記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 20:23:11 ID:SPTHK5Ec
えりな「いきなり何よ」

創真「いや、何となくポンコツそうな気がしてさ」

えりな「いったいどこがポンコツだって言うのよ」

創真「え?それ聞くの」

えりな「・・・」
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 20:33:31 ID:SPTHK5Ec
創真「そうだな~」

えりな「・・・」

創真「UNOとか弱いだろ?」

えりな「よ、弱くなんかないわよ!」

創真「新戸に負けたくせに?」

えりな「・・・」
3:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 20:36:03 ID:SPTHK5Ec
創真「あとコーラとか飲めなそうだな」

えりな「飲めます」

創真「うぅ、炭酸がしゅわしゅわする・・・とか言いそう」

えりな「飲めるって言ってるでしょ!」
4:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 20:47:09 ID:SPTHK5Ec
創真「飲んだら飲んだでしばらくしたらぐっぷとか言ってゲップしそう」

えりな「そんなことしません」

創真「本当かな~?」

えりな「本当です」
5:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 20:48:01 ID:SPTHK5Ec
創真「ジンジャエールなんて飲ませたらほっぺが痛いとか言いそうだな」

えりな「だから飲めるって言ってるでしょ!」

創真「じゃあ本場ウィルキンソンジンジャエール飲んでみようか」

えりな「え、それは・・・」

創真「ほら飲めない」

えりな「・・・」
6:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 20:52:24 ID:SPTHK5Ec
創真「ゴキブリなんか見たら放心しそうだよな」

えりな「虫ごときでするわけないでしょ」

創真「あ、ゴキブリ!」

えりな「え?うそ!どこ!どこどこどこ!」

創真「うっそ~ん」

えりな「・・・」
7:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 20:55:51 ID:SPTHK5Ec
創真「ほら~」

えりな「で、でも放心してないわよ」

創真「顔面めがけて飛んできたらなるだろ」

えりな「ひぃっ!」

創真「・・・」

えりな「そんなこと冗談でも言わないでちょうだい!」
8:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:03:34 ID:SPTHK5Ec
えりな「だいたい料理人としてゴキブリに免疫がある方がおかしいことです」

創真「そうか?」

えりな「そうです」

創真「・・・でもポンコツっぽいな~」

えりな「・・・」
9:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:11:00 ID:SPTHK5Ec
創真「お使いとかしたことないだろ?」

えりな「はっ、なんでこの私がそんな雑務をしなくてはいけないのよ」

創真「お使いは出来ないどころかしないっと」メモメモ

えりな「ちょっとなに書いてるのよ」

創真「気にしない気にしない」

えりな「気にするわよ!」
11:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:13:32 ID:SPTHK5Ec
創真「そうやって声を荒らげるのもポンコツっぽい一因なんだよな~」

えりな「・・・」

創真「もっとおしとやかにできないもんですかね」

えりな「・・・なによ、そんなこと言わなくてもいいじゃない」
12:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:17:56 ID:SPTHK5Ec
創真「あと電車とかも乗れなそう」

えりな「乗れます」

創真「うそ」

えりな「の・れ・ま・す」

創真「じゃあスタジエの時なにで移動してた?」

えりな「・・・」

創真「ほら」
13:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:22:47 ID:SPTHK5Ec
えりな「しょうがないじゃない・・・車が楽なんだから」

創真「そもそも切符も買えなそう」

えりな「・・・」

創真「買えたら買えたでホームで迷いそう」

えりな「・・・」
14:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:35:25 ID:SPTHK5Ec
創真「そもそも一人で電車乗ったことあるのかよ?」

えりな「・・・・・・な」

創真「な?」

えりな「ひとりではない・・・」

創真「なにで乗ったんだ?」

えりな「・・・小学生の時修学旅行で一度だけ」

創真「・・・」
15:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:41:27 ID:SPTHK5Ec
えりな「・・・なによ」

創真「いや、本当にポンコツな気がしてきて」

えりな「さっきからポンコツポンコツうるさいわね」

創真「逆に聞くが自信持って話せることあるのかよ」

えりな「あるわよ」
16:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:45:51 ID:SPTHK5Ec
創真「一応行ってみ」

えりな「引っかかる言い方ね」

創真「いいから言えよ」

えりな「まず家柄が確かです」

創真「良過ぎてとっつきにくいんだよな~」

えりな「・・・」
17:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:49:41 ID:SPTHK5Ec
創真「ん、どうした?」

えりな「別に・・・」

創真「もうないのか?」

えりな「素晴らしい料理の腕を持っています」

創真「それで食ってくんだから当たり前だな~」

えりな「・・・」
18:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:52:14 ID:SPTHK5Ec
創真「他には?」

