記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 02:56:34.98 ID:He7ecLh60


都内某ショッピングモール


翔太「BORUTO面白かったね~!やっぱりNARUTOは最高だよ!」

ピエール「ナルト、ボルトと仲直りできてよかった!」

翔太「だね!入場者特典の在の書も貰えたし♪」

ピエ「はやく読みたい!」

翔太「じゃあさ。事務所ここから近いし寄ってかない?」

ピエ「いく!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449942994
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 02:57:15.72 ID:He7ecLh60

翔太「あ!」

ピエ「なあに?」

翔太「僕、パンフレット買うの忘れちゃったよ!」

ピエ「まじでか」

翔太「まじだよ!ちょっと買ってくるからピエールくんここで待ってて!すぐ戻るから~」

ピエ「わかったってばよ!!」

翔太「そこのベンチにでも座ってて~」ダーッシュ!

ピエ「ふれーふれーしょうた!」ノシ


―――――――――

―――――――

―――――
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 02:58:06.17 ID:He7ecLh60

ピエ「ハートがドンドンなーるよ~♪」

ピエ「……………」キョロキョロ

ピエ「………翔太、おそい」

ピエ「帰ってこない」

ピエ「……」

ピエ「………迷子?」

ピエ「………」

ピエ「探しいく!」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 02:58:39.26 ID:He7ecLh60

家電売場


ピエ「翔太~!ここどこ?広くてわからない」キョロキョロ

黒井「ウィ。今シーズンの炬燵もなかなかぬくぬくでよいではないか」

ピエ「……!」

黒井「フフフ、今年もこれでセレブに冬が越せそうだ」

ピエ「ねえねえ。なんでテーブルと布団くっついてる?これなあに?」

黒井「む、なんだ少年。炬燵も知らんのかね?」

ピエ「こたつ?」

黒井「見たところ外国人のようだ。ならば致し方あるまい」

黒井「口で説明するより体験するのが一番であろう。靴を脱いでここに座りたまえ!」

ピエ「わかった!」


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 02:59:33.22 ID:He7ecLh60


黒井「どうだ?」

ピエ「やふー!あったかい!」

黒井「はーっははは!そうだろう!炬燵とは日本が誇る最強の暖房マッシーンなのだ」

ピエ「こたつすてき!ぬくぬくハッピッピ!」

黒井「気に入ったか。ならばしばらくここで休んでいくがよい」

ピエ「わかった!」

黒井「よかったら蜜柑も1つどうだね?」

ピエ「みかんたべる!」

黒井「愛媛の日の丸みかんだ。大変甘くて美味しいぞ」

ピエ「わーい!」ムキ!

黒井「!?」

ピエ「あまい!」ムキ!

黒井「な……、なんだね!その蜜柑の皮の剥き方は!?」

ピエ「ボク、みかんの早むき得意!」

黒井「光の速さではないか。そのような妙技、どこで取得したというのだ」

ピエ「んー食べたら眠くなってきた……スースーzzz」

黒井「……ウィ」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:00:25.46 ID:He7ecLh60



黒井「時に少年。前に私とどこかで会ったことはないか?」

ピエ「zz……へ?あ、会ったこと???」

黒井「私の思い違いか……どうも君の顔に見覚えがあるのだが。今日は1人かね?連れはいないのか?」

ピエ「翔太?いま買い物、してる!」

黒井「しょうたというのか。ふん!大変不愉快な名を耳にしてしまったが。君の連れに罪はない!赦そう」

ピエ「おじさん、怒ってる?」

黒井「おじさんではない!私の名前は黒井崇男。芸能プロダクションの社長をしている!覚えておいて損はないぞ!」つ名刺

ピエ「しゃちょー!おじさんえらい人だった?」

黒井「だったではない!現在進行形で偉いのだ!」

ピエ「ふーん。ぼくピエール!よろしくー!」

黒井「ウィ。ピエールくんというのか」

7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:01:02.89 ID:He7ecLh60


店員「あ、あのう……お客様」

黒井「なんだね不躾に?人がワールドワイドにグローバルコミュニケート中だというのに」

店員「売り場の炬燵でそのようにコミュニケートされるのはちょっと……」

黒井「なに!?そうであったか。それは申し訳ない」

店員「いえ。こちらこそ談笑中にすみません」

黒井「ではこの炬燵をいただこうではないか。これでこちらの無礼をご容赦いただきたい」つクレカ

店員「え!?本当ですか。ありがとうございます!」

ピエ「えー!こたつなくなっちゃう?」

黒井「なくなるのではない!私が購入するのだ」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:02:25.15 ID:He7ecLh60


