記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/03(水) 22:41:15.25 ID:weBtSGX30
彩弓「今度、文芸部忘年会をしましょう」

寿来「おぉー」

鳩子「やったぁー♪」

彩弓「それでお菓子やジュースの買い出しに行く人を、ジャンケンで決めようと思います」

寿来「くくっ--。この俺に邪拳を挑むとはな」

灯代「あーうざいうざい」

彩弓「ちなみに安藤くんは荷物持ちですので、ジャンケン関係なく買い出しに行ってください」

寿来「えーそんなー。俺もじゃんけんしたいっすよー」
2:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/03(水) 22:42:09.66 ID:weBtSGX30
彩弓「ちなみにジャンケンで負けた人が安藤くんと一緒ということで」

鳩子「負けた人ですか?勝った人じゃなくて?」

彩弓「ええ。安藤くんと一緒ということは、ある意味罰ゲームですので」ニコッ

寿来「ちょっと!どういうことですか!それ!」

灯代「そうですよね。安藤と一緒に買い物とか面倒になりそうですし」

彩弓「ええ。買い物のセンスもなさそうですしね」

寿来「お菓子とかジュースを買うぐらい一人でできますよ!」

鳩子「えーでも、ジューくんが買ってくるジュースって変なのばかりだしー」

灯代「ああ、あれよね。『他の人が買ってないジュース買う俺かっけぇー』とか考えてるんでしょ」

千冬「アンドー、役立たず」

寿来「ぐっ!言わせておけば!」

寿来「この混沌の覇者------」


(略)




彩弓「というわけで、ジャンケンをしましょう」

千冬「おっけー」

安藤「そんなぁー、俺のかっけーシーン丸々カットっすか」
3:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/03(水) 22:43:42.26 ID:weBtSGX30
灯代「…」

鳩子「…」

彩弓「…」

千冬「…」

灯代(ジャンケンに負ければ…)

鳩子(ジューくんと二人っきり…)

彩弓(すなわち、これは…で、でー、でぇーー)

千冬(デート)



灯代「…」

鳩子「…」

彩弓「…」

千冬「…」

灯代・鳩子・彩弓・千冬(この勝負、負けられない!)



寿来「おぉっ!?みんなが燃えてる!?」

寿来(って、そんなに俺と一緒は嫌なのか!?…ちょっとだけ傷付くな)
4:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/03(水) 22:44:19.81 ID:weBtSGX30
彩弓「行きますよ!ジャンケン!!!」

灯代「ちょっと待ったーーー!」

彩弓「なんですか、灯代さん?」

灯代「ルールの確認なんですが、『ジャンケン、グー』ですか?それとも『ジャンケン、ポン』ですか?」

彩弓「ふっ。やりますね。ええ『ジャンケン、ポン』で行きましょう」

鳩子「そっかー。そうだよねー」

千冬「うっかり『ぐー』を出す所だった」

彩弓(くっ、まさか。この作戦が見破られるとは…甘く見てましたよ。灯代さん)

彩弓(しかし、私には次の作戦があります!)

灯代「…」
5:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/03(水) 22:45:21.73 ID:weBtSGX30
彩弓「行きますよ!ジャンケン、ポ---」


彩弓(かかりましたね!みなさん!)

彩弓(私の動体視力なら完全に見える!)


彩弓(なるほど)

彩弓(灯代さんはグー、鳩子さんはグー、千冬さんはチョキを出そうとしていますね)

彩弓(では、まず私もチョキをだして、灯代さんと鳩子さんには退場してもらいましょう!)



彩弓「ジャンケン、ポン!」


灯代 チョキ

鳩子 グー

千冬 グー

彩弓 チョキ


彩弓「!?」

鳩子「あぁー、勝っちゃった…」

千冬「あ、あれ?千冬は、チョキをだしたはず…あれ?」

彩弓(ま、まさか…)

灯代「うわぁー、負けちゃったー。どうしよう」

鳩子「でも、顔がニヤけてるよ?」

千冬「トモヨ、ニヤニヤしすぎ、キモイ」

灯代「えっ!?えっ!?し、してないわよ!」

彩弓「…」
6:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/03(水) 22:47:04.77 ID:weBtSGX30
彩弓(永遠(クローズドクロック)を使ったようですね)

