ふふっ。では銀行行ってきますね♪」

P「はい。お願いします」

乃々「ちひろさん、ご機嫌でしたね…」

P「コタツをしまったから、らしい」

乃々「それだけですか?」

P「ああ。それだけ」

乃々「………」

泰葉「戻りました。お洗濯完了です♪」

P「おう。お疲れ」

イヴ「ふあぁ〜…」ムニャ

杏「くあー……」フワァ

P「また揃って大あくびして…」

イヴ「屋上でお昼寝しちゃってました〜」クシクシ
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/07(木) 16:05:35.54 ID:8zSiRw4j0
杏「太陽は暖かいし、ブリッツェンも生え変わりたてでふわふわで気持ちいいし。寝るには最高の環境だったぜ」

P「そりゃ良かったな」

泰葉「Pさんも行きますか?私も一緒にお昼寝したいので」

P「魅力的ではあるけど…」

杏「じゃあ杏たちはお邪魔かなぁ?」ニヤニヤ

P「なんでそうなる」 

泰葉「ふふっ。いちゃいちゃしちゃいましょうか♪」

P「しません。ってか、本当に昼寝する訳にもいかないだろ」

泰葉「いけずです…」
33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:29:18.17 ID:CdGGIc3w0
杏「杏はソファーで昼寝の続きでもするかー…」

イヴ「じゃあ私も〜♪」

泰葉「私は…せっかくなので机の下にでも…」

P「なんでそうなる」

泰葉「………あら」

乃々「…………ど、どうも」

泰葉「……乃々さん♪」

乃々「む、むぅーりぃー…」

泰葉「むぅ…」

「宅配でーす!」

P「宅配?」

泰葉「…あっ!」
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:29:52.78 ID:Zto1FzUE0
「すんませーん、これどこ置いたらいいッスかー?」

泰葉「あ、こちらのスペースにお願いします♪」

「ぅーい!あ、こちらにサインお願いしまっす!」

P「あ、はい。……泰葉が頼んだの?」

「あざーす!」

泰葉「ふふっ。タイミングバッチリでしたね」

P「……なに、この大荷物」

泰葉「はい。畳と夏用のコタツ一式です」

P「……………!?」
35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:30:57.84 ID:zok9TDDp0
P「え?夏用?夏用って夏用?あと畳?」

泰葉「はい。ずっと畳置きたかったんですが、なかなか踏ん切りがつかなくて…。この機会に、と」

P「どうしよう。撤去されるどころかパワーアップしちゃう…」

杏「お、畳とニューコタツ来たんだー」

イヴ「私、畳好きなので嬉しいです〜。泰葉さん、もう出しちゃいますかぁ?」

泰葉「そうですね…。出したいのはやまやまですが、一先ずは明日にしましょうか。そろそろお夕飯の買い物にも行きたいですから」

P「待って。お前らこの事知ってたの?」

イヴ「はい〜。色々相談しましたから〜」

杏「あれ?プロデューサー知らなかったの?」

P「初耳なんですけど…」
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:32:16.37 ID:CdGGIc3w0
P「うわー、どうすんだよ。ちひろさん、超ご機嫌だったのに…。これ絶対一時間コースだわ…」

杏「一度上げてから今までより下に落とす。流石プロデューサー、鬼畜だね」

P「俺は無実だ!……なるほど、衣替えか…。納得したけど…けど…!」

泰葉「ふふっ。明日はまた頑張らないとですね」

イヴ「はい〜。ピカピカのおコタ、楽しみです〜♪」

泰葉「あ、PさんPさん、今夜は何が食べたいですか?」

P「え?………味噌鍋?」

泰葉「ガッテン承知の助です。では味噌ベースに…お魚にしましょうか」ウーン

杏「もはやプロデューサーん家に居ることに抗議すらしなくなったね」

P「そこはとっくに諦めた」
37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:33:11.91 ID:zok9TDDp0
泰葉「では、先に帰ってますね♪」

杏「なんなら杏とイヴはいない方が良いかな?」フヒヒ

泰葉「そ、それなら精が付くものも……!」

P「いや、むしろ居てくれたほうがありがたいです」

イヴ「ご飯はみんなで食べたほうが美味しいですから〜♪」

泰葉「少し残念ですが…。お早いお帰りをお待ちしてますね、あなた♪」

杏「んじゃ、プロデューサーあとシクヨロー。お土産ヨロシクねー」

イヴ「わたし、お饅頭食べたいです〜」

泰葉「でしたら、菜帆さんに美味しいお店教わったのでそちらで」

P「そりゃ期待できそうだな。買うのは俺らしいけど…」
38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:34:13.77 ID:zok9TDDp0
P「………なあ、どうしたら良いと思う?」

乃々「そんなのもりくぼに聞かれても困るんですけど…。怒られたらいいじゃないですか…」

P「乃々の仕事量倍にしてやる…」

乃々「理不尽なんですけど!?」

ちひろ「戻りましたー♪」

P「…………!!!」ビクッ

ちひろ「あら?なんですか?この荷物。特に聞いてませんが…」

P「あ、えーと…新しい舞台で使うセットです!急遽確認してくれと来まして」アハハ

ちひろ「へー…?」

乃々「言い訳が苦しすぎるんですけど…」

P「……頑張れ、明日の俺」
39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:35:09.18 ID:CdGGIc3w0
翌日


杏「んー…。やっぱりこれが一番しっくりだらけられるよねー。ほい」

泰葉「ふふっ。一日ぶりのコタツですもんね。みかんとおせんべもありますよ♪ドロー2です」

イヴ「ふええ…。新しい畳もいい匂いがして気持ちいいです〜♪は〜い」

P「早速机の上が汚くなってるけどな…。お、ウノ」

杏「ふふん。この時を待っていた!」ペチン

P「ん?なんだそのカード?」

杏「新ルール!とりかえっこワイルド!指定したプレイヤーと全ての手持ちカードを取り替える事が出来る!」

P「なに!?知らんぞそんなの!?」

泰葉「最近出来たカードらしいですよ。公式に」

杏「ふはは!変えるのは勿論プロデューサーだ!」

P「なにぃ!?」
40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:36:08.70 ID:zok9TDDp0
P「まさかそんなのがあるとは…」

「プロデューサーさん♪」

P「はい?……あっ」

ちひろ「ちょっとお話があります♪」ニコッ

P「…………はい」

ちひろ「ごめんなさい、泰葉ちゃん。ちょっとプロデューサーさんお借りしますね」ウフフ

泰葉「はい。どうぞ」

杏「プロデューサーいってらー。骨は気が向いたら拾っとくねー」

イヴ「じゃあブリッツェン、Pさんの代わりしてね〜」

ブリッツェン「ブモッ!」

泰葉「では、えーと…私からですね…」



おわりっス!
41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:37:20.91 ID:Zto1FzUE0
以上、読んでくださった方ありがとうございました!
事務所の私物化が止まらない…!
無駄に長期間の選挙始まりましたね!今年こそは泰葉が圏内にランクイン出来ますように!…書かなきゃ!
42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 01:40:54.33 ID:xrhhzTw30
知ってた(白目)
安心した、乙
43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/04/08(金) 03:37:19.47 ID:bDR6zhbDO
畳くるのは予想しなかった(安堵)
お奨め記事
4月8日 19時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告