記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 03:18:05.36 ID:s+2kDqZ6O
・デレマスとSideMのクロス
・雪美ちゃんと榊夏来くんが友達になるお話
・捏造設定があります。
2:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 03:18:29.88 ID:s+2kDqZ6O
――――――公園

雪美(ハーモニカ……練習……ここなら………いいかな…………)

雪美「ペロ……私……練習する………遊んでて…………」

ペロ「にゃっ!」

雪美「膝の上……ここが……いいの………?」ナデナデ

雪美「ペロ………暖かい…………、……眠く………なる…………」

雪美「………zzzz」
3:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 03:18:58.05 ID:s+2kDqZ6O
―――――

夏来(レッスンまで……少し時間があるし……いつもの公園で……休んでいこう……。)

夏来(この公園……静かでいい……)

夏来(ベンチで……誰か寝てる………)

夏来(声……かけたほうがいいかな……?)

夏来「こんなところで寝たら……風邪引くよ……」

雪美「……………?」

夏来「……君……こんなところで寝たら……風邪引くよ……」

雪美「…………………」

夏来「………………」

雪美「………………………ありがとう……」
4:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 03:19:33.37 ID:s+2kDqZ6O
夏来「……どういたしまして。」

雪美「大きな……ギター………かっこいい……………」

夏来「……………ありがとう。 でもこれはベースっていうんだよ」

雪美「…………ベース」

夏来「…うん、ベース」

雪美「……そう…………」

夏来「……君の猫……可愛いね……」

雪美「…………雪美」

夏来「雪美ちゃんっていうんだ……可愛い猫だね……」

雪美「…………雪美は……私…………この子……ペロ………」

夏来「ごめん…勘違いしちゃった」

雪美「ふふっ……勘違い…おあいこ………ね……」

夏来「…うん、おあいこだ…」
5:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 03:59:27.26 ID:s+2kDqZ6O
雪美「……………猫………好き……………?」

夏来「うん。 …猫はいいな。自由で、気ままで…」

雪美「……………うん」

雪美「…………ベース…………弾いて…………」

夏来「………少しだけね…。…隣…座ってもいいかな?」

雪美「…………うん」

夏来「…ソロで弾けるのは…一曲しかない」

夏来「…見上げてごらん夜の星を……知ってるかな?」

雪美「知ってる……アーニャが……歌ってた……」

夏来「…じゃぁ……行くよ………」

~♪

雪美(響く音……かっこいい………)

雪美「ちいさなほしの ちいさなひかりが~♪」

夏来(…澄んだ声……すごく…綺麗……)

雪美「ささやかなしあわせを うたってる~♪」

夏来「…歌……上手だね……」

雪美「……ほんと?」

夏来「うん…ジュン以外で…こんなに音色が綺麗だと思ったのは…初めて…。」
7:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 21:21:30.27 ID:s+2kDqZ6O
雪美「ジュン……?」

夏来「ジュンは…バンドのメンバー…ピアノが上手いんだ」

雪美「あなた……バンドマン……?」

夏来「あっ……俺は榊夏来……」

雪美「夏来……バンドしてる……?」

夏来「バンドというか…理由あってアイドルをやってるんだ…」

雪美「ふふっ……私と…同じ……」

夏来「ユキミも…アイドルなの…?」

雪美「うん……」

夏来「知らなかった……」

雪美「そう………」

夏来「…ごめんね…あんまりテレビとか見なくて……」

雪美「ううん……私…まだ…そんなに……有名………じゃないよ………」

夏来「じゃぁ…俺と同じだね…」

雪美「ふふっ……おそろい………ね……」

夏来「あっ…そろそろ行かなきゃ………またね……」

雪美「うん……またね………」
8:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:01:36.85 ID:s+2kDqZ6O
――――――315事務所

