記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:ゲス女P ◆fXWHHov2fGrr:2015/11/13(金) 06:14:34.93 ID:kU6Zqmpu0

 ※カップリングかもしれないし、普通に友達かもしれない。
  どっちでも好きなように解釈すればいいと思うよ!




『昨日の料理・キノコハンバーグ』
投稿日:2015年ヒャッ月ハー日
投稿者:ベースのナツキ
カテゴリ:料理




星輝子「………………」

榊夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………榊、夏来です………」

輝子「………ほ、ホシ、ショーコです………フヒ」

夏来「………………」

輝子「そ、それから………シイタケくんも………」っシイタケ



輝子「コンニチワ、シイタケデス。キョウハヨロシクー(裏声)」っシイタケ



夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………ふふ」

輝子「………フヒ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447362874
2:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/13(金) 06:16:04.14 ID:kU6Zqmpu0

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………えっと………」



   \キュルルルゥ…/



夏来「………あ………」

輝子「……………///」

夏来「………お腹、すいたの?」

輝子「……………///」コクコク

夏来「………じゃあ………作ろうか………」ナデ

輝子「……………///」コクコク
3:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/13(金) 06:18:12.31 ID:kU6Zqmpu0

夏来「………タマネギは、俺が切るから………」

輝子「う、うん。私は、キノコ担当。フヒヒ」

夏来「ショーコは、キノコだからね………ふふ」

輝子「じゃ、じゃあ………ナツキは、ベースだな」

夏来「うん………俺は、ベース………」

輝子「………フヒ」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………ベース………」タラリ

輝子「ウワア! ナツキクン、ハナヂガデテル! コノティッシュヲ、ツカウンダー(裏声)」っ箱ティッシュonシイタケ

夏来「………ありがとう、シイタケくん」フキフキ

輝子「ドウイタシマシテ!(裏声)」っシイタケ

夏来「………………」フキ…

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………き、切ろうか」

夏来「………そうだね」
4:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/13(金) 06:20:04.51 ID:kU6Zqmpu0

夏来「………………」トントン

輝子「………………」トントン

夏来「………………」トントン

輝子「………………」トントン

夏来「………………ッ」←しみてる

輝子「………………」トントン



輝子「ヒイィィィ! イタイ、イタイヨ、ショーコチャン! ドウシテ? ドウシテコンナコトヲスルノー(裏声)」トントン

輝子「………フ、フヒ………仕方がないんだ、シイタケくん。お前は今日の、イケニエだから。フヒヒヒ」トントン

輝子「ソ、ソンナァー! ボクタチノユウジョウハ、ナンダッタノー!?(裏声)」トントン

輝子「あ、安心しろ。第二第三のシイタケくんが、そのうち生えてくる………フヒ、フヒヒ」トントン

輝子「ヒ、ヒドイィィイイイ!!! ダレカァ、ダレカタスケテェェエエエ!!!(裏声)」トントン

輝子「そうだァ、泣け、喚け、叫べ………フヒ、フヒヒ、フヒヒヒヒ………!」

輝子「ヒャッハ「ショーコ、駄目!!」

輝子「!?」ビクッ



夏来「包丁持ってる時に………ヒャッハーしたら、危ない。やめよう」

輝子「あ………そ、そうだな。ごめん」シュン

夏来「うん………怪我しなくて、よかった。気を付けてね………」

輝子「わ、わかった。ヒャッハーは………やめよう」

夏来「………やめよう」

輝子「………やめよう」
5:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/13(金) 06:21:50.50 ID:kU6Zqmpu0

輝子「………………」トントン

夏来「………………」トントン

輝子「………………」トントン

夏来「………………」トントン

輝子「………………っ!!!」←ヒャッハーしたい

夏来「………………ッ!!!」←しみてる

輝子「………………」プルプル

夏来「………………」プルプル

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」トントン

夏来「………………」トントン

輝子「………………」トントン

夏来「………………」トントン
6:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/13(金) 06:23:05.66 ID:kU6Zqmpu0

輝子「………で、できた。フヒ」

夏来「………こっちも、できたよ………」ダラダラ

輝子「わ!ナ、ナツキ………顔、すごいな」

夏来「………そう?」ダラダラ

輝子「う、うん………涙と、鼻水と、汗………い、いろいろ出てる」

夏来「………鼻血は?」ダラダラ

輝子「それは、出てない………」

夏来「………そう………」ダラダラ

輝子「い、いろいろ出すぎて………ナツキの、エ、エロ胞子が………相殺、されてる」

夏来「………エロ胞子………?」ダラダラ

輝子「うん………エロ胞子………」

夏来「………………」ダラダラ

輝子「………………」
7:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/13(金) 06:25:03.97 ID:kU6Zqmpu0

夏来「………………」ダラダラ

輝子「………………」

夏来「………俺は………」ダラダラ

輝子「………………」

夏来「………エロいの………?」ダラダラ

輝子「………………」

夏来「………………」ダラダラ

輝子「………うん………ナツキは、エロいよ。フヒ」

夏来「………………」ダラダラ

輝子「………………」

夏来「………よく言われる………どうしてだろう………?」ダラダラ

輝子「そ、そこまでは、わからない………」

夏来「………………」ダラダラ

輝子「で、でも………とにかくナツキは、エロいんだ」

夏来「………そうなんだ………」ダラダラ

輝子「………うん………」

夏来「………………」ダラダラ

輝子「………………」

夏来「………顔、洗ってくる」ダラダラ

輝子「うん………いってらっしゃい」
14:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/15(日) 23:13:50.78 ID:Ey8IReuDO

輝子「………………」

輝子「………………」

輝子「………………」

輝子「………炒めておこう………」

輝子「………………」

輝子「………っと………」っフライパン


   \カチッ/


輝子「………………」


   \シュボオオオ…/


輝子「………………」

輝子「………………」

輝子「………………」

輝子「………………」

輝子「………もういい、かな」っ油


   \ジュワー/


輝子「………………」っ゙フライパン))