えりな「完璧と言わざるを得ない容姿を持ち合わせています」

創真「自分で言っちゃうからマイナスだな~」

えりな「・・・」
19:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 21:57:34 ID:SPTHK5Ec
えりな「さっきから聞いていればずいぶんダメだししてくるわね」

創真「そりゃねえ」

えりな「・・・」

創真「あ、終わりなら戻るけど」

えりな「・・・好きになさい」
20:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:03:31 ID:SPTHK5Ec
創真「独り言多そう」

えりな「独り言なんてしとことありません」

創真「月餐祭の前、授業中に俺に話しかけてたらしいけどアレって独り言って言わない?」

えりな「・・・」
21:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:10:05 ID:SPTHK5Ec
えりな「らしいけどって、最終的に会話になっていたじゃない」

創真「でも会話する前は独り言だろ?」

えりな「・・・」

創真「ほら」

えりな「・・・なによ」
22:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:16:57 ID:SPTHK5Ec
創真「自転車とかも乗れなさそうだな」

えりな「うるさいわね」

創真「寝言で間抜けなこと言ってそう」

えりな「言わないわよ」

創真「この前、うぅ・・・お大福の中に苺が入ってないぃって言ってたぞ」

えりな「・・・」

創真「あ、これは言ってそうじゃなくて言ってるだな」
23:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:24:03 ID:SPTHK5Ec
えりな「なによ・・・」

創真「あと人に道とか聞けなさそう」

えりな「なによ」

創真「それと」

えりな「なによ!」

創真「・・・」
24:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:26:38 ID:SPTHK5Ec
えりな「なによなによなによ!」

創真「・・・」

えりな「なによ・・・」

創真「・・・」

えりな「なんなのよ・・・」
25:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:37:02 ID:SPTHK5Ec
えりな「さっきから幸平くんだけ言いたいことばっか言って!」

創真「・・・」

えりな「幸平くんだってダメなところいっぱいあるじゃない!」

創真「そうだな」

えりな「私だっていっぱい知ってるんだからね!」

創真「・・・」
26:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:40:50 ID:SPTHK5Ec
えりな「変なの作って人に食べさせたり!」

創真「・・・」

えりな「後先考えないし!」

創真「・・・」

えりな「変なとこで意地っ張りで!」

創真「・・・」
27:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:45:36 ID:SPTHK5Ec
えりな「おせっかいで!」

創真「・・・」

えりな「なんでもかんでも首突っ込んで」

創真「・・・」

えりな「そのくせ巻き込まれてもなにも言わないで・・・」

創真「・・・」

えりな「ずるいわよ」
28:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:48:03 ID:SPTHK5Ec
えりな「ずるいわよそんなの・・・」

創真「・・・」

えりな「私だって、私だって幸平くんみたいになりたいわよ」

創真「なんで?」

えりな「なんでって!だってだって・・・」

創真「そのままでいいんだよ」

えりな「そんなのって・・・」
29:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:56:01 ID:SPTHK5Ec
創真「別にいいじゃんかそのままで」

えりな「でも、私は幸平くんみたいになりたい」

創真「俺みたいに?」

えりな「幸平くんみたいにみんなと一緒に笑って騒いぎたい」

創真「・・・」
31:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 22:59:31 ID:SPTHK5Ec
創真「最後に言いかけたポンコツっぽいところ」

えりな「・・・」

創真「人を頼らない」

えりな「・・・全然ポンコツじゃないじゃないそれ」
32:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 23:10:35 ID:SPTHK5Ec
創真「ま、なにが言いたいかって言うと変わんなくていいじゃん」

えりな「・・・そんなこと言ってるように聞こえなかった」

創真「確かに最初の方はただイジリ倒してただけだけど」

えりな「・・・」

創真「薙切っていろいろ溜め込んじゃうところあるだろ?」

えりな「・・・ないわよ」

創真「どの口で言ってるんだよ」
33:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 23:22:20 ID:SPTHK5Ec
創真「俺はそのままでいいと思うんだけどな~」

えりな「私はそれが嫌なの」

創真「なんで?」

えりな「だって・・・私は・・・幸平くんみたいに」

創真「もしかして友達がいないとか言うつもり?」

えりな「・・・」
34:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 23:30:30 ID:SPTHK5Ec
創真「さっきから言ってるけどいいんだよそのままで」

えりな「・・・でも」

創真「そこの辺りはゆっくり行こうぜ」

えりな「・・・やっぱりずるいわ」

創真「全部含めて好きになったんだから」

えりな「本当に・・・ずるい//」
35:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 23:33:41 ID:SPTHK5Ec
えりな「こんなときだけ・・・自分から言ってきて//」