夏来「ねぇ…みのりさん…」

みのり「うわっ! 夏来くん気配を消したまま話かけないでくれよ」

夏来「ごめん……」

みのり「どうしたの?」

夏来「みのりさん…アイドル詳しいよね?」

みのり「まぁ、プロデューサーほどじゃないけど……」

夏来「ユキミ…知ってる…?」

みのり「ゆきみ? 346プロのキッズアイドル、佐城雪美のことかな?」

夏来「たぶん…そう…」

みのり「彼女がどうかしたのかい?」

夏来「さっき会った…」

みのり「へぇ、案外世界って狭いんだね。 どうだった?」

夏来「歌声…綺麗だった……」

みのり「歌? 何かの撮影があったの?」

夏来「ううん…かくかくじかじかで…」

みのり「そんなことがあったんだ。 すごいなぁ」

夏来「ユキミ…どんなアイドルなの?」

みのり「俺もとときら学園でちらっと見ただけだからあんまり知らないよ」

みのり「すっごいおとなしい子で…そういえばちょっと夏来くんに似てるかも」

夏来「とときら学園…ありがとうみのりさん」

みのり「ふふっ、すっかり彼女のファンになっちゃったかな?」

夏来「……そうかも」
9:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:08:10.82 ID:s+2kDqZ6O

―――――

夏来(みのりさんに教えてもらったとときら学園を見てみよう……)

夏来(暑いのが苦手……俺と似てる………)

旬「ナツキ、何見てるの?」

夏来「……ッ!? ジュンか…びっくりした……」

旬「ナツキがテレビを真剣に見るなんて珍しいね」

夏来「そうかな…?」

旬「とときら学園?」

夏来「うん…」

旬「こういう番組みるなんてますます珍しいね」

夏来「うん……」

旬「何かあったの?」

夏来「この子……」

旬「佐城…佐城さんがどうかしたの?」

夏来「俺と…似てる……」

旬「確かにしゃべり方は少し似てるかもしれないね」

夏来「歌声…綺麗だった…」

旬「この番組、歌も歌うんだ」

夏来「そうじゃない…この前…会って聴いた……」

旬「会ったって…コンサートとか?」

夏来「ううん、公園…」

旬「へぇ、そんなこともあるんだね」

夏来「また…会えるかな…」
10:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:13:54.08 ID:s+2kDqZ6O
――――――数日後

夏来(また公園に来てしまった…)

夏来(ここに来ても…会えるわけ…じゃないけど……)

夏来(まだ…レッスンまで時間ある……ベンチに座ってのんびりしよう)

夏来(今日は…ぽかぽかして…なんだか…眠くなる…………)

夏来(……………………)

雪美「夏来………………」

雪美「………夏来………………………」

夏来「……………………ユキミ………?」

雪美「風邪……引くよ……。ふふっ………」

夏来(これは…夢……?)

夏来「また…会えたね…」

雪美「…………うん」

夏来「ユキミ……ほんの少しでいいから…お話、しよう?」

雪美「……………?」

夏来「ユキミ…お話…苦手……?」

雪美「うん……私……お話……苦手……。歌……声……小さい……。」

夏来「俺と…同じ……」

雪美「でも……モバPのため……がんばる……」

雪美「モバP……横……並んで……歩く……ために……」
11:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:14:52.78 ID:s+2kDqZ6O
夏来「モバP……?」