ピエ「ボクもこたつほしい!」

黒井「ならば親御さんにでも買ってもらうのだな」

ピエ「おやごさんって?」

黒井「パパやママンのことだ」

ピエ「おやごさん……日本いない」

黒井「む、そうか。それは失礼」

ピエ「おうちでぬくぬくしたい!」

黒井「……ならばこういうのはどうだ?」

ピエ「?」


9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:03:22.43 ID:He7ecLh60



黒井「私の元でアイドルとしてデビューする気はないかね?」

ピエ「アイドル!?」

黒井「そうすればピエールくんの欲しい数だけ、おこたを購入してやろうではないか」

ピエ「しゃちょーのところでボク、アイドルになる?」

黒井「そうだ!ステージでキラキラしたくはないか?」

ピエ「ボク、アイドル!ステージでキラキラしてる!」

黒井「む?話が見えんな」

ピエ「315プロ!恭二とみのりとボクでBeit。歌うたう!」

黒井「ノッ!?ノンノーン!!」

ピエ「ノーーーーンwwwwwwwwwwwwしゃちょー面白い!」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:05:31.34 ID:He7ecLh60



黒井「き、貴様!いま315プロと言ったのか?」

ピエ「うん!」

黒井「あやつらが移籍した事務所もまた315プロダクション……」

黒井(このピエールとやらの顔に見覚えがあるのも当然……!)

ピエ「しょちゃーにこれあげる!」つCD

黒井「Beit……ユニットのイメージ戦略は正統派王子路線で売っているのだったな」

ピエ「Beit知ってる?」

黒井「よーく知っているぞ。先日の舞浜のライブも拝見させてもらった」

ピエ「しゃちょーもライブいた?うれしい!」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:06:38.75 ID:He7ecLh60



黒井「こんなところで競合他社のアイドルと鉢合わせになるとはな。つくづく私は引きが強いと見える」

ピエ「なんで笑ってる?いい事あった?」

黒井(まだまだこれからのド新人アイドルだが……今後何かの駒に使えるやもしれぬ)

黒井「ふむ。この機会に盛大に恩を売っておくのも悪くはあるまい」

黒井「そこの店員!」

店員「はい!ただいま~」

黒井「おこた追加だ!」

ピエ「やふー!?」


―――――――――

―――――――

―――――
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:07:36.92 ID:He7ecLh60

翔太「あれ~?ピエールくんいないなあ」キョロキョロ

翔太「ここにいてって言ったのに」

翔太「どこ行っちゃったんだろう」



♪ピンポンパンポーン♪


『港区広尾からお越しの~ピエールくんを迷子センターでお預かりしています。

 お連れの方は~1F総合受付、または迷子センターまで直接お越しください。

 白いチュニックに、チェックのパンツ、カエルのぬいぐるみを持った男の子です。

 お心当たりのあるお連れ様は~至急1F総合受付、または迷子センターまでお越しください』

13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:08:16.76 ID:He7ecLh60



迷子センター


ピエ「おーい!翔太~」ノシ

翔太「ちょっとピエールくんwwなんで迷子になってんのさ~」

ピエ「お久しぶり!」

翔太「お久しぶりじゃないでしょ~心配したよ」

職員「ピエールくんお友達と会えてよかったね~!」

ピエ「うん!よかった!」

翔太「ははは……お世話になりました」ペコリ


14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:09:25.60 ID:He7ecLh60


翔太「もう~いなくなっちゃうんだもん。焦ったよ~」

ピエ「びっくりした?」

翔太「びっくりしたよ!迷子の呼び出しで名前呼ばれるアイドルなんて前代未聞でしょww」

ピエ「翔太!はい、これ」つメモ

翔太「え?なにこれ。手紙?」

ピエ「しゃちょーが渡してって」

翔太「は?しゃちょー?どこの?」ペラ
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:10:22.93 ID:He7ecLh60