彩弓(私の考えだと…)

彩弓(みんながジャンケンをする瞬間にスローor時間を停止し、みんなが何を出すか確認)

彩弓(さらに小学生で力が弱い千冬さんの手を無理矢理にグーにする…)

彩弓「くっ」

寿来「彩弓さん?さすがにそこまで悔しがられると、僕ちゃんちょっとショックかなーって」

彩弓「安藤くんは黙ってて下さい!」

寿来「は、はい!」



灯代「さあ、彩弓さん。さっさとジャンケンして決めましょうか」

彩弓「そ、そうですね…」

彩弓(考えなさい彩弓!絶対に勝つ手段は…勝つ手段はあるはず!)




灯代・彩弓「ジャンケン!!」




■数日後


灯代「あー、私ってジャンケン弱かったのかなー」

寿来「いつまで後悔してんだよ。じゃあ、明日は駅前で待ち合わせな」

灯代「はいはい。遅刻しないでよね」
7:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/03(水) 22:48:17.12 ID:weBtSGX30
■灯代の部屋


灯代「ふぅ…」

灯代「…………………………」




灯代(あーーーーーーーーーー//)

灯代「どうしよう!どうしよう!どうしよう!どうしよう!」ゴロゴロ

灯代「明日どうしよう!」

灯代「前一緒に出かけた時は、まだはっきり好きって意識してなかったけど…」

灯代「今は…………………………」

灯代「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー//」
8:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/03(水) 22:48:50.35 ID:weBtSGX30
灯代「ど、どうしよう。恥ずかしすぎて死にそう…」

灯代「ああそうだ!まずは明日どれを着るかいい加減決めなきゃ」

灯代「あーもうっ!数日前からずっと悩んでるのに決まらないなんて…」

灯代「それにそれにシャンプーも」

灯代「ネットでいい香りって評判がいいやつ見つけたから」

灯代「…」

灯代「というか、今までシャンプーとか意識した事なかったなー」


灯代「ギルティア・シン・呪雷。本当に罪深い男よね」

灯代「って、もう17時間前!?」

灯代「急いで準備しなきゃ間に合わない!」


灯代母「ごはんよー」

灯代「えっ?あっ、はーい」
9:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/03(水) 22:49:27.07 ID:weBtSGX30
 
………


灯代母「ごはん美味しい?」

灯代「うん。美味しいよ」

灯代母「ところでトモちゃん。『急いで準備しなきゃ間に合わない』って、なんの準備?」

灯代「~っ!べ、べつに何でもないから!」

灯代母「初めてのデートって緊張するわよね。お母さんも初めてのデートの時は緊張して…」

灯代「デートじゃないから!ごちそうさま!」

灯代母「顔真っ赤にしちゃって、トモちゃんったら、かわいい~」

灯代「もうっ!知らないっ!」
19:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:16:17.27 ID:dPz6Ckoa0
■当日のお昼過ぎ 灯代の部屋

灯代「…」

灯代「…………」

灯代「……………………」

灯代「寝過した―ーーーーー!?」


灯代「…興奮して眠れなくて、気付いたら…あぁぁぁぁぁぁ!!」

灯代「…」

灯代「…………」

灯代「……………………」

灯代「ふっ、そ、そうよ!!よく考えたらこれは夢よね」

灯代「夢落ちはSSの基本。ええセオリー!」

灯代「よし、寝よう。寝たら目が覚めるはず」

ガバッ

灯代「…」

灯代「って、寝てどうするーーーーーー!?」


灯代「こうなったら『永遠(クローズドクロック)』よ!」

灯代「そう!今こそ覚醒する時!」
20:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:17:06.54 ID:dPz6Ckoa0
灯代「…ふぅ…」



灯代「--宵闇切り裂く浄化の光よ、今こそ我が手に宿れ。片翼の鳥に空はなく、牙無き狗に大地はなし」

灯代「----我その名は『宵闇に嗤う二律背反の魔女(エンドレスパラドックス)』」

灯代「さあ、永遠(クローズドクロック)!!時を戻しなさい!!」キリッ


灯代「…」

灯代「…………」

灯代「……………………」

灯代「…………………………………………」


灯代「ふぅ…」

寿来「どうだ?時は戻ったのか?」

灯代「ううん。やっぱり無理だった----え?」
21:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:20:42.96 ID:dPz6Ckoa0
寿来「そうか、よかった」

