記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/04(月) 19:00:46 ID:v56NYhd6
彡(゚)(゚) 「今日も平和やな」

彡(゚)(゚) 「暇やし、ブ○クオフでも行こか」

彡(^)(^) 「おもろい野球漫画が出とるかもな」

彡(゚)(゚) 「早速外に出るンゴ」 ガチャ

3:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/04(月) 19:23:36 ID:v56NYhd6
―ブ○クオフ店内―

彡(゚)(゚)「さて、吟味するやでー」

彡(゚)(゚)「どれがエエかいなぁ」

彡(^)(^)「おっ、この新作オモロそうやん!」

 ―その時だった・・・

彡(゚)(゚)「おっ?」

彡()()「ファッ!!??」

彡()()「ワワ・・・ワイがもう一人おるやんけ!」

彡()()「むこうは気づいてないみたいやけど・・・
    これはどういうこっちゃ!」
4:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/04(月) 19:33:52 ID:v56NYhd6
彡(゚)(゚)(お、落ち着くんや)

彡(゚)(゚)(そっくりさん・・・でもなさそうやな)

彡(゚)(゚)(それにしては体型、顔、服装、何から何まで
     似すぎとる)

彡(゚)(゚)(これはヤバいんとちゃう?)

彡(゚)(゚)「退散するンゴ!」

 ウイーン
6:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/04(月) 19:49:15 ID:v56NYhd6
―自宅―

彡(゚)(゚)「・・・ということがあったんや」

(´・ω・`)「へー」

(´・ω・`)「そんなことを言うために僕をよんだの?」

彡(゚)(゚)「そんなことって言うなや
     結構ビビったで」

(´・ω・`)「まあ確かに衝撃だよね」

(´・ω・`)「でも、もしそれが本当に「君」だったら
      ヤバいんじゃないの?」

彡(゚)(゚)「?」
8:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/04(月) 21:59:30 ID:v56NYhd6
(´・ω・`)「たまにそういう体験談聞くんだけどさ」

(´・ω・`)「自分自身に会った人」


(´・ω・`)「死ぬらしいよ」

彡()()「」
9:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/04(月) 22:14:53 ID:v56NYhd6

⊂= (゚)(゚)ミ「驚かすなや!!」ドコォ
   つ
 
(´;ω;`)「えー何で殴るのー」

(´;ω;`)「そう聞くことが多いんだよー」

彡(゚)(゚)「そんな恐ろしい話があったんか・・・」

彡(゚)(゚)「・・・ちゅーことは、ワイ死ぬんか?」

(´・ω・`)「え、それは・・・どうだろう
      現実に見た事ないし」

(´・ω・`)「もしかしたら死ぬかもね」
10:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/04(月) 22:22:55 ID:v56NYhd6
彡(゚)(゚)「・・・」

彡(-)(-)「・・・」

彡(^)(^)




 (´;ω#⊂= (゚)(゚)ミ ドゴオォッ
         つ
 
(´;ω;`)「この世は理不尽だぁ」
11:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/04(月) 22:36:19 ID:v56NYhd6


彡(゚)(゚)「なんやかんやであいつは帰らしといた」

彡(゚)(゚)「あいつと喋っても余計不安になったわ」

彡(゚)(゚)「とりあえずネットで調べるンゴ」

>>ドッペルゲンガー。
>>自分そっくりの幽霊のようなもの。
>>周囲の人間とは会話をせず、本人に
   関係のある場所に現れることが多い。
>>それを本人が見ると、しばらくして
   死ぬとされている。
   

 
彡(゚)(゚)「・・・あいつの言うとおりや」

彡(゚)(゚)「ドッぺルゲンガーいうらしいな」    

彡(゚)(゚)「ワイ・・・ホンマ・死ぬんか?」
12:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/04(月) 23:55:12 ID:v56NYhd6



― (´・ω・`)の家 ―

(´・ω・`)「いやーちょっと厳しく言い過ぎたかな」

(´・ω・`)「やきう君、一度信じ込むと暴走しちゃうからなぁ」

(´・ω・`)「安心させといた方が良いよね・・・
      うーん・・・あっそうだ!」

(´・ω・`)「実は僕が数年前に、既にドッペルゲンガーに
      会っているけど、 無事生きていることにしよう」

(´・ω・`)「それなら安心するよね」

13:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/05(火) 00:03:23 ID:7KGGZTKw
pururururu

彡(゚)(゚)「おっマッマか?
    今日の夕飯はカレーで頼むで」ガチャ

(´・ω・`)「違うよ僕だよ」

彡(-)(-)「なんやお前かいな・・・どうしたんや?
     今のワイは凹みまくっとんで」

(´・ω・`)「じゃあ元気一杯にカレーを
      頼んだのは一体・・・」
14:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/05(火) 00:19:25 ID:7KGGZTKw
彡(゚)(゚)「で、用件はなんや?」

(´・ω・`)「ああ、実はね」

(´・ω・`)「僕、すでに自分のドッペルゲンガーに会ってるんだ
      それも数年前に」

彡()()「ファッ!?ホンマか!?」

(´・ω・`)「うん」

(´・ω・`)「だから安心して良いよ
      現に僕が生きてるから」

彡(^)(^)「なんや、心配して損したわ
      それをなんでもっと早く教えなかったんや?」

(;´・ω・)「う、うん・・・まあ色々事情があってね・・・」

(´・ω・`)「とりあえず安心してね」

彡(^)(^)「おう!
    ほなさいなら」 ガチャッ

(´・ω・`)(・・・ふう) ガチャ
15:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/05(火) 00:23:51 ID:7KGGZTKw


彡(^)(^)「これはエエこと聞いたンゴ!」

彡(^)(^)「やっぱネットを鵜呑みにしたらアカンな!」

彡(^)(^)「これで気兼ねなくブ○クオフに行けるやでー」

16:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/05(火) 00:39:36 ID:7KGGZTKw

 ―ブ○クオフ店内―

彡(゚)(゚)「おっ」 ウイーン

彡(゚)(゚)「またワイがおるな」

彡(^)(^)「「もう怖くないし、話しかけたろ」

彡(゚)(゚)「おーい、どっぺるとか言う奴、
     こっち向けやーー」  タタタ

彡(゚)(゚)「!」

彡()()「む・・・胸が苦しいンゴ・・・」


彡()()「」
        
         ┏━━━━━┓
         ┃   / \  ┃
         ┃ /     \┃
         ┃ (゚) (゚)ミ  ┃
         ┃ 丿     ミ ┃
         ┃ つ   (  ┃
         ┃   )  (   ┃
         ┗━━━━━┛

          お  わ  り
17:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/05(火) 00:42:16 ID:7KGGZTKw
滅茶苦茶エンドでスマンかったな
見てくれてありがとう
19:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/05(火) 01:14:52 ID:vPCCpK2c
なるほど
向こうが本物で自分がドッペルだったってオチか
お奨め記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告