創真「いや、俺から言ったらいったで照れ隠しでその場からいなくなるだろ」

えりな「照れ隠しなんかじゃ・・・」

創真「またそうやって意地を張る」

えりな「うるさいわね」
36:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 23:37:48 ID:SPTHK5Ec
創真「それに本当に友達がいないと思ってんのか?」

えりな「・・・でもこれは一方通行かもしれないし」

創真「はぁ・・・ホントにめんどくさい二人だなぁ!」

えりな「きゅ、急に大きな声出さないでよ」

創真「えぇここで選手入場のお知らせをします」

えりな「だ、だれ?」
37:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 23:43:36 ID:SPTHK5Ec
創真「決まってんだろ?それにわかってるはずだ」

えりな「・・・」

創真「ほれ、後ろ向いてみ」

緋沙子「・・・」

えりな「緋沙子・・・」
38:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 23:50:46 ID:SPTHK5Ec
えりな「な、なんで・・・」

緋沙子「・・・申し訳ありませんでした、えりな様」

えりな「・・・」

緋沙子「あの時・・・お付の任を解かれたとき、しがみついてでもえりな様から離れるべきではありませんでした」

えりな「でも・・・あれは」

緋沙子「今は・・・いえ、あの後部屋を出た直後からそう思っていました」

えりな「ひさこ・・・」
39:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/26(土) 23:56:41 ID:SPTHK5Ec
緋沙子「そこの男に以前言われたのです」

創真「言い方」

緋沙子「隣に立って歩けるようになればいいと」

えりな「・・・」

緋沙子「出過ぎたマネかもしれませんがその・・・」

えりな「緋沙子!」ダキッ

緋沙子「え、えりな様!?」

えりな「ごめんなさい・・・ごめんなさい緋沙子!」
40:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:01:22 ID:LD1vtupY
えりな「私こそごめんなさい!」

緋沙子「えりな様はなにも」

えりな「なにもしていないから、出来なかったから!」

緋沙子「・・・」

えりな「あの時私がもっと、もっともっと強く言えば緋沙子は・・・」

緋沙子「えりな様」
41:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:07:34 ID:LD1vtupY
えりな「緋沙子」ギュゥッ

緋沙子「え、えりな様・・・痛いです」

えりな「あ、ごめんなさい!」パッ

緋沙子「い、いえ・・・それでその・・・私とえりな様は」

えりな「友達なんか嫌よ」

緋沙子「そう・・・ですか」

えりな「嫌に決まってるじゃない!私と緋沙子は家族よ!家族!」
42:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:10:41 ID:LD1vtupY
緋沙子「か、家族・・・」

えりな「もう絶対離さない!もうあんな思いをするのは・・・絶対に嫌」

緋沙子「・・・」

えりな「嫌なのよ」

創真(まさか家族になるとはねえ・・・)
43:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:19:47 ID:LD1vtupY
緋沙子「家族ですか」

えりな「そう家族」

緋沙子「えりな様・・・」

えりな「友達なんて寂しいじゃない・・・だから家族」

緋沙子「・・・私が姉でしょうか?」

えりな「へ?」

創真(そこはどうでもいいでしょぉがぁ新戸さ~ん)
44:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:22:49 ID:LD1vtupY
緋沙子「いえ、家族になるのなら私達は姉妹になりますのでどちらが姉になるのかなと思いまして」

えりな「そんなの私がお姉さんに決まってるじゃない」

創真(こんなポンコツがお姉さんは嫌だ)

緋沙子「いや、えりな様に私の姉は難しいかと思います」

創真(バッサリ行くなこいつ)
45:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:31:34 ID:LD1vtupY
えりな「なんでよ!」

緋沙子「実は先程の二人を最初から聞いていまして」

えりな「・・・」

緋沙子「思ったのです、あぁえりな様ってこうやって耳にすると真性のポンコツなんだなと」

創真(ずいぶん厳しいですねお姉さん)

えりな「な、なによ!私だってお姉さんやりたい!」

創真(いや、そういうもんじゃねえよ)
46:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:37:14 ID:LD1vtupY
えりな「た、炭酸くらい飲めるわよ!」

創真(そこで炭酸飲めるはないでしょ)

緋沙子「そこで炭酸を持ち出す時点でダメです」

えりな「ゴキブリだって・・・バルサンとやらをを使えば」

緋沙子「使えるんですか?」

えりな「・・・」

創真(分かっちゃいたけど本物だな)
47:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:43:36 ID:LD1vtupY
えりな「なによ馬鹿にして!」

緋沙子「だってできないでしょ?えりなは」

えりな「あ!さっそくお姉さん面してきたわね」

緋沙子「えぇ私、お姉さんですから」

えりな「見てなさい緋沙子!あっと驚かせてやるぅ!」ダッ

緋沙子「・・・あ、えりな様」
48:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:46:47 ID:LD1vtupY
創真「行っちまったな・・・」