灯代「…え?よかった?なんで?」

寿来「ああ、よく『時を戻す』能力とかよくあるけどさ」

寿来「ああいう能力は現実にあったらダメだと思うんだ」

寿来「ほら、ああいう能力を使うやつって、大抵が『ツライ事があったから時間を戻す』だろ?」

灯代「う、うん」


寿来「そして、一人で問題を抱えていく…」

寿来「それがセオリーだ」

灯代「えーと、まあそうよね」


寿来「俺は灯代に…一人で問題を抱えて欲しくないんだよ」

灯代「え?」

寿来「だって俺達仲間だろ?だったらさ『ツライ事は仲間で共有すべき』----俺はそう思うんだ」

灯代「安藤…あんた…」

灯代(まったくこいつは…なにが『俺は灯代に…一人で問題を抱えて欲しくないんだ』…よ)

灯代(カッコつけやがって…)

灯代(惚れなおしたじゃない!このバカ!!!)
22:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:22:05.68 ID:dPz6Ckoa0
灯代「まったく…本当にあんたってやつは…」

寿来「ん?」

灯代(私はその時、自然に笑顔になっちゃった---そうきっと安藤に見せる最高の笑顔)




灯代「って、そうじゃなーーーい!!」

寿来「え?なに?」

灯代「あ、あああああああんた!なんで私の部屋にいるのよ!!!」

灯代「って、私なんでパジャマなのよ!!」

寿来「いや、灯代のお袋さんに案内されて」

灯代「え?お母さん!?」


灯代「じゃなくて、いつから部屋にいたの!?」

寿来「えーと、30分前くらいからかな?」


灯代「なっ!?」

灯代(30分!?ということは…)

寿来「『さあ、永遠(クローズドクロック)!!時を戻しなさい!!』」


灯代「…」プルプル

寿来「(`・ω・´)キリッ」

灯代「もういい。死ぬ。私死んじゃうもん!!死んでやるーーーー!!」

寿来「待て待てっ!悪い!ちょっと言い過ぎた!だから死ぬな!!!」
23:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:22:50.03 ID:dPz6Ckoa0
 
………


寿来「悪い悪い。灯代の事が心配で家まで来ちゃってさ」

灯代「う、ううん。いいの。私が悪かったんだし…」

灯代(うぅ…急いで着替えて、寝癖も直したんだけど…どこか変じゃないかな?)

寿来「というか、灯代の部屋初めてだよなー」

灯代「そ、そうだっけ?」

灯代(うわぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーー)

灯代(よく考えたら、男子を…安藤を部屋に入れたのって初めて!)

灯代(時間あればもうちょっと何とかしたのに!)

灯代(うぅ…こんな時に時間を戻せたら…)

寿来「へぇ~…」キョロキョロ

灯代「…」

灯代(へ、変な匂いとかしないよね?だ、大丈夫だよね?)

寿来「というか、今気付いたんだけど…」

灯代「え?な、なに?」

灯代(や、やっぱり、お、女の子らしくない部屋とか!?)

寿来「千冬ちゃん何してんの?」

灯代「そ、そう。やっぱり私の部屋って千冬ちゃんらしくない……って、千冬ちゃん!?」








灯代「って、千冬ちゃんがどこにいるの?」
24:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:24:47.91 ID:dPz6Ckoa0
寿来「いや、ベッドの下からリッスンの手が…」

灯代(『永遠(クローズドクロック)!!』)

■時を停止中

灯代(ベッドの下には、私の黒歴史時代の『神が放棄した計画書(リバースクルスレコード)』とかその他もろもろがあるから、見られるわけには…)

灯代(あっ。千冬ちゃん発見)

灯代(まったく、千冬ちゃん寝てるわね…)


\指パッチン/



寿来「なっ!千冬ちゃんが目の前に…まさか…時を止めたな!神崎灯代!!」

灯代「千冬ちゃん。起きて、千冬ちゃん」

千冬「ん…。あ。アンドー、トモヨ、おはよ」

寿来「おはよう。千冬ちゃん」

灯代「おはよ。千冬ちゃん」
25:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:25:38.76 ID:dPz6Ckoa0
寿来「千冬ちゃん。なんでこんな所で寝てたの?」