雪美「モバP……プロデューサー……」

夏来「そう……」

夏来「俺も…ジュンと…同じステージに立ち続けられるように…努力してる……」

夏来「ジュンに付いていける俺になりたいんだ……」

夏来「だけど…早くしゃべれないし……ダンスも苦手……」

夏来「少し…不安………」

雪美「大丈夫……夏来……出来る……」

夏来「えっ……?」

雪美「私……モバP……頑張ってる……見て……。私も……頑張る……知った……。」

雪美「頑張って……色んな……お仕事……してる……」

雪美「夏来も……ジュン……見て……頑張る……知った……」

雪美「だから……大丈夫……」

夏来「ありがとう……」

雪美「モバP……言ってた……」

雪美「ゆっくり…話す……それも……個性……」

雪美「直すより……活かす……」

夏来「直すより…活かす…」

雪美「そう………」

夏来「うん…やってみる」

モバP「おっ、やっぱりここに居たのか」

雪美「モバP……」

モバP「迎えに来たよ、こちらの方は……榊夏来くんかな?」

夏来「う、うん…榊夏来…なんで…知ってるんですか…?」

モバP「315事務所のプロデューサーとは仲いいからね」

モバP「雪美を見ててくれたのか、ありがとう」

夏来「ううん…俺が相談に…乗ってもらってました…」

モバP「そうなのか?」

雪美「うん……私……先輩…だから……ふふっ………」

モバP「ははは、確かに芸歴は雪美のほうが上だな」

雪美「夏来…私……お話……苦手……似てる……」

モバP「へぇ」

夏来「でも…ユキミはテレビでも…きちんと話せて…すごい」

モバP「そうかな、夏来くんもしっかり話せてると思うよ」

夏来「俺は…ゆっくりしか…話せないから…」

モバP「ゆっくりでもいいんだよ。」

夏来「でも……」

モバP「そうだ、これから雪美の仕事に同行してみないか?」

夏来「えっ…?えっと…俺、このあとレッスンが……」

モバP「大丈夫だよ今からプロデューサーに話つけてあげるから」
12:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:15:27.08 ID:s+2kDqZ6O

夏来「でも……」

モバP「まぁまぁ、ちょっと待ってね」

夏来「あの、話…聞いてほしい………どうしよう……」

モバP「もしもし? 俺だよ俺。 かくかくじかじかなんだけどちょっと夏来くん借りていいかな?」

モバP「えっ?その代わりちひろさんの寝顔の写メをよこせ? 勘違いするなよ俺は夏来くんのために言ってるんだぞ!」

モバP「…………晩飯一回か、それぐらいならいいよ。 交渉成立だ」

モバP「というわけで夏来くんは一日346プロが借りることになった」

夏来「えっ…!?」

モバP「理由あって移籍! ってやつだな」

雪美「夏来も……シンデレラ……ふふっ…………」

夏来「えぇ……」

モバP「そうと決まったら早速行くぞ!!」

夏来「あの………」
13:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:16:20.38 ID:s+2kDqZ6O
―――――スタジオ

夏来(よくわからないまま…連れてこられた……)

夏来(どうしよう……)

モバP「夏来くん、猫好きだよね?」

夏来「はい…どうして…わかったんですか…?」

モバP「だって『JOKER➚オールマイティ』で今日もひなたぼっこいいねぇって歌ってるからさ」

夏来「それ…関係ありますか…?」

モバP「まぁそれは冗談だよ、なんとなくペロのこと気にしてるからさ」

雪美「……抱っこ…する……?」

夏来「いいの…?」

雪美「……ペロ……良いよ……言ってる」

夏来「ありがとう……」

夏来「…暖かい」

モバP「雪美、そろそろ支度しようか」

雪美「うん…いってくる……」

雪美「夏来……ペロ……よろしくね……」

夏来「うん…。」

モバP「これから桃華のお茶会っていうトーク番組に雪美が出るんだ。 見たことある?」

夏来「ないです…」

モバP「そうか、まぁここで見ていてくれよ」

夏来「はい…」
14:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:17:53.76 ID:s+2kDqZ6O
――――――

桃華「櫻井桃華のお茶会の時間ですわ」

桃華「本日のゲストは佐城雪美さんです」

雪美「よろしく……ね………」

桃華「雪美さんは結構頻繁にこちらへいらしてくださいますわね」

雪美「うん……5回目…………」

桃華「私と雪美さんはプライベートでも仲良しですのよ」

雪美「うん……桃華の番組に……ゲストで出たり……」

桃華「ってそれ今の話ですわ! それにプライベートではありませんわよ!?」

雪美「ふふっ……」

桃華「もう、雪美さんはすぐふざけますのね」

雪美「この前……一緒に……サッカーした」

桃華「晴さんと一緒にやりましたわね」

雪美「ペロ……ボール……違う……」

桃華「誰もそんなこといってませんわよ!?」

雪美「ふふっ……」

桃華「雪美さんそうやってふふって言ってたら良いわけではありませんわ」

雪美「……………」ニコッ

桃華「……………」

雪美「……………」ニコッ

桃華「ってもう放送事故ですの!」

雪美「大丈夫……まばたき……たくさん……した」

桃華「そういう問題ではありませんの!」

雪美「桃華…落ち着いて……」

桃華「もう……どなたのせいで私が興奮してると思っていらして?」

雪美「ごめんなさい……」

桃華「サッカーの話でしたわね」

雪美「うん……寒かった……けど……サッカー……暖まる……」

桃華「やはり子どもは風の子といいますから寒くても外で遊ぶに限りますわ」

雪美「みんな……遊ぶ……楽しい……」

桃華「そうですわね」
15:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:18:24.21 ID:s+2kDqZ6O
――――――