輝子「………………」

輝子「………………」っシイタケ+タマネギ


   \ザバァ/


輝子「………………」っ木べら


   \ジュージュー/


輝子「………………」ワシャワシャ
15:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/15(日) 23:16:45.76 ID:Ey8IReuDO

輝子「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」ワシャワシャ


   \ジュージュー/


輝子「………………」っ゛フライパン))

輝子「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」ワシャワシャ

輝子「ヒャ………………っっっ!!」ワシャ…


   \ジュージュー/


輝子「………………」ワナワナ

輝子「………………」ワナワナ

輝子「………………」

輝子「………………」

輝子「だ、駄目だ。ヒャッハーは………やめよう」

輝子「………………」

輝子「………やめよう」

夏来「………ヒャッハー、したいの?」

輝子「ゎあ!?」ビクッ
16:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/15(日) 23:18:53.45 ID:Ey8IReuDO

輝子「び、びっくりした………」

夏来「ごめん………ただいま」

輝子「お、おかえり………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「フヒ………またエロ胞子、出てきたね」

夏来「………エロ胞子、出てるの?自分では、わからないけど………」

輝子「………………」ジーッ

夏来「………………」オロオロ

輝子「………で、出てるよ………うん」

夏来「………そっか………出てるんだ………」

輝子「………………」

夏来「………………」ウーム


   \ジュージュー/


輝子「あ………続き、やらないと………」ワシャワシャ

夏来「………………」

輝子「………ヒャッハーは、しない………」ワシャワシャ

夏来「………………」

輝子「………………」ワシャワシャ

夏来「………炒めるの、代わろうか?」

輝子「………………」コクコク

夏来「じゃあ、交代しようか………」

輝子「わ、わかった。交代、しよう………こ、これ。はい」っ木べら

夏来「………うん………」っ木べら

輝子「………………」

夏来「………………」っフライパン
17:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/15(日) 23:22:11.53 ID:Ey8IReuDO

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」ウズウズ

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」

夏来「………………」っ゙フライパン)))

輝子「………………」ウズウズ


   \ジュージュー/


夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」ウズウズ

夏来「………………」チラ…

輝子「………………っ!」プルプル

夏来「………ヒャッハーしても、いいよ?」ワシャ…

輝子「い………いいの、か?」

夏来「うん………いいよ………」

輝子「や、やった。フ、フヒッ」

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「フヒヒ、フヒ、フッヒヒヒヒ………!」

夏来「………ふふ」ワシャワシャ
18:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/15(日) 23:23:36.74 ID:Ey8IReuDO







輝子「ヒャッハアァァァァー!!!飛ばすぜェ、ナチュラル・キノコ・ハァァァイッ!!!」






19:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/15(日) 23:25:53.01 ID:Ey8IReuDO

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「ギィヤアアアアアー!! アツイ、シヌホドアツイヨオォォォ!! (裏声)」

輝子「フハハハハハ!!どうだァ?フライパンの上でじわじわ炒め殺される気分はァ!!」

輝子「ヒィエェエエ!! バラバラニキザマレタウエニ、コノシウチィィィ!! アンマリダ、アンマリダヨォォォ(裏声)」

夏来「………タマネギも、いるよ。切り刻まれて、炒められて、熱い………死ぬ………」ワシャワシャ

輝子「そうだァ!!タマネギもろとも、地獄の業火に焼かれてしまえぇぇぇッ!!」

輝子「イヤァアアアアアアー!! イヤダァ、シニタクナイィィィィー!!(裏声)」

夏来「………死にたく、ないー………」っ゛フライパン)))

輝子「フヒ、ヒャーッハッハッハッハァーッ!!お前らはもう逃げられねぇぜェ………炒め尽くされ、おいしいハンバーグの具になりやがれェェェッ!!」

夏来「………ぎゃあー………」ワシャワシャ


   \ジュージュー/


輝子「………………」

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」

夏来「………………」ワシャ…

輝子「………ヒャッハー、終わった。フヒ」

夏来「ふふ………ショーコ、お疲れ様………」

輝子「………フヒ」

夏来「………ふふ」
20:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/15(日) 23:29:17.70 ID:Ey8IReuDO


   \カチッ/


夏来「………こっちも終わったよ。炒めるの………」

輝子「おお………すっかり、炒まってるな。フヒ」

夏来「ふふ………」タラリ

輝子「あ………ナツキ、鼻血………」

夏来「………本当だ………時間差で出てきた、みたい………」ツー…

輝子「こ、これ、ティッシュ。使って………」っ箱ティッシュ

夏来「うん。ありがとう………」フキフキ

輝子「………フヒヒ」

夏来「………………」フキフキ

輝子「………………」

夏来「………………」フキ…

輝子「………………」

夏来「………俺………」

輝子「………?」

夏来「ショーコのヒャッハー、好きだよ………」ニコ

輝子「………フヒ。あ、ありがとう。フヒヒ///」

夏来「………さっきのヒャッハーも、可愛かった………」タラリ

輝子「あ。また鼻血でてる………は、はい。どうぞ」っ箱ティッシュ

夏来「………うん………拭くね………」フキフキ
25:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:13:54.01 ID:YwGMA0xg0

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………そ、そうだ。肉を、こねないと」

夏来「あと、付け合わせも………キノコ野菜炒め………」

輝子「………うん………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………ショーコはどっち、やりたい?」

輝子「え?えっと………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………に、肉のほう、やる」

夏来「………………うん」

輝子「………も、もう充分ヒャッハーした、から。炒めるのは、ナツキにまかせる」フヒ

夏来「………ふふ。わかった」ナデ

輝子「………フヒヒ」
26:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:15:11.71 ID:YwGMA0xg0

輝子「じゃあ………こねよう。」

夏来「うん。俺は………炒める。」

輝子「………うん」

夏来「………うん」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」トテトテ

夏来「………………」っ油


  \ガチャ/

  \ゴソ…ゴソ…/

  \バタム/


夏来「………………」っシイタケ

輝子「………………」トテトテ


   \カチッ/


輝子「えっと………ひき肉と、タマゴと、牛乳………」コト…コト…

夏来「………………」っフライパン


   \シュボオオオ…/


輝子「………パン粉と………ナツメグ。塩………コショウ」コト…コト…

夏来「………………あ!」


   \カチッ/

27:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:18:10.63 ID:YwGMA0xg0

輝子「………ど、どうした?」っボウル

夏来「………他の野菜切るの、忘れてた………」

輝子「………………あ。」

夏来「………………」

輝子「そういえば………確かに切って、なかったな」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」シュン

輝子「………………」

夏来「………………」ションボリ

輝子「………ま、まだ間に合うよ。炒めてないし………」

夏来「………………」

輝子「………た、タマネギは、強敵だったからな。しょうがない………」ポフポフ

夏来「………うん………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………ちょっと、野菜………切ってくる………」スタスタ

輝子「い………いってらっしゃい………」
28:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:26:10.24 ID:YwGMA0xg0

輝子「………………」っパン粉


   \ザバ/


輝子「………………」

輝子「………い、入れすぎた」


  \ガチャ/

  \ゴソ…ゴソ…/

  \バタム/


輝子「………………」

輝子「………も、戻そう………」サッサッ

輝子「………………」サッサッ

輝子「………………」サッサッ

夏来「………………」スタスタ

輝子「………………」サッ…

夏来「………………」コト…コト…

輝子「ナ………ナツキ………」

夏来「………何?」

輝子「ぱ、パン粉………このくらいで、いいかな」

夏来「………………」ジーッ

輝子「………………」

夏来「………………」チラッ

   \ヒキニク/

輝子「………………」ソワソワ

夏来「………それくらいでいいと、思うよ………」

輝子「そ、そうか。これで、いいか。………よかった」フヒ

夏来「………うん。よかったなら、よかった」ニコ

輝子「………フヒ」

夏来「………ふふ」
29:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:29:12.77 ID:YwGMA0xg0

輝子「………………」っ牛乳

夏来「………………」トントン

輝子「………………」ソーッ…

夏来「………………」トントン

輝子「………………」ソソグー…

夏来「………………」トントン

輝子「………………」っボウル

夏来「………………」トントン

輝子「………………」マゼマゼ

夏来「………………」トントン

輝子「………野菜、なに入れるの?」

夏来「………小松菜と、もやし………」トントン

輝子「………なるほど」マゼマゼ

夏来「………………」っザル

輝子「フヒ………どっちもシイタケと仲良くなれそう、だね」マゼマゼ

夏来「………ふふ、そうだね。仲良く、なれるよ………」キュコッ


   \ジャバー/


夏来「それから………醤油も一緒に、なるよ………」っ小松菜inザル

輝子「おお………シイタケ、トモダチいっぱい、できるな。いいことだ。フヒヒ」っタマゴ

夏来「………ふふ」ザバザバ

輝子「まあ………みんな焼かれて、死ぬけどな。フヒ」コンコン

夏来「………………そう、だね」
30:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:31:14.35 ID:YwGMA0xg0

輝子「………………」パカッ

夏来「………………」ザバザバ

輝子「………………」っ菜箸

夏来「………………」ザバザバ

輝子「………………」チマ…チマ…

夏来「………………」キュコッ

輝子「………………」チマ…チマ…

夏来「………………」っザル))゙

輝子「………む、うぅ………」チマ…チマ…

夏来「………………」チラッ

輝子「………………ヒャハッ!」っ菜箸

夏来「………取れた?」っザル))゙

輝子「うん。と、取れた………」ポイッ

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………ふふ」

輝子「………フヒヒ」
31:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:32:52.63 ID:YwGMA0xg0


   \カチッ/


   \シュボオオオ…/


夏来「………………」

輝子「………………」チャチャチャチャ

夏来「………………」

輝子「………………」チャチャチャチャ

夏来「………………」っ油


   \ジュワー/


輝子「………………」チャチャチャチャ

夏来「………………」っ゛フライパン)))

輝子「………………」チャチャチャチャ

夏来「………………」っもやし

輝子「………………」チャチャチャチャ

夏来「………………」バサッ

輝子「………………」っ溶き卵

夏来「………………」っ小松菜+シイタケ


   \ザバァ/


輝子「………………」マゼマゼ

夏来「………………」っ木べら

輝子「………………」マゼマゼ

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」マゼマゼ

夏来「………今の、同時だったね………」ワシャワシャ

輝子「………うん。タイミング、一緒だった」マゼ…

夏来「………………」っ゛フライパン)))

輝子「………………」

夏来「………ふふ」ワシャワシャ

輝子「………フヒ」
32:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:36:01.06 ID:YwGMA0xg0

夏来「………………」っ゛フライパン)))

輝子「………………」っひき肉

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」モショモショ

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」っ塩

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」パラ…パラ…

夏来「………………」っ゛フライパン)))

輝子「………………」っペッパーミル

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」キュルキュル

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」っナツメグ

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」パッパッ

夏来「………………」っ゛フライパン)))

輝子「………フヒ………」

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」マゼマゼ
33:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:37:42.53 ID:YwGMA0xg0

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」マゼマゼ

夏来「………………」チラ

輝子「………………」コネコネ

夏来「………………」

輝子「………………」コネコネ






















夏来「………………ひゃっはー」

輝子「!!」
34:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/19(木) 22:40:32.42 ID:YwGMA0xg0

夏来「シイタケ、小松菜、もやし………貴様らを、炒めて殺す………」ワシャワシャ

夏来「………やめて、ナツキ君。殺さないで………僕達まだ、生きていたい、よ………」ワシャワシャ

夏来「………もう、遅い………俺に捕まったら、何もかも手遅れ………ふふ」ワシャワシャ

夏来「嫌だ………死にたくない………燃やされたくない………殺さないで………」ワシャワシャ

夏来「………あ、あと………新しい仲間の、ショーユくん………」っ醤油


   \ジュワー…/


夏来「………ぎゃあー………」ワシャワシャ

夏来「ふふ………みんな仲良く、俺に炒められて、ね?」ワシャワシャ

夏来「………ふふ………ふふふ………ふふふ、ふふ………ふははっ」ワシャワシャ



   \ジュージュー/



夏来「………………」

輝子「………おお………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………お、俺………」

輝子「………………」

夏来「………ヒャッハーは、無理だった。ごめん///」

輝子「………………」

夏来「………………///」

輝子「………最後の一瞬、ちょっとだけヒャッハーしてたよ。フヒ」

夏来「………そ、そう………?///」

輝子「………うん………全体的にはかわいかったと、思う」フヒ

夏来「………………///」
38:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/23(月) 01:38:50.61 ID:F82eYY7B0


   \ジュージュー/


輝子「………フヒ」っ炒めシイタケ+タマネギ

夏来「………………///」


   \カチッ/


輝子「………………」モショモショ

夏来「………………」っ皿

輝子「………………」マゼマゼ

夏来「………………」っフライパン

輝子「………………」コネコネ

夏来「………………」モショモショ

輝子「………………」マゼマゼ

夏来「………ショーコ。」モショ…

輝子「………フヒ。なに?」コネコネ

夏来「………キノコ野菜炒めの味見、してみる………?」

輝子「………うん。味見、する………」マゼ…

夏来「………………」

輝子「………あ、でも………今は手が、これだから………」ベタベタ

夏来「………………」

輝子「………………ざんねん」コネコネ

夏来「………………」ソッ…

輝子「………………」コネコネ

夏来「じゃあ………はい、あーん………」っスプーン

輝子「!!………あ、あーん………」パク

夏来「………………」

輝子「………………」ムグムグ

夏来「………どう、かな?」

輝子「ん………シイタケ、みんなとトモダチになれてたよ」

夏来「………うん」

輝子「ようするに、うまい。………フヒ」

夏来「………そう。よかった……」ニコ
39:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/23(月) 01:41:15.46 ID:F82eYY7B0

夏来「………………」モショモショ

輝子「………………」コネコネ

夏来「………………」モショモショ

輝子「………………」コネコネ

夏来「………今………あーん、したよね………」モショモショ

輝子「………う、うん。あーんって、したね………」コネ…

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………///」

夏来「………………///」

輝子「………………///」

夏来「………………ッ!!!///」ボタボタ

輝子「な、ナツキ………!?は、鼻血!鼻血が、ああぁあ!///」オロオロ

夏来「………ご………ごめ、ん………!///」ダクダク

輝子「て、てぃ、テイッシュ………テイッシュ、どこ………!?///」アタフタ

夏来「………………///」ダクダク

輝子「あ、あった!シイタケくんの鉢植えの、すぐそば………!///」ワタワタ

夏来「………止、まらない………どうしよう………///」ダクダク

輝子「これ!はや、はやく使うわあああああああああナツキが血まみれええええええええええええ」っ箱ティッシュ

夏来「あ………ありがと………う………///」シャッシャッ

輝子「わああああああああああああああああああああぁぁぁあああああああ」ノシ Ξ箱ティッシュ

夏来「………ショー………コ………?///」っティッシュ塊

輝子「あああああぁぁぁああああああああああああああああぁああああああああ」シュダダダダダ

夏来「………あ………」


   \アアアアアアアァァァ…/


夏来「………どこ………行くの………?」
40:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/23(月) 01:43:40.45 ID:F82eYY7B0

夏来「………………」っティッシュ塊

夏来「………………」ギュ…


   \ドタバタドタバタ/


夏来「………………」

夏来「………………」ジワジワ

夏来「………………」ポイ

夏来「………………」っ箱ティッシュ

夏来「………………」シャッシャッ

夏来「………………」ギュ…


   \ドタドタバタバタ/


夏来「………………」

夏来「………………」ジワジワ

夏来「………ティッシュが、すぐ染まる………」

夏来「今回は………なかなか、止まらないな………」ポイ


   \…ァァァアアアアアアア/


輝子「ぁぁぁあああああああぁぁあああああああああああああぁあああああああ!!!」ダダダダダ

夏来「ショーコ………おかえ」

輝子「ナツキぃ!!!これだァ!!!冷やせェっ!!」っ濡れタオル

夏来「あ、ありが」

輝子「冷やせええええええええええええええええええええええええ!!!」Ξっ)濡れタオル

夏来「っぶ」ギュムゥ
41:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/23(月) 01:45:55.62 ID:F82eYY7B0

輝子「………ひー、はー………」ゼーハー

夏来「………………」ギュ…

輝子「………はー、ひー……」ゼーハー

夏来「………………」

輝子「………ふひー………」

夏来「………………」

輝子「………だ、大丈夫か?落ち着いた?」

夏来「………うーん………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………ひんやり、する………」

輝子「………ひ、ひんやりか。」

夏来「………うん………ひんやり………」

輝子「………ひんやり………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………うん………少し、楽になってきた、かも………」

輝子「そ、そうか!よ、よかった………」ホッ

夏来「………………」

輝子「ナ、ナツキが………死んじゃうかと、思った………鼻血で」ジワ

夏来「………鼻血は、いつものことだから………死なないよ。大丈夫………」ナデ

輝子「………ほ、本当か………?」ジワワ

夏来「うん。本当………ほら、もう止まったから………ショーコのおかげ、だよ」ナデナデ

輝子「う………うぁぁ………よかった、よかったよぉ………ナツキぃぃ………」ジワワワ

夏来「………心配かけてごめんね。ありがとう、ショーコ」ナデナデ

輝子「うん………うん………!」グシグシ





   \ンナァーゥ/


輝子「………あ、猫だ」

夏来「………本当だ、猫だ」
42:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/23(月) 01:49:03.56 ID:F82eYY7B0


   \ンナァーゥ/


輝子「フヒ………ナツキんちの猫、かわいいよね」

夏来「うん………かわいいよ、うちの猫」

輝子「………フヒ」

夏来「………ふふ」


   \マァーオ/


輝子「あ………ふえた。」


   \ンァォウ/\ニ゙ィ゙ィ゙/


輝子「続々、ふえたね。増殖するキノコのごとく………フヒヒ」

夏来「ふふ………うん。全員じゃないけど、来たね………」


   \ンナァーゥ/\マァーオ/\ンァォウ/\ニ゙ィ゙ィ゙/


輝子「………ナツキのこと………心配して、きたのかな」\ンァォウ/

夏来「………どうだろうね………猫は、自由だから………ご飯をねだりにきただけ、かも」\ニ゙ィ゙ィ゙/

輝子「フヒ。きっと、ナツキのために来たんだよ………ほら、みんなナツキに、寄ってきてるから………」\ンナァーゥ/

夏来「………そう、かな?」\マァーオ/

輝子「………そうだよ。フヒヒ」\ニ゙ィ゙ィ゙/

夏来「………そっか………そうだと、いいな………」\マァーオ/

輝子「………フヒ」\ンァォウ/

夏来「………ふふ」\ンナァーゥ/


   \ンナァーゥ/\マァーオ/\ンァォウ/\ニ゙ィ゙ィ゙/














夏来「でも、料理中だから追い出さなきゃ………タマネギ、使ってるし………」シュン

輝子「………………そう、だな」シュン
43:◆fXWHHov2fGrr:2015/11/23(月) 01:51:58.24 ID:F82eYY7B0

夏来「………ノゾミ」\ンナァーゥ/

夏来「………カナエ」\マァーオ/

夏来「………タマエ」\ンァォウ/

夏来「………マンソン」\ニ゙ィ゙ィ゙/

夏来「今は料理中だから、向こう行ってて?………ご飯なら、妹に頼んで………また、あとでね」


   \ンナァーゥ/\マァーオ/\ンァォウ/\ニ゙ィ゙ィ゙/


輝子「フヒヒ………みんな、またね………」


   \ンナァーゥ/\マァーオ/\ンァォウ/\ニ゙ィ゙ィ゙/


夏来「………………」

輝子「………………」





輝子「………い、行っちゃったね………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………ご飯食べ終わったら、構ってあげよう、ね………」

輝子「………そ、そうだな………フヒ」

夏来「………みんなが乗り気だったら、の話………だけど………」

輝子「………ね、猫がダメだったら、キノコと遊ぼう………シイタケくん、今はハゲてるけど」

夏来「………うん、そうしようか………ふふ」

輝子「………フヒ」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………その前に、料理しないと、ね………」

輝子「………そ、そうだな。そうだった………料理を、しよう」

夏来「………しよう………うん」
49:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:25:03.20 ID:ILNj3BFo0

輝子「………こねるのは、終わってる。後は、丸めて焼くだけ………」

夏来「俺も、手伝うよ………丸めるの………」

輝子「………じ、じゃあ、一緒にやるか。二人で」

夏来「………うん………二人で、一緒に………」

輝子「………フヒ」

夏来「………ふふ」

輝子「………………」モギッ

夏来「………………」モギッ

輝子「………………」コロコロ

夏来「………………」コロコロ

輝子「………………」ペッタペッタ

夏来「………………」ペッタペッタ

輝子「………………」っタネ

夏来「………………」っタネ
50:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:26:47.32 ID:ILNj3BFo0

輝子「………………」モギッ

夏来「………………」モギッ

輝子「………こ、この丸める作業、してるとさ」コロコロ

夏来「………うん………」コロコロ

輝子「………………」ペッタペッタ

夏来「………………」ペッタペッタ

輝子「………あの………あれだ」っタネ

夏来「………………」っタネ

輝子「………………」モギッ

夏来「………………」モギッ

輝子「………粘土遊びしてる気、しない………?」コロコロ

夏来「………………」コロコロ

輝子「………………」ペッタペッタ

夏来「………確かに………」ペッタペッタ

輝子「………………」っタネ

夏来「………………」っタネ

輝子「………………」

夏来「………少し、童心に帰る………よね」

輝子「………フヒ。だよね………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」ベタベタ

輝子「………………」ベタベタ

夏来「………手、洗ってこよう」

輝子「………そ、そうだな」

夏来「………………」スタスタ

輝子「………………」トテトテ
51:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:27:51.45 ID:ILNj3BFo0













    シーン…












52:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:29:40.72 ID:ILNj3BFo0

夏来「………………」スタスタ

輝子「………………」トテトテ

夏来「………………」っ大根おろし

輝子「今日は、和風のおろしダレ………ナツキのおばあちゃんが、大根おろしてくれてました。………フヒ」

夏来「おばあちゃん………ありがとう………」

輝子「………ありがとう、ナツキのおばあちゃん………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………ふふ」

輝子「………フヒ」

夏来「………おばあちゃんの大根おろしは、一旦置いておいて………」コト

輝子「フヒ………は、ハンバーグを、焼くぞ。フヒ、フヒヒ」

輝子「ヒャッハーッ!!いよいよ終わりが見えてきたぜェェェーッ!!!」

夏来「………うん………焼き上がったら晩ご飯、だよ………」

輝子「フヒ………た、楽しみだ。フフ、フヒヒ」

夏来「そうだね………ふふ」



   \カチッ/
53:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:30:59.83 ID:ILNj3BFo0

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」



   \シュボオオオ…/・



輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」



   \キュルルルゥ…/



輝子「………………///」

夏来「………もうすぐだから」ヨシヨシ

輝子「………………///」コクコク
54:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:33:14.99 ID:ILNj3BFo0

輝子「………………///」

夏来「………………」っ油



   \ジュワー/



輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………じゃあ、タネ、乗せよか………」

夏来「………うん………」

輝子「………………」ヒョイ
            \ジュワー/
夏来「………………」ヒョイ
            \ジュワー/
輝子「………………」ヒョイ
            \ジュワー/
夏来「………………」ヒョイ
            \ジュワー/
輝子「………………」ヒョイ
            \ジュワー/
夏来「………………」ヒョイ
            \ジュワー/
輝子「………………」

夏来「………………」
55:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:37:35.70 ID:ILNj3BFo0



   \ジュージュー/



輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「本当に………もう、ヒャッハーしないの………?」

輝子「………うん。し、しないよ」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………本当に、いいの?」

輝子「………うん………しなくて、大丈夫………」

夏来「………………」

輝子「………キノコだって、もう………肉に埋まってるからな。ヒャッハーしようとしても」




輝子「ムー!ムウゥー!ムムムムムーッ!」←口を閉じている




輝子「…………………って、なる」

夏来「………そう………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………ヒャッハーさせてくれて、嬉しかった………ありがとう。フヒ」

夏来「………………」



   \ジュージュー/



輝子「あ………そろそろひっくり返しても、いいんじゃないか?」

夏来「………ん………」っフライ返し

夏来「………………」ヒョイ

輝子「………フヒヒ。ほどよい、焦げ目」
56:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:39:17.82 ID:ILNj3BFo0

夏来「………………」ヒョイ

輝子「………………」

夏来「………………」ヒョイ

輝子「………………」

夏来「………………」ヒョイ

輝子「………………」

夏来「………………」ヒョイ

輝子「………………」

夏来「………………」ヒョイ

輝子「………………」

夏来「………………」っフタ

輝子「………六分で、いいよね」っタイマー

夏来「うん………そのくらいで………」カポ

輝子「………わ、わかった………」ピッピッピッ



   \ジュージュー/



夏来「………………」

輝子「………………」
57:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:40:54.91 ID:ILNj3BFo0

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」



   \ムシヤキー/



夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………六分も、あれば」

輝子「………うん………?」

夏来「………一曲、歌えるよね………」

輝子「………………」

夏来「………………毒茸伝説、とか」

輝子「!!!」

夏来「………ふふ」

輝子「あ………!フ、フヒッ」

夏来「………………」ニコ

輝子「フヒ、フヒヒ、フヒヒアッハハハハ………」
58:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:42:02.36 ID:ILNj3BFo0










輝子「インヴェーーーーーーーーーーーーーーーーーーイドッ!!!!」










59:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:43:06.62 ID:ILNj3BFo0

夏来「………………………………」

輝子「………………………………」

夏来「………フンフーン(鼻歌)」

輝子「ヒャーッハッハッハッハーハァーッ!!!」

夏来「フフーン、フフーン、フフーン、フフーン、フッフーン(鼻歌)」

輝子「マッシュ!!アップ!!」

夏来「フフフフフフフフン(鼻歌)」

輝子「マッシュ!!アップ!!」

夏来「………まーっしゅ、あーっぷ」

夏来「フンフフフンフーン♪フフフン♪フッフフフフフン♪(鼻歌)」

夏来「フンフフフフフーン♪フフフン♪(鼻歌)」

夏来「フッフフフフフン(鼻歌)」

輝子「光
60:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:43:53.24 ID:ILNj3BFo0




 ※二人はこの調子で約五分間歌いましたが、ジャスなんとかが怖いので全部は書きません。

  醤油のボトルをマイク代わりにヒャッハーする輝子と

  火加減を見つつベースラインを鼻歌で歌う夏来の姿を

  お手持ちの毒茸伝説を再生しながら各自で脳内補完して下さい。※



61:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:46:25.74 ID:ILNj3BFo0

輝子「インヴェーーーーーーーーーーーー………………イドッ!!!!」っ醤油

夏来「フンフフフンフーン♪フフフン♪フッフフフフフン♪(鼻歌)」

夏来「フンフフフンフーン♪フフフン、フッフフフフフン♪(鼻歌)」

夏来「フンフフフンフーン♪フフフン♪フッフフフフフン♪(鼻歌)」

夏来「フンフフフフフーン、フフフン(鼻歌)」

輝子「ぜェんb」っ醤油



   \ピピピピッ!ピピピピッ!/



輝子「………………」っ醤油

夏来「………………」



   \ピピピピッ!ピピピピッ!/




輝子「………………」っ醤油

夏来「………………」ピッ



   \カチッ/
62:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:48:23.78 ID:ILNj3BFo0

輝子「………………」っ醤油

夏来「………………」

輝子「………………」コト

夏来「………………」

輝子「………ご飯………盛ってくる………」

夏来「………うん………」

輝子「………………」トボトボ

夏来「ショーコ………」

輝子「………………」

夏来「その………毒茸伝説、すごく良かった………最後の最後で、あれだったけど………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………うん………」

夏来「………………」

輝子「最後はああなっちゃったけど………まるまる一曲ヒャッハーできて、た、楽しかった」フヒ

夏来「………俺も………楽しかったよ………」

輝子「………そ、そうか………」

夏来「………………」

輝子「フヒ………ありがとね」トコトコ

夏来「………ん………」
63:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:50:14.06 ID:ILNj3BFo0

夏来「………………」

夏来「………………」スッ…

夏来「………タイマーが鳴って、ヒャッハーが強制終了………俺の鼻血も、強制終了………?」

夏来「………………」

夏来「俺の体………謎が多い………」

夏来「………………」

夏来「………………」っフォーク

夏来「………………」プス



   \ジワ/



夏来「………………」

夏来「………肉汁、よし………」

夏来「………………」っフライパン

夏来「………………」っフライ返し

夏来「………………」ヒョイ

夏来「………………」ヒョイ

夏来「………………」ヒョイ

夏来「………………」ヒョイ

夏来「………………」ヒョイ

夏来「………………」ヒョイ

輝子「………………」トコトコ

夏来「………おかえり」

輝子「………た、ただいま」
64:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:52:10.09 ID:ILNj3BFo0

輝子「………ご飯、こんなもんかな………?」っお盆

夏来「………………」チラ

輝子「………………」っお盆

夏来「うん………みんな大体、そんなもん………」



   \カチッ/



輝子「………………」

夏来「………………」っ大根おろし

輝子「………………」



   \ザバァ/



夏来「………………」っ木べら

輝子「………こ、これ、切っとくね」っ柑橘類

夏来「………うん………」ワシャワシャ

輝子「………………」トン…

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」トン…

夏来「………………」ワシャワシャ
65:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:53:42.46 ID:ILNj3BFo0

輝子「………………」トン…

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………このちっちゃいやつ………なんていうんだ?」っ柑橘類

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」

夏来「………さあ………?」

輝子「………………」

夏来「おばあちゃんが、ご近所さんから貰ってきたやつ………なんだけど………」っ醤油



   \ジュワー…/



夏来「………特に何も、言ってなかった………」ワシャワシャ

輝子「………そうなのか………」

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」トン…

夏来「すだち、なのかな………?」ワシャワシャ

輝子「………すだちは緑じゃなかったっけ?」

夏来「………確かに………」

輝子「このカンキツは、だいぶ黄色い………」

夏来「………………」っスプーン

輝子「………謎だ………」

夏来「………………」モグ…

輝子「………切ったやつ、小皿でいいかな?」

夏来「うん………タレの上に、お好みで搾るやつだから………」っ醤油

輝子「フヒ、わかった」



   \ジュワー…/
66:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:56:23.27 ID:ILNj3BFo0

夏来「………………」ワシャワシャ

輝子「………………」っ小皿

夏来「………………」っスプーン

輝子「………………」ヒョイヒョイ

夏来「………………」モグ…

輝子「………………」ヒョイヒョイ

夏来「………ん」



   \カチッ/



輝子「………で、できたか」

夏来「………うん」

輝子「………………」

夏来「………………」っフライパン

輝子「………………」

夏来「………………」モショモショ

輝子「………………」

夏来「………………」モショモショ

輝子「………………」

夏来「………………」モショモショ

輝子「………………」

夏来「………………」モショモショ

輝子「………………」

夏来「………………」モショモショ

輝子「………………」

夏来「………………」モショモショ

輝子「………………」

夏来「………………」
67:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:57:32.89 ID:ILNj3BFo0

輝子「で、できたな………フヒ、フヒヒ」

夏来「ふふ………できたね」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「あ………おわりの歌とか、あった方がいいかな?」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………いいと、思うよ………」

輝子「………そ、そうか………」

夏来「………………」

輝子「………………」

輝子「じ、じゃあ………歌うね………」

夏来「………うん………」




輝子「キノコー、キノコー、ボッチノコー♪」

輝子「今日のー、犠牲はー、シイタケクンだー♪」

輝子「そしーてそーのうち、世ー界は終わるー♪」




輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………おわり」

夏来「………ショーコのおわりの歌が終わったので………終わります」













   \キュルルルゥ…/

輝子「………………///」

夏来「………………」ナデナデ
68:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 11:59:11.49 ID:ILNj3BFo0

 コメント(66)


 現キーボーディスト(ヒャッ月ハー日)
 『ただ料理してるだけかよ!
  せめて材料と工程の説明くらいしろよ!料理食べるシーンも入れろよ!
  大体無駄なシーンが多すぎるんだよ全体的に!
  段取りなってないわ鼻血出すわ猫ちゃんと戯れるわ、
  挙げ句の果てに何も喋らないどころか誰一人映らない場面まであるってどういうことだよ!
  放送事故起きすぎだろ!なんで全部そのまま流すんだよ!編集しておけよ!
  全くなんなんだよこのグダグダ動画は!それでもアイドルか二人共!
  お前ら一体何がしたかったんだよ!!!』


 + ベースのナツキ(ヒャッ月ハー日)
   『料理』


 + キノコのショーコ(ヒャッ月ハー日)
   『料理』


 + 現キーボーディスト(ヒャッ月ハー日)
   『ああ、はい。もういいです。』


 + 世界一カワイイボク(ヒャッ月ハー日)
   『ボクが言おうとしてたことを全部先に言わないで下さい!』


 + 現キーボーディスト(ヒャッ月ハー日)
   『僕は言うべきことを言っただけですけど。
    僕が言おうと貴方が言おうと大して変わらないでしょう。』


 + 世界一カワイイボク(ヒャッ月ハー日)
   『それはそうなんですが……まあいいでしょう。
    今回は貴方に一番最初のコメントを譲ってあげましたけど、
    世界一の座はボクのモノですから!そっちは絶対譲りませんからね!』


 + 現キーボーディスト(ヒャッ月ハー日)
   『知りませんよ、そんなこと。』
69:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 12:00:54.67 ID:ILNj3BFo0

 Kitty-M(ヒャッ月ハー日)
 『キノコハンバーグおいしそう!私も今度作ってみようかな?
  ところで夏来クンの家では猫チャンをいっぱい飼ってるんですね。
  私の家ではペットが飼えないのでうらやましいです。』


 + ベースのナツキ(ヒャッ月ハー日)
   『うちの猫 みんなかわいいよ
    たくさんいるから その分世話も大変だけど
    ご飯代とかすごいし トイレは壮絶』


 + Kitty-M(ヒャッ月フヒ日)
   『そうなんですか………。
    猫チャンだって生き物ですもんね。飼うとなると相応の責任が生じますよね。当たり前のことですけど………。
    いつか猫チャンを飼うことになったら、その時は大事に育ててあげたいです。』


 + ベースのナツキ(ヒャッ月フヒ日)
   『大変なことも多いけど 猫 かわいい』


 + キノコのショーコ(ヒャッ月フヒ日)
   『ネコもいいけど キノコもオススメ ですよ』


 + Kitty-M(ヒャッ月フヒ日)
   『ええと、キノコはペットなんでしょうか?』


 + キノコのショーコ(ヒャッ月フヒヒ日)
   『キノコはトモダチ
    ネコもトモダチ』


 + ベースのナツキ(ヒャッ月フヒヒ日)
   『キノコ
    ネコ
    キノコネコ』


 + キノコのショーコ(ヒャッ月フヒヒ日)
   『キノコネコ!!!』


 + Kitty-M(ヒャッ月ボッチ日)
   『き、キノコネコ?何ですかそれ?』


 + age☆age↑ボーカル(ヒャッ月ボッチ日)
   『オレの足下にいるやつっす(ФωФ)キノコネコッ』


 + Kitty-M(ヒャッ月ボッチ日)
   『あかんわさっぱりわかれへん』
70:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 12:04:29.30 ID:ILNj3BFo0

 タンポポ系男子(ヒャッ月ハー日)
 『事務所を越えたコラボアカペラ毒茸伝説が見られるなんてこの動画315だね!!!

  ところでふたりとも、スキャンダルには気を付けるんだよ。本当にシャレにならないから。
  友達であろうと何だろうと勝手に関係捏造されたりするからね。』


 + キノコのショーコ(ヒャッ月ハー日)
   『大丈夫 気配を消せば 見つからないから』


 + タンポポ系男子(ヒャッ月フヒ日)
   『実際にそれができちゃうのが君達ふたりのすごい所だよね。』


 + 世界一カワイイボク(ヒャッ月フヒヒ日)
   『あのー、この動画は榊夏来さんの家で撮影されたようですが、
    もうこの時点で既にアウトなんじゃないですか?』


 + 私とあの子(ヒャッ月フヒヒ日)
   『友達だったらセーフだよ
    友達友友■達だたセーフらセー■フっっらだセセ■ー達フ友達だったらセーフ■■■』


 + age☆age↑ボーカル(ヒャッ月フヒヒ日)
   『友達ならセーフ』


 + ドーナツドラマー(ヒャッ月フヒヒ日)
   『そうそう!こいつら友達だからセーフセーフ!』


 + GUITARFALCON(ヒャッ月フヒヒ日)
   『あの二人実は生き別れの兄妹だからセーフ何も問題ない』


 + ベースのナツキ(ヒャッ月フヒヒ日)
   『ショーコは 妹じゃないよ』


 + GUITARFALCON(ヒャッ月フヒヒ日)
   『いいからそういうことにしとけって!』


 + 現キーボーディスト(ヒャッ月フヒヒ日)
   『男女二人が並んで立ってるだけで可能性が産まれますから、もう手遅れですよ。
    まあ、実際の関係は友達なんでしょう?それなら堂々としていればいいんじゃないですか?
    それはそれとして、上でタンポポ系男子さんが言っていたようにスキャンダルには十分に注意して下さい。』


 + ベースのナツキ(ヒャッ月フヒヒ日)
   『みんなありがとう
    頑張って 気配消すね
    実際 俺達はトモダチなので ごあんしんください』


 + キノコのショーコ(ヒャッ月フヒヒ日)
   『私からも ありがとう
    頑張って 消えますので はい
    ところで 小梅ちゃんのコメントが バグってる件』


 + 私とあの子(ヒャッ月ボッチ日)
   『あの子も一緒にコメントしてくれたの
    友達だったらセーフ、だって』


 + キノコのショーコ(ヒャッ月ボッチ日)
   『そっか
    じゃあ あの子にも ありがとう』


 + 世界一カワイイボク(ヒャッ月ボッチ日)
   『わかりましたよもう!二人は友達なのでセーフなんですね!わかりましたってば!
    だからってアイドルが異性の家に上がりこんだり、異性を家に上げるのは迂闊すぎます!
    それもよその事務所のアイドルを!

    でもこれからは気を付けるようですから、もう大丈夫ですね。
    だってカワイイこのボクが問題点を指摘してあげたんですから!!!』


 + タンポポ系男子(ヒャッ月ボッチ日)
   『ふたりとも愛されてるね!』
71:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 12:06:43.68 ID:ILNj3BFo0

 … … …

 … …




輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「コメント………いっぱい貰えたね」

夏来「………うん………」

輝子「………………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………うれしいね………」

輝子「………うん………」

夏来「………………」

輝子「………………」

夏来「………また、やる?」

輝子「………うん。また、やりたい」

夏来「………………」

輝子「………………」
72:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 12:08:01.18 ID:ILNj3BFo0













夏来「………ふふ」

輝子「………フヒ」



おしまい。
73:◆fXWHHov2fGrr:2015/12/23(水) 12:12:22.98 ID:ILNj3BFo0
 お わ り
読んでくれてありがとう
74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/23(水) 15:42:06.50 ID:iKsCdL950
乙、このクロスはもっと増えてほしいな
お奨め記事
12月31日 12時00分|Mマス,モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告