千冬「狭い所で寝る。マイブーム」

灯代「そういえば、前にそう言ってたわね…って、そうじゃない!」

千冬「?」

灯代「千冬ちゃん?いくらマイブームだからって、私の部屋で寝ないで欲しいんだけど」

寿来「そうだよ、千冬ちゃん。仲間でも見られたくない秘密とかあるんだから、ダメだよ」

千冬「たとえば、アンドーが、夜な夜な見てる、ポロリする、水泳大会とか?」

寿来「うん。そうそう。俺が最近見てるポロリする水泳大会…………って、なんで知ってるの!?」

千冬「冗談だったのに…アンドー最低」

灯代「あんたそんなの見てたの?最低ね」

寿来「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
26:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:26:23.88 ID:dPz6Ckoa0
千冬「しかも、寝ているトモヨに、チューしようとした。アンドーちょー最低」

灯代「なっなっな!?」

寿来「ち、違ぇーし!しようとなんかしてねーし!」

千冬「『はぁー。それにしてもグースカ寝てるなー』『もしかして、これは呪いか!?…大変だ!キスして姫を夢の世界から解放しなければ!』」

灯代「あ、あんた!私が寝ている間に…き、き、き、きーーー!?」

寿来「してねーし!ちょっと役に入って遊んでただけだから!」

灯代「本当?千冬ちゃん」

千冬「うん、してない。トモヨが起きたから」

灯代「そ、そうなんだ」

寿来「誤解が解けてよかったぜ」



灯代「…」

灯代「…………」ハッ

灯代(って、もし目覚めなかったら、どうなってたの!?してたのキス!?)

灯代(というか、なんで私にキスしようとしたの!?)

灯代(ま、ま、まさか!?安藤って私の事が………………!?)

灯代「っ~~~//」カァー

千冬「トモヨ赤い?」

寿来「風邪か?早いうちに薬飲んだ方がいいぞー」

灯代「ち、違うし!」

千冬「?」

寿来「?」
27:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:27:40.20 ID:dPz6Ckoa0
灯代「そ、そんな事より、なんで千冬ちゃんはここにいるの!?」

千冬「今日は、アンドーとトモヨのデートを、邪魔…じゃなくて、監視するのが目的」

寿来「いや、それあまり意味が違わないような…って、デートじゃないよ千冬ちゃん」

灯代「そうよ、罰ゲームで買い出しに行くんだから。罰ゲームで」

千冬「じゃあ、その『罰ゲーム』、千冬が変わってあげる」

灯代「え?」

千冬「トモヨが、嫌なら千冬が、『罰ゲーム』を、してあげる」

灯代「その…」

千冬「それとも、トモヨはアンドーと、デートしたいの?」

灯代「そ、それは…」


寿来「千冬ちゃん。灯代はただ責任感が強いだけなんだよ」

灯代「え?」

寿来「たとえ『罰ゲーム』だろうと、みんなに忘年会の買い物を頼まれたんだ」

寿来「その『みんなからの頼まれ事』を灯代が適当にやるはずないだろ?」

寿来「だから、灯代は『俺とデート』をしたいんじゃなくて、『みんなからの頼まれ事』を、責任を持ってやり遂げたいだけなんだ」

千冬「そうなの?トモヨ」

灯代「え、ええ。こいつに言われるのは癪だけど。概ねその通りよ」

灯代(ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい。『安藤とデート』したかっただけです。本当にごめんなさい)
28:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:28:20.46 ID:dPz6Ckoa0
寿来「というわけさ」

灯代(…)

千冬「ん。わかった。千冬帰る」

灯代(そういえば、安藤の気持ちってどうなんだろう?安藤も私とデートしたかったのかな?)