スタッフ「お疲れ様でしたー」

桃華「お疲れ様でした」

雪美「お疲れ様……でした……」

モバP「夏来くん、どうだった?」

夏来「えっと…ゆっくりだけど…すらすら話してた…」

モバP「うん、なんとなくつかんだみたいだね」

夏来「はい…なんとなくわかりました…。 ありがとう…ございます……」

雪美「モバP……見てた……?」

モバP「うん、見てたよ。 いい感じだったね。 俺はちょっと挨拶にいってくるよ」

雪美「ありがとう……」

夏来「ユキミ…ありがとう…。 ペロ…返すね…」

雪美「預かってくれて……ありがとう……」

ペロ「にゃぁ……」

夏来「ユキミ…話すの得意だね…」

雪美「違う……私……お話……得意じゃない……桃華が……居たから……」
16:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:18:51.03 ID:s+2kDqZ6O
夏来「誰かが…居たから…」

雪美「そう……」

夏来「そっか…」

雪美「だから……大丈夫……」

夏来「ユキミは…俺みたいにユニットを組んでるわけじゃないけど…」

夏来「仲間が居て…、信頼してるから上手く話せるんだね」

雪美「…………うん」

雪美「だから……夏来も……ね………」

夏来「そうだね…ありがとう」

モバP「それじゃぁ送っていくよ、事務所でいいかな?」

夏来「はい…お願いします」
17:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:19:24.70 ID:s+2kDqZ6O
――――――315事務所前

夏来「ここでいいです…ありがとうございます」

モバP「夏来くん、今日は振り回してすまなかったね」

夏来「そんな…ありがとうございます…」

雪美「夏来……またね……」

夏来「うん…また…会えるかな…?」

雪美「また……公園で……」

モバP「今度二人でユニットなんか組んだりしてもいいかもな」

雪美「楽しそう……」

夏来「うん…楽しそう…」

モバP「ま、その話はまた今度ね」

雪美「夏来……約束……」

夏来「えっ…?」

雪美「また……ベース……聞かせて……」

夏来「約束する…。 またね…」

雪美「うん……ばいばい……」
18:◆yz988L0kIg:2016/02/16(火) 22:20:26.77 ID:s+2kDqZ6O
以上です。
これからも膝の上の恋人こと佐城雪美をよろしくお願いします。

茄子作です。

モバP「雪美がアイドルになった理由」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454685854/

【モバマスSS】とっておきの……
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453644031/

【デレマスSS】六等星
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449089282/

【デレマス】ちひろ「ニューリトルズとニューウェーブ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445453858/

ちひろ「ニューリトルズ! ファイトー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444874826/

佐城雪美のウワサ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441471555/

【モバマス】千秋「佐城さんと仲良くなりたい」【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437861315/

【モバマス】周子「羽衣小町うぃずゆきみん」【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432484478/

雪美「じょしだいせい……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432329577/

【モバマス】楓「雪見だいふくを食べる雪美ちゃん……ふふっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416723656/

モバP「雪美を可愛がりまくりたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410270707/

【安価】モバP「アイドルを膝の上に乗せてみた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408063565/

モバP「もしも雪美のプロデューサーが……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404489046/

モバP「クイズ番組」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394474353/

モバP「雪美にユニットを組ませたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1393971967/

モバP「アイドルの髪の毛を触ってみたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392389509/

モバP「10年拳銃?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389123830/

モバP「ちひろさんの女子寮訪問」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387225891/

モバP「雪美……いたずら……ね………?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388082129/

モバP「雪美の交友関係」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386441807/
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/02/16(火) 22:45:35.27 ID:YZmRs6NmO
乙!
いい雰囲気だった
お奨め記事
2月22日 08時00分|Mマス,モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告