『翔太、お前は相変わらずライブ終盤になると少しばかり注意力が散漫になるようだな。

 その場のノリや感覚に身を任せてユニットとして動きが疎かになってはいないか? Adieu!』



翔太「これって!」

ピエ「さっきまで一緒にいた」

翔太「ピエールくんごめんね!もうちょっとだけ迷子センターで待っててくれる?」

ピエ「うん!わかった!」

16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:12:43.71 ID:He7ecLh60



地下駐車場


翔太「黒ちゃん!」

黒井「なんだ。追いつかれてしまったか」

翔太「この前の僕達の……315プロのライブ。来てくれたんだね」

黒井「ふん!ああもしつこくチケットを送られたのではな!せっかくの席を無下にするわけにもいくまい」

翔太「そっか。冬馬くんと北斗くんも黒ちゃんにチケット送ったんだね」

黒井「私のやり方が気に食わず離れていったのであろう?」

黒井「なのに来るかもわからない者の席を用意するなど……貴様らの考えてることがさっぱりわからん」

翔太「僕達のパフォーマンスを見るには最高の席だったでしょ?」

黒井「くだらん!あのクソ忌々しい765プロを彷彿させるような、みみっちい演出の数々。虫唾が走る!」

翔太「ははは、黒ちゃんのそういうノリ。すっごい懐かしいや」

黒井「お前たちにも散々言ったではないか。ライバルとの仲良しごっこなど、研いでいた刃を自ら鈍らせる愚劣な行為だと!」

翔太「その仲良しごっこをしてた765のお姉さんたちに僕達は完敗したんだよ。忘れちゃったの?」

黒井「ぐぬぬっ」


17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:13:57.26 ID:He7ecLh60




翔太「ジュピター宛にさ、名無しのフラスタくれたの。あれ黒ちゃんでしょ」

黒井「なにを勘違いしているのか知らんが。私は一切関知しておらん!セレブの名に賭けて断じて知らぬ!」

翔太「またまた~ごまかさなくてもわかってるからね。あ、冬馬くんはわかってなさそうだけどww」

黒井「世間は大成功だなんだとお前達のライブを褒めそやしているがな」

黒井「まだまだ961が総力を上げて潰すに値しない、ちーーーーーーっぽけな!第一歩を踏み出したにすぎんのだ!」

翔太「どんだけ溜めるのさww」

黒井「セレブは忙しいのでな!お前と話す時間などこれ以上持たぬ!失礼させてもらおう」


18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:15:15.62 ID:He7ecLh60

翔太「待ってよ黒ちゃん!」

黒井「まだ何か言い足りないのか?」

翔太「……ずっとさ、黒ちゃんに聞きたいと思ってた事があって」

黒井「なんだ?」

翔太「961から離れた僕達がジュピターの名前を継続して使い続けること。どうして許可してくれたの?」

黒井「あれは名付けた時点で貴様ら3人にくれたやったものだ。好きに使うがいい」

翔太「そうは言うけど。いちゃもんでもなんでも付けて妨害できたはずでしょ」

黒井「ふん!あんなミソが付いたユニット名、熨斗をつけてくれてやるわ!」

翔太「あーあ……すぐそうやってさあ。ほんっと!素直じゃないよね~」

黒井「お前も相変わらず口の減らぬ子どもだな」

翔太「口の減らない可愛い末っ子。それが世間が求めるアイドル御手洗翔太だし」

黒井「961を抜けた今、もう冬馬や北斗の後ろで引っ張ってもらうお子様役に甘んじている必要などないのだぞ」

翔太「!」

19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:16:42.37 ID:He7ecLh60


黒井「なんでもソツなくこなし周囲が欲してる状況や回答を即座に理解し返すことができる」

黒井「お前はアイドルとしての確かな才能と、ずば抜けたダンスセンスを持っている」

翔太「なに……どうしたの?急に」

黒井「だが才能任せにアイドルをやっているお前は、明確な目標やゴールを持ち合わせてはいない」

翔太「そんなのなくたってアイドルの仕事はちゃんとこなしてるでしょ?」

黒井「今までそれで通用してきたのは961のバックアップがあってこそ。本来お前のいる場所は才能だけで通用するほど甘い世界ではない」

翔太「このままじゃダメだっていうの?」

黒井「考えなしに仕事をこなすだけでは成長は望めんな。そのうち壁にぶち当たる。いつか冬馬や北斗に置いて行かれるぞ」

翔太「それはちょっと困るなあ」

20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:18:41.29 ID:He7ecLh60


黒井「いいか?お前なりの目標や未来のビジョンを持て」

翔太「僕なりの……」

黒井「そうだ。ジュピターでこれから一番伸びしろがあるのは間違いなく翔太、お前なのだ」

黒井「ジュピターが持つ無限の可能性を腐らせるか昇華させるかは、今後のお前の成長次第。才能に胡座をかくな」