寿来「いや、せっかく千冬ちゃんもいるんだから、3人で行こっか?」

千冬「え?いいの?」

寿来「な?灯代もいいだろ?」

灯代「…はぁ…。そうね。せっかく千冬ちゃんも来てくれたんだから、3人で…ううん。せっかくだし、鳩子と彩弓さんにも声をかけましょうか」

寿来「ああ、そうしよう」

千冬「アンドー…トモヨ…ありがと」


灯代(はぁ…まったく、そうよね。あんたはそういうやつよね)

灯代(常に文芸部…仲間の事を考えてくれて…)

灯代(今もそう。千冬ちゃんを誰もいない家に帰すんじゃなくて、少しでも一緒に…千冬ちゃんの事を考えて…)

灯代「…」

灯代(やっぱり好きだなぁ…こいつの事)
29:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:29:13.46 ID:dPz6Ckoa0
寿来「じゃあ、俺が今から電話を」

ガララッ

彩弓「その必要はありません。話は聞かせてもらいました!」

鳩子「えへへ~。聞かせてもらったよぉー」

灯代「なっななんで二人が私の部屋の前に!?」


彩弓「それは監視…もとい、後輩が密室で間違いを犯してはいけないと思い観察を…」

鳩子「わ、私は止めたんだよ」

寿来「俺と灯代に間違いなんてあるわけないでしょ!」

灯代「そうです!そうです!」

彩弓「え?私はロリコンの『安藤くんと千冬さん』に間違いが…と思ったんですが?」

寿来「え?」

彩弓「それが、なんで『安藤くんと灯代さん』なんでしょうね?そういえば、安藤くんのキスの件もありますし」

寿来「なっ!?」

灯代「ご、誤解です!鳩子もなんとか言ってよ。誤解だって」

鳩子「えー、私も知りたいなー。うん。とっても知りたいよ」

寿来「は、鳩子さん?」


ギャーギャー
キャーキャー




彩弓「さて、安藤くん弄りは止めて、皆で買い出しに行きましょうか?」

鳩子「はーい」

千冬「おっけー」


灯代「うぅ…疲れた…」

寿来「本当だよな…」
30:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:30:52.28 ID:dPz6Ckoa0
灯代「…ねぇ?」

寿来「なんだよ?」

灯代「したかったの?キス」

寿来「」ブーッ


寿来「違うって、さっきから言ってるけど、ただ役に入ってただけで」

灯代「ふーん。じゃあ、したくないんだ?キス」

寿来「なっ!?」

灯代「ぷっ。あはははははは」

寿来「っ!?」

灯代「顔真っ赤にしてバカみたい。ただの冗談なのに」

寿来「なっ!?」

灯代「あはははは。今の安藤の顔…あはははは」

寿来「お前だって顔真っ赤だったじゃねーか!」

灯代「なってない!赤くなんかなってないもん!」

寿来「なってた!」

灯代「なってない!」

寿来「-----!!」

灯代「----!!」
31:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:31:52.02 ID:dPz6Ckoa0
灯代(あぁ…楽しい。安藤と一緒にいるのは、やっぱり楽しい…)

灯代(安藤にとってはどうなのかな?)

灯代「…」


灯代「よし決めた!」

寿来「って、いきなりどうしたんだよ?」

灯代「ふふーん」

寿来「いや、なんでドヤ顔なんだよ…で、何を決めたんだ?」

灯代「な・い・しょ♪」

寿来「?」
32:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:32:29.63 ID:dPz6Ckoa0
灯代(覚悟しないさいよ!)

灯代(たとえ、異能がなくなったら記憶がなくなるとかいう設定があったとしても)

灯代(私との毎日が忘れられないくらい、楽しくなるように努力してやるんだからね!)


寿来「ん?どうしたんだ?俺の顔をじーっと見て…」

灯代「ううん。なんでもない」

寿来「変なやつ…」



灯代(なんで安藤の顔を見る?そんな理由簡単よ。だって、私は----)






灯代(あんたの事がだいだいだいだい…だぁーい好きっなんだからっ!)







       終わり
33:◆xW69XHZIXl2A:2014/12/14(日) 01:34:31.59 ID:dPz6Ckoa0
これにて終わりになります。
読んでくれてありがとうございました!
また、機会があればよろしくおねがいします!
34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/14(日) 02:21:26.49 ID:nOFasju+o

良かった
35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/14(日) 05:43:26.73 ID:MPAfSrqtO
乙です
なかなかのお手前
お奨め記事
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告