緋沙子「あぁ・・・転ばなければいいのだが」

創真「心配しすぎだろ」

緋沙子「心配するさ私の大切な方だ」

創真「あいつにとっても新戸は大切なやつだと思うぜ」

緋沙子「そうだな・・・本当にうれしいことだ」
49:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:51:03 ID:LD1vtupY
緋沙子「ところで幸平」

創真「ん?」

緋沙子「えりな様に言っていたポンコツ要素とやらだが」

創真「あぁ、あれね」

緋沙子「少し思うところがあってな」

創真「おいおい妹をちょっと馬鹿にしたくらいで怒らないでくれよwww」
50:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 00:57:56 ID:LD1vtupY
緋沙子「そこはいい・・・いや、よくはないのだが」

創真「なんだよもったいぶらさずに言えよ」

緋沙子「では聞くがなぜお前がえりな様の寝言の内容を知っている」

創真「・・・」

緋沙子「答えろ」

創真 ダッ
緋沙子「逃げられるとでも?」ガシッ

創真「ですよねえ」
51:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:08:23 ID:LD1vtupY
創真「ひどい質問攻めを受けた」

創真「はぁ・・・疲れたな」

創真「すごい疲れた」

創真「こんな日はさっさと寝よう」

創真「よっこいせっと」ドサッ

えりな「きゃっ!」

創真「・・・」
52:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:11:41 ID:LD1vtupY
創真「なんでいんだよ?」

えりな「あ、もしかして嫌だった?」

創真「嫌じゃないけど・・・てかそんなわけないだろ」

えりな「そうよね」

創真「・・・」

えりな「そんなわけないわよね・・・//」
53:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:17:20 ID:LD1vtupY
創真「・・・はぁ」

えりな「なにかあったの?」

創真「新戸にめちゃくちゃ質問攻めにあってな」

えりな「そっか」

創真「ま、それとなく気づいてたっぽいけどな」

えりな「・・・」
54:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:21:14 ID:LD1vtupY
えりな「・・・お姉ちゃんめ」

創真「もしかしなくても結構気に入ってるだろ」

えりな「その、私一人っ子だからこういうのは嬉しいの」

創真「俺もそれは何となくわかるな」

えりな「・・・」

創真「どうかしたか?」

えりな「お、お兄ちゃん//」

創真「・・・」
55:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:23:13 ID:LD1vtupY
えりな「何か言いなさいよ//」

創真「頭大丈夫か?」

えりな「うるさい・・・//」

創真(正直やばかった・・・絶対言わないけど)

えりな「ねえ幸平くん・・・」

創真「なに?」
56:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:27:48 ID:LD1vtupY
えりな「またぎゅってして」

創真「・・・」

えりな「お願い//」

創真「ほいよっと」ギュッ

えりな「えへへへ//」

創真(最初の時もそうだけどよく我慢できたよな俺。ノーベル賞もんだよこの理性)
57:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:31:00 ID:LD1vtupY
えりな「やっぱり男の子は体が固いのね」

創真(そっちは柔らかすぎていろいろとアレですけどね)

えりな「幸平くんにこうしてもらえるとすごく落ち着くの//」

創真「・・・」

えりな「私の全部を守ってくれそうで」
58:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:38:13 ID:LD1vtupY
えりな「幸平くん・・・好きよ」

創真「あぁ、俺もだよ」

えりな「ううん、たぶん違うの・・・幸平くんと私の好きは違う」

創真「・・・」

えりな「私のはありがとうと今までひどいこと言ってごめんなさいとが混ざった好きなの」

創真「ひどいこと言われたっけかな?」

えりな「・・・君も結構ポンコツじゃない」
59:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:45:07 ID:LD1vtupY
創真「薙切にポンコツ呼ばわりされる日が来るなんて」

えりな「思ってもみなかった?」

創真「まあな」

えりな「私も思ってもみなかった」

創真「・・・」

えりな「好きなの・・・今はありがとうとごめんなさいの好きだけど、いつか100%の好きを伝えるわ」

創真「そっか・・・ずっと待ってるよ」
60:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:50:31 ID:LD1vtupY
えりな「幸平君は私の料理好き?」

創真「あぁ」

えりな「うれしい・・・ねえ幸平くん、ポンコツな私好き?」

創真「もちろん」

えりな「私も幸平くんが好きよ」



おそまつ
61:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 01:52:51 ID:LD1vtupY
あ、終わりです

誤字脱字いっぱいやね

ではおやすみなさい
62:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/27(日) 02:00:26 ID:iu8e7THM
おつ
お奨め記事
9月28日 04時00分|食戟のソーマ0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告