翔太「やめてよ。僕、期待されることには慣れてないし。そういうのは冬馬くんに任せてるんだから」

黒井「期待ではないプレッシャーをかけているのだ。これでお前が潰れるようなら私にとっては万々歳」

黒井「所詮その程度の器だったということだ」

翔太「……」

黒井「どうやら余計なおしゃべりをしてしまったようだな。今度こそ無駄話は終わりだ」

翔太「黒ちゃん」

黒井「これ以上お前と話す事などない」

翔太「ライブ来てくれてありがとう」

黒井「ふん!315のジュピターを見ているのはあの貧乏プロダクションだけではないぞ!そう、冬馬に伝えておけ」

翔太「うん、伝えとく」

21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:21:11.75 ID:He7ecLh60


ピエ「翔太~」ノシ

翔太「ごめんね。お待たせ」

ピエ「どうしたの?元気ない」

翔太「黒ちゃんを追いかけるなんてさ。ちょっと僕らしくなかったかもなーって」

ピエ「なんで?」

翔太「僕達の方から付いて行けないって離れたのに……これじゃあ未練タラタラみたいでしょ」

ピエ「翔太、こうかいしてる?前の場所に戻りたい?」

翔太「後悔はしてないし、戻りもしないけど」

翔太「でも、最初に僕らを見つけてくれたのは、まぎれもなく黒ちゃんなんだよね」

ピエ「翔太と冬馬と北斗のジュピター。しゃちょーがつくった」

翔太「うん。だから黒ちゃんのことはもう関係ないし気にするなって言われてもやっぱり気になっちゃうんだ」

ピエ「……」

翔太「ジュピターの名前を使い続ける限りずっとね」


22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:22:37.04 ID:He7ecLh60


翔太「ピエールくんはさ。アイドルやってく上で最終的な夢とか目標ある?」

ピエ「ある!みんな笑顔にする!」

翔太「ふーん。笑顔かあ……」

ピエ「みのり言ってた」

翔太「え?」

ピエ「ボクがアイドル楽しむ。それお客さんにも伝わる。みんなが楽しくなれば笑顔増える。笑顔がいっぱい、世界動く!」

翔太「ピエールくん、世界まで動かすつもりなの!?」

ピエ「世界に広がって……ボクの国にも笑顔届く」

翔太「!」

ピエ「翔太もやろ!歌って踊ってみんな笑顔!」

翔太「それはピエールくんの目標だからなあ。僕は僕で考えないと」

ピエ「翔太の目標?いまから決める?」

翔太「そんなにすぐには決められないと思うけど。決まったら聞いてもらおうかな~」

ピエ「はいよろこんでー!」

翔太「ねえwwwwほんとにさ~そういう日本語どこで覚えてくるの?」

23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:24:00.13 ID:He7ecLh60


315プロ


宅配「すいまっせーん!ごめんくださーい!」

山村「はーい」

宅配「お届け物でーす!ここにサインか印鑑おねがいします!」

山村「ああ。はい」カキカキ 

宅配「では!荷物ここ置いときますんで-!あざーっしたー!!」

山村「ごくろうさまです」

山村「なんでしょう。この大きな荷物は……えーっと『315プロダクション ピエール様』?」

ピエ「やふー!おこた、きた!?」

山村「あ!ピエールくん。ちょうどいいところに」

みのり「へ?どうしたのこれ。ピエール、何か買ったの?」

ピエ「ううん!もらった!こたつ!」

みのり「貰ったって、一体誰から?」

ピエール「しゃちょー」

みのり「しょちゃーって!?どこの?ここの社長さん?」

ピエ「知らない」

みのり「知らない人から物貰っちゃ駄目でしょー!」

ピエ「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

みのり「そこ笑うとこじゃないからね!」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:25:22.90 ID:He7ecLh60


山村「うちの社長じゃないとしたら、どこの社長さんですかね……えーと差出人は」

山村「く、黒井!?黒井崇男ってあの大手961プロダクションの黒井社長さんのことですよね!?」

ピエ「しゃちょーがね。おこたあげるから、またねって」

みのり「もしかして引き抜き!?物で釣ろうって事?いやいやそんなまさか……」

山村「物で釣るにしても炬燵はいくらなんでも安すぎませんか?」

みのり「そ、それもそうだね」

山村「とりあえず、ここに置いておくのは通行の邪魔になりますし、ラウンジの方にでも運びましょうか」

ピエ「ボクも手伝う!」

みのり「待ってピエール!そもそもこれ受け取っちゃ駄目なやつじゃない!?」

冬馬「おはようございます。なんすか?このバカでかい箱」

山村「あ、冬馬くん!おはようございます」

ピエ「やふー!冬馬見て!おこた!」

冬馬「は?」


―――――――――

―――――――

―――――
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:26:45.65 ID:He7ecLh60


都内某テレビ局 楽屋


翔太「冬馬くん、北斗くんおはよう!遅れてごめんね~学校出るのが遅くなっちゃって」

冬馬「おう」

北斗「おはよう翔太。おつかれだったね」

翔太「……どうしたの?冬馬くん。そんな難しい顔して」

北斗「来てからずっとこの状態だよ」

冬馬「誰のせいでこうなってると思ってんだ?」

翔太「は?なに?もしかして僕のせいなの?遅れたのは悪かったと思うけど」

冬馬「お前、おっさんに会ったらしいな」

翔太「あ~そっち?別に隠してたわけじゃないけど。もうバレちゃったんだ」

北斗「俺もさっき聞いて驚いたよ。どうやら本当みたいだね」

翔太「黒ちゃんとはたまたま!偶然会っただけだよ」

冬馬「たまたまで会えるような人間でもねーだろ」


26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:27:38.13 ID:He7ecLh60


翔太「どこでそれ知ったのさ?」

冬馬「今日ここ来る前に事務所寄ったら黒井のおっさんが炬燵くれたって山村さん達が騒いでたんだよ」

翔太「それねえ、ピエールくんが炬燵ほしいって言ったら黒ちゃんが買ってくれたんだってww」

冬馬「買ってくれたって……どういう流れでそうなるんだよ」

翔太「ピエールくんが言うにはファーストライブでキラキラしてたからって」

冬馬「キラキラ?意味わかんねーぞ」

翔太「黒ちゃん、僕達のライブにちゃんと来てくれてたんだよ。送ったチケット無駄にならなくてよかったよね」

冬馬「そうだな」

27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:29:19.63 ID:He7ecLh60


冬馬「……って!」

冬馬「ま、待て。お前もおっさんにチケット送ったのか!?」

翔太「あーやっぱり冬馬くんも送ったんだ~」

冬馬「あ!いやっ、違うからな!……お、俺は送ってねーぞ!送るわけねーだろ!」

翔太「冬馬くんは嘘つくの本当下手だよね~北斗くんも送ったんでしょう?」

北斗「まあね。まさか冬馬と翔太も送ってたとは思わなかったけど」

冬馬「……結局、俺たち3人とも別々に送ってたってことか」

翔太「まあ僕たちが送らなくても黒ちゃんは見に来てたと思うけどね~」

28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:30:46.50 ID:He7ecLh60


冬馬「おっさん……あの会場にいたんだな」

翔太「黒ちゃんから冬馬くんに伝言。315のジュピターを見てるのは765だけじゃないぞって」

冬馬「……」

翔太「冬馬くんのライブ後のインタビュー記事までチェックしてるとかさ。黒ちゃんも素直じゃないよね~誰かさんに似てww」

冬馬「誰かさんって誰だ?」

翔太「はあ……これだよ。もう冬馬くん鈍すぎ~」

北斗「まあまあ。そこが冬馬のいいところだろ?」

冬馬「な、なんだよお前ら!もったいぶらずにハッキリ言え!」


29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:32:22.21 ID:He7ecLh60

翔太「もしも」

冬馬「ん?」

翔太「今後もし黒ちゃんが765にやってたような妨害工作を315プロにも仕掛けてきたら、冬馬くんどうする?」

冬馬「そんなの決まってるだろ!」

翔太「……」

北斗「……」

冬馬「その時は正々堂々!俺たちのパフォーマンスでぶちのめしてやるだけだ!おっさん諸共な!」

30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:33:49.66 ID:He7ecLh60


北斗「ははは。冬馬らしい答えだね」

冬馬「765に出来て俺たちに出来ないわけがねえ」

翔太「んー、ちょっと暑苦しいけどね~」

冬馬「な!?お前らも一緒にやるんだぞ!わかってるのか!?」

翔太「はいはい~頑張ろうね北斗くん」

北斗「フフフ。冬馬に置いてかれないように頑張るとしますか☆」

冬馬「3人でさらに上を目指すぜっ!!」

翔太「だね!」

北斗「ああ」

冬馬「見てろよな。おっさん!」

31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 03:41:47.53 ID:He7ecLh60
おしまい!

こっちと微妙に繋がってます
【SideM】ピエール「世界中笑顔だってばよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446124804/
33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/13(日) 11:42:15.25 ID:fqZXBu9+0
SideMのSS少ないから嬉しい
お奨め記事
12月15日 14時00分|